メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

タグ:茶道教室 ( 12 ) タグの人気記事

茶道のお稽古 初日

昨秋から半年間初心者向けの茶道教室に通い、そちらでご縁があった先生に春から入門させていただいた。
その最初のお稽古。

私は習い事自体が初めてなので、先生のご自宅での立ち居振る舞いや作法などすべてが緊張した〜!
実際はわからないことは先生が快く教えてくださるし常識的に振舞っていれば特にお叱りを受けることもないのだが、このような緊張感は普段の生活で忘れかけていたのでお稽古で背筋が伸びる気持ちになれるのはありがたいことだと思う。

お点前は茶道教室で習った炉の薄茶点前の他に新しいことも増え、また水屋の使い方や道具の扱い方は一から覚えなければならないので、始終アワアワしているうちに終わってしまった…
でもとにかく楽しい。お茶もお菓子も美味しい。
また次のお稽古が楽しみだ。



一つ困ったのは、ひざが痛いこと!

足の甲のゴリゴリという痛みや、脚の痺れは、辛いけれどなんとか耐えられる。
一番辛かったのはひざの痛みだ。
半年間の茶道教室ではひざが痛くなることはなかったのに、この日は今までよりお稽古の時間が長かったせいか初めて痛くなってしまった。
足の甲の痛みはお稽古が終わって立ち上がればすぐになくなるのにひざはずっと痛いままで、帰り道でも駅の階段を一段下りるたびにひざに衝撃が走る。(上りより下りの方がキツイですね)
寄るつもりのなかった喫茶店で30分ほど休んで、なんとか自宅まで辿り着く元気を絞り出したぐらい辛かった。

これって、だんだん慣れてくれるのかしら。
それともどんどん負担が重なってひざが悪くなるようなら、お稽古が続けられるか心配になる。
グルコサミンとかコンドロイチンに頼った方がいいのだろうか…

また翌日には太ももが筋肉痛になってしまい、自分の生活の中で畳や床に座る機会が全くないので脚がいろいろ辛くなるのかと思う。
うちには畳の部屋がないが、リビングにラグを敷いてあるのでその上で座る時間を増やしてみよう。



d0048332_10034021.jpg

十日町紬に、カトレア柄の九寸帯。

入門して初のお稽古なのでお稽古着の範疇で改まった気持ちを表したいと思ったが、ピンとくるものがなかった。
着物のほうは無地の紬でいいとして、帯は手持ちが八寸ばかりで九寸もカジュアルな印象のものしか持っていないことに今更気づいた。
できるだけカジュアルではないものという消去法で、写真のカトレア帯を久しぶりに出してみた。
なんだか秋の色合いなので、帯揚げを水色、帯締めを緑にしてみたけれどちょっと苦しいコーディネイトかな。



静かなお稽古場で初めて気づいたのだが、この帯は結構絹鳴りがする。
朝食は食べたのにお腹が鳴ってる?と思ったら、胴回りでこの帯が音を立てていたのでびっくりした。
特にお稽古の最後のほうは疲れたせいか息遣いが少し大きくなったようで、息をするたびにギューギューとなるので恥ずかしい。

先生に「絹鳴りがするような帯はお茶席にはふさわしくないですよね」とお聞きしたら「お稽古ではなんでもいいけれど、正式な茶会では博多織などは避けたほうがいいですね。絹鳴りもそうですが格としても博多八寸帯や大島紬は着ないでしょう?でも高級な袋帯でも鳴るものはたくさんあるしそこまで気にしなくてもいいですよ」というお答え。

茶席もそうだが、観劇や音楽鑑賞でも絹鳴りは気をつけたほうがいいのだろうな。
そういえば「細雪」でも音楽鑑賞に行くのに絹鳴りのする帯を締めてしまって姉妹で慌てる微笑ましいシーンがあった。小さなサロンでの音楽会なら、絹鳴りは確かに気になりそう。
普段のお出かけだと賑やかな場所ばかりで絹鳴りにはなかなか気づけないので、静かなお稽古場にいろいろな帯を締めて行って絹鳴りする帯かどうかをこっそり確認するのはいいかもしれない。
…あ、確認するほどたくさんの帯は持ってないか。

[PR]
by Medalog | 2018-04-19 12:35 | 茶道 | Comments(1)

茶道教室 最終日

半年間通った茶道教室が最終日を迎えた。

スケジュール表に、最終日の講習内容は「茶会」とあった。
お仲間と「これはきっと、先生が点ててくださるお茶をいただきながら半年間を和やかに振り返る会に違いないわ。楽しみね」なんて話をしていたのだが、甘かった。

先生が「今日は亭主と半東の二人一組で茶会を模してもらいます。今までは半東はおらず、亭主が棗と茶杓の銘だけを答えていましたが、今日は半東に全て答えてもらいますので今から言うことを覚えてください」と、掛物から花、花入、水指、釜に炉縁と全ての銘を滔々と説明され、運悪く最初の半東になった私は頭が真っ白。

結局半分ぐらいしか正確に覚えられず、しかも半東ならではの動きも初めて教わりながらなので結果は散々。
出来が悪かったからといって怒られるわけではなく、先生方も笑っておられるのだが、楽しさと少々ガックリの入り混じった最終日となった。



最終日はお点前の習得度に関わらず受講生全員が迎える日なので、あまり張り切った着物は恥ずかしいかなと思いつつ…
ただ流派の正式な許状がいただけること、また今回お世話になった先生のもとに来月から入門させていただくことになったので、着物を着るなら紋付だろうと同じく来月から入門するお仲間と相談して一ツ紋の色無地を着た。
d0048332_19113635.jpg

脇の布地がたるんでいるのは、写真を見て気がついた。
お稽古の後は着崩れをさっと直さないとダメだな。

それにしても、色無地は仲居さんっぽくなる、という見本のような…
髪型がショートなので、多少でもフォーマル感が出るように後頭部をカーラーで盛ってみたりおでこが見えるように前髪を分けてみたのだけど、今ひとつかな。
着付けの問題もありそう。
裾が少し短いかな?衣紋の抜きが足りない?

また小物合わせに関しては、まだ伊達衿に挑戦していないので、この機会に試してみればよかった。
帯締めも、これはベージュ系の冠組だが、もう少し全体が引き締まるような組み方や色使いの方が礼装らしくなるかしら?
あと草履も、私の手持ちで唯一色無地に合わせられるぜん屋さんのグレー台・白鼻緒の三段重ねなのだが、地味になりがちな色無地の時こそもう少し高い台やアクセントのある鼻緒の草履を用意してもいいかもしれない。

…と、いろいろ悩みは尽きないが、まだ礼装初心者なので慌てて小物を買い足したりしないように気を引き締めつつ、少しずつ勉強していきましょう。

[PR]
by Medalog | 2018-03-20 19:55 | 茶道 | Comments(2)

花月

先日の茶道教室で、花月を教えていただいた。

本来は私たちのような基本のお点前もおぼつかないような素人が教われるものではないのだろうが、稽古というよりは体験として初心者教室のコースに含まれているのだと思う。
まさに「へぇーすごい。こんなことするんだ」という感じで体験させていただいた。



以下、素人として体験した雰囲気を覚え書き。
茶道のご経験がある方は、広い心でお読みくださいませ。

花月は主客5人で行うお稽古で、折据という容れ物に入った札を引いてそれぞれの役割を決めながら進めていくのだが、一度のお点前が終わったら次の札を引くのではなく、亭主がお点前をしたり正客がお茶をいただいている間にも次の札が回されていく。
素人がバタバタと行なっているせいもあるだろうが、いつもは「静」の空間である茶室が、常に動きがある「動」の空間に変わった感じがした。

いつもと雰囲気が違うとその雰囲気に飲み込まれてしまうのか、ただでさえおぼつかないお点前がいつも以上に乱れてしまう。
なるほど、いかなる状況でも落ち着いてお点前ができるようになるのもこのお稽古の意味なのかな、と思ったり。

しかし一番大変なのは先生だった。
花月の「か」の字も知らない素人の生徒を相手に複雑な客の動き(しかも一人一人動きが違う)を教えつつ、いつもよりお点前が下手になっている亭主役の生徒にも注意を払わなくてはならない。

そのためか、本来4回で終わるはずのお点前が5回目に突入してしまい、途中で気づいた先生が半ば投げやりに「まあいいわ。そのまま点てちゃって」とおっしゃって、私は本来存在しない「5人目の仕舞花」を体験させていただいた(笑)。
終了後には、いつも端然としていらっしゃる先生がぐったりしていらして、お気の毒のような申し訳ないような気持ちになった。お手間をおかけいたしました。



お稽古が終わり、面白い体験をしたと思いつつも具体的に何をしたのかほとんど覚えていなかったので、図書館で花月の本を借りてきた。
一度体験した後に読んだので、手順を覚えることは到底無理でも、なんとなく一連の流れを理解することはできたかな。

それにしても、花月にもいくつかの種類があること、さらに花月は七事式という七つのお稽古の第一歩であること、さらにその先に何があるのかは現在全くわからないが、とにかく奥深く果てしない道のりなのだなあと思う。
まあ素人が先を見ても仕方がないので、今回の花月のお稽古はよい体験とさせていただいて、とにかくいつも通りのお稽古を大切にすることですよね。

いつか、花月を他のお客様たちと楽しみながら優雅に行えるようになっていたいです。

[PR]
by Medalog | 2018-03-16 09:22 | 茶道 | Comments(0)

白湯

d0048332_15424554.jpg
茶道教室へ。
グレーの紬に博多織紋八寸帯。
着物も帯も渋い色なので、帯締めは若芽色、帯揚げは卵色に。

裄がやや短めの着物と軽い八寸帯の組み合わせはとても楽ちんだ。
ただ、この紬は汚れが目立ちにくい色ではあるが、水が落ちると結構目立つ。
乾いてしまえば跡は残らないので助かっているが「粗相をした」と一発でバレるのが恥ずかしい。
この日もお点前の最中に膝上にぽたっと一滴落ちたようで、結構目立っていた。
だけど、一体いつどんなタイミングで膝にお湯が落ちるかなあ?



この日はスタート時間にお抹茶の用意が間に合わないとのことで、先生の苦肉の策として白湯を所望された場合のお点前を教えていただいた。
と言っても普通のお点前にひとつ行程が増えるだけで簡単なのだが、茶席で白湯をいただくこともあるということを知ったのと、鉄の釜で沸かした白湯が美味しかったのが収穫で、貴重な体験をさせてもらった。

憧れの南部鉄瓶、価格が高い・錆びさせないという自信がない・収納場所がないという3つの理由でずーっと憧れのままなのだが、やはり欲しくなってしまうなあ。


[PR]
by Medalog | 2018-02-15 16:19 | きもの | Comments(2)

初釜

初めての初釜体験が終わった。

事前に「とにかく人数が多くてびっくりするわよ」と言われていたが本当にその通り。
わーっと集まってわーっと移動してわーっとお茶をいただいてきた感じだった。

見たことのないような立派なお道具やたくさんの方々の礼装きもの姿を見ることができて目は喜んでいたが、なんだか舞い上がってしまって、この数ヶ月学んだはずのことがいくつかすっぽ抜けてしまった気がする。
また、それでなくても飲みづらいお濃茶が緊張のせいか全然口に入ってくれなくて、隣の席にいたお仲間が「あなたの分まで頑張って飲むわ!」と飲み干してくれて申し訳なかった…。
次からは多少口の周りが汚れたとしても、自分の分はしっかりいただかないとダメですね。
一番の反省です。

そして舞い上がったせいで菓子楊枝を無くしてきた…
会場のどこかに転がっているのだろうか。
散らかしてしまい申し訳ありません(涙)



d0048332_10353272.jpg

自宅で着付けをしたときにはもっと衣紋が抜けているはずだったし、後頭部の髪もホットカーラーやスプレーを使ってもっとボリュームを付けたつもりだったのに、おかしいな。

色無地・ショートカット・メガネだと、着こなしによほど気を使わないと貧相になってしまうとこの写真を見てまた反省。
(コンタクトレンズを使う予定が、ケースの蓋の閉め方が悪くてカリカリに乾燥していたので使えなかった…これも反省)

私は伊達衿を使ったことがなくてこの日も懐紙の出し入れのときにズレたら困ると思って挑戦しなかったのだが、会場では色無地にも訪問着にも伊達衿を合わせている方が多く、初釜らしい華やかさが添えられるものなんだなと実感。
私も今後は伊達衿を使えるようになろうと決めた。
この色無地には何色が合うのかな?帯に入っている色から選べばいいのかしら。未知の世界。



楽しかったはずが、反省の気持ちの方が強かった1日だった。
次回参加する機会があればもっとゆったりと楽しめるようになっていたい。

[PR]
by Medalog | 2018-01-30 11:16 | きもの | Comments(6)

色無地と袋帯

いよいよ初釜が近づいてきたので、当日着る予定の色無地と袋帯を、茶道教室へ行くときに着てみた。

d0048332_19570989.jpg

10年以上前になるだろうか、着物を着るようになってすぐに手に入れた色無地。
事情があって色味を自分で選ぶことができず、当時はこのピンク色がとても派手に思えていた。
それにそもそも色無地を着る機会がなかったので10年間で2〜3回しか着ていなかったのだが、今回とても久しぶりに着ることに。

いざ着てみたら、この数年で私自身の好みも変わったようで、そんなに派手でもないし今後も着続けられそうな色だと思った。
一時は色を暗めに染め替えようかと思いつつ、どのような色に仕上がるかわからないので躊躇していたのだが、結果的にはそのまま寝かせておいて良かったのかも。

袋帯は、お友達から譲っていただいたもの。
色無地に見合う袋帯が一本もないという話をお友達にしたところ、御自身の箪笥の中から私に似合いそうな袋帯を選んでくださったのだ。
白地に金糸銀糸が入った数色が市松模様になっている。
礼装用なのに重苦しくなく上品な可愛らしさがとても素敵で、見せていただいた瞬間に大好きになってしまった。
締め心地も良いのでこれからできるだけたくさん出番を作って、お友達にもぜひ見て欲しいと思う。



色無地と袋帯でのお稽古は、やはり紬を着ている時とは気分が違って、歩き方や手の動かし方も少し優雅にできる気がする。

ただ、正座したまま膝を動かして体の向きを変えるような時に、着物が傷まないかと心配になってしまう。
ビデオなどで上級者の方がこの動作をするのを見ると、スッ、スッと軽やかに向きを変えているように見えるのだが、私は「ズザザッ、ズザザッ」と大袈裟な音を立てながら必死に動くので、おそらく着物の膝下にも相当な負担が掛かっているだろう。
着ていて気持ちはいいけれども、やはり色無地はお稽古には着られないと思った。

そして久しぶりの色無地と袋帯の着付けはやはり勝手が違って、危うく茶道教室に遅刻するところだった。
なので帰宅後に袋帯の締め方を2回、色無地の衿の抜き方や合わせ方を1回復習した。
すると朝の苦戦が嘘のように綺麗に仕上がった。朝、衿がぶかぶかに広がっていたのはなんだったんだろう???
ともかく、初釜当日もこの調子で綺麗に着られますように。

[PR]
by Medalog | 2018-01-24 20:43 | きもの | Comments(4)

新年のお稽古

新年に入って、早くも2回目の茶道教室が終わった。

d0048332_17095722.jpg

稽古着に関してはグレーの無地紬を制服のように着続けていて、新年初のお稽古も同じ着物だったのだが、せめて帯は新年らしくと前帯の柄が松の木になっている仕覆柄の塩瀬の帯を締めていった。

この帯は何年も前に「綺麗だな」という単純な理由で買ったのだが、買ったあとで茶道も習っていないのにどこに着ていけばいいのかわからなくなってほとんどタンスの肥やしだったもの。
そして茶道を習い始めて着物のルールマナーなどを調べていたら今度は「茶席に茶道具柄の着物や帯を着ていくのはタブー」という情報を見聞きした。

そこで新年のお稽古にこの帯を締めて行き、先生に「お茶席には茶道具柄の着物や帯を着てはいけないと聞いたのですが…」と伺ったところ「別にそんなことはないですよ」とのこと。
それはよかった!
塩瀬の帯で行けるような気軽なお茶席なら(そういう席があるかどうか知らないが)仕覆柄でも問題なさそうだし、少なくともお稽古に使うのは大丈夫そう。
それにこの帯はいつになく先生やお仲間に「綺麗だ」と褒めていただけたので、今後出来るだけ使い道を見つけてやりたいと思った。



新年からお濃茶をいただくお稽古が始まった。
初めていただくお濃茶。
こ、濃いぃ!
予想以上の濃さに飲み方がわからず、口の周りに濃茶をつけて緑色になってしまい先生方に笑われた。
でもあれだけ濃いのに苦すぎず甘みがあって美味しいのはすごい。
聞くところによるとお濃茶用の抹茶はとっても高価なのだとか。
自宅用に買うことはきっとないだろうな。

お濃茶をいただいたあとに薄茶の稽古もあったので、この2時間で半年分ぐらいのポリフェノールを摂取した気分だった。
ちなみに先生の助手さんが、お濃茶の稽古のあとに遊び心で茶碗に残ったお濃茶にお湯を入れて薄茶を点ててくださり、それをみんなで一口ずついただいたら「あっ、まろやかで美味しい…!」と感動。
薄茶用のお抹茶より何倍も高価な濃茶用の抹茶で点てたのだから、やはり別格の美味しさになるのだ。(そんな高価な抹茶が、新たに薄茶が点つほど茶碗に残るなんてもったいないわ〜)
でも私は少し苦味のあるいつもの薄茶も、お菓子との相性が良くて好きだけれど。



お稽古が終わり帰宅して着物を脱いだあと、夕食の準備もできているし(昨日の残り物とも言う)お風呂に入るまでウールの着物を着ることにした。
d0048332_17421133.jpg

昨年お友達からいただいた一枚。

裄が短いので筒袖の半襦袢でないとダメかと思ったが、ウールで滑りが良くないためか、いつものうそつき襦袢のままでも袖が飛び出してこないのはラッキー。
ウールはほとんど着たことがなかったが、半幅帯と合わせると軽くて動きやすいのでとても楽ちんだ。
横座りになったりしても体の動きに沿ってくれるし、木綿と比べても膝が出たりシワになりづらいのでかなり洋服に近い感覚で着られる素材だと思った。

とはいえ、これで近所に買い物とはなかなかいかないので家の中限定になるだろうが。
それなら家でダラダラしていた今年の正月に家で着ればよかったなー。

[PR]
by Medalog | 2018-01-17 18:04 | きもの | Comments(0)

足クッション その後

茶道教室が、早くも全行程の半分・3ヶ月終了した。
まだ体験気分ということもあり、おかげさまで楽しく通っている。

問題があるとすれば、やはり正座の時の足の痛みだ。
ひと月ほど前から足袋の中に入れる「足クッション」という商品を使っていて、私にはまあまあ効果があるようで痛みがかなり緩和されている。

「これはもしかしたら足が正座に慣れてきていて、足クッションがなくてもあまり痛くないのでは?このような小道具はできれば使わない方がいいのでは?」と思い、年内最後の教室には足クッション無しで参加してみた。
でも、やっぱり痛い…
ただ最初に痛みを感じた時のような、板の上に座っているようなゴリゴリした痛みではなかったので、多少は足が慣れてきたのだと思う。

痛くなければ足クッションを卒業しようと思っていたが、来月以降もしばらく使うことになりそうだ。



足クッションを使うことで心配なのは、草履の鼻緒が緩むことだった。
この日は足クッションを使わずにいつもの草履を履いたところ、あっ!やっぱり緩んでる!
しかも左右で緩み方が違って、右足の方は足クッション無しだとすっぽ抜けそうなほど緩んでしまっている。
しずしずと歩く分にはなんとか履けるが、小走りなんてできない状態だ。

茶道を続けるなら、今後も足クッションや足袋カバーを使うので鼻緒が緩めの草履が一つあってもいいのかもしれない。
でもこの草履はピンクの台に白い鼻緒で、私の普段履きの草履の中で唯一綺麗な色合いのもの。
これ以外は黒っぽい台の草履しかないので、次の春に履きたい草履がなくなってしまう。
どうしよう?鼻緒を直すか?緩んだまま履くか?
鼻緒を直して、今後は足クッションを履かずに持参して教室に着いてから足袋の甲に差し込めばいいのかな。



一つ言えるのは、鼻緒が緩んだのがカレンブロッソのような鼻緒の調整ができない草履でなくてよかったということ。
履き心地の良いカレンの草履が足クッションのせいで緩んだりしたら、泣くに泣けないもの。
そうだ、普段履き用に綺麗な色目のカレンの草履を買い足して、鼻緒が緩んだ草履はこのまま履き続けたらいいかも!
…とならないように気をつけたいところだが、そうなってしまいそうな気もするなー。


[PR]
by Medalog | 2017-12-26 08:54 | きもの | Comments(2)

茶道教室の着物

半年間とはいえ着物で茶道教室に通っていると、着物の悩みが出てくるが、それが人それぞれなのが面白い。



私は稽古着にできるような普段着物には困らないが(数多くはないが年間通して用意できる程度)、年明けの初釜や教室最終日の修了式に着られる着物はピンクの一ツ紋色無地しかなくて「年齢の割に派手だけど他に着物を買い足すつもりはないし、どちらの日にもこれを着るしかないよなあ」と諦め気味。
ただ、少し前まで袋帯もなかったのだが、先日お友達に袋帯を譲っていただいたので悩みがひとつ減ったのはありがたい。

一方、同じ教室のお仲間さんは「親に持たされた訪問着がたくさんあるから初釜も修了式も違う着物を着るつもりだけど、毎回のお稽古に着られるような普段着物がない。今まで全て親まかせだったから、着物をどこで買えばいいのか、いくらぐらいが普通なのかもわからない」と困っている。
普段着物ばかり着ている身としては何か手を貸してあげたいが、私も行きつけの呉服店があるわけでもないし、趣味や金銭感覚の違いもあるので「ここで買えば?」「これぐらいの価格が妥当じゃない?」などというアドバイスもできなくてもどかしい。
(安い小物の店などは教えてあげられた)

かと思えば「着物関係は全て古着店かヤフオク・メルカリで激安で手に入れる。着物や帯は高くても数千円。多少寸法が合わなかったり汚れていても構わない」というツワモノも。
お稽古着物などはこういうところで賢く買えれば一番いいのだろうが、トラブルもあるし、いいものは競争率が高いし、人によってはなかなか難しいと思う。

まあ着物に関しては環境も好みも金銭感覚も人によって大きく違うので、それぞれ自分がやりたいように、できるようにやるしかないよね…



先生が茶会の紬着物について少しお話しになったので、覚書。
私がいつも着ているグレー無地の着物を見て「普通の茶会ならそのお着物で十分。無地の紬なら大丈夫(柄つきの紬は好ましくないという感じ)。ただし初釜や特別な茶会で紬を着るなら訪問着でないとダメ」とのことだった。

そもそも「普通の茶会」というのがどのあたりを指すのかも今ひとつ分からないが、私は袷の無地紬はグレーと卵色の二枚を持っているのでまずは安心した。
ただ、帯をどうすればいいのかは全然わからない。
当分「普通の茶会」の予定はないけれど、ちょっと考えておかないといけないかな。

[PR]
by Medalog | 2017-12-14 12:04 | きもの | Comments(6)

稽古着

今週の茶道教室に着ていったグレーの紬。

d0048332_22545786.jpg

過去二週間の教室は小紋だったが、やわらかものは私には少々着付けがしづらい。
今週は着付けの時間がなかったので着付けしやすいこの紬を選んでしまった。

先週、自分では地味だと思っていなかったグレーに飛び柄の小紋地の道中着を「地味ね〜」と言われ、驚いたり少々凹んだりしたのだが、この着物は自分でも明らかに地味だと思うので先生方の反応が楽しみだった。
教室について道中着を脱ぐと、先生方はもはや感に絶えぬという面持ちで
「あらぁ…本当に地味ねえ…」と。
「70、80代まで着られるわよ」と言われ、「はい、長生きします」とお返事した。

一方、オレンジ系の総柄小紋を着ているお仲間には「素敵、似合うわよ」とのお言葉。
これは私をけなして彼女を贔屓しているとかではなく、本当に私の着物は地味だし彼女は綺麗な色が似合っているので、私も一緒になって「本当に素敵!また着てきてね!」と褒めて楽しかった。



最近は自分の中で、今持っている着物や帯が全体的に渋いな、着物はなかなか買い足せないので帯や小物で明るめのコーディネイトにしていきたいなと思っていたので、先生方の反応は納得できるし綺麗目な小紋にもちょっと興味が出てきた。

d0048332_23172430.jpg
少し前まで派手だからと着るのを躊躇していたこの小紋も、2回着ただけで抵抗感がなくなった。
慣れたのか、それともわずかの間に着物の好みが変わったのか、我ながら不思議だし面白い。



グレーの紬でお稽古してみると、小紋に比べてしなやかさに欠けるためか、袖でお道具を倒しそうになる。
同じような動作でも、やわらかものの方が袖が下に垂れるので前にあるお道具に当たりにくいのかな。
もちろん見た目も優雅に見えるし、茶道のお稽古着に小紋が推奨される(ことが多い)のもわかる気がしてきた。

来週は着付けの時間をできるだけ多くとって、また黒の小紋を着ようかな。
毎週着物を着ると、前回の着付けの反省点を忘れないうちに次の着付けをするので、徐々に着付けが上達する気がしている。
ここで小紋をたくさん着れば、やわらかものの着付けへの苦手意識が減るかもしれないので頑張ってみよう。



今週も足袋の甲に脱脂綿を仕込んでいった。
まだ甲は痛いが綿のおかげで多少軽減されて助かっている。

しかし足袋を脱いだ時に綿が足袋の中に残っているのに気づかず、そのまま洗濯機に放り込んでしまった!(よほど汚れないと、足袋の手洗いなどしないのです)
洗い終わって洗濯機を開けたら、なかに細切れの綿の残骸が…
ティッシュよりはマシな状態だったが、他の洗濯物にもまとわりついてるし、まだ数回使えそうだった綿をダメにしたのも悔しい。

来週からは綿を肌にテープで貼り付けよう。
でもサージカルテープを買ってくることを覚えていられるだろうか。不安。

[PR]
by Medalog | 2017-11-23 23:50 | きもの | Comments(0)