<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今度はコートの悩み

ただの長い愚痴というか悩んでるだけの内容です、すみません。



11月初旬に炉開きのお稽古がある。
先生のお宅で行われるもので着物は小紋でも良いと言われたのだが私には小紋がないので、一ツ紋色無地か紋なし付け下げを着ようかと思う。
どちらを選んでも帯や小物は迷うほどの選択肢がないのでいいのだが、ふと気がついたのは「コートは何を着れば?」ということ。

この時期に紬を着るなら単衣か袷の羽織を着るのだが、どちらも略礼装以上の着物には合わせられない。
強いて言えば色無地なら、羽織を着てしまえば紋が隠れるので合わせられなくもない気がするが、羽織の前の開きから礼装用の袋帯が見えたらやはり合わないだろうなあ。

他のコート類はどれも
・11月初旬には暑すぎる
・礼装着物と裄が合わない
・見るからにレインコートの素材でちりよけには使いたくない
…など、どれも今回の炉開きには使いたくないものばかり。

かといって、11月になれば略礼装を帯付きでは着られないし、電車で長時間移動するので着物を守る意味でもちりよけコートは必要だ。
いっそのこと雨が降ってしまえば安物の二部式レインコートが裄も合うので使えるのだが、あまりにペラペラのシワシワなので雨でなければ着たくないのが困る。

ああ、いよいよ礼装着物に合わせるコートが必要になってしまった…!



仕立て上がりのちりよけコートを探してみたが、私は身長の割に裄が少し長いのでフルレングスのコートは既製品では寸法が合わない。
やはり自分の寸法に合わせてきちんと仕立ててもらったほうが、着やすくて見た目も良いものになるだろう。
安物買いのなんとやら…な私としては、寸法の合わないものを購入していざ着るたびに苦労したり着姿が今ひとつだったりという反省は嫌というほど味わっているので、その反省を今回ばかりは活かさなければと思う。

そしてせっかくなら質の良いもの、できれば礼装にも紬にも合うもの。
正絹とシルック系のどちらを選ぶべきかな…?
扱いの手軽さと価格で言えばシルックがいいに決まっているけれど、たまには正絹の良いコートをまとってみたい欲もある。
そして着物をすっぽり覆うフルレングスのちりよけコートにするか、通常の道行もしくは道中着にするか…。
悩みどころは尽きない。
この秋冬には間に合わないが、新たな課題として1年後の袷シーズンか、うまくいけば来春までに納得の一枚を手に入れたいところだ。

あー、普段いただきものの着物ばかりで済ませていて良いものを自分で買うという経験が少ないから、いざという時に知識も決断力も無くて困るー!
今回ばかりは安物買いの銭失いにならないよう、皆さん心の中で応援していてください!
そしてアドバイスなどありましたら是非お寄せくださいませ…

[PR]
by Medalog | 2018-10-16 09:51 | きもの | Comments(2)

袷着物の時期の帯揚げ

d0048332_19295091.jpg
茶道教室。
10月も第二週なのに最高気温27℃で午後に雨の予報だったので、胴抜き仕立てで水に強い市松模様の紬の出番。
帰宅後に脱いだら着物の上に締めた伊達締めまで汗が!
でもこれから気温が下がるらしいので次回のお稽古は袷着物でも大丈夫かもしれないな。

着物の色が暗いので帯周りは明るめにと、秋らしい色使いを無視してピンクやらグリーンやら。見えていないが帯締めの房が朱色なのでそこだけ秋らしいかな。
で、帯揚げを選ぶときに「あの色を使おうかな」と思っていたものがしっかりしたシボの縮緬で、とてもこの時期この気温には手が伸びない。

そこで気づいたのだが、私は袷の時期の帯締めを買うときに色ばかり気にして素材や織りかたなどをほとんど考えていなかったようなのだ。
手持ちの帯揚げの色を思い浮かべて「この色が足りないから買い足しておこうかな」という程度の買い方なので、気が付けばシボの大きい縮緬ばかり揃っている。気温が高くて胴抜きが着たくなる5月や10月には合わせづらいものばかりであることに気づいたのが着物生活10年過ぎてからだなんて情けない!

この時期ならば縮緬でも薄くてシボが小さく柔らかいものや、綸子や平織りの紬地など、スッキリしたものが向いているなあと今更ながら思う。
まあ今月後半になればシボが大きめのものでもしっくりくると思うので差し迫って困ることはないけれども、これから帯揚げを選ぶときには「どの着物をどの季節に着るときに使いたいか」など具体的に考えないとダメだなあと思ったのだった。

本当に「今更」の話で、こんなことは着物好きの方々には普通のことなんでしょうけど…

[PR]
by Medalog | 2018-10-11 20:00 | きもの | Comments(4)

心変わりは突然に

この10年近く、手放すかどうか悩み続けた帯が3本ある。
義母の形見と、知り合いから「要らなければ捨ててね」と言われていただいたもので、どれも半世紀ほど前のものだろうか。
3本ともすぐ処分するほど酷い状態ではないがまあまあ傷んでいてまあまあ色柄が古く、使おうと思いつつもどうしても手が伸びない。

その中の1本、義母の形見の黒地の九寸帯は、私が他に黒地のポイント柄を持っていないこともあって数回は使ってみた。
黒地はコーディネイトしやすいのでどの着物にもまあまあ合うが、微妙に寸法が小さく前帯の柄が出ないのと、やはり微妙に色柄が古いので着ていても嬉しくない。なのに捨てられず、年に1度は体に巻いてみてそのまま着るときもあれば止めるときもある。そんな感じでずるずると時が経っていた。



ところが今日、急に3本とも手放す気になったのである。
原因は、通販で黒地のポイント柄の九寸帯を見つけて購入したこと。
茶道の稽古や大寄せの茶会に使えそうな七宝柄の唐織九寸で、格安なので品質もそれなりだが、やはり新しくて好みの柄だとテンションが上がる。それに比べて上記の3本の古い帯でテンションが上がったことは一度もなく「ああこれで3本ともお役御免だな、処分する時が来たな」と心がストンと落ち着いたのだ。

ただ残念なことに実は購入した帯が不良品で、すぐに返品することになってしまった。
そうなると黒地のポイント柄は義母の形見のものだけになってしまう。
「仕方ない、また別の帯を見つけるまでは捨てずにおくか」と一瞬思ったが、不良品とはいえ新品で好みの柄の帯を見てしまった今、古い帯を見てもまったく心が動かない。
自分の心が変わってしまったのだ。

この機を逃さず、3本とも処分することにしてタンスから出してしまった。
それでも義母の形見の黒地帯だけは、サブバッグや数奇屋袋にリメイクできないかと広げてあれこれ見積もってみたのだが、色柄が好みではないので出来上がったバッグを想像してもなんだか嬉しくない。
お稽古用にサブバッグが欲しいのは確かだが、作るにしても買うにしても自分が持っていて嬉しいものがいいので、もうリメイクも諦めてキッパリと処分に回してしまった。



それにしても通販で買った帯が新品なのに不良品だったのは残念だった。
やっぱり帯も着物もできるだけ現物を見て買うのが一番。
横着しないで呉服店を覗きに行きましょう。

[PR]
by Medalog | 2018-10-05 17:36 | きもの | Comments(6)

無花果

先日、ドライフルーツのイチジクが入ったお菓子を食べているときに「そう言えばイチジクの実を自分で買って食べたことがない」と言ったらその場にいた人たちにものすごく驚かれて、逆にこちらも驚いてしまった。

私にとってイチジクの実は少しレアな存在だ。
私の両親は果物が好きだったので子供のころから常に数種類の果物が家にある状態だったのだが、そこにイチジクが並んでいた記憶はない。
両親のどちらかが嫌いだったのか、家の近所では売っていなかったのか…

大人になってからケーキかタルトに乗っているイチジクを食べたのがおそらく初めての経験だが、一緒に乗っている他の果物に比べて美味しいとか不味いと思った記憶もない。だからスーパーの青果売り場で見かけても手に取ることはなかったのだが、それは珍しいことだったようだ。



その話をしたのがつい最近で、たまたまイチジクが出回る季節だったのでスーパーで見つけて買ってみた。
d0048332_08555430.jpg

カットしてみると、うん、確かにタルトの上によく乗ってるよね!
ただ味の記憶がない。見た目に少々インパクトがあるので味に癖がありそうに感じてしまう。

恐る恐る一切れを口に入れてみると、爽やかな香りとまったりした口当たり、強い甘味。
なんだ、美味しいじゃない!
プチプチとした歯ごたえも楽しくて、よく熟れたキウイから酸味と繊維っぽさを抜いたような感じかな。
癖が強いどころかほとんど癖のない味で、プチプチのない部分を目をつぶって食べたら桃と間違えるかも。

50代を過ぎてもまだ「人生初体験」ができて楽しいな。
あと、実はアボカドも自分で買って食べたことがない。
外食で食べる分にはまあ美味しいと思うのになぜか自分で買おうとは思わないのだが、せっかくだからこれもいつか自分で買ってみようかな。
スーパーの青果売り場に普通に並んでいるのに一度も買ったことがないものって、実は結構ありそうな気がする。そういうものを探して買ってみるのも面白いかも。
ネットで検索すればどんなものでもレシピが見つかる時代だし、これから心掛けてチャレンジしてみようかな。

[PR]
by Medalog | 2018-10-01 09:38 | 生活 | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog