メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

カテゴリ:きもの( 332 )

うそつきの替え袖

前回の記事に載せた洗える着物の反物を使って、うそつき襦袢の替え袖を作った。

d0048332_2158917.gifやたらと伸びやすい布地で、ミシンで縫ったりアイロンをかけたりするたびに何度も寸法を取り直さないといけないのが非常に面倒だった。
でも直線縫いだけなので、縫う作業は簡単。今回は全てミシン縫いで済ませてしまった。
布地の幅がたりず、袖のちょうど中央で2枚をはぎ合わせ、縫い代は肌に当たってちくちくしないように外側に折り返してみた。

d0048332_21584778.gif普段着の小紋に合わせると、こんな感じ。
いつもの襦袢の袖がピンクなので、この色は自分には新鮮に映って嬉しい。
でも、この時期には少し色使いが寒々しいかしら? 
半衿や帯の色を工夫すれば大丈夫かな?

本当は腰巻きのほうまで一気に作りたかったのに、すぐに伸びてしまうこの布に手こずってしまって手が回らなかったのが残念。

今年の針仕事は、もうこれで終わりにしなくては。まだまだ他にやることがたくさんあるのに、
今年の年末はずいぶん着物関係に時間を費やしてしまったなあ。


先ほどNHK教育テレビで、森田空美さんの着付けの番組を見た。
先週の着物に続いて今週は帯。
帯の着付けについて以前から疑問に思っていたことが「帯の上部をゆったり着付ける方法」で、
帯に携帯電話ぐらい挟める余裕が欲しいのに、実際は帯揚げを入れるのすらきついほど
ぎゅうぎゅうに締めることしか出来ず困っていたのだが、今日の番組の中で教えていらした
着付けのポイントがヒントになりそう。

1)帯を巻く時に、やや前下がりになるようにVの字を意識して巻く。
2)常に帯の下側(輪のほう)を持って帯を引き締めるようにする。

こうすることで、帯の上側に余裕ができて苦しくないし、見た目もすっきりするのだそうだ。
確かに、着付けが終わった後のモデルさんを見ると、きちんと帯を引き締めながら
着付けをしていたのに、帯の上側にゆったり余裕ができている。
もちろん、着姿もすっきりきれい。
これは、次に着物を着る時に絶対に実践するぞ! 楽しみだな。
[PR]
by Medalog | 2006-12-28 22:27 | きもの | Comments(5)
通りすがりの呉服店で、洗える着物の反物がセールで2,000円になっていた。
安いだけあって、色も素材も着物に仕立てるにはちょっと・・・というものばかりだったが、
ずっと探していたうそつき襦袢の替え袖になりそうなものが見つかったので2本買ってきた。
d0048332_1225177.gif

もちろん替え袖だけでは生地が余るので、二部式襦袢の下のほう(裾よけ?)や三角袋も
作ってみたいし、うそつき襦袢を愛用する友人が気に入ってくれたら分けてもいいし。
ちゃんと作ることが出来れば、2,000円×2本の元は取れそうだ。いや、取らなくちゃ困る。

さて、以前木綿生地を買ってきてうそつき襦袢の替え袖を作ったことがあるのだが、
仕立て上がりの二部式襦袢の袖のサイズを参考にしたせいか、袖幅も袖丈も短かったようで
いざ着用してみると袖の振りから替え袖が数センチ出てきてしまい、残念ながら使えなかった。

そこで今回は、家にある着物の袖幅・袖丈を全部測ってから替え袖の寸法を決めることにした。
これまた年末の忙しい時期に、朝から着物を引っ張りだして片っ端から採寸していく。
(と言っても、ポリと母のウールを含めても10枚もないのであっという間に終了)
すると、やはり自分サイズに仕立てたものと仕立て上がりを購入したものとでは
多少寸法が違うことがわかった。

自分サイズに仕立てた大島や色無地
・・・袖幅35cm×袖丈49.5cm
仕立て上がりを購入した小紋・松阪木綿・ポリエステルなど
・・・袖幅34~35cm×袖丈48~49cm
そして、自作した替え袖(自分サイズに仕立てた夏のポリ絽も市販の二部式も同サイズ)
・・・袖幅32.5cm×袖丈49cm

あれ? 替え袖のサイズ、裄は短いけれど丈はそんなにおかしくないよね?
最初に作って試してみた時は、袖幅も袖丈も短すぎる気がしたのに。
ということは、替え袖のサイズが悪かったのではなく、袖を半襦袢に縫い留める場所が
悪いだけだったのかもしれない。もう少し手先にずらして留めれば済んだ話だったのかも。

ただ袖幅は着物に比べて短いと思うので、32.5cmを34〜5cmに伸ばして仮縫いしてみよう。
丈も、一番長い着物に合わせて49.5cmにしたほうが、袖の振りから出にくくなりそうだ。
あとで手直しするにしても、短いものを伸ばすより、長いものを縮めるほうが簡単だろうから。

と、ここまで考えた時点で本日はタイムリミットになってしまった。
替え袖が出来上がるのは、年内かそれとも年明けかな? 早く使いたいから、頑張らないと。
[PR]
by Medalog | 2006-12-27 12:33 | きもの | Comments(0)

組み合わせ

先週末の晩、夫が忘年会に行き、車で迎えにいくまでの数時間がぽっかり空いたので
もしかしたら新年に着るかもしれない着物の組み合わせを考えてみることにした。

数少ない着物の中から、とりあえず普段着の小紋を取り出してみる。
帯は白地に薄い緑やピンクの梅と桜があしらわれた袋帯。
この帯は、まだなんの知識もない頃に「手頃な価格だから」という理由だけで
買ってしまったもので、どんな着物と合わせるか、いつ着るのかなど全く考えていなかった。
いざ仕立て上がって手元に来ると、私の年齢には可愛らしすぎて身に着ける機会もなく
寝かせておいたのだが、一度も着ないで手放すことになったらもったいない。
新年なら多少派手でも許されるかも?と思い、引っ張りだしてみたのだ。

羽織は以前古着をいただいたもので、裄が短くて外で着られるかどうか迷っているのだが、
他に羽織はないので一応合わせてみることにした。
羽織と着物の色合わせも赤系×赤系でなんだか派手だな。まあ試しに始めてみるか。

d0048332_17455865.gifd0048332_1744355.gifd0048332_17452110.gif
着物と帯・羽織をセットして、帯締めと帯揚げを取り替えながら次々に撮影していく。

左/
羽織のない状態で普通に帯締めと帯揚げを選んだ組み合わせ。帯揚げより帯締めの色が
濃いほうが気分的に落ち着くのだけれど、これはなんかつまらない組み合わせだな。
中/
帯揚げの色を羽織・着物に合わせて選んでみた。写真では帯の模様が見えないが実際は
薄い緑色の柄が入っているので、帯と帯締めが意外にしっくりきている。
右/
帯揚げを羽織紐の色に合わせて朱色にしてみた。羽織のない状態では多分選ばない色だが、
こうやって合わせてみると羽織紐と帯揚げ、帯と帯締めがそれぞれ合っているので
意外に大丈夫そう。新年らしさという意味ではこれが一番かも?

・・・こんな調子で合計20枚ほどの組み合わせを撮影。まだ手持ちの小物が少ない私でも、
小物の合わせ方で着物のスタイルはがらりと変わるのだということが実感できた。
着物や帯の上に実際に小物を組み合わせていくと、ちょっとした色や素材の違いで
「意外に合うなあ」とか「合うと思ったのに、パッとしないなあ」などと新たな発見の連続で
とても楽しい。あれこれ遊んでいる間に、あっという間に時間が過ぎてしまう。
ふと気付けば、部屋一面に着物や小物が散乱している。
他の着物でもいろいろ試してみたかったが、もう夜も遅くなってしまったので諦めた。


しかし、慌ただしい年末に一体何をやっているのだろうか、私は・・・。
着物も洋服と一緒で、着る直前に慌てないように、買った時に組み合わせをシミュレーション
しておかないといけないなあ。

あと、手持ちの小物の色がピンク系・エンジ・緑のほぼ3種類に偏っていることも実感。
来年早々に京都の小物専門店・きねやさんに行ってプロの目で小物をお見立てをしていただく
ことになり、自分では選ばないような新鮮な組み合わせをしていただけそうでとても楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2006-12-25 19:15 | きもの | Comments(6)

草履

先日出掛けた某呉服店の催事で手に入れた草履。
台と鼻緒を選んで、その場で足の形に合わせて鼻緒をすげてもらうものだ。
鼻緒は素敵な色柄がたくさん揃っていたので、その場に座り込んでかなり長い時間迷ったが、
赤い前壷が効いているトンボ柄の印伝の鼻緒をブルーグレーの台に合わせることにした。
d0048332_20113536.gif

トンボ柄は履ける季節が限定されてしまうかと思ったが、色や質感がとても気に入ってしまい、
またお店の方にも「こんなに小さな柄ですから、いつ履いても大丈夫ですよ」と言っていただき(セールストークか?)思い切って買ってしまった。

まだ履き心地はわからないけれど、今持っている二足の草履(どちらも非常にお手頃価格)の
履き心地にあまり満足していないので、この草履は気持ちよく履けるといいな。
(一足はやたら重たく、もう一足は鼻緒が細くて長時間履いて歩くと足が痛くなる)
今年はもう着物を着る機会はないだろうから、デビューは来年かな・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-12-15 20:25 | きもの | Comments(7)

慶次郎縁側日記

NHKのドラマ「慶次郎縁側日記」に出てくる女性たちの着物姿が好きで、毎週見ている。
今日は、かたせ梨乃さんが着ていた大きな雪輪模様のライトグレーの小紋に水色の長襦袢
という組み合わせが素敵だった。
(着物の色を表現するのに「ライトグレー」と言うあたりで、知識のなさがバレますが)
黒い襟が掛かっているから余計に淡い色が映えていたのかもしれないけれど、
雪輪模様好きな私にとってはうっとりする着姿だった。

今のところ、長襦袢は「自宅で洗えること」を優先するあまり市販のうそつき半襦袢程度しか
持っていないのだが(安いことも大きな理由)、うそつき半襦袢の袖で素敵な色や柄の
ものにはなかなか巡り会えない。
自分で袖部分だけ作りたいのだけれど、うちの近くの手芸店ではうそつき袖に向いている
布がなかなか見つからない。
薄い木綿で作ってみたが、どうもガサガサして着心地が悪かった。
洗える絹の長襦袢というものもあるらしいので、気に入る柄を探してみよう。

明日は某呉服店の年末セールへ出陣する。
「安いから」という理由だけで衝動買いしませんように・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-12-07 22:05 | きもの | Comments(3)

腰の補正は良い!

昨日、友人と着物を着て出掛けてきた。
着た着物は、先日とほぼ同じだが、半幅帯ではなく芥子色の名古屋帯をお太鼓にした。
(色味がほとんど同じなので写真は省略)

今回は裾よけを着る時に、腰の後ろの部分に畳んだタオルを一枚いれて補正をしてみた。
するとヒップの上の部分のくぼみがなくなり、おはしょりも整えやすくなるし、
お太鼓のたれ先が後ろにピン!と跳ね上がることもないし、とても着付けがしやすくなった。
今まで補正をしないで着物を着てきたけれど、前回から使い始めた和装ブラといい、
今回の腰の補正といい、やはりやるべきことはやっておくものだと実感。

前回からの懸案だった帯結び。
帯の上側をうまく空けたいので、今回は帯の下側を意識して締めてみた。
前回より多少は上側にゆとりができた気もするが、何かを挟めるほどの空きは出来なかった。
一緒に出掛けた友人は「帯はしっかり締める」派だったので、この件に関しては意見が合わず。
帯の下にタオルを入れて帯を締め、着付けが終わったらタオルを抜けば
そこに空きができるという話も聞いたことがある。
時間に余裕がある時にまた研究してみよう。


この日も、いつも通りに着物を着て車を運転した。
友人の送迎も含め、3時間以上は運転したと思うのだが、ここで腰の補正に入れたタオルが
思いのほか役に立ってくれた。
お太鼓の中で、帯枕のすぐ下に補正タオルがあるので、車のシートに寄りかかっても
帯枕とタオルがお太鼓全体を支えてくれて、何回も車を乗り降りしてもお太鼓が
全く崩れなかったのだ。
またタオルが入っていることで、帯枕のみの時と違いまるで腰にクッションを当てているような
安定感と心地よさがあり、長時間の運転を助けてくれた。
補正に使うタオルの大きさは、帯によって考えたほうが良さそうだが(後ろがお太鼓か、
半幅帯のヤの字結びか)、次からも絶対タオルで腰の補正をしよう!と決めたのだった。

ただひとつ、失敗だったこと。
タオル補正のおかげで座り心地が良くなり、調子に乗って車のシートに思い切り体重を
預けて運転したのはいいが、帰宅して帯を解いていたらいくつかの頑固なシワを発見!
この名古屋帯は今回が初めてなので、もしかしたらシワが付きやすい素材なのかも
しれないが、運転中の座り方が悪かったのも原因だろう。
アイロンを当てても、まだ微妙に残るシワ・・・。仕立て下ろしなのにぃ〜。
車でも電車でも、「座り方」についてはまだ勉強しないといけないな、と反省。
[PR]
by Medalog | 2006-11-30 14:02 | きもの | Comments(2)

伊勢型紙の展示会

d0048332_18121051.gif
津市の三重県立美術館で「伊勢型紙 技と美の世界」という展覧会が催されていたので行ってみた。
伊勢型紙とは、ご存知の通り江戸小紋に代表される着物などの柄の染色に使う型紙のことだ。
室町〜江戸時代に、白子(しろこ=現在の三重県鈴鹿市)で生産された伊勢型紙が江戸に運ばれて染められ、武家の裃に使われる江戸小紋から後には庶民の衣装まで、幅広く愛用されることになったとのこと。
しかし戦後は着物を着る人の減少などで伊勢型紙の需要も減り、現在は「重要無形文化財保持団体」に指定された「伊勢型紙技術保存会」が伝承者の養成に努めているそうだ。

展示会場には、様々な型紙と、それを使って染められた布や着物が飾られていて、将来江戸小紋が一枚は欲しい私にとっては堪らない空間だった。
d0048332_18122570.gif
江戸小紋に使われている「錐彫り」は、半円形の彫刻刀を型紙に垂直に立て、くるりと回転させて丸い穴をあけるのだそうだ。なんと根気のいる仕事だろうか。
会場内には職人の方たちの作業場も設けられていたのだが、ちょうど休憩中とのことで作業の様子は見学できなかった。残念。

ちなみに私が欲しい江戸小紋の柄は今のところ「鮫」なのだが、「松葉」や「菊」、それに「家内安全」という文字が彫られているものまで、実に様々な柄を間近に見て心が揺らぐ。
遠目には無地に見えるからこそ、近くに寄ったら「こんな柄だったのね」と驚くような意外性のある柄を選ぶのも江戸小紋の楽しみなのかも。
もちろん、何枚も買えればいろいろな柄を楽しめるけれど、そうはいかないので・・・。

また、いろいろな型を組み合わせて染めてある着物は、一色使いでありながら、多色染めの訪問着にも負けないような豪華さと迫力でびっくり。
このような素晴らしい技術を伝承しようと努めておられる皆さんには頭が下がる。いつまでも続けてもらいたい。


せっかく美術館に行くので、久しぶりに着物を着てみた。

d0048332_18124085.gifこれは先日つい衝動買いしてしまった、仕立て上がりの小紋。
帯は一番最初にポリ着物と一緒に買ったポリの半幅帯。
半衿は手芸店で買ったポリの端切れを半衿サイズに縫い直した。

今回の着付けは、衣紋は上手く抜けたのに、おはしょりが長過ぎて上手くいかなかった。しばらく着ていなかったので、腰紐のちょうどよい位置を忘れてしまったのだ。
結局帯を締めた後に長過ぎるおはしょりを内側に折り込んだので、おはしょりがボコボコ。(写真では手で必死に隠してます)

本当は小紋と一緒に買った芥子色の名古屋帯を締めるつもりだったのに、着付けに時間を取られてしまい急遽半幅帯に変更してしまった。帯揚げもないし、ちょっと帯のあたりの色使いが暗いかも。
小紋は衝動買いだったけど、季節や場所を選ばず気軽に長く着られそうな色・柄なので、結構気に入っている。
しかしこうやって見ると、帯を上のほうでギュッと締めすぎているかな。本当はもう少しゆったり締めて、帯の中に携帯電話ぐらい挟める余裕が欲しいのだけれど、着崩れが心配でついついギュウギュウに締めてしまうんだよね・・・。
帯をゆったり締めるコツを、どこかで探してこなくては。

和装ブラを買ったので、今回初めて使ってみた。
バストを押さえる効果はもちろんだが、鎖骨の下のくぼんでいる部分が長さ調節のための面ファスナーになっていて、厚手の生地が2枚重なっているので、くぼみの補正(完璧ではないが)にもなってくれた。胸の部分は今までで一番すっきり着付けができたと思う。

あと、やっと着付けが終わって鏡を見たら、袖の振りからまたもや襦袢の袖が飛び出している。
よく見ると、襦袢の袖のほうが小紋よりもちょっと短いよ! うわ〜どうしよう。
時間がないので、小さい安全ピンを2本持って家を飛び出す。道中でこっそり襦袢の袖を安全ピンで着物に留めて一安心。
うそつき襦袢も小紋も既製品だから、こういうことがあるんだな。やっぱり自分サイズで仕立ててもらうのが一番なのだと実感。(それでも、値段につられて既製品ばかり買ってしまうけど)

季節的には羽織を着ていきたいところだが、まだ持っていないのでショールで我慢する。
羽織は、今日みたいに着付けが上手くいかなかった時のお助けアイテムにもなりそうなので、早く欲しいなあ。
最近、既製品でもいろいろな色柄の羽織を見かける。価格もお手頃なので、気に入った柄があれば一枚買っちゃおうかな?とも思うけれど、なかなか見つからない。焦らずに探そう。
足袋は薄手の綿のものを履いたのだが、さほど寒い日でもなかったのに爪先が冷たくなってしまった。これからの季節、外出するならもっと厚手の足袋が必要かも。


支度ではバタバタしたけれど、着物で出掛けるのには絶好の季節で、楽しい一日だった。
この間まで「暑いから着物は着たくない」なんて言い訳していたのだから、これからの季節は機会があればどんどん着なくちゃもったいない!
それに、長い間着ないでいると着付けを忘れるし・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-11-24 19:41 | きもの | Comments(6)

今日の手ぬぐい

名古屋の名鉄百貨店で改装前の売りつくしをしているとのことなので、行ってみた。
お安いものが結構揃っていた。反物も帯も1万円台からたくさん。
ただ、もともとの価格は私にはわからない(見る目がない)ので、お得度はわからないけれど。

袋帯が1万円、3万円均一でたくさん積まれていて、たくさんの人が見ていた。
私は色無地を1枚持っているのに、それに合わせられる袋帯を持っていない。
だから1万円なら袋帯を1本買っておいてもいいかな? と手を伸ばしてみたものの、
どれもピンとくるものではなく(いいものかどうかは別として)、結局やめた。
一生に1本か2本しか買わないものなら、しかも自分が正装する時に身にまとうものだから、
もう少し自分の好みがはっきりしてきた頃に「これが欲しい!」と納得できるものを買おう。


結局、買ってきたのは小物ばかり。
まずは半衿、帯揚げと色足袋。
d0048332_15512396.gif

初めての刺繍半衿はひょうたん柄。色柄は気に入っているんだけど、家に帰って素材を
見てみたら絹だった(洗えるタイプではなさそう)。
絹の半衿は初めてなので、お手入れの勉強しないと・・・。

帯揚げも、今まで持っていないタイプのシンプルなもので気に入っている。
本当は上質な無地の縮緬とかを揃えたら素敵だと思うけど、どうしても値段重視になる・・・。
帯揚げと帯締めは、1年に1〜2本ずつ良いものを揃えていきたいな。
色足袋はベージュで底がカーキ色なのがとっても自分好みだったので迷わず購入。


そして冬用の手ぬぐい2本とポリエステルの風呂敷を1枚。(これは高島屋にて)
d0048332_15501365.gif
左の手ぬぐいは南瓜、右はなんと蒲鉾! かわいい!
来年の年始の席には、着物で行くならこれを半襟にするか、膝掛けに持って行こう♪
可愛らしい柄のクリスマスらしい手ぬぐいもいくつかあったけれど、クリスマスのタイミングで着物を着る機会はあまりなさそうなので諦めた。

風呂敷は、ポリエステルのもので縮緬風の両面染め。
薄くて柔らかくてシワになりにくいし、手入れも簡単なので使い勝手が良さそうだ。
この間買ったシビラのやや大判の風呂敷(アセテート95%、ポリ5%)は、生地に張りとツヤがあり、色もきれいで気に入っているのだが、ややシワになりやすいので使い終わる度に
アイロンをかけなければならないのが普段使い用にはちょっと面倒。
以前お店の人に「風呂敷は絹以外ならポリエステルが一番使い勝手がいいですよ」と
言われたことを思い出した。私が面倒くさがりなのを見抜かれたのかしら。
とにかく、道具は用途によって素材の選択が大事なんだということはわかってきたな。
私の場合、普段使いの風呂敷はポリエステルに決定。
[PR]
by Medalog | 2006-11-10 17:04 | きもの | Comments(4)

大島紬

友人からいただいた反物をアンサンブルに仕立てた大島紬。
5月に仕立て上がってから季節的に着る機会がなく、
ようやく昨日着て出掛けることができた。

d0048332_8173094.gif濃紺地に大きめの牡丹が流れるようにあしらわれているこの色柄は、今の自分では多分選ばないタイプのものだ。
初めて反物で見た時には、着物の知識がほとんどない時だったこともあり、色は暗すぎるし、柄は大きすぎるし、今の自分が着るには『地味派手』すぎる、という印象だった。年を重ねて着物も着慣れてきた10年後ぐらいに似合うようになるかしら?と思いつつ仕立てにまわしたのだった。

帯は、この大島に合わせられるようにと買った生紬の染め帯(これも今日が初おろし)。
締めやすくて着崩れもしないし、身に付けていることを忘れてしまうほど軽い。もともと軽い素材なのと、名古屋仕立ての胴に巻く部分の帯芯を一重にしてあり(通常は帯芯をあててから半幅に折るので帯芯が二重になるとのこと)、長時間締めていても負担にならないように工夫したそうだ。

地味すぎるかも?と思っていた大島紬と、可愛らしすぎるかも?と思っていた染め帯を今回初めて合わせてみたが、結構馴染んでくれたようだ。また仕立て上がって着てみると反物の状態で見るよりも柄のバランスも良くなり、色柄や質感の美しさが実感できたのが嬉しかった。
帯揚げが薄いピンクだったのだが(写真ではほとんど白く見える)、これが馴染んでいないような気もする。でもどんな色を合わせればいいのか、よくわからない。
大島が新品で生地がまだ堅く、今ひとつ体にフィットしないのと、着付けが下手なこともあって上半身がすっきりならなかった。胸の補正も和装ブラもしていないのだが、着付けが下手なうちは和装ブラをしたほうがよさそうだ。今度店に行ったら買ってこよう。
あと、友人と並んで写真を撮ったら、襦袢の衿をきっちり合わせすぎているのがわかった。
もう少しだけ衿をゆったり合わせて、衣紋をきれいに抜き、胸の補正をして生地がたるまないように着ることが次の目標になった。


今までポリエステルと木綿しか着たことがなく、正絹の着物で初めて外出したので、着崩れよりも汚れてしまうことが一番怖かった。
ポリや木綿は、「汚れたらうちで洗えばいいや」という洋服同様の感覚なので、所作も洋服の時とほとんど変わらず、気楽なものだった。
しかし正絹だとそうはいかない。
車を運転する時に気になるのは、シートやシートベルトと着物や帯がこすれて汚れたり毛羽立ったりしそうなこと。あと、乗り降りの際、ふくらはぎの部分がどうしても車体に触れてしまうこと。運転中にペットボトルの飲み物を飲むのも、雫が落ちそうで気が引ける。
食事の時は、汁物がはねたりこぼれたりしないようにするのはもちろん、テーブルに袖が触れるのすら気になる。きれいなレストランや料亭ならともかく、少しカジュアルな店だと椅子の座面や背もたれが気になる。でも椅子にハンカチを敷いて座るのも店に対して失礼か?
みなさん、着物を着ている時はどこまで気を使っていらっしゃるんでしょうか?
[PR]
by Medalog | 2006-10-26 10:40 | きもの | Comments(6)

手ぬぐいで作る三角袋

洋服で出掛ける時は大きなバッグを肩に掛けていくことが出来るけれど、
着物の時はどうしても小さめのバッグになるので、かさばらないサブバッグが欲しかった。
着物で出掛ける時は普段行かない場所へ「お出掛け」することが多いので、お菓子や
小物をついつい買い込んでしまい、いつの間にか紙袋がたくさん・・・ということがよくある。
紙袋ってガサガサとかさばるし、質の良いものでなければ帰宅後は資源ゴミに出すしかない。
サブバッグがあれば、買い物をしてもお店で「紙袋はいりません」と断れる。

最近は買い物のたびにサブバッグになりそうなものを探していたが、
「軽い・かさばらない・着物にも合う柄」という条件に当てはまるものになかなか出会えない。
そんなとき「手ぬぐいで作る三角袋」の作り方を知り、サブバッグとして使えるかも、と
期待して作ってみることにした。

これが、出来上がった三角袋。
d0048332_8212228.gifd0048332_8214845.gif
風呂敷などを対角線で切って、大きな三角形の布2枚で作る方法もあるようだが、
これは手ぬぐいを切らずに縫うだけで作れるというものだ。
手ぬぐいなら着物に合う柄ばかりだし、糸をほどけばすぐに手ぬぐいに戻るのも嬉しい。
それに持ち歩く時も、手ぬぐいを1枚持ち歩くのと同じだからかさばらなくて便利。

普通の手ぬぐいを使って作るとA4版の雑誌が楽々入る大きさになるので(写真右)、
パンフレットやガイドブックなどもOK! 思ったよりも大きなものが入るので驚いた。
手ぬぐいの柄ゆきによって、表と裏で仕上がりが違うのも面白い。

d0048332_822224.gif使う時は、持ち手の部分を結ぶだけ。
持ち手を大きくとれば、洋服なら肩にかけることも出来るサイズだ。
あまり重たいものには耐えられないかもしれないけれど、折り畳み傘やカメラ、ちょっとしたお土産を入れるには十分使えそう。
気に入ったサブバッグが見つかるまで、これを使ってみようかな。



見辛いかもしれませんが、作り方を・・・
d0048332_10245473.gif
その1
手ぬぐいを縦1:横3の割合に調整する(端を折るなど)
調整しなくても作れるが、仕上がりの三角の形がずれてしまう。
d0048332_1025763.gif
その2
上の図の「1」と「2」を中表にして縫い合わせる。
d0048332_10252293.gif
その3
同じく「3」と「4」も縫い合わせる。
このとき「5」は縫い合わせないでおく。

縫い終わったら外表になるようにひっくり返すだけでハイ出来上がり。
手縫いでもあっという間に出来上がるし、糸をほどけばもとの手ぬぐいに戻るすぐれもの。
試す価値有りです!
[PR]
by Medalog | 2006-10-24 10:42 | きもの | Comments(8)