メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

タグ:つれづれ ( 308 ) タグの人気記事

袋帯

袋帯、持っていないのである。

着物もやわらかものはほとんど持っていないし和の習い事もしていないので、袋帯がなくても問題はなかった。
でもいつか、数少ないやわらかものを着たくなった時に袋帯がなくて着られないのはもったいない。
年齢的にもそろそろ一本ぐらい袋帯を用意してもいいかな、使うあてはないけど。
…という心境の今日この頃。



百貨店の着物リサイクル市を覗いてみたら、なんだか好きな雰囲気の袋帯があった。
薄い緑の地色に銀や白の糸で波のうねりが表現されている。

綺麗な色だし、礼装用だがやや軽めの印象で、やわらかものの合わせ方がわからない私でもなんとなく使いやすそう。
しかも川島の帯で、しなやかで締めやすそう!
そして安い!なんと2万円代!

…ただ、状態が良くない。
全体的に端がうっすらと擦り切れた感じで、あちこちに小さなシミがある。
前帯にも、お太鼓の部分にも。
だからこそ川島の帯が2万円という安さなのだろうが…

この安さなら思い切って買ってしまって、状態のいいところが表になるように二部式に仕立てる手もあるかな。
切っても惜しくない価格だし。

そう思って長い時間その帯とにらめっこしていたのだが、結局は状態の悪さに納得できずに諦めた。



人生で袋帯を買う機会は数回しかないと思うから、買う時は気に入ったものを買ってもバチは当たらないはず。
もちろん安いに越したことはないが…
それに手持ちのやわらかものは、どれも色や雰囲気が違う。
全ての着物に合う帯が見つかるのか、そうでなければどの着物に合わせるのかちゃんと考えないとね。

なんだか久しぶりにきものサロンなどの雑誌を買ってみたくなった。


[PR]
by Medalog | 2017-08-30 18:25 | きもの | Comments(4)

関東のたぬきそば

お盆休みに横浜に帰省して、義父の初盆の準備や空き家の片付け、いまだに終わらない手続き関係であっという間に時間が過ぎた。



区役所に寄ったときに、昼食の時間があまりないため役所の食堂でさっと済ませることになった。
「せっかくの地元で行きたいお店はいろいろあるのに、役所の地下の食堂か〜。」
と思いつつ、寒かったので(今年の関東の8月中旬は寒かったですね!)たぬきそばを注文。

なんの期待もせずに出てきたおそばを一口すすって「あっ!美味しい!」と感動し、そのままあっという間に完食してしまった。
大満足。

その食堂のそばは特別有名なわけではなく、おそらくその辺りの普通のそば屋さんと変わらないレベルだと思う。
それがなぜ美味しく感じたのか?



関西はお出汁文化。
大阪に住むようになってから、かけうどんは断然関西風の澄んだ色のおつゆで食べるのが好きになった。
でもかけそばは、関西風のおつゆだとちょっと違う気がするのだ。
もちろん美味しいのでつゆを最後まで飲み干したりするのだが、美味しいのに何かが違う。
かけそばを食べたという満足感がない。

関西の人に「醤油の色」と笑われる関東風のおつゆこそが、私の中では「かけそばのつゆ」なのだ。

役所の食堂のたぬきそばは、その醤油色のおつゆだった。
立ち上る醤油の香り!
そば・天かす・刻み葱との相性最高!
まさか役所の地下の殺風景な食堂でこれだけ満足するとは思わなかった…

ちなみに同郷の夫も私と同じ感想で、二人で
「おいしいね!」
「やっぱりこれだよね!」
と言いながら食べていたので、周りで食事していた役所勤務の皆さんは「そんなにおいしいか?」と疑問に思っていたかも(笑)。



大阪に住んで長いのになぜ今さらこんなに感動したのかというと、横浜に帰省したときにはいつも「ハレ」の食事をとることが多く、外食の時にかけそばやたぬきそばを食べる機会がなかったから。
だから、久しぶりに出会った関東風のおつゆに今さら感激してしまったのだ。
(その日が小雨で8月にしては寒かったことも大きな原因かもしれない)

これからは関西にいるときはうどんかざるそば、関東に帰省したときはかけそばにしよう。
昔、神田の近くで働いでいた身としては、あのあたりの蕎麦が懐かしくなってきた。
着物仲間のみなさま、いつか神田のやぶそばあたりにお付き合いいただけませんか?
…うーん、でもあそこに行ったらやっぱりせいろそばと天たねが食べたくなるかなあ。



[PR]
by Medalog | 2017-08-18 17:29 | 生活 | Comments(4)

石切神社 夏越大祓

自分の中で、一度は行ってみたいのにいつも終わってからニュースで「今日だったのか」と気付く行事ベストスリーのトップが、茅の輪くぐりだった。
ちなみに二つめが奈良・若草山の山焼きで、三つめは…特にないかも(笑)
それはさておき、今回はたまたま前日に今日6月30日に石切神社で夏越大祓(なごしのおおはらえ)が行われると知り、この機会にぜひ!と思い立って出かけることに。



そもそも茅の輪くぐりが大祓式の行事であるということもあまり知らず、どのような手順で参拝(参加?)すればいいのかよくわからない。
ネットで調べてもよくわからず、15時から始まることはわかったので30分以上前に着くように出掛けてみた。

d0048332_17230906.jpg

本殿の前に大きな茅の輪が据えられている以外は、参拝者もまばらで間もなく儀式が始まるとは思えない通常運転ぶり。
茅の輪はまだくぐれないようになっている。
授与所で形代をいただき、氏名と数え年を書いて体を撫で、3回息を吹きかけてからまた授与所に持って行き初穂料300円でお納めする。
私の半年分の罪と穢れを形代に移し、お焚き上げしていただけるらしいのだが、今回の神事の中ではお焚き上げはなかった。

雨上がりで蒸し暑いので、始まるまでの時間を崇敬会館で過ごす。エアコンが効いていて冷たいお茶もいただける。
15分前に間もなく始まるとのアナウンスがあり、他の皆さんについていくと本殿前にマイクスタンドがあり参拝者が集まっている。まだ数十人かな?
10分前になると神職の方だろうか、マイクで儀式のいわれや簡単な段取りの説明があった。初めて参加するなら聞いておけば安心だが聞かなくても問題なく参加できる内容。

15時になると宮司さんを始め十数人の神職の方々や巫女さんたち?が来られるので低頭でお迎え。
15分間ほどの儀式があり、お祓いをして頂くたびに数回頭を軽く下げるが、その都度マイクで教えてくれるので勝手がわからなくても大丈夫。
その後宮司さんを先頭に茅の輪くぐり。いつの間にか人が集まっていて、総勢300〜400人ぐらいだろうか?
左へ、右へ、左へと3回くぐり、もう一度元の位置に集合するまで20分弱。
その後短い儀式と宮司さんからのお言葉があり、すべての儀式が終わるまで40分ほどだった。

d0048332_17231436.jpg

始まる頃はまだ曇っていたのが、途中からこの青空!
私はうっかりして日傘はあるが帽子がない状態で、まさか神事に日傘はさせないので40分の間日差しに当たって汗だくだった。
晴れると暑いし、立っている時間も長いので、ちょっとしんどそうにしている年配の方もいらしたみたい。

ただ、全てが終わると同時に茅の輪も撤去されていたので、茅の輪くぐりをしたければ宮司の後に続いて列になってくぐるしかないようだ。
もちろん途中で抜けたり途中から合流は可能だが、行列が途切れたらもうくぐれなさそう。
他の神社でもそうなのかな?夕方からくぐれるという神社もあるような。
この石切神社はお百度参りをする方が多く、茅の輪はお百度のコースを遮る形で据えられているのですぐに撤去するのかもしれない。

蒸し暑い中だったけれど、やっぱり気持ちはスッキリするかも。
年末だともっとスッキリしそうですね。



d0048332_17231888.jpg
石切神社の駐車場のあたりではよく猫ちゃんを見かける。
いつも気持ちよさそうにお昼寝してるんだよなー。
かわいい。

[PR]
by Medalog | 2017-06-30 19:39 | 生活 | Comments(6)

平安神宮で薪能

平安神宮で薪能が開催されるとお誘い頂き、喜んで出かけた。
6月初旬の話なのだが、その後急な用事で帰省したり五十肩とは別に肩凝りがひどくなったりしてタイミングを逃してしまった…



薪能は以前大阪城に見に行ったことがあり今回で2度目。
相変わらずお能への知識は少ないのだが、自然の風を受けながら、燃えさかる薪の炎のゆらぎと匂いを感じながら観る能はなんとも言えない陶然とした気持ちになれて魅力的だ。
ご一緒したお友達が詳しくて舞台の正面の座席は混んでいるが左右の席は空いているとのことで、開場後に並ばず入場したにもかかわらず向かって右側の地謡の方々の背中を見る位置で前列をゲット。
もちろん役者さんも上半身は見えるし、薪越しに舞台を見上げる位置だったので雰囲気も素敵だった。

西に向かって座っていたので、日が落ちるまではちょっと暑いしかなり眩しい。
それが、日が落ちるにつれてどんどん冷え込んできた。
お友達によると過去に同じ日程で見たときにはこれほど冷え込まなかったとのことで今年が特別だったのだろうが、薄手のカーディガンとストール、さらには手ぬぐいまで肩に掛けても全然足りない。
羽織ものを持たない半袖のお客さんはどんどん脱落していき、舞台上ではナビ狂言といってそれぞれの演目を狂言のていでわかりやすく説明してくれたお二人が「来年お越しになる際にはお召し物にご留意を…」という感じのことを言っていたほど。

無事に鑑賞を終えたあとにまず思ったことは「今年の冬はユニクロでウルトラライトダウンジャケットを買う!来年はそれを持って見にくる!」ということ(笑)。あと使い捨てカイロも!
もちろん来年はこれほど寒くないかもしれないが、備えあれば憂いなしですものね。
そしてお能と狂言はとても良かったので、雨具や防寒の準備を整えて是非また行きたい。



番組の覚書を。
 観世流能 弓八幡(ゆみやわた)
 (火入式)
 観世流能 野宮(ののみや)
 大蔵流狂言 鬮罪人(くじざいにん)
 金剛流能 小鍛冶(こかじ)

小鍛冶に登場する「白狐の姿の稲荷明神」。
素人の想像だと狐の面をかぶって登場しそうなものだが、実際は頭の上に狐のシルエットの冠?をつけるという親しみのある面白い姿で意外だったな。
(写真はパンフレットより撮影)

d0048332_11414760.jpg





















それにしても、このようなイベントにふらっと日帰りで行ける場所に住んでいるのはありがたいことだな。
もっといろんなことを貪欲に楽しまないと勿体無いね!

あ、この日の夜、平安神宮から駅に向かう途中の疎水でホタルを見ることができたの!
ほんの数匹だったがとてもキレイ…
疎水の水がきれいなこともあるだろうし、街灯が少ないのもいいのだろうな。
生でホタルを見たのはいつぶりだったろうか?
薪能鑑賞にいい思い出が一つプラスになった。


[PR]
by Medalog | 2017-06-23 11:51 | 生活 | Comments(2)

洋服が減らない理由

前回の記事で「洋服を1着買ったら2着捨てる」ということを書いて、いかにもクローゼットの中身が洗練されているような感じだが、実際は全然ダメなのである。

最近は夫が、亡くなった義父の洋服の中から自分で着られそうなものを持ち帰るので10着以上は増えた。
夫にまで私のルールを押し付ける訳にもいかないので、夫のクローゼットはぎゅうぎゅう詰め。
服を取り出すたびに周りの服に押されたシワができている状態なので、なんとかしないといけないのだけど…

そして私は、後から後悔するような服をたまに買ってしまう。
普段は地味な服ばかりなので、たまには色やデザインで冒険してみようという気持ちが定期的に沸くのだが、そうやって選んだ服の多くは失敗に終わってしまう。センスがないのです。



d0048332_11191217.jpg


















クローゼットがいっぱいなのにこんなTシャツを買ってしまう自分…
これはイオンと各企業がコラボしたTシャツで、たしか980円ぐらいの安さだった。
昨夏に売り場で見かけて、はじめは「何これ面白い〜」とあれこれ広げては笑っていたのだが、触ってみると生地がしっかりしていて肌触りもいい。
なんだか気に入ってしまって「たまにはこんなのもいいか」と普段は買わないような柄物のTシャツ(夫は輪ゴムのオーバンド、私はコクヨのキャンパスノート)を買ってしまったのだ。

売られている中では地味目な色柄を選んだものの、さすがに外に着て行く勇気はなく、昨夏は部屋着として着倒した。
なんども洗濯して早くヘタってくれれば捨てられると思っていたのに、2年目になってもしっかりしているのが良いような悪いような。
今年の夏もこのTシャツをヘビロテすることになりそうだ。

本当は、部屋着に至るまでお気に入りの厳選されたものに囲まれた生活なんていうのが憧れなんだけどなー。
この調子では一生かかっても叶いそうにないですね。

[PR]
by Medalog | 2017-05-26 11:37 | 生活 | Comments(4)

風水土のしつらい展

大丸梅田店で開催されていた「風水土のしつらい展」をお友達と見てきた。
このイベントは確か10年ぐらい前に一度行ったことがあり、当時は着物関係の出店が幾つかあって着物姿のお客さんも多かったような気がするのだが、今回は布の出店はほぼ洋服。客層も着物姿の方はほとんどいなかった。



そういう私も洋服になってしまった。
前日から着物を着る気満々で準備しており、当日の朝は五十肩をだましだまし着物をまとい、普通の名古屋帯は締められなかったので着付けが楽な二部式のバティック帯を引っ張り出してなんとか形にできた。

ところが最後、帯締めと帯揚げがどうしても結べないのだ。
帯締めは力が入れられない。
両端の房を脇に差し込めない。
帯揚げは脇の部分まで手が回らず、形を整えられない。
時間ギリギリまで頑張ったのだがとうとう「もうダメだー!」と放り投げ、小物を散らかしたまま適当な服を着て出かけることになってしまった。

帰宅後に、使わなかった着物や小物を片付ける虚しさよ…
ただ両腕とも快方に向かっているのは間違いないので、今年は夏着物を必ず着るのを目標にするぞ!



そんなわけで洋服でのお出掛けだったので、和服姿のお友達が羨ましかった。
初夏の季節にぴったりな素材・色味の木綿着物と小物の取り合わせが素敵で…
ただ洋服の試着ができたのは良かったかな。
素朴だが洗練されていて力強い、素敵な布地の洋服がたくさんあり、思いかげず1着購入してしまった。
あとショールも1枚。
どちらも長く使えそうなものが手に入って嬉しい。

数年前から「服を1枚買ったら2枚処分する」ということを意識している。
毎回守れるわけではないが、この日は2枚買ったので帰宅後に4枚の古い服やショールを処分した。
洗いすぎて色も形も変わってしまったけど愛着があって捨てられなかったカットソーを今回ようやく処分できたわ(笑)。
それでもまだまだたくさんの洋服がある。
おそらく手持ちの洋服を半分に減らしても問題なく暮らしていけると思うので、今後も1枚買ったら2枚捨てるをできるだけ遂行しよう。
「この服を買ったらうちにある服を2枚捨てなくちゃいけないのか」と思うと衝動買いも減らせるしね。



その後、遅めのランチでたくさんおしゃべり。
洋服だからたくさん食べられるかと思いきや、着物と違ってジャストウエストの部分にボタンがあるので苦しくて全部食べられなかった。
洋服が悪いわけではなく、太ってきてボトムスがキツくなってきたのがいけないのだけど…
ああ運動不足。もっと体を動かさなきゃ美容どころか健康に差し障るわ。
いつまでも楽しく着物を着たいし、遠くへ出かけたり美味しいもの食べたりしたいものね。



[PR]
by Medalog | 2017-05-25 15:27 | 生活 | Comments(2)

美味しいトースト

最近はトーストがとても美味しく焼けるという高級トースターが人気で、私も気になってはいたもののトースターにしては価格が高いので二の足を踏んでいた。
しかし先日、姉からも勧められてしまい、とうとう購入してしまった。



d0048332_11425687.jpg


















今まで15年以上使っていたトースターにはイラストのメニューが書いてあったりして見た目が気に入っていなかったのだが、これはシンプルで良い。



d0048332_11430363.jpg


















上部の穴に小さじ一杯の水を入れてパンを焼くのが、このトースターのキモらしい。
付属の小さなカップで毎回ちょこっと水を入れるのがおままごとのようで楽しい。そのうちに飽きるかもしれないけれど。

トースト、フランスパン、クロワッサンなど4通りの焼き方が選べるので、まずはトースト。
メーカー推奨の通り、パンに十字の切れ目を入れて柔らかくしたバター(我が家ではマーガリン)を薄く塗って焼き、最後に追加でバターをのせて余熱で溶かす。



d0048332_11431170.jpg


















半信半疑で食べてみたら、確かにこれは美味しい!
(私の写真では美味しさが全然伝わらないだろうが…)
前日までと同じ食パンなのに、外側がサクッとして内側はふんわりで別物のようだ。
このトースターに全く興味がなく「欲しいなら買えば」という態度だった夫も、一口食べて「おっ!」とびっくり。一瞬で気に入ってしまった様子。

電器店で接客してくれた店員さんもこのトースターを愛用しているそうで「スーパーで一番安い食パンを買っても美味しいトーストになります!」と熱く語っていたので、今後は高いパンも安いパンもいろいろ買って焼き比べしてみよう。
気をつけないとすぐに太りそうだけど、やっぱり美味しいものには勝てないよねー。


[PR]
by Medalog | 2017-04-20 12:05 | 生活 | Comments(4)

さくら三昧

横浜へ帰省していた。
義父の準確定申告を済ませてひと安心。
昨年までの確かな控えが残っていないので、今回提出したもので合っているのかどうかはわからないのだが、ひとまず期限内に提出できたので良かった。

ちょうど桜の季節。
いつもだとゴールデンウィークに帰省することが多いので、桜の季節に関東にいるのは久しぶり。
せっかくなので東京の桜の名所に出かけてきた。
どこも満開には少し早かったけれど、十分に楽しめた。



一度は行ってみたかった、目黒川!

d0048332_13274003.jpg


































まだ5分咲き程度だったのでちょっと物足りない感じもあったが、おしゃれな出店が立ち並ぶ街の雰囲気と合わせて楽しめた。
それにしても人が多かった!
満開の頃はもっと多いのでしょうね。
でも今年の満開は、雨かな?



六本木ミッドタウン!

d0048332_13274714.jpg




































ここには桜目当てで出かけたわけではないのだが、予想外にたくさんの桜が見られたので嬉しかった。
おしゃれなカフェでお茶をして、おしゃれなお店を見て回って、東京を満喫。



我が地元、横浜みなとみらい!

d0048332_13360358.jpg













海沿いで風が冷たいせいか、全体としてはまだ2〜3分咲きぐらい?
来週の週明けの晴れた日に桜見物するならみなとみらいはおすすめかも。
桜木町駅からパシフィコ横浜まで桜並木が続いているし、桜木町から元町や中華街、山下公園を巡る周遊バスも出ているので一日楽しめるのでは。



そして最後に、京都!

d0048332_13280392.jpg













…新幹線の車窓から撮影した東寺の五重塔。
一応肉眼では塔の下にすこーし桜が見えていたけれど、写真だと全然ダメだな(笑)
でも八幡の背割り堤の桜は見えた!綺麗だったな。
それ以外にも、新幹線の窓からは山沿い、海沿い、街中とたくさんの桜を見ることができて満足できた。
新幹線の座席はいつもだと乗り降りしやすい通路側を取ることが多いのだが、この日ばかりは窓側が取れるまで時間をずらして窓側をゲットして満喫できたのでよかった。

週明けに桜を見に京都へ行こうかな。
どこか、散らずに残ってくれているといいな。


[PR]
by Medalog | 2017-04-08 13:51 | 生活 | Comments(6)
2月上旬に郵便で申請を出したマイナンバーカード。
一ヶ月半ほど経ち「出来上がったので役所に引き取りに来るように」との通知が来た。
よほどの事情がない限りは本人が行かなければならないが、夫は平日の開庁時間には間に合わないので、月に一度の日曜開庁の日に二人で行って受け取ってきた。

受け取るにあたり、4種類の暗証番号の設定(そのうち3つは同じでもOK)が必要になる。
今後マイナンバーカードを使うとき(の一部)に必要になるらしい。
今はまだいいが、今後年をとって一人暮らしになったときなどに暗証番号の管理ができるかどうか不安だなあ。

カード自体の有効期間は発行日から10回目の誕生日までだが「署名用電子証明書及び利用者証明書の有効期間は発行日から5回目の誕生日まで」らしい。おそらく暗証番号を使う部分のことだろう。5回目の誕生日が来る前に役所に行って更新手続きをするのだそうだ。
ということは、誕生日の直後に申請をしたほうがカードの有効期限が長いんだな。

結局、訳がわからないまま手元にやってきたマイナンバーカード。
(個人情報だらけなので写真が載せられない…)
そもそもは夫の父が亡くなった後の各種手続きの際にマイナンバーカードがあれば便利かも、と思って申請したのだったが、カードが発行されるまでの間に多くの手続きは済んでしまい、カードがなくてもマイナンバー通知書と運転免許証ですべて用は済んでしまった。

強いて言えば、住民票や印鑑証明の取得のためにバスに乗って2回区役所に行ったのが、カードがあれば徒歩圏内のコンビニで取得できたのでバス代と往復の時間がもったいなかったというくらい。
その点については、平日に役所に行く時間がない人はいずれ重宝するかもしれない。
他にもマイナンバーカードがあれば出来ることはいくつもあるようだが、今の自分には関係なさそうなので深く確認はしていない。

今後マイナンバーカードを使うのはどんな場面になるのかあまり想像がつかないな(肉親の不幸は別にして)。
もしカードを作っておいて役に立った、と思うことがあったら記事にしたいと思う。

[PR]
by Medalog | 2017-03-27 10:30 | 生活 | Comments(0)

一区切り

義父の四十九日法要を終えた。

約8年前に義母が急逝したとき、それまで親戚付き合いは全て父母・義父母まかせというお気楽な転勤族妻だったのが、急に喪主の一人息子の嫁という立場になった。
葬儀や法要についてもまるで無知だったし、ほぼ初対面である夫の父方・母方の親戚(それぞれ人数が多く、皆よく似ている!)の顔や名前、性格などを覚えるのに必死だった。
初七日の法要が終わったお清めの席で、隅の席で一人御膳を食べ始めてすぐに「のんびり食べてないでお酌に回りなさい」と注意されて慌てて立ち上がったのも懐かしい。

それが今では葬儀や法要の経験も増えてあたふたと慌てることも減り、いつのまにか夫のおじやおばとも冗談交じりに話したり腹を割って相談したりできるようになって年月の流れを感じる。
多少行き届かない部分があっても仕方がないわ、と開き直る図太さも身に付いたし。
この秋には前倒しで義父の一周忌法要を営む予定なので、その時にまた全員元気で集まれたらいいな、と願う。



まだ手続きのあれこれは残っているが、無事に法要を終えて気持ち的にも一区切りがついた。
私はキャパシティが狭くて、例えば義父の法要があると思うとそれが終わるまで他のことが手につかなくなってしまうのが悩み。
おかげで自分の確定申告もまだだし、家の中もうっすらと散らかっている(これは五十肩のせいもあるかも)。
法要があると言っても毎日準備があるわけでもないのに、着物を着て出掛けるどころかタンスから出してコーディネイトを楽しむ心の余裕すらなくなってしまう。

春は目の前。
着物に限らず、自分の生活を取り戻して毎日を楽しく有意義に過ごさないともったいない。
今日から頑張ろう!
…と思っていたのに今日は疲れて昼寝をしてしまったので、明日から頑張ります。



[PR]
by Medalog | 2017-02-27 20:45 | 生活 | Comments(6)