この夏、最後の麻着物

3週間近く前の話だが、滋賀の佐川美術館に出かけてきた。
琵琶湖畔にある佐川美術館は、お友達のブログで知って建物自体がとても美しいのでいつか行きたいと思っていたが、大阪からだと京都を超えて滋賀の美術館に行くのはちょっと遠い気がして、今まで行ったことがなかった。
今回は田中一村展にお誘い頂き、ようやく行く機会に恵まれた。

田中一村は、恥ずかしながら今回初めて知ったのだが、とてつもない才能の持ち主だった。
幼少期の南画からすでに素晴らしく、その後成人して画壇に評価されず画風を変えていくのだがその時々のどれもが、美しく、力強く、品がある。
この展示を見ることができてよかった!
なにかグッズが欲しかったが、自宅にマッチしそうなものがなくて残念。

d0048332_14140951.jpg
8月末だったので、この夏最後の麻着物に、帯は芙蓉柄の九寸。

この夏は茶道教室で何度も夏着物を着たので、この日の着付けは楽勝だろうと思ってのんびり着付けを始めたら、そうはいかなかった。

麻の襦袢に伸縮包帯を安全ピンで留めて、コーリンベルトの代わりのようにしているのだが、その包帯を蝶結びにした結び目が妙に痛くて苦しくて、帯まで締めたのに全部解いてやり直しになってしまった。
伊達締めのように、前で一絡げしてから端を左右逆側に挟み込むやり方のほうが簡単で痛くなかったので、今度からはそうしよう。

そして肌着。
クレープ地のフレンチスリーブの肌着を新しく購入して着てみたのだが、家を出てから気が付いたのが肌着の長さ。
お尻がほぼ隠れるぐらいの長さがあったため、お太鼓のタレの下に肌着のラインがくっきり出ているのを、家を出てから気が付いた!今までも洋服用の肌着を愛用していたが、どれもたまたま丈が短いものだったので、肌着のラインなど気にしたこともなかったのだ。
自宅の照明では気付かない着物の透け具合に、太陽光や強い照明の下で初めて気付くととても焦る。家に戻る時間も駅のトイレで直す時間もなく、暑いのにショールを羽織ってお尻のあたりをごまかしながら目的地まで向かい、ランチをするホテルのトイレでようやく直せて一安心。
これからの季節は着物が透ける心配はないが、色無地などやわらかものを着る時にもこういうことは気を付けないといけないな。



d0048332_15433579.jpg

最近読んだ本、2冊。
どちらも茶道を学ぶ方々には「今更」だろうか?
「日日是好日」は、先日佐川美術館で会ったお友達に教えてもらってすぐに購入。
筆者の25年に及ぶ茶道経験が鮮やかに描かれていて、一気に読んでしまった。

筆者が感性豊かに感じ取る、お点前のこと、お道具、茶花や軸のこと、稽古場の外の自然のこと…。
私もいつか、同じように感じたり気付いたりできたらいいな、と思う。
今はまだ先生宅の稽古場では「お点前の順番を間違えないように」と緊張しているし、後半は足が痛くて集中力を欠いているので、とにかく余裕がない。
まあ、たった1年で何かを悟ろうと言うほうが図々しいのだろうが。

「日日是好日」は、映画が来月から公開になる。
主人公に茶道を教える先生は、樹木希林さんが演じている。
私は樹木さんが表現する茶道の世界を見ることがとても楽しみだ。きっと豊かで素敵な世界になっているだろうと期待している。

樹木さんは、完成作を見てから旅立たれたのかな…

[PR]
by Medalog | 2018-09-18 16:02 | きもの | Comments(6)

8月

d0048332_15532733.jpg
茶道のお稽古。
黒地に松葉模様の紗のきものに、いただき物の芙蓉柄の麻帯。

d0048332_15530638.jpg

いつも地味な紬や綿・麻を着ている私にしてはかなり綺麗な感じの組み合わせで、お稽古場でも皆さんに褒めていただいた。
決して褒められたくてきものを着ていくわけではないのだが、褒められればやっぱり嬉しい。

紗のきものはとても軽くて動きやすいのだが、お稽古着にするにはちょっともったいないかな。
今月後半にとある講演会に参加するのに着物で参加するならこの紗しか選択肢がなく、このきもので大丈夫かを先生に伺うために稽古に着て行ったので、今後はお稽古にはあまり着ないようにしたい。

ただ、7月に2回着た近江上布の裾部分の縫い目が少し引っ張られているようなので、これもお稽古に着続けるのはちょっと不安だ。
夏のお稽古に着物を着たいなら、いっそのことセオαなどの化繊の生地で居敷あてをつけたものを一枚手にいれたほうが楽でいいのかもしれないな〜。

[PR]
by Medalog | 2018-08-10 16:17 | きもの | Comments(2)

12層?

d0048332_16420042.gif
茶道教室。
小千谷縮に、ヒマワリ柄の帯。
私が通う教室の方々は着物は茶道に関わる時しか着ないので普段着物は持っていないという方が多く、この帯は珍しがられたり褒められたり。
袷着物の時は地味なものしか着ない私なので、余計にインパクトが強かったのかも。



この季節、帰宅してクーラーの効いた部屋で帯、着物、長襦袢と全て脱ぎ落とした時の爽快感は最高だ。
振り向いて衣装敷の上に積み重なった布の山を見ると、改めて「この暑いのにこんなにたくさんの布を体に巻きつけて歩いてたんだな」と感心してしまう。

脱いだ着物や帯をハンガーにかけながら、体の中で一番たくさん布が巻かれている部分は何層になるかしら、と考える。
場所としては帯の下線あたりかな。
内側から数えると、下着、肌襦袢とステテコ、長襦袢、着物はおはしょりがあるから3層、帯板、帯は八寸なので二つ折りの前帯が2周で4層。
合計でなんと、12層も!

全てがきっちり重なってはいないかもしれないが、少なくとも10層ぐらいにはなっていそう。
帯芯入りの九寸帯や袋帯ならもっとすごいことに…
さらに腰紐も二重に巻かれている。私は年がら年中モスリンの腰紐だけれど、もしかしたら夏は麻の腰紐にしたら多少でも涼しいのかな?



でもこの日の着物や襦袢は麻で帯板はヘチマなので、布は重なっているが意外と空気がこもらず、汗も外へ逃げていく。洋服で日差し避けや冷房よけのためにカーディガンを重ね着したときよりも快適かもしれない。
麻着物の洗濯も、布の量が多いので扱いが面倒に思えていたが最近は慣れてきた。
昔よりも夏に着物を着るのが楽しい…と思うけど、それ以上に異常な暑さなのでそもそも外に出かけるのが億劫になっている。
8月前半までに京都の美術館に行きたいので、少しでも涼しい日を狙おうと天気予報とにらめっこしている日々だ。でも京都は大阪よりも暑いので二の足を踏みまくり。
果たして行けるか、夏の京都!

[PR]
by Medalog | 2018-07-27 17:36 | きもの | Comments(4)

夏のお稽古着物 麻

茶道を習い始めて初めての盛夏。
何を着て行こうかな。
お稽古場ではほとんどの生徒さんが洋服なので、私も洋服で行けばいいのだが、やっぱり夏も着物を着たい!
それに着物のほうが、帛紗や扇子などお稽古に必要なものを身につけられるのでお稽古場であれこれ動くのに便利だし。

でも「何を着て行こうか」と言っても麻と紗小紋しか持っていないので、まずは麻の着物に麻の襦袢でいくことにした。
茶道の稽古に麻の着物を着ることは結構意見が分かれるようで(そもそもお稽古場で麻が許されるかどうかもあると思うが)当たり前のように麻を着る方々もいれば「シワが気になって着られない」「弱い糸なので着物が傷むから着たくない」、または「固い糸なので畳を傷めるから着るべきではない」と反対意見も多いようだ。

私が通うお稽古場では、先生は「自分は麻は着ないが弟子が着るのは構わない」というスタンス。
先輩方とはまだあまり話す機会がないが、そもそも夏のお稽古に着物を着る方はほとんどいらっしゃらないようだ。
だからお稽古場で、麻着物を稽古着にすることの参考意見が得られないのは残念。

d0048332_09594199.jpg

近江上布に、ポリの紗献上帯。
ポリの紗献上帯は着物を着るようになった10年以上前に買ったのだと思うが、あまり使う機会がなかった。
ポリで洗えるので夏場の茶道の稽古には向いていそう。出番が増えそうでよかった。

帯締めがピンクで少々締まりが無いが、この時期は寒色系の三分紐にガラスの帯留めを使うことが多く、レースの帯締めはなぜか暖色系しか持っていないのだ。茶道教室では帯留めが使えないので、寒色系のレース帯締めぐらいは一本買い足してもいいかなあ。ミントグリーンのレース帯締めがあったら欲しいなあ。

上の写真は帰宅後に撮ったものだが、上半身はすっきりしたまま保っているように見える。
ただ下半身はやはり厳しかった…

d0048332_09595760.jpg

何時間も座っているので、あちこちにシワができるし膝もお尻もポッコリ膨らんでしまった。
シワを取るための水入りスプレーボトルは持参していたが、シワが下半身全体に広がっている上に、中に来ている麻襦袢も同じようにシワやふくらみができてしまったので少々の水では落ち着きそうになく、スプレーするのを諦めてしまった。
今思えば、せめて上前の膝下だけでもスプレーしておけばすっきり見えたかもしれないな。

お稽古場から自宅までは電車でいくつかのルートがあるが、どこを通っても繁華街やオフィス街があるので、縒れた麻着物でそこを歩くのはちょっとテンションが下がる。
夏用の羽織ものは紋紗の道行があるので、それを上に着て膝下に水スプレーをかけたら見た目はかなりマシになるかな。ただ道行衿と麻って相性良くない気がしてほとんど合わせたことがないのだけど、レースの羽織を手に入れたら解決するかも…



お稽古に麻着物を着て裾や袖の布が滑りが悪いのは想像していた通りで、普段から木綿や固い紬を着ているので大きなマイナスポイントではなかった。
ただ正座したまま動くことが多いので、麻だと正絹や木綿以上に膝下が傷みそうな気がする。
どちらも上達すれば気にならなくなるかしら。

あと!
この日のお稽古で、なんと濃茶を着物の膝にたくさん飛ばしてしまった!
薄い黄色の無地なのですごく目立つ!
濡れおしぼりですぐに汚れをつまみとり帰宅後にしっかり洗ったら綺麗に取れたのでホッとしたのだが(自分で洗える麻はこういうときには助かる)帰宅まで気が気ではなく、薄い色の無地系はお稽古には向かないと実感したのだった。



私は麻の着物を2枚持っているがどちらも薄い色で無地系なので、色味と素材の特徴を合わせると、やはりお稽古着にはあまり向いていないかな…
軽さと涼しさは申し分ないのだけど。

次のお稽古には紗小紋を着てみよう。
これも軽くて涼しいうえにシワになりにくく、さらに黒地で汚れが目立たないので、こちらの方がお稽古着に向いていそうで楽しみだ。

[PR]
by Medalog | 2018-07-12 12:10 | 茶道 | Comments(0)

私が持っている長襦袢の多くには衣紋抜きが付いているので、普段の着付けで長襦袢の襟元が着崩れることはあまりない。
でもこの時期によく着る麻の長襦袢には衣紋抜きが付いておらず、茶道のお稽古でたくさん動くとだんだん襟元が崩れてしまう。

そこで、以前どこかで見かけた「長襦袢の上から和装ブラを着ける」方法を試してみた。



肌着の上に長襦袢、その上に和装ブラを重ねる。
すると着けた瞬間から襟元がピタッと固定され、なんと頼もしい着心地!
これはいい方法を見つけたと喜びつつ、その上に綿麻の着物を着て茶道のお稽古に向かった。

しかし家を出てすぐに不具合に気づいた。
着物の寸法とぴったり合っているはずの長襦袢なのに、袖の振りから襦袢の袖が3cm以上も飛び出しているのだ。

なぜかと考えてすぐに思い当たった。
襦袢の上に和装ブラを着けたせいで、襟元だけでなく肩も背中も脇も襦袢が体にピタッと張り付いてしまい、長襦袢の裄が着物より短くなってしまったのだ。
慌てて長襦袢の袖を引っ張り出してみると一瞬は着物の袖と合うのだが、少し経つとまた和装ブラに引っ張られて袖が身ごろの方に引っ込んでしまう。
家を出た後ではどうすることもできず、電車の往復時にはショールで袖全体を隠したが、お稽古の時は襦袢の袖が着物からどーんとはみ出したままだった。



今までこの方法を試したという方のブログなどを読んでも、このような不具合の話はなかった気がする。
私のやり方が間違っていたのか、それとも和装ブラの形が悪かったのだろうか?
とにかく「長襦袢の上に和装ブラ」という方法は、襟元の安定感は抜群だが総合的には私向きではなかったようなので諦めよう。



d0048332_20504718.jpg

綿麻の着物に、麻の帯。
この写真は一体なぜこんなに画質が悪いのだろうと思ったら、先日の夜に綺麗な月を撮りたくてスマホのカメラを夜景モードにしたままだった…

ここ数日急に暑くなってきたので、綿麻ではもう暑かった。
次回のお稽古は7月前半。
夏のお稽古着物は麻か、紗のどちらにしよう?
麻だとシワがみっともないかな?
紗小紋は夏物では唯一のやわらかものなのでお稽古着にするのはもったいないかなあ。
次のお稽古までに考えておかないと。

[PR]
by Medalog | 2018-06-27 21:03 | きもの | Comments(0)

京都・岡崎へ。
ロームシアター京都のレストラン、京都モダンテラスでゆったりランチ。
d0048332_21200742.jpg
お友達の素敵な上布もご一緒に…

プレート右奥のカツオのたたきにはりんごと生姜をおろしたソースがかかっていて、爽やかな甘みとほのかな辛みで美味しかった。
コースのメインはサーモンのカツレツを頼んだがボリュームがなかなかすごくて、不本意ながら少々残してしまった。
メニューの写真を見る限り、全体的にメインのボリュームはたっぷりしていそう。

広々とした室内空間でゆったりくつろげるので、岡崎の美術館に行く時のランチやお茶にはぴったりのお店。
デザートはワゴンサービスで好きなものを選べる形式で、和の素材を使ったものもありどれもおいしそう。
ランチコースでは2種類だったが15時以降のカフェタイムには3種や5種を選べるプレートセットもあるようなので、もう一度行ってあれこれ味わってみたいな…。



ランチの後は国立近代美術館で「技を極める ヴァン クリーフ&アーペル」展。
いやー素晴らしかったです。

ゴロゴロと零れ落ちそうな大きな宝石に圧倒され、気が遠くなるような精巧な細工に吸い込まれ。
こんなに大きな宝石がいくつも手に入るものなの?
これほど豪華なジュエリーを実際に身につける人がこの世に何人もいるなんて嘘みたい。
どんな美人がどんな豪華なドレスを着れば、これらのジュエリーに釣り合うの?
そしてお金持ちのあくなき要求を満たす職人たちの技の素晴らしさ。
やはり芸術はお金持ちが支えるものなのね…着物もそうよね…
あれこれ考えながらたくさんの展示を堪能して、満足というか満腹な気持ちになった。



展示の途中で撮影OKな部屋があり、壁いっぱいにジュエリーの写真が。
お気に入りのジュエリーの前で記念撮影。
d0048332_21204914.jpg
d0048332_21242778.jpg
久しぶりに着物を着られた!
でもまだ細かい作業に力を入れられず、おはしょりがブクブクだったり衣紋が思うように抜けなかったり。

そしてなにより名古屋帯が締められない!

普通に結ぶのも無理だったし「そうだ前結びだ!」と思いついて久しぶりに挑戦してみても、帯枕を後ろで仮結びしておくのが無理だった。

もう時間ぎりぎりのところで「そうだ半幅帯だ!」と奇跡的に思いつき、これは前で結べて帯枕も不要なのでなんとか締められて嬉しさ半分、安堵が半分。

浴衣用でも袷でもない半幅帯がこれしかなくて、夏着物の色合いではないけれど、久しぶりの半幅帯は軽くて涼しいのでちょっと気に入ってしまった。
矢の字でもこれだけお尻が出てしまうのが私にとっては弱点なのだが、とにかく締めやすいのでまたお世話になるかも。



ただ、後ろ姿の写真を見て思ったのが、ふくらはぎの位置にうっすらとラインが…。
この位置だと、長襦袢の下に履いたステテコの裾が透けているのではないかと。
えー。室内でこんなに透けるなんて、ちょっとよろしくないような。
おまけに長襦袢の裾が着物の裾よりも短すぎ?
最初に長襦袢だけ着ている時にはこんなに短くないんだけどなあ。

いつまでたっても反省材料が多いけれど、まあそれも楽しいかな。


d0048332_21221199.jpg
イチゴのかき氷を素敵なロケーションのお店で。
冷凍のイチゴを氷と一緒にたっぷり削ってあるのでこれだけ豪華になっている。
イチゴそのものの美味しさが味わえて贅沢な味だった。
豆乳の練乳もくせがなくサッパリ。

暑かったけれど、雨が降らないぎりぎりの曇天でこの時期にしては恵まれた天気だったかな。
帰宅後にクーラーの効いた部屋で着物をバッと脱いだ瞬間の涼しさと爽快感は最高!
この気持ち良さを味わうのを励みに、京都からの長い帰宅時間を耐えられるといっても過言ではないくらいです。


[PR]
by Medalog | 2017-07-13 23:03 | きもの | Comments(7)

外出先で縫い目が切れてしまった、紗小紋。
帰宅して調べてみたら、外出先で気がついたお尻と左脇だけでなく、なんと右脇とふくらはぎあたりの縫い目も切れ始めている。
もともと糸が弱っていたところに、お茶会や呉服店の催事で畳に座ったり立ったりを繰り返したため、糸が一気に切れてしまったのだろうか。

ここまでくると、外出中に着物の下半身が分解しなくてよかったと逆にありがたくなるレベルだ。



さて、この着物をどうするべきか。
左脇だけでも10cm以上はほつれているし…と思いながらめくってみる。

d0048332_8565448.jpg
あれ?

d0048332_8565974.jpg
あれれ?
布の端にロックミシンが掛かってる!
これ、正絹じゃないのか…!!!
そして布地の織りかたも紗ではない!?
目を凝らして見てみると縦糸に捻りは入っておらず、単なる平織りに思える。

私、今まで何を勘違いしていたのだろうか???



この着物をいただいた時に「正絹の紗小紋」と聞いた気がしたのだが、思えば自宅で洗っても縮んだり風合いが変わったりしないのは化繊だからなのだろう。

ただ私が勘違いしていたのには理由もあって、この着物は軽いし、生地に張りがあるため風通しも良く、夏着物として着心地がいい。
「化繊=暑い、正絹=涼しい」という思い込みがあった私は、軽くて涼しいこの小紋は正絹だと思い込んでいたわけだ。



予想外のことにびっくりしてしまったが、考えてみればこの着物が正絹である必要はないなと思う。
着心地がいいうえに自宅で洗濯できるなら夏着物に最適なことに間違いはないし、化繊なら思い切って自分で背縫いと両脇をダーっとミシン縫いしてもいいかも。
夏の着物は麻と絹上布という硬めの織りのものしか持っていないので、化繊とはいえやわらかもの風であるこの小紋が重宝する時が来るかもしれない。

でも軽くて涼しくて水に強いなら、単〜薄物の時期のコートにも向いているかも。

この時期のコート類は、黒い紋紗の膝丈の道行とシースルーコートと名付けられた化繊の雨コートを持っている。
しかしどちらも道行衿なので紬や麻に気軽に合わせる感じではないし、雨コートは透け感が少なく厚地で着心地が暑いので、どちらも出番が少ないのが実情だ。
だからこの小紋を道中着タイプのコートに仕立て直せば重宝するかも。黒地の裏は青っぽい色なのでそちらを表にすることもできるし。
ただこの場合は仕立て直しを外注するため費用がかかるのが難点。

この、答えのない悩み。
あとで後悔のないように、しっかり考えることにいたしましょう。
[PR]
by Medalog | 2016-07-22 10:53 | きもの | Comments(2)

前回の記事 で、初めてのお茶会の経験談を書いた。

京都御苑内の、拾翠亭という江戸時代後期に建てられた貴重な建物の茶室で、眼前の池を眺めながら夏の茶会を楽しむ…。
誠に優雅な状況だが、そこで私は「初のお茶会に参加している」という緊張とは全く別の緊張とも戦っていた。

それは、
着物のお尻部分の背縫いが破けている!という
とんでもない状況。



朝、京都駅へ向かう電車内。
席が確保できてホッとして腰を降ろした瞬間、お尻の辺りで「プチプチプチ」というわずかな音が。
恥ずかしながら過去にも経験があるので、お尻の背縫いの糸が切れてほつれたことがすぐに分かった。

d0048332_10273758.jpg
この日の着物。拾翠亭にて。
黒地に青い松葉が小さく散りばめられた紗小紋に、絽綴れの帯。
茶会に誘ってくれたお友達からは「麻でいいのでは」と言われていたのだが、麻はシワになりやすいため茶室で慣れない正座を繰り返したら下半身がぐちゃぐちゃになりそうなのが怖い。
その点この紗小紋は全くと言っていいほどシワにならないのと、こういう機会でもなければ夏に正絹の着物を着る機会がないので、実に久しぶりに引っ張り出したのだった。

この紗小紋は頂き物で、いただいた時点でかなり古いものだった。
古くても生地がピンとしていて全く傷んだ様子がないのでまさか縫い糸が弱っているという可能性は考えてもいなかったのだが、いざ着付けて外出したら、出先でお尻が破れるという最悪の事態になってしまったのだ。
しかも、黒い着物の下は真っ白な長襦袢。自分からは見えないが、おそらく非常に目立つ状態になっている筈…

一瞬、頭が真っ白になるが、とりあえず目的地へ向かうしかない。
不幸中の幸いだったのは大きめのストールを持っていたこと。
京都駅に着いてからはストールを羽織り、お尻が隠れるように不自然に垂らしながらなんとかランチのお店へたどり着く。
お友達には申し訳ないがランチを少し早めに切り上げて、以前買い物をしたことがあるが顧客とは言えない呉服店に駆け込んで、図々しくも着物を着たままお尻部分を黒い糸で縫い止めていただいてしまった。
(後日お礼のハガキを出したけれど、いずれまた立ち寄って小物でも買わせてもらおう)

その後に京都御苑の拾翠亭へ行き、人生初のお茶会に参加したのだった。
縫い止めていただいた部分は安心だろうがその上下の部分はいつ縫い目がはじけるかわからない状態の中で、何度も正座をしたり移動しなければならない緊張感と、初めてのお茶会へ参加する緊張感。もうなにがなにやら。
ありがたいことにお茶会の最中はそれ以上縫い目が破れることはなく、縫っていただいたお店の方に心から感謝した。

お茶会のあとは、とある帯問屋さんの催事に行かせていただく。
この時にはお茶会の緊張からもお尻の縫い目が破ける心配からも解放されていて、普段見る機会がないような素晴らしい帯をたくさん見て心から楽しめた。
一通り拝見した帰り際に、畳にあった着付け用の腰紐をまたぐのは失礼かと思って立ったまま拾おうとした、その時。

今度は左の脇縫いが音を立てて破けたぁ!
う、嘘でしょぉぉぉ…

左脇縫いの太ももの部分が20cmほど破れたのを見て唖然としてしまうが、お尻の糸が弱っていれば当然他の場所の糸も弱っているわけで、お尻がしっかり補強されたために今度は他の弱い部分が切れてしまうのは仕方がないのかもしれない。
ただ幸いなことに手を横に下ろすと隠れる位置だったこともあり、手に持ったバッグとショールでなんとか隠しながらも祇園祭の鉾を楽しく見物して、左脇を隠しながら電車とバスを乗り継いで帰宅した。



古い着物は何枚も持っているし、着るのも好きだけれど、状態を常に把握していないととんでもないことになるということを身を以て実感した。
かといって糸が弱っているかどうかをどのように確認すればいいのか…
確認のために無理に引っ張って、問題なかった糸を引きちぎってしまうのも嫌だし。
最低限の策としては、古い着物を着る時には常に大きめのショールか腰まで隠れる羽織ものを持ち歩くことにしよう。

本当なら古い着物は全部洗い張りして仕立て直してもらって、安心して気持ちよく着たいところだけれど、やっぱり費用が問題になる。
自分で補強するのも、シルエットに響かないか心配だし…
また悩みが一つ増えてしまった2016年の夏です。
[PR]
by Medalog | 2016-07-21 10:47 | きもの | Comments(2)

夏きもの

どこに行くわけでもなく、ちょっと梅田で買い物があっただけなのだが、今年はまだ夏着物を着ていなかったので着ていくことにした。

d0048332_2036417.jpg
小千谷縮のきもの、絽綴れの帯。

小物は、単の時期だと少しアクセントを効かせた色を入れたくなっていたのだが、さすがに盛夏になると色目も少しでも涼しくしたくて白と青系でまとめてしまった。

この小千谷縮は少し離れて見ると真白な印象になるので、この着物と帯の組み合わせのときには薄い水色の半襟を試してみようかな。
夏用の半襟は以前買ったものがそれほど傷まないのでこの数年買っていないのだけど、久しぶりに綺麗なものを探してみよう。

着付けは久しぶりだったこともあり、目標の15分では終わらず。
でも30分はかからなかったので少しは早くなってきたかな。
こればかりは反復練習あるのみ、ですね。



d0048332_20342611.jpg
履物はこのところカレンブロッソばかり履いていたのだが、さすがに一年中同じでは季節感がなくてつまらない。
畳表に白い鼻緒の下駄の存在を思い出して久しぶりに履いてみたら、軽くて履きやすかったのでよかった。

この下駄はどこで購入したのかも忘れていて、帰宅後に自分のブログをさかのぼって調べてみたら、大阪・日本橋の履物問屋街にある店で買ったのだった

もう6年も前の話。懐かしいなあ〜〜〜。
履物問屋街へ行ったはいいものの、どの店も入りづらい気がして商店街の突き当たりまで歩いてしまい、最後にあったお店に勇気を出して飛び込んでみたのを思い出した。
今は手持ちの着物に合う履物が一通り揃ったこともあり(といっても片手に少々余る程度)、買い物に出かけても履物を探すどころかできるだけ目に入れないようにしているのだが、涼しくなったら久しぶりにあのお店あたりに行ってみようかな〜。
[PR]
by Medalog | 2015-08-10 20:59 | きもの | Comments(2)

先日麻の着物に麻絽の長襦袢を合わせて着たのだが、その時に長襦袢の着丈が着物に対して短いのではないかと感じたので、改めて採寸してみた。

肩から127.5cm(3尺3寸7分)
背から123cm(3尺2寸5分)…だった。

長襦袢の着丈は身長×0.8が基準らしい。
私は身長156cmなので、156×0.8=124.8(3尺2寸9分)となる。
そもそも長襦袢の着丈が肩からなのか背からなのか?ということも私の中では曖昧なのだが、肩からだとするとこの麻絽の長襦袢は十分に寸法が足りていることになる。



そういえば元々この長襦袢はどの寸法を元に仕立てたのだろう?と気になり、家の中を探してみたら、この長襦袢の仕立てを和裁士さんに依頼したときの寸法表が見つかった。

和裁士さんが私の寸法を一覧表にしてくれたのだが、長襦袢着丈は「肩から3尺2寸8分(124cm)」となっている。
ほぼ身長×0.8の寸法だ。

ということは、私は和裁士さんの寸法では短いと感じて、自分で8分(3cm)以上も丈出ししてしまったことになる。



改めて長襦袢を着付けしてみたところ、くるぶしがちょうど半分隠れる長さになった。
長襦袢としては十分な長さのはず(袷用の襦袢ならもっと短くていいと思う)。

しかしこの長襦袢が着物を着終わった時に短く感じるということは、素材が麻なので着物の中でストンと落ちてくれないせいだろうか。

それと、着物を着付けする時に裾の長さが長過ぎたのかもしれない。
昨秋に京都で着物を着たときの写真が裾が短すぎてお女中さんみたいだったのがショックで、その後は着物の裾を長めに着付けするように気を付けているのだが、夏着物はもう少し短めに着てもいいのかな。



結論としては
●この麻絽長襦袢は十分な着丈がある
●着付けの際に丈が短くならないように綺麗に着る
●上に着る着物は、襦袢に合わせて少し短めに着付けてもいいかも
という感じ。

さらに
●麻の襦袢を仕立てるときは、洗って縮むことや着付けの際に滑りが悪いことを考えて正絹のものより着丈を少し長めに仕立ててもらうのもいいかも
●どうしても着丈が気になるなら夏物の二部式襦袢も候補に
も追加。


まあ私が夏着物を着る頻度の少なさからすると、今後夏用の襦袢を増やすことはまず無いと思うので、今ある長襦袢を綺麗に着るために工夫していかないとね。
この夏のうちに復習する機会があるかな〜?
[PR]
by Medalog | 2014-07-30 11:50 | きもの | Comments(4)