メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る
d0048332_09454676.jpg

義母の小紋。
派手かな?可愛らしすぎるかな?という当初の戸惑いは、何度か着るうちに薄れてきた。
だが私が持っている他のきものに比べてフェミニンなイメージのせいか、手持ちの帯で合うものがあまりない。
そこで、やはり義母のものだが貰ってきたまま使わずにいた赤い八寸帯を合わせてみたら、まあまあ似合うようでホッとした。
(帯締めか帯揚げは色を変えた方が良かったかな…)



しかし着付けの最中に、この帯には問題があることに気がついた。
少々シミが散らばっているのは仕方がないとして、大きな問題は「て先の柄」にあった。
d0048332_09461483.jpg  d0048332_09460232.jpg

モアレがひどいため見づらくて申し訳ないが、て先の柄が足りないのがおわかりになるだろうか。
右の写真でわかる通り帯の横幅よりもて先の柄が短いので、お太鼓の片側には柄つきのて先が出るが反対側は柄無しになってしまうのだ。
しかも足りないのがほんの数センチなので、横から見たらお太鼓の中で て先の柄が途切れているのが丸見えになってしまう。

なぜこんなことになっているのだろう?
織元のミスなのか、このような帯が普通に存在するのか?
ちなみに て先には余分な縫い込みはないので、て先を解いても柄を伸ばすことはできない。



さて、どうしましょう。



このままではあまり使いたくない帯になってしまうのでなんとかしたい。
帯の他の場所から柄部分を切り取って て先に足そうと思ったが、たれの裏側は柄無しになっているのでダメ。
前帯の外に出ない部分から少し切り取ることはできそうだが、どちらにしろお太鼓の両脇から縫い目が見えづらいようにするのはちょっと難しそう。
(私はお太鼓をピタッと形作るのが苦手で、お太鼓の中のて先が左右から見えやすいのです)

そこで、思い切って!
て先をまるごと無地にしてしまおう!



d0048332_10235850.jpg
前帯の、柄のある部分とない部分の境目をカット。

d0048332_10241472.jpg

切り取った部分をぐるっと入れ替える。
て先を解いて開き、柄のある方を前帯につなげて、柄のない部分をて先に。

d0048332_10355860.jpg

ミシンでガーッと縫い合わせて終了。
柄の縞が食い違ってしまったが、見えない部分なので気にしない!



d0048332_10373300.jpg

お太鼓の左右共に、柄のない て先が出るようになった。
柄がないとはいえ経糸の縞はあるので、さほど違和感はないと思う。
お太鼓の柄と て先の柄が違うとカジュアルっぽくなってしまう気がするが、もともと八寸帯なのでよしとする。

カットが一箇所だけなので、帯の長さは縫い代1.5cm×2で3cmほど短くなるだけで済んだ。
(帯はほつれやすいので縫い代は少し多めの方が安心だと思う。そして切ったらすぐにミシンでかがるなどしてほつれを止めるのが大切!)

試しに体に巻いてみると、縫い合わせた部分は前帯の一周目の斜め前、ちょうど扇子や根付を差し込むような位置だった。(帯によって違ってくると思うが)
さらにもう一周巻くので縫い目が見えることはまずないと思うし、縫い目の部分が締めづらいとか体に当たって痛いということもなかった。

細かいシミはあるが軽くて締めやすい帯なので、今回のお直しを機に使う機会が増えたらいいなと思っている。



タイトルに「義母の帯をあれこれする3部作」と書いたが、この帯以外にも手を加えたい義母の帯が2本あるのだ。
できれば春になる前に残りの2本もなんとかしたい。
飽きたり忘れたりして、3部作が尻切れとんぼになりませんように…

[PR]
# by Medalog | 2018-02-08 11:31 | きもの | Comments(0)

初釜

初めての初釜体験が終わった。

事前に「とにかく人数が多くてびっくりするわよ」と言われていたが本当にその通り。
わーっと集まってわーっと移動してわーっとお茶をいただいてきた感じだった。

見たことのないような立派なお道具やたくさんの方々の礼装きもの姿を見ることができて目は喜んでいたが、なんだか舞い上がってしまって、この数ヶ月学んだはずのことがいくつかすっぽ抜けてしまった気がする。
また、それでなくても飲みづらいお濃茶が緊張のせいか全然口に入ってくれなくて、隣の席にいたお仲間が「あなたの分まで頑張って飲むわ!」と飲み干してくれて申し訳なかった…。
次からは多少口の周りが汚れたとしても、自分の分はしっかりいただかないとダメですね。
一番の反省です。

そして舞い上がったせいで菓子楊枝を無くしてきた…
会場のどこかに転がっているのだろうか。
散らかしてしまい申し訳ありません(涙)



d0048332_10353272.jpg

自宅で着付けをしたときにはもっと衣紋が抜けているはずだったし、後頭部の髪もホットカーラーやスプレーを使ってもっとボリュームを付けたつもりだったのに、おかしいな。

色無地・ショートカット・メガネだと、着こなしによほど気を使わないと貧相になってしまうとこの写真を見てまた反省。
(コンタクトレンズを使う予定が、ケースの蓋の閉め方が悪くてカリカリに乾燥していたので使えなかった…これも反省)

私は伊達衿を使ったことがなくてこの日も懐紙の出し入れのときにズレたら困ると思って挑戦しなかったのだが、会場では色無地にも訪問着にも伊達衿を合わせている方が多く、初釜らしい華やかさが添えられるものなんだなと実感。
私も今後は伊達衿を使えるようになろうと決めた。
この色無地には何色が合うのかな?帯に入っている色から選べばいいのかしら。未知の世界。



楽しかったはずが、反省の気持ちの方が強かった1日だった。
次回参加する機会があればもっとゆったりと楽しめるようになっていたい。

[PR]
# by Medalog | 2018-01-30 11:16 | きもの | Comments(6)

色無地と袋帯

いよいよ初釜が近づいてきたので、当日着る予定の色無地と袋帯を、茶道教室へ行くときに着てみた。

d0048332_19570989.jpg

10年以上前になるだろうか、着物を着るようになってすぐに手に入れた色無地。
事情があって色味を自分で選ぶことができず、当時はこのピンク色がとても派手に思えていた。
それにそもそも色無地を着る機会がなかったので10年間で2〜3回しか着ていなかったのだが、今回とても久しぶりに着ることに。

いざ着てみたら、この数年で私自身の好みも変わったようで、そんなに派手でもないし今後も着続けられそうな色だと思った。
一時は色を暗めに染め替えようかと思いつつ、どのような色に仕上がるかわからないので躊躇していたのだが、結果的にはそのまま寝かせておいて良かったのかも。

袋帯は、お友達から譲っていただいたもの。
色無地に見合う袋帯が一本もないという話をお友達にしたところ、御自身の箪笥の中から私に似合いそうな袋帯を選んでくださったのだ。
白地に金糸銀糸が入った数色が市松模様になっている。
礼装用なのに重苦しくなく上品な可愛らしさがとても素敵で、見せていただいた瞬間に大好きになってしまった。
締め心地も良いのでこれからできるだけたくさん出番を作って、お友達にもぜひ見て欲しいと思う。



色無地と袋帯でのお稽古は、やはり紬を着ている時とは気分が違って、歩き方や手の動かし方も少し優雅にできる気がする。

ただ、正座したまま膝を動かして体の向きを変えるような時に、着物が傷まないかと心配になってしまう。
ビデオなどで上級者の方がこの動作をするのを見ると、スッ、スッと軽やかに向きを変えているように見えるのだが、私は「ズザザッ、ズザザッ」と大袈裟な音を立てながら必死に動くので、おそらく着物の膝下にも相当な負担が掛かっているだろう。
着ていて気持ちはいいけれども、やはり色無地はお稽古には着られないと思った。

そして久しぶりの色無地と袋帯の着付けはやはり勝手が違って、危うく茶道教室に遅刻するところだった。
なので帰宅後に袋帯の締め方を2回、色無地の衿の抜き方や合わせ方を1回復習した。
すると朝の苦戦が嘘のように綺麗に仕上がった。朝、衿がぶかぶかに広がっていたのはなんだったんだろう???
ともかく、初釜当日もこの調子で綺麗に着られますように。

[PR]
# by Medalog | 2018-01-24 20:43 | きもの | Comments(4)