<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ピンク!

どーん!とピンク。
d0048332_19362678.jpg
茶道の先生が洗い張りした状態の古い反物をくださったので、単衣に仕立ててお稽古に着ていった。

先生がおっしゃるには、古い着物・反物を生徒に渡すのは昔は喜ばれたが今は却って迷惑だとか失礼だとか思われてしまうとのこと(実例があったご様子)。
確かに仕立て直すにもお金が掛かるし趣味が合わないこともあるので、生徒側の気持ちもよく分かるが、そのため先生のお手元には譲る先のない古い反物が余っているようだった。

そこへ古い着物ばかり着ている私が登場したので先生も「この人なら着るかも」と思って声を掛けてくださったそうで、私も喜んで反物を見てみたら写真のピンクの大島だったのでちょっと怯む(笑)。
でもこのような色合いのものは自分では買わないので、頂き物ならではのチャレンジが出来ると思いありがたく頂戴して仕立てに出した。

仕立て上がってみたら、若干寸法が足りなかったり汚れやスレが残っているがピンクは思ったほど派手には感じられず、十分着られそうな仕上がりになった。

ただ手持ちの帯を合わせてみたら、意外に合うものが少なくて困る。
私の帯は地味目で無地場の多い着物に合わせて選んでいるせいか、このような明るい色で総柄の着物にはなかなか似合わない。
そしてどんな帯が似合うのかもよく分からない…塩瀬のポイント柄あたりだろうか…

とりあえず消去法で選んだ博多織の八寸に、小物もよく分からない取り合わせでお稽古に出かけた。
先生に大変喜んでいただけたので良かったのだがお稽古仲間にも意外に評判がよい。
少し可愛らしすぎるかと恥じていたのだがお仲間に「いつも(の着物姿)よりこれぐらい明るい方がいい」と言われて、嬉しいような、いつもの着物姿を否定されたようで悲しいような(笑)

思えば先日の大寄せ茶会でもダークカラーの洋服にアクセサリーも着けられず「顔映りが悪いかな」と思っていたのに先輩に「いつもの着物姿より若く見えていいわよ〜」と言われたんだった(笑笑)。この日はいつものメガネをやめてコンタクトにしていたせいもあると思うが。
いつものお稽古着が周りにはどれだけ地味に見えていたのかを改めて知り勉強になった。
今まで「茶道の着物 = 稽古場の邪魔にならない地味な着物と帯」と決めつけていた部分があったのだが、これからはもっと工夫をして手持ちの着物や帯のなかでも顔映りをよくしたり季節を表現できるようにしていこう。



この大島はとてもよく着込まれていて柔らかく、袖のあたりはやわらかものに近い落ち感があって着心地が良かった。
水に強そうなので今後もお稽古着として役に立ってくれそうだ。
ただ、恥ずかしながらこの花柄は何の花なのか考えもせず、先生にも確認し忘れたまま単衣に仕立ててしまったのが少し気になっている。
もしかしたら牡丹だろうか…でも織りの柄だし、単衣の着物で明るい色のものが欲しかったのであまり深く考えずにこのまま着てしまおう。

[PR]
by Medalog | 2018-09-27 20:18 | きもの | Comments(2)

雨?の大寄せ茶会

茶道の先生に、大寄せの茶会にお誘いいただいた。
先生には「洋服でいいわよ」と言われたけれど、この夏に単衣の一ツ紋色無地をシルックで仕立てたばかりなので「早速出番が来た!」と張り切ってコーディネイトを考える。



だが単衣の色無地に合わせて程よくドレスダウンできる帯がなく、考えるまでもなく一張羅の袋帯しか選択肢がない。
d0048332_07592092.jpg

早速着物と帯を合わせてみたら、色のトーンが近いのでしっくり落ち着いた組み合わせになったので嬉しい。
さて帯揚げと帯締めはどうしようかな、と迷っていたら天気予報が雨になった。

着物はシルックなので濡れてもいいが袋帯は濡らしたくない。
雨コートを着て行っても、荷物を預けてから屋外を移動する場所があるらしいのでその時に帯が濡れたら勿体ないなあと悩んでいたら、お稽古仲間から「雨ですねえ。着物、どうします?」との連絡が。
その人も毎回着物で稽古に通っており当日も着物を着るのを楽しみにしていたのだが、お互いになんだか億劫になってしまって結局「先生も洋服でいいとおっしゃったことだし、洋服にしますか…」となってしまった。



せっかくの着物を諦めるのは残念だが洋服で行くのは楽なのは確かだ。
私はきちんとした服はあまり持っていないので選ぶのに少し苦労したが、正座した時に膝が隠れる(そして今の私のウエストが入る・笑)フレアスカートを軸に、ジャケットとインナーをなんとか決めた。

茶席の洋服選びで少し難しいと思ったのは、アクセサリーが使えないこと。
選んだ洋服の組み合わせが地味で顔映りが悪いのでイヤリングかネックレスで輝きを足したいのだが、茶席ではアクセサリーは厳禁なのでその手が使えない。これが着物なら半襟や帯揚げ帯締めで調整できるし、とくに正絹は色が地味でも糸に艶がある(ものによって差はあるが)ので意外と顔映りは悪くならないのに。まあそれを言うなら洋服でも上質なら顔映りが悪くはならないのだろうが。
かといって他に選べるインナーもなく、結局「メガネをコンタクトに替えて化粧を濃くする」という対策に(笑)。
最近はメガネばかりでマスカラをつけるのはとても久しぶりなので、まばたきがしづらい。でも同年代の友人はみんなマスカラぐらいきちんと付けているし、これから顔はくすむ一方なのだからメイクももっと楽しまなきゃダメだな。



さて、洋服で会場へ。
最初のお席は座敷で正座だったが隣の客と体が密着する狭さだった。
それで何が困るかというと、扇子や懐紙の置き場所だ。
着物であれば必要なものは懐と帯に入れられるが、洋服だと懐紙は菓子をいただく直前まで懐紙入れに入れておく。今回はお隣と密着していて懐紙入れを差し込めるスペースもなかったので懐紙は後ろのバッグに入れたままにしていた。
で、いざ菓子が回ってくると、体を後ろにひねる余裕もないので手探りで後ろの懐紙を取り出す。
菓子をいただき終えて汚れた懐紙は、いつもなら袂に入れてしまうのだが洋服ではそれができず、後ろのバッグに手探りで入れる羽目に。残りの懐紙も後ろのバッグに戻したが、次に薄茶をいただいた後に飲み口を清めた指を懐紙で拭おうと思ったら「あっ!懐紙は後ろだ!」と気づく。
茶碗を持ったまま後ろ手で懐紙を探るのはもう無理なので、結局指を拭かないまま終わってしまった。

普段から洋服で稽古していればこのような狭い席でもスマートに懐紙を取り扱えるのかもしれないが、普段は着物で稽古しているので今回に関しては裏目に出てしまった。
お席を出た後、お仲間と開口一番「やっぱり着物じゃないとダメね!今度から着物にしようね!」と言い合って笑ってしまった。



今回参加した皆様の着物姿を拝見していたら、私が今回用意していた色無地に袋帯はかなりきちんとした装いの部類だったようだ。亭主側に近い組み合わせだったかもしれない。
もちろん付け下げや訪問着に礼装用の袋帯の人もいらしたが、帯はいわゆる茶席向きの渋めな色合いで有職文様の袋帯や名古屋帯と控えめな色柄の綴れ帯の人が多く、小紋や紬に洒落袋帯やかわいい名古屋帯を合わせた人も。
以前先生が「大寄せ茶会は紬でも無地系なら大丈夫」とおっしゃっていたのが半信半疑だったのだが(先生すみません)、本当に大丈夫なのだと肌で感じた。
もちろん、今後も茶会に参加するときは先生に装いの相談をするけれど。

>いわゆる茶席向きの渋めな色合いで有職文様の袋帯や名古屋帯
私は今、これが欲しい。
茶系やグレー系の帯なら少々雨に降られたり抹茶や点心をこぼしても気兼ねなく使えると思うのだ。
次の茶会までに一条手に入れたいな〜

[PR]
by Medalog | 2018-09-22 09:35 | 茶道 | Comments(4)

この夏、最後の麻着物

3週間近く前の話だが、滋賀の佐川美術館に出かけてきた。
琵琶湖畔にある佐川美術館は、お友達のブログで知って建物自体がとても美しいのでいつか行きたいと思っていたが、大阪からだと京都を超えて滋賀の美術館に行くのはちょっと遠い気がして、今まで行ったことがなかった。
今回は田中一村展にお誘い頂き、ようやく行く機会に恵まれた。

田中一村は、恥ずかしながら今回初めて知ったのだが、とてつもない才能の持ち主だった。
幼少期の南画からすでに素晴らしく、その後成人して画壇に評価されず画風を変えていくのだがその時々のどれもが、美しく、力強く、品がある。
この展示を見ることができてよかった!
なにかグッズが欲しかったが、自宅にマッチしそうなものがなくて残念。

d0048332_14140951.jpg
8月末だったので、この夏最後の麻着物に、帯は芙蓉柄の九寸。

この夏は茶道教室で何度も夏着物を着たので、この日の着付けは楽勝だろうと思ってのんびり着付けを始めたら、そうはいかなかった。

麻の襦袢に伸縮包帯を安全ピンで留めて、コーリンベルトの代わりのようにしているのだが、その包帯を蝶結びにした結び目が妙に痛くて苦しくて、帯まで締めたのに全部解いてやり直しになってしまった。
伊達締めのように、前で一絡げしてから端を左右逆側に挟み込むやり方のほうが簡単で痛くなかったので、今度からはそうしよう。

そして肌着。
クレープ地のフレンチスリーブの肌着を新しく購入して着てみたのだが、家を出てから気が付いたのが肌着の長さ。
お尻がほぼ隠れるぐらいの長さがあったため、お太鼓のタレの下に肌着のラインがくっきり出ているのを、家を出てから気が付いた!今までも洋服用の肌着を愛用していたが、どれもたまたま丈が短いものだったので、肌着のラインなど気にしたこともなかったのだ。
自宅の照明では気付かない着物の透け具合に、太陽光や強い照明の下で初めて気付くととても焦る。家に戻る時間も駅のトイレで直す時間もなく、暑いのにショールを羽織ってお尻のあたりをごまかしながら目的地まで向かい、ランチをするホテルのトイレでようやく直せて一安心。
これからの季節は着物が透ける心配はないが、色無地などやわらかものを着る時にもこういうことは気を付けないといけないな。



d0048332_15433579.jpg

最近読んだ本、2冊。
どちらも茶道を学ぶ方々には「今更」だろうか?
「日日是好日」は、先日佐川美術館で会ったお友達に教えてもらってすぐに購入。
筆者の25年に及ぶ茶道経験が鮮やかに描かれていて、一気に読んでしまった。

筆者が感性豊かに感じ取る、お点前のこと、お道具、茶花や軸のこと、稽古場の外の自然のこと…。
私もいつか、同じように感じたり気付いたりできたらいいな、と思う。
今はまだ先生宅の稽古場では「お点前の順番を間違えないように」と緊張しているし、後半は足が痛くて集中力を欠いているので、とにかく余裕がない。
まあ、たった1年で何かを悟ろうと言うほうが図々しいのだろうが。

「日日是好日」は、映画が来月から公開になる。
主人公に茶道を教える先生は、樹木希林さんが演じている。
私は樹木さんが表現する茶道の世界を見ることがとても楽しみだ。きっと豊かで素敵な世界になっているだろうと期待している。

樹木さんは、完成作を見てから旅立たれたのかな…

[PR]
by Medalog | 2018-09-18 16:02 | きもの | Comments(6)
先週末、夫が学生時代の仲間と30年ぶりにバンドを組んで都内のライブハウスで数曲披露するという椿事が起きたので見に行ってきた。
出来栄えはともかく久しぶりにたくさんの仲間と再会して楽しそうだったので、よかったよかった。

私もライブハウスに行くのはかなり久しぶり。
大きなホールやドームのコンサートには今でも毎年行くが、小さいライブハウスでお酒を飲みながらドラムの振動を直に感じるのは全く別の感覚で、自分は何をしたわけでもないのにスカッとストレス発散した感じ。
たまにはライブハウスもいいなあ。
ただ大阪には夜に一緒にライブハウスに行くような友人がいないし、一人で行くのはハードルが高い。
夫は音楽好きの割にはコンサートやライブハウスに行くのはあまり興味がない。
また行く機会、あるかしら…



都内、しかも夜のライブハウスに行くとなると当然「何を着よう?」となる。
クローゼットを開けてみたら服でパンパンな割には着たいものがない。
流行が過ぎたものもあるし自分がちょっと太ったせいもある。安物買いの悪癖のせいもあるかな。
結局、服を一枚買い足してしまった。

大阪に戻って「着たい服が一枚もないんだから思い切って整理しよう!」と張り切ってクローゼットを開けてみたら、あら不思議。
捨てられる服が一枚もない!
どれもまだまだ着られるように感じてしまう。
…これって「あるある」ですよね?みなさんはいかがでしょうか?

出掛ける直前と、ただ片付けるときでは、脳の中の何かが違っているのだろう。もしかしたらこのような状態には「ナントカ現象」という名前が付いているかもしれない。
結局、洋服は一枚も処分しないまま終わってしまったが、秋になる前にもう一度処分に挑戦しなくては。
それからようやく涼しくなってきたので、夏の間中断していたウォーキングを今日から再開。
本当にいろいろなんとかしないとあかんわ…

[PR]
by Medalog | 2018-09-07 20:11 | 生活 | Comments(2)

台風21号

先週末は久しぶりに着物で琵琶湖に出かけたり横浜に帰省してライブハウスに行ったりと楽しかったのだが、その余韻も冷めやらぬうちに超大型の台風21号に見舞われた。

おかげさまで我が家に被害はなかったのだが、ご近所の屋根瓦やトタン、アンテナ、看板、木の枝などがメリメリと剥がれて飛んでいく様は非常に恐ろしく、それらが自宅の窓ガラスや駐車場の車に当たらなかったのは本当に幸運だった。

風が収まったあとで外の様子を見に出てみたら、うちのマンションの敷地内に瓦や木材、物干し竿が散乱していて、お隣のご高齢の住人さんと娘さんが申し訳なさそうに片付けていらしたので少々お手伝いをしてきた。ふと見上げると、そのお宅の屋根の端が崩れかかっている。
同じような被害を受けたお宅がどれだけあるのだろう。想像もつかない。

このような台風が2度と来ませんように…

[PR]
by Medalog | 2018-09-05 09:52 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog