メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

義母の袋帯

先週末は義父の一周忌法要で横浜に帰省していた。

本来は1月初旬なのだが、寒い時期では参加者のほとんどを占める高齢者が辛いだろうと天候のよい10月に前倒しをした。
だが実際は二週連続の台風襲来で、土曜日の法事のときは曇り時々小雨という感じで助かったが、翌日の日曜日は土砂降りの雨。
寒いのも避けたい、台風もできるだけ回避したいとなると、来年以降の法事は11月初旬ぐらいがよさそうだ。





夫の実家へ帰省した機会に、亡義母の袋帯をいただいてきた。

d0048332_15454240.jpg

西陣織の袋帯。
幸い目立つ汚れなどはなかった。

記憶ではもっと金糸が目立って派手な帯というイメージだったが、改めて見てみると金糸で大胆な雲?雲取?柄が配されている割には派手すぎることがなく、品のある帯だと感じた。※10/31追記:雲文様ではなくエ霞文でした
半年以上前に一度この帯を見ているのに色柄がほとんど記憶になかったのは、当時私がやわらかものに縁がなく知識もなかったからだと思う。
今でも知識はないが、来年の初釜のために自分の色無地に合う袋帯を見つけなければと思いながら見てみると、かなり印象的な柄に思える。

義母の写真で、黒留袖とこの帯を合わせて結婚式に出席しているものがあったので、上は黒留袖まで大丈夫なのだろう。
問題は、今度出席する予定の初釜にふさわしいかどうか。
まるで勝手がわからないので、色無地とこの帯と、手持ちの帯揚げ帯締めを合わせて、早めに茶道教室の先生に見ていただくことにしよう。



夫の実家でこの帯を見たときには気づかなかったのだが、自宅でこの帯を手に取ってみるとしっとりと湿り気を帯びているように感じるし、香りもカビなのか防虫剤なのかはわからないが独特の匂いが付いているので、今日は晴れたのを幸い陰干しをしている。
2〜3日風を通したら畳紙を新品に替えて、永く大切に使わせてもらいたいと思う。

まだ夫の実家には、義母がこの帯と合わせていた黒留袖が残っている。
これも綺麗な柄なのだが、寸法が小さすぎるため自分が着るなら仕立て直すしかないし、そもそも使う予定が全くないので、自宅に持ち帰らずに夫の実家の桐箪笥の中にしまったままにしている。

今回持ち帰った袋帯の状態からして、黒留袖を今後も実家に置いたままにするなら年に1〜2回は虫干ししないと危ないかもしれない。
空き家で湿気がこもりがちな夫の実家で虫干ししながら無事に保管することが可能なのか、着る予定はなくても狭い我が家に持ち帰るべきか、考える必要がありそうだ。

[PR]
by Medalog | 2017-10-30 16:27 | きもの | Comments(0)
d0048332_21501800.jpg
頂き物の菊柄の帯。
白地でどの着物にも合うので秋に重宝するのだが、前帯の長さが足りず、て先がお太鼓から出てこない。
着物も帯も寸法が合わないものにはだんだん手が伸びなくなってしまうが、この帯もその一つだったので、切らずに数カ所を縫い付けるタイプの作り帯にしてみた。

以前だいやすさんで仕立ててもらった作り帯があるので、それを見ながら見よう見まねですぐに作れた。
縫わずにクリップでこの形に仮止めしておいて、着付けが終わったらクリップを外す方法もあるのだが、私はその方法だと「形が崩れないか、ずり落ちてこないか」と心配になってしまう。
その点縫い止めてしまえば、着付けが簡単なのはもちろん形が崩れることもないし、紐を付ければ絶対にずり落ちることもない。安心感が全く違うのだ。



d0048332_22015832.jpg
腕が後ろに回りきらないのにこれだけきっちり帯を締められれば、なんの文句もありません。
しかも時間が掛からない!あっという間に着付けられる。
お太鼓の背中側も数カ所縫い止めてポケットのような部分ができたので、そこにタオルハンカチを入れれば落ちてこない腰の補正が出来上がり。
私は腰が反ってしまうので腰パットを入れないとお太鼓を横から見たときに隙間ができてしまうのだが、この帯のときはもうパットは不要だな。

ただ、赤い丸の部分に、帯を縫い止めた縫い目が出てしまった。
隠れる場所に縫い替えなくては。



d0048332_22143852.jpg
上が今回自分で作った作り帯、下がだいやすさんで仕立ててもらった作り帯。
同じように畳んでみた。
作り方が左右逆なのでちょっと分かりにくいが、下の帯の前帯部分がお太鼓より10cm以上はみ出すのに対して上の帯はお太鼓の端よりも10cm弱も短い。
やはり、前帯部分がかなり短いようだ。

ただお太鼓の中の折り返し部分はたっぷりあるので、おそらく前帯とたれの境目の位置が悪いのだろう。
作り帯は収納時に厚みが出るのがネックなので、肩が治ったら縫い目をほどいて、前帯とたれの境目を少しずらしてみようと思う。



d0048332_21520495.jpg
胴抜きの市松紬、作り帯にした白い菊の帯、単衣の羽織。
帯締めの色をもっと効かせたかったな。
レモンイエローの帯締めが欲しいなー。


[PR]
by Medalog | 2017-10-26 22:27 | きもの | Comments(2)

習い事

この秋から半年間、茶道の初心者向け教室に通い始めた。



着物を着るようになってから徐々に茶道への興味が湧いてきたものの、入門するとなるとそれ相応の覚悟が必要だろうと長い間二の足を踏んでいたところ、初心者向けの教室を見つけたので思い切って参加することにしたのだ。

半年間なので、入り口から少し中を覗かせて頂く程度。
茶会で人並みにお茶がいただけるようになることと、和室のない自宅で気軽に且つ正式な作法で盆略点前を楽しめるようになるのが現時点の目標だ。

最近帯からバッグを作ったり懐紙入れや数寄屋袋を自作していたのも、この茶道教室のため。
前回の記事で着物を着たのも教室へ行ったときのことだ。

教室へはもちろん洋服で通うことができるが、やはり着物の方が所作の練習になる。
先生方も「紬でいいからどんどん着て来てください」とおっしゃってくださったので、着付けの練習にもなるしできるだけ着物で参加することに決めた。



d0048332_14435502.jpg
ただ、前回のお稽古で着た市松の紬。
薄いのだがパリパリに張りがあるので、正座した時に裾が崩れると上前がパーンと前に開いてしまう。

茶席には向いていない着物だと実感したが、胴抜きの着物がこれしかなく、稽古場ではどうしても冷や汗をかくので(空調が効いているのに帰宅したら背中が汗びっしょりだった)あと数回はこの着物を着るしかない。

木綿の着物を着たらまずいのかな…?
胴抜きだし柔らかいので10月のお稽古着に向いているとは思うのだけど、やはりカジュアルすぎるのだろうか。

袱紗捌きも覚えきらないうちから着物のことばかり気にするのは少々気恥ずかしくて、先生に聞けないでいる。



ところで。
年明けに生徒全員が大寄せのお茶会に参加する予定があるとのこと。
嬉しいことではあるが、さて何を着ればいいのか?

着物は訪問着がないので紅梅色の一つ紋入り色無地を着るしかないのだが、私は未だに袋帯を持っていないのである。
いずれ用意しなければと思っていたのが、とうとうその時がやってきたか。

ここはひとつ、ある程度の出費を覚悟して自分なりに良いものを買うべきか。
次にいつ使うかもわからないので、仕立上り数万円の手軽なものやリサイクルショップで探すべきか。
そういえば義母の箪笥に留袖用の袋帯があるはずなのだが色柄を覚えていない。
かなり金糸が目立つ帯だった気がするので、次の帰省の時に手持ちの色無地に合うのか、茶会に合うのかも確認しなくては。

あ、同じく義母の持ち物だった綴れの帯が手元にある!
格は問題ないはずだが、色味が合うかどうか。
紅梅色の色無地に、朱赤や金が目立つ綴れ帯なので、派手すぎるだろうか。
帯締めや帯揚げでなんとかなるものか。
近々両方を引っ張り出して合わせてみよう。

やわらかもののことは全くわからないので、なんだかアワアワしてしまうのだった。


[PR]
by Medalog | 2017-10-20 21:28 | 生活 | Comments(2)

胴抜きの市松紬で

胴抜きの市松紬で近くまで外出。

d0048332_14435502.jpg

帯は二部式。

五十肩のため、普通の名古屋帯はまだ着付けが難しい。
少しずつ治っているので、今年中にはなんとか名古屋帯が締められるようになりたいなあ。

それにしても二部式帯は締めやすくてありがたい。
良い布に巡り合ったら、また作ってみてもいいかも。

以下、覚書。

腰紐をゴムに、伊達締めをコーリンベルトに替えてみた。
ゴムの長さは要調整だが、伸びるので腕が動きにくくても着付けしやすいし着心地も着崩れもほぼ問題なしだった。



d0048332_14440277.jpg

八寸帯をリメイクしたバッグを使ってみた。

イメージ以上に大き過ぎた!

写真の通り、着物姿でこのバッグを持つと「ご旅行ですか?」という感じになってしまう。

見た目だけでなく、持ち歩くときにもバサバサして大きいと感じるし、電車の座席に座るときに膝や太ももの幅よりもバッグの横幅の方が大きくて隣にはみ出す感じになってしまう。

あと数センチだけ横幅を狭くすれば、使い勝手はかなりアップしそう。
肩こりが治ったら、もう一度ミシンを引っ張り出して頑張ってみよう。



[PR]
by Medalog | 2017-10-18 14:59 | きもの | Comments(0)
少し前に、八寸帯をトートバッグにリメイクしたのだが、そのとき作ったバッグがイメージよりも少し小さくなってしまったので、残った帯地でもう一つのトートバッグを作った。

d0048332_10222383.jpg
左が前回作ったもの、右が今回作ったもの。

前回はお太鼓柄を前面に活かして、ちょっと上が広がってるバケツ型。
赤い柄・赤の内袋・丸みを帯びて小さめ、ということで可愛い&ちょっとおばちゃん風味の印象になったかな?

今回は同じ素材を使うだけに印象を変えたくて、無地でエッジの効いた形にしてみた。
無地なのでアクセントに外ポケットでもつけたかったが、無理というか面倒というか…早々に諦めた。

また、無地部分のみ使用しているのでつづれ織りの柄部分の裏側に渡っている横糸がなく、それを保護するための内袋も付けなかった。


 
d0048332_10311752.jpgd0048332_10312517.jpg
私は持ち歩く荷物が多いほうなのかな。
着物で出かけるとき、雨が降りそうだと左上のレインコートや折りたたみ傘がいるし、暑くても寒くてもショールは一枚持ちたい。
中央の薪能のA4クリアファイルは街歩きの資料を挟んで持ち歩くことも。
あとは財布や化粧ポーチ、手ぬぐい、文庫本などいろいろ。

普通のバッグにこれだけ入れるとパンパンになってしまうのだが、今回作ったバッグは幅40cm、高さ31.5cmの大きめサイズなので、全て入れても右写真のようにスッキリ。
6cmのマチも膨らむことなく納まった。



d0048332_10404590.jpg

高さが31.5cmなのは、帯地の幅をそのまま活かしているから。
お太鼓の裏の無地部分をぐるっと筒状に縫って、トートらしく四角く整えてから底を縫い付けた。

横幅は、着物姿で使うならもう少し小さいほうがエレガントだろうが、帯地を使っているので多少大きくても紬ならなんとか合うと思う。
私はほぼ紬しか持っていないので、この大きめトートが使えるシーンは多いと期待。



d0048332_10463770.jpg d0048332_10464490.jpg
左は、筒状の本体部分をエッジの効いた四角にするために、5mmほどつまんでミシンで縫ったところ。

右は底の部分。
本体は縫い代を取らず、帯地の耳を活かしたままで底の布を内側に重ねて縫い付けた。
(上端も帯地の耳を活かしているので、反物と同じ31.5cmの仕上がりになった)

つづれ織りの帯地は軽いが厚みがあってしっかりしているので、ミシンでは底の角の部分がうまく縫えなかった。
砂を入れたら底の縫い目のどこかからサラサラとこぼれてきそう…
あとで手縫いで補強したほうがいいかなあ。



若干大きすぎた気もするが、なんでも入れられる着物用バッグが一つできたのは安心感がある。
大きいバッグなので蓋かマグネットボタンでも付けたいところだが、途中から肩の痛みがひどくなってしまった。
当分はミシンも針も持ちたくない、見たくない。
蓋の代わりにショールをかぶせて凌げばいいか。

100%満足ではないけれど、最初に作りたかったバッグのイメージにかなり近いものは作れたので、一応気が済んだ。
あとは使い勝手が悪くなければいいんだけど。



[PR]
by Medalog | 2017-10-13 11:22 | 生活 | Comments(2)

数寄屋袋を手作り

先日帯地でバッグを作った時に使ったミシンが、まだ出しっぱなし。
ついでに何か作るものはないかなーと考えていたら、数寄屋袋を思いついた。

※詳しい作り方は載せていません。最後に仕上がりの写真のみ載せています。



少し前に懐紙入れの作り方を調べていたら、数寄屋袋の作り方が一緒に出てきて、結構簡単そうだと思っていたのだ。
ちょうど良い布があれば作ってしまおうと思って箪笥を探してみたら、思った以上に「ちょうど良い布」があった!

d0048332_18270073.jpg
かなり前に自作したバティックの二部式帯。
この時の余り布があったのだが、なんと!

d0048332_18275763.jpg
裏に接着芯が付いているのだ!
ラッキー!でも、なんでだろう???
布の大きさは二部式帯のお太鼓部分ぐらいなので、同じ帯をもう一枚作ろうとしたのか、なにかミスがあって使わなかったのか、全く覚えていない。

まあとにかく接着芯が付いたバティック布は数寄屋袋にぴったりだ。
しかも大きさがほとんど数寄屋袋に必要なサイズと同じであるのも、すごい偶然だ。

アイロンをかけて、接着芯に鉛筆で直接線を引いて、切ってミシンで数カ所縫ったら一時間ちょっとで出来上がってしまった。



d0048332_18350878.jpg
内側の布は無地にしたほうがすっきりしたと思うが、圧着芯付きのバティック布がちょうど外側と内側の両方で使い切るサイズだったので、同じ柄にしてしまった。
柄合わせもしたほうが綺麗かもしれないが、面倒だしサイズがギリギリで綺麗に合わせられそうになかったので、やらなかった。

これは全く同じ袋を2つ作って、ミシンで中表に縫い合わせてから外表に返している。
だからもしこのバティックに合いそうな無地の布が見つかったら、2つの袋に戻してそれぞれに中袋をつければ簡単に2つの数寄屋袋に替えられる。
(接着芯が中厚ぐらいの厚みがあるので、ミシン目を解いても布が裂ける心配がなさそう)

そして、外側が無地で内側がバティックという布地の使い方を逆にした袋も、同じ手順で簡単に作れるのだ。
よーし、バティックが外側の袋と内側の袋、二つ作ってみようかな。
同じサイズのものを二つも作ってどうするんだという気もしないではないが、楽しいからいいや。作っちゃお!



[PR]
by Medalog | 2017-10-10 18:59 | 生活 | Comments(4)
d0048332_10412571.jpg d0048332_10395179.jpg
だいぶ前に古道具屋の着物コーナーで見つけた八寸帯。
綴れ織りで元々の質はいいと思うのだが、全体的にくすんだ感じなのと前帯に薄いが大きなシミがあるためかワンコイン500円という安さだった。
まだ手持ちの帯が少ない頃は何度もこれを締めて、南座の顔見世興行まで見に行ったので、すでに元は取れたと思う。

厚みがあるのに軽くて程よいハリがあり、締めやすいので一時は重宝したが、手持ちの帯が増えるにつれてシミがついたこの帯には手が伸びなくなり、今ではタンスの肥やしになっている。
そこで思い切って、バッグにリメイクすることにした。



※私は手芸は得意ではなく手順も適当なので、詳しい作り方は載せません。
 これ以降の内容は、自分の覚え書き程度のものです。



お稽古バッグのようなA4サイズが入る着物バッグが欲しくて、素敵なバッグがショーウィンドウに置いてあるむら田さんの前を通るたびに「くーっ」と我慢している状態なので、そんな感じのバッグが作りたい。
八寸帯の寸法が、ちょうどいい感じに活かせそうな気がする。



帯を解いたら西陣織の証紙が貼ってある。
d0048332_11332577.jpg
証紙番号329を調べてみたら、どうやらじゅらくの帯のようだ。
道理で締め心地がよかったわけだなあ。
私の唯一のじゅらく謹製の帯がこの500円の八寸帯…。
(証紙には「袋なごや帯」とある。そういえばこの呼び方が正式だったかな)
カットするのがちょっと惜しくなったが、ここは心を鬼にして作業を進めなくては。



帯をリメイクするバッグは縦長のものが多いように思うが、今回は横長にしたい。
お太鼓柄の部分と無地の部分を横長に二枚カット。
d0048332_10593158.jpg



d0048332_11094660.jpg
 
d0048332_11095308.jpg
両脇をジグザグミシンでかがる。
バッグの口になる部分は、写真左のように反物の耳をそのまま生かしてもいいかな?と迷ったが、強度を考えて右のように折り返すことにした。



d0048332_11133048.jpg
底の部分は、中表にして縫い合わせるという通常の方法ではなく、2枚を重ねてそれぞれの布端を表と裏からミシンで押さえる方法にした。

あとは取っ手を縫い付けてから中表にして両脇を直線縫いし、両脇の底部分を三角に縫って6cmのマチを作る。
外表に裏返したら、もう出来上がりだ。



ただ、綴れ織りの反物を使っているので裏にはたくさんの横糸が渡っている。d0048332_11202145.jpg
豪華で見事ですね!
隠すのが申し訳ないほどだがこのままでは物を入れる時に引っかかってしまうので、中袋を作って表の袋と縫い合わせることに。



d0048332_11503254.jpg
バッグの取っ手は共布で作ることもできるが、共布だとカジュアルな印象になるのと、色が薄いためすぐに汚れてしまいそうなので今回は市販の合皮の取っ手を付けた。
外袋の内側に縫い付けて、中袋を縫い付ける時に挟み込んで隠す。
表面は縫い目だけが見えるのだが、作業が雑なうえに、縫い糸を中袋に合わせた赤にしてしまったので、近くではお見せできないような仕上がりに…



d0048332_11230021.jpg

中袋を縫い付けた状態。
ICOCA、スマートフォン、鍵を入れる3つの内ポケットが欲しいので、がんばって付けてみた。
スマホには厚手のカバーを付けているので写真上部の側のポケットにマチを付けてみたが、ポケットが内側に緩んでだらんと開き、バッグの底が見えなくなってしまった。
仕方なくマチを縫い閉じて、さらにポケットの口を縮めるようにポケット内側にタックを入れて、ようやく写真のような仕上がりになった。
これは次回のために覚えておかないと。



出来上がりはこんな感じです。
d0048332_12262391.jpgd0048332_12263124.jpg
取っ手部分のミシンが見苦しい…
布地にぴったりな色のミシン糸が見つからなかったので、いっそのこと目立つ色のミシン糸をにして「敢えてこういうデザインにしました」ということに(笑)



帯の時の特徴そのままに、軽くて適度な厚みとハリのある使い勝手の良さそうなバッグにはなった。

ただ、欲しかったサイズより一回り小さい…
イメージはA4サイズがすっぽりと入り、着物で出かける時に日傘やショールを入れてもスッキリと納まるバッグだったのに、実際はA4サイズは少し曲げないと入らないし、日傘は入るがショールはバッグの上に載せるしかない感じ。

原因はわかっている。
横幅が狭いのは、マチの厚みの分だけ底の横幅が狭くなることを忘れていたから。
高さが足りないのは、バッグの口部分を折り曲げてしまったから。
適当に作り始めた私がアホでした。

まあ、この大きさがちょうどいい時もあると思うので、これはこれで大切に使うことにする。

でもあと一回り大きいサイズのバッグも欲しい…
帯地は無地の部分がまだ残っている…
もしかしたらもう一つ作るかも。



今回綴れ織りの帯地を扱ってみて、軽くて丈夫でとても素晴らしい布地だと改めて実感した。
綴れ織りでなくても帯地はしっかりと織られていると思うので、バッグなどに再利用するにはとても向いている。
(色柄の好みの問題はあるが)
取っ手をつけずに二つ折りにしてバッグinバッグにしても軽くて重宝しそうだし、前回記事にした懐紙入れにもよさそうだ。
ただカットして端をかがるだけでも、ランチョンマットやコースターになる。

着物地は薄いのでなんらかの形に縫い直したり圧着芯をつけたりしないと再利用は難しいが、帯地は厚みがあるのでそのままで再利用しやすい。
状態が悪くて捨てるしかないという帯でも、どこかに綺麗な部分があるなら、カットして端をジグザグミシンでかがって何かに使ってみたらいかがだろうか。

[PR]
by Medalog | 2017-10-05 13:07 | 生活 | Comments(2)