メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

カテゴリ:きもの( 332 )

少し前の記事、義母の帯をあれこれする3部作 その1/赤い八寸帯の八寸帯とともに見つけた、義母の八寸帯の反物。
d0048332_20124489.jpg
(モアレが出てしまい見苦しくてすみません)
ピンク色の鰹縞と言っていいのだろうか?
一緒に見つけた八寸帯は仕立て済だったのだが、このピンク帯は反物のまま。
しかしなぜか前帯にあたる部分は二つ折りにした後がある。まさか未仕立てのまま使用したわけではないだろうが…

自分で八寸帯に仕立てようと思いながら随分時間が経ってしまった。
両端の布の色がかなり違うし折り方や柄に変化のない平織りなので、両端を同じ色の糸で縫うのは難しいと思い、手芸店に反物を持ち込んで両端それぞれに合う糸を購入してきた。
d0048332_20130603.jpg



さて、いよいよ仕立てようかと反物を久しぶりに広げてみて気付いた違和感。
もしかしたら反物の幅が狭い…?

手持ちの八寸帯2本と比べてみた。
d0048332_20150694.jpg
手前・博多紋織帯の幅は8寸1分。
中央・この帯とともに見つけた義母の赤い帯は8寸ちょうど。
奥・この鰹縞の反物は、なぜか7寸6分!
8寸帯よりも幅が4分、約1.6センチも狭いのだ。

古い着物の反物の幅が狭いのは知っていたが、帯の反物も狭いものがあるとは知らなかった。
調べてみたら、昔は華奢な方や年を重ねて肉付きが薄くなった方向けに7寸帯というものもあったらしい。
今回の帯は幅が7寸6分なので7寸帯とは違うのだろうが、それでも痩せてない私が7寸6分の帯を締めたら、随分お太鼓が小さくて胴体が太く見えるんじゃないだろうか。どうしようかな。



迷いつつも今度は長さを確認。
こちらも多少は短いかもと覚悟はしていたが、いざ測ってみるとなんと10尺6寸、400センチしかない!
d0048332_20164205.jpg
愛用している博多紋織八寸帯と並べた写真。
手先を同じように折り、それぞれたれの裏の折り返しがどれだけあるのか比べてみた。
博多紋織八寸帯は私の体型にちょうどいい寸法で、折り返し(写真の水色線の部分)が116センチある。
対してこの反物は折り返しが40センチしか取れず(写真の黄色線の部分)、お太鼓になる部分は帯地が重ならずペラペラの状態になってしまう。



なんだろう、この帯地は…
リメイクのために帯地にハサミを入れたような跡もないし、よほど華奢な人のためのものなのだろうか?

この長さだと二部式の帯にするのも難しい。
半幅帯にはできるが、ただ二つ折りにしてしまうと幅15センチ弱の細い帯になってしまうので、この帯地は表だけ使用して裏は別の布を当てたほうがいいだろう。となると、面倒…

悩んだ挙句、とりあえず元どおりに巻いてしまった。
バッグなどにリメイクするか。
こういう帯地を探している人もいるかもしれないので、オークションにでも出すか。
それとも似たような布を探して継ぎ足すか、または前帯を一重にしか巻かないことにして、八寸名古屋帯に仕立てるか。
すぐには決められないので、またしばらく反物のまま眠らせることになりそうだ。

もし、このような短い帯地の正しい使用法などをご存知の方がいらしたら、ぜひアドバイスくださいませ。



記事のタイトルが”義母の帯をあれこれする3部作”なのに、あれこれできずに残念。
あと、こんなことなら重たい帯地を持って糸を買いに行ったりしなくても良かったのに…
古い着物や帯の反物は、汚れの状態とともに寸法をしっかり確認するのが重要ですね。

[PR]
by Medalog | 2018-02-16 20:35 | きもの | Comments(6)

白湯

d0048332_15424554.jpg
茶道教室へ。
グレーの紬に博多織紋八寸帯。
着物も帯も渋い色なので、帯締めは若芽色、帯揚げは卵色に。

裄がやや短めの着物と軽い八寸帯の組み合わせはとても楽ちんだ。
ただ、この紬は汚れが目立ちにくい色ではあるが、水が落ちると結構目立つ。
乾いてしまえば跡は残らないので助かっているが「粗相をした」と一発でバレるのが恥ずかしい。
この日もお点前の最中に膝上にぽたっと一滴落ちたようで、結構目立っていた。
だけど、一体いつどんなタイミングで膝にお湯が落ちるかなあ?



この日はスタート時間にお抹茶の用意が間に合わないとのことで、先生の苦肉の策として白湯を所望された場合のお点前を教えていただいた。
と言っても普通のお点前にひとつ行程が増えるだけで簡単なのだが、茶席で白湯をいただくこともあるということを知ったのと、鉄の釜で沸かした白湯が美味しかったのが収穫で、貴重な体験をさせてもらった。

憧れの南部鉄瓶、価格が高い・錆びさせないという自信がない・収納場所がないという3つの理由でずーっと憧れのままなのだが、やはり欲しくなってしまうなあ。


[PR]
by Medalog | 2018-02-15 16:19 | きもの | Comments(2)

春の先取り、したいのに

久しぶりに、茶道教室以外で着物を着た。

毎週の茶道教室では、着やすくて汚れが目立ちにくいグレー紬と黒小紋の2枚をひたすら着回しているが、この日はせっかくなので私の手持ちの中では綺麗な色の十日町紬を着てみた。

そして帯は、どれにしよう?
季節の先取りを推奨される着物のコーディネイトだが、春を待ちわびるこの季節は、とりわけ先取りのコーデがしたくなる!
…と思うのだが、残念ながらそれができる帯を全然持っていないのである。

d0048332_20064448.jpg

2〜4月に唯一季節の先取りができるのが、この塩瀬の帯。
わかりづらいが、一応梅の花だ。
お太鼓は仕覆柄。2つの仕覆の模様にそれぞれ梅と松があしらわれていて、前帯も梅と松の二種類になっている。
でも松のほうは正月らしさがあるけれど、この梅の花はわかりにくくてあまり春らしさを感じない。

そしてこの帯以外には、桜をはじめとした季節の花も、それ以外の風物詩も、春を感じるような帯は持っていないのだ。
もちろん着物もない。帯留が少しあるだけ。

これは自分が「着回ししやすいように」と、無地の着物と季節感のない帯ばかり買っていたのが原因で、そのおかげで少ない枚数で袷の時期を乗り切れるというメリットもあるが、なんだか急に寂しいというかつまらないというか、物足りない気分になってしまった。

かといって、実際に春らしいものを買うとなるときっと決断できないだろうなー。
何年か後には、春らしい着物か帯が増えているかしら。



d0048332_20064432.jpg

裄が1尺8寸ある、この十日町紬。
腕の長さに対してはちょうどいい寸法だが、ひさしぶりに着てみたら腕の付け根あたり、身頃と袖の間あたりの布がどうしても余ってしまい、少し動くとだらしなくなってしまうのが気になる。
この写真では余った部分を帯に押し込んでいるが、それでも右側は布が余っている。

一方、茶道教室で着ている着物の裄は2枚とも1尺7寸5分。
反物の幅が足りないため1尺8寸にできなくて残念と思っていたが、若干短めでも上半身がすっきりと着られて少し痩せて見える気がする。(着付けの腕前が上がれば裄の長い着物でもスマートに見えるのかもしれないが)

今後は袷の着物を仕立てるときは1尺8寸に統一しようと思っていたが、用途によっては1尺7寸5分でもいいかもしれないな。
袖が長めだが上半身の布が余り気味の着物と、上半身スッキリだが袖が少し短めの着物。一体どちらが美しいのだろうか?なんて思ってしまう。

[PR]
by Medalog | 2018-02-13 20:38 | きもの | Comments(0)
d0048332_09454676.jpg

義母の小紋。
派手かな?可愛らしすぎるかな?という当初の戸惑いは、何度か着るうちに薄れてきた。
だが私が持っている他のきものに比べてフェミニンなイメージのせいか、手持ちの帯で合うものがあまりない。
そこで、やはり義母のものだが貰ってきたまま使わずにいた赤い八寸帯を合わせてみたら、まあまあ似合うようでホッとした。
(帯締めか帯揚げは色を変えた方が良かったかな…)



しかし着付けの最中に、この帯には問題があることに気がついた。
少々シミが散らばっているのは仕方がないとして、大きな問題は「て先の柄」にあった。
d0048332_09461483.jpg  d0048332_09460232.jpg

モアレがひどいため見づらくて申し訳ないが、て先の柄が足りないのがおわかりになるだろうか。
右の写真でわかる通り帯の横幅よりもて先の柄が短いので、お太鼓の片側には柄つきのて先が出るが反対側は柄無しになってしまうのだ。
しかも足りないのがほんの数センチなので、横から見たらお太鼓の中で て先の柄が途切れているのが丸見えになってしまう。

なぜこんなことになっているのだろう?
織元のミスなのか、このような帯が普通に存在するのか?
ちなみに て先には余分な縫い込みはないので、て先を解いても柄を伸ばすことはできない。



さて、どうしましょう。



このままではあまり使いたくない帯になってしまうのでなんとかしたい。
帯の他の場所から柄部分を切り取って て先に足そうと思ったが、たれの裏側は柄無しになっているのでダメ。
前帯の外に出ない部分から少し切り取ることはできそうだが、どちらにしろお太鼓の両脇から縫い目が見えづらいようにするのはちょっと難しそう。
(私はお太鼓をピタッと形作るのが苦手で、お太鼓の中のて先が左右から見えやすいのです)

そこで、思い切って!
て先をまるごと無地にしてしまおう!



d0048332_10235850.jpg
前帯の、柄のある部分とない部分の境目をカット。

d0048332_10241472.jpg

切り取った部分をぐるっと入れ替える。
て先を解いて開き、柄のある方を前帯につなげて、柄のない部分をて先に。

d0048332_10355860.jpg

ミシンでガーッと縫い合わせて終了。
柄の縞が食い違ってしまったが、見えない部分なので気にしない!



d0048332_10373300.jpg

お太鼓の左右共に、柄のない て先が出るようになった。
柄がないとはいえ経糸の縞はあるので、さほど違和感はないと思う。
お太鼓の柄と て先の柄が違うとカジュアルっぽくなってしまう気がするが、もともと八寸帯なのでよしとする。

カットが一箇所だけなので、帯の長さは縫い代1.5cm×2で3cmほど短くなるだけで済んだ。
(帯はほつれやすいので縫い代は少し多めの方が安心だと思う。そして切ったらすぐにミシンでかがるなどしてほつれを止めるのが大切!)

試しに体に巻いてみると、縫い合わせた部分は前帯の一周目の斜め前、ちょうど扇子や根付を差し込むような位置だった。(帯によって違ってくると思うが)
さらにもう一周巻くので縫い目が見えることはまずないと思うし、縫い目の部分が締めづらいとか体に当たって痛いということもなかった。

細かいシミはあるが軽くて締めやすい帯なので、今回のお直しを機に使う機会が増えたらいいなと思っている。



タイトルに「義母の帯をあれこれする3部作」と書いたが、この帯以外にも手を加えたい義母の帯が2本あるのだ。
できれば春になる前に残りの2本もなんとかしたい。
飽きたり忘れたりして、3部作が尻切れとんぼになりませんように…

[PR]
by Medalog | 2018-02-08 11:31 | きもの | Comments(0)

初釜

初めての初釜体験が終わった。

事前に「とにかく人数が多くてびっくりするわよ」と言われていたが本当にその通り。
わーっと集まってわーっと移動してわーっとお茶をいただいてきた感じだった。

見たことのないような立派なお道具やたくさんの方々の礼装きもの姿を見ることができて目は喜んでいたが、なんだか舞い上がってしまって、この数ヶ月学んだはずのことがいくつかすっぽ抜けてしまった気がする。
また、それでなくても飲みづらいお濃茶が緊張のせいか全然口に入ってくれなくて、隣の席にいたお仲間が「あなたの分まで頑張って飲むわ!」と飲み干してくれて申し訳なかった…。
次からは多少口の周りが汚れたとしても、自分の分はしっかりいただかないとダメですね。
一番の反省です。

そして舞い上がったせいで菓子楊枝を無くしてきた…
会場のどこかに転がっているのだろうか。
散らかしてしまい申し訳ありません(涙)



d0048332_10353272.jpg

自宅で着付けをしたときにはもっと衣紋が抜けているはずだったし、後頭部の髪もホットカーラーやスプレーを使ってもっとボリュームを付けたつもりだったのに、おかしいな。

色無地・ショートカット・メガネだと、着こなしによほど気を使わないと貧相になってしまうとこの写真を見てまた反省。
(コンタクトレンズを使う予定が、ケースの蓋の閉め方が悪くてカリカリに乾燥していたので使えなかった…これも反省)

私は伊達衿を使ったことがなくてこの日も懐紙の出し入れのときにズレたら困ると思って挑戦しなかったのだが、会場では色無地にも訪問着にも伊達衿を合わせている方が多く、初釜らしい華やかさが添えられるものなんだなと実感。
私も今後は伊達衿を使えるようになろうと決めた。
この色無地には何色が合うのかな?帯に入っている色から選べばいいのかしら。未知の世界。



楽しかったはずが、反省の気持ちの方が強かった1日だった。
次回参加する機会があればもっとゆったりと楽しめるようになっていたい。

[PR]
by Medalog | 2018-01-30 11:16 | きもの | Comments(6)

色無地と袋帯

いよいよ初釜が近づいてきたので、当日着る予定の色無地と袋帯を、茶道教室へ行くときに着てみた。

d0048332_19570989.jpg

10年以上前になるだろうか、着物を着るようになってすぐに手に入れた色無地。
事情があって色味を自分で選ぶことができず、当時はこのピンク色がとても派手に思えていた。
それにそもそも色無地を着る機会がなかったので10年間で2〜3回しか着ていなかったのだが、今回とても久しぶりに着ることに。

いざ着てみたら、この数年で私自身の好みも変わったようで、そんなに派手でもないし今後も着続けられそうな色だと思った。
一時は色を暗めに染め替えようかと思いつつ、どのような色に仕上がるかわからないので躊躇していたのだが、結果的にはそのまま寝かせておいて良かったのかも。

袋帯は、お友達から譲っていただいたもの。
色無地に見合う袋帯が一本もないという話をお友達にしたところ、御自身の箪笥の中から私に似合いそうな袋帯を選んでくださったのだ。
白地に金糸銀糸が入った数色が市松模様になっている。
礼装用なのに重苦しくなく上品な可愛らしさがとても素敵で、見せていただいた瞬間に大好きになってしまった。
締め心地も良いのでこれからできるだけたくさん出番を作って、お友達にもぜひ見て欲しいと思う。



色無地と袋帯でのお稽古は、やはり紬を着ている時とは気分が違って、歩き方や手の動かし方も少し優雅にできる気がする。

ただ、正座したまま膝を動かして体の向きを変えるような時に、着物が傷まないかと心配になってしまう。
ビデオなどで上級者の方がこの動作をするのを見ると、スッ、スッと軽やかに向きを変えているように見えるのだが、私は「ズザザッ、ズザザッ」と大袈裟な音を立てながら必死に動くので、おそらく着物の膝下にも相当な負担が掛かっているだろう。
着ていて気持ちはいいけれども、やはり色無地はお稽古には着られないと思った。

そして久しぶりの色無地と袋帯の着付けはやはり勝手が違って、危うく茶道教室に遅刻するところだった。
なので帰宅後に袋帯の締め方を2回、色無地の衿の抜き方や合わせ方を1回復習した。
すると朝の苦戦が嘘のように綺麗に仕上がった。朝、衿がぶかぶかに広がっていたのはなんだったんだろう???
ともかく、初釜当日もこの調子で綺麗に着られますように。

[PR]
by Medalog | 2018-01-24 20:43 | きもの | Comments(4)
昨日、着物箪笥の上に置きっぱなしだった大きな着物バッグを久しぶりに開けて、適当に入れたままだった小物類を片付けた。
今回も覚書のような記事ですので、ご興味ない方は読み飛ばしてくださいませ。



着付け小物はいつの間にか数カ所にバラけていて、今回ひとまとめにしたらコーリンベルトだけでも4本見つけた。
2年前に五十肩になるまで着付けにコーリンベルトは使ってなかったのに、いつどこで増えたんだろう?
だけど4本もあるコーリンベルト、2本ぐらい捨てても大丈夫なはずなのに捨てられないんだよね…片付かないはずだわ。

着付け小物は「1軍」「2軍」の二つに分け、1軍は運びやすいトートバッグに入れた。
箪笥の上に置く着物バッグの中身は普段絶対に使わないものを入れる「お蔵入り」エリアにして、着付け小物の2軍と着物用割烹着を白・柄2枚。
あとは替え袖を使う、2部式のうそつき襦袢を数セット。
替え袖は、着物を着始めた頃に正絹の長襦袢に手が出せなかったのと、頂き物やリサイクルの着物ばかりで裄がバラバラだったのでうそつき襦袢を買って自分で替え袖を縫ったりしていたのだが、その後長襦袢に慣れてしまうと替え袖が面倒になり使わなくなってしまった。
少なくとも今の家に引っ越してから5年間は使ってないので、まだ綺麗だが思い切って「お蔵入り」エリアに入れることに。
当時、マジックテープが硬いので縫い針を何度も指に刺して痛い思いをしながら替え袖に縫いつけていたことを思い出す(ミシンではうまく縫えなかった)。それをお蔵入りにするのはなんとも切ない気分…

だが、きちんと整理が済んで容量に余裕ができた箪笥の引き出しを見ると単純に嬉しい。
着物収納に割ける空間は今より増やせないので、これからも整理・処分を頑張らないと。
そして、むやみに増やさない!
でもこれは一番難しいかな(笑)



そして、ネルの裾除けも「お蔵入り」エリアに。
ネルの裾除けはとても暖かそうだが厚みがあって裾の中でモコモコとかさばるだろうし、足さばきも悪そうだ。
なぜこれを買ったのか?と我ながら不思議だったが、ひと晩寝たら思い出した。

着物を着始めた頃は三重県に住んでいて、京都に行くときは近鉄特急に乗っていたのだが、途中で乗り換えが必要なことが多かった。
冬の夜、吹きっさらしの駅のホームで帰りの電車を待つときの寒さ!
当時はまだ着物での防寒の知識がなくて、冬でも長袖シャツでなく肌襦袢、脚もキュロットタイプの裾除けを知らなかったので普通の裾除けで、腕にも脚にも寒風が吹き込んできて泣きたいほど辛かった覚えがある。上着は長羽織で前が空いているし、ストールすら巻いていなかったかもしれない。着物も手持ちが少なくて、最初の頃は真冬でも大島を着ていたかも。
おそらくそのときにネルの裾除けの存在を知って、どうしても欲しかったのだと思う。
そういえば、脚に風が吹き込まないように、自作の うそつき襦袢の裾に布を足して東スカート風に仕立てた こともあった。ちなみにこの襦袢も、とても暖かいが布が増えた分だけ足元がモコモコするので、今回でお蔵入りになってしまった。

その後、下着をヒートテックやキュロット型の裾除けにしたり、肘まである手袋や五本指の膝下ストッキングも買った。
当然ストールやマフラーも使うし、身八つ口から風が吹き込まないベルベットのケープなども買って、徐々に防寒対策が整ってきた頃に大阪に引っ越した。
京都から大阪の自宅に帰るには主に京阪電車を使うのだが、三条駅や祇園四条駅は地下ホームだし、乗り換えの際には接続の電車がホームで待っていることが多いので、いつしか寒さ対策はそれほど必要ではなくなった。
だから、ネルの裾除けのことなどすっかり忘れていたのだった。

周りに着物を着る知り合いがほとんどいなくて、あれこれ試行錯誤していた当時の自分がちょっといじらしくなってしまった。
大げさに言えば、あの頃があって、今がある。
だからお前達も無駄じゃあなかったんだよと言い聞かせながら、ネルの襦袢やうそつき替え袖をお蔵入りエリアである着物バッグに入れた。



ま、そんなセンチメンタルなことを書いたって、明日にはそれらの存在を忘れていると思うけど。
もうすぐ初釜があるので、久々の色無地や袋帯の二重太鼓の着付の練習と、バッグや草履、襦袢の半襟の確認もしなくては!

[PR]
by Medalog | 2018-01-19 11:02 | きもの | Comments(8)

小物ザクザク

着物タンスの上になんやかやと積んでいたものが気になり、年明けの大掃除。

以前呉服店でもらった大きな着物バッグ2つ。
5年前の引越しのときに着物関係の細々したものを取り敢えず詰め込んだままで、メインは弔事用の草履やバッグ等小物類だが、ほかに何を入れたのか中身を覚えていない。
久しぶりに引っ張り出してみたら、忘れていた細々としたものが呆れるほどザクザクと出てくる。

d0048332_10592584.gif
以下覚書のようなものなので、どうぞ読み飛ばしてくださいませ。
ちなみに写真の折り鶴も出てきたものの一つです。10年前の拙ブログに一度登場しています。



[黄色の飛び柄小紋の帯枕・帯板]
可愛くて衝動買いしたものの他にも幾つかあるので新品のまま死蔵
[シャーリング・クリップがついた幅広の伊達締め]
便利そうで買ったものの、使いこなせなかったのだろうか?覚えていない
[ネルの裾除け]
超暖かい!でも超かさばる!これが必要なほど寒い中で着物を着る機会が過去にあったのだろうか…
[二部式の雨コート]
二部式なら上着だけチリよけに使えると思って買ったのだが、その後一部式?を買ったら二部式は面倒で使わなくなった。薄っぺらくて安っぽいが、その分軽いのでちょっとした小雨よけに上着を持ち歩くのはいいかもしれない
[着物用の割烹着2枚]
白いものは喪服で立ち働く時にと思ったが未使用。なのにシミが浮いてる…。柄物は着物で家事をするときのために買ったがなかなか機会がない

その他、半襦袢や替え袖、下着類、腰紐など細々したものがどっさり入っていて「これをどうすれば…」とため息。
一度引っ張り出した以上は、タンスに収納してあるものと合わせて整理し直さなくては。
今日中に終わるように、皆様祈っていてください!



そして上記写真の[折り鶴]
実際は松阪木綿の端切れ。
10年前のブログに書いたが、糊がついたままの端切れを買ってきたら何度洗っても布が硬いままで、もしかして鶴が折れるのではないかと思ったら本当に折れたというもの。もちろんバッグの中では鶴ではなく布の状態だったが、10年後も相変わらず硬い。
この硬さがいつか何かに役立ちそうな気がするので、存在を忘れないようにしよう。

[PR]
by Medalog | 2018-01-18 11:23 | きもの | Comments(0)

新年のお稽古

新年に入って、早くも2回目の茶道教室が終わった。

d0048332_17095722.jpg

稽古着に関してはグレーの無地紬を制服のように着続けていて、新年初のお稽古も同じ着物だったのだが、せめて帯は新年らしくと前帯の柄が松の木になっている仕覆柄の塩瀬の帯を締めていった。

この帯は何年も前に「綺麗だな」という単純な理由で買ったのだが、買ったあとで茶道も習っていないのにどこに着ていけばいいのかわからなくなってほとんどタンスの肥やしだったもの。
そして茶道を習い始めて着物のルールマナーなどを調べていたら今度は「茶席に茶道具柄の着物や帯を着ていくのはタブー」という情報を見聞きした。

そこで新年のお稽古にこの帯を締めて行き、先生に「お茶席には茶道具柄の着物や帯を着てはいけないと聞いたのですが…」と伺ったところ「別にそんなことはないですよ」とのこと。
それはよかった!
塩瀬の帯で行けるような気軽なお茶席なら(そういう席があるかどうか知らないが)仕覆柄でも問題なさそうだし、少なくともお稽古に使うのは大丈夫そう。
それにこの帯はいつになく先生やお仲間に「綺麗だ」と褒めていただけたので、今後出来るだけ使い道を見つけてやりたいと思った。



新年からお濃茶をいただくお稽古が始まった。
初めていただくお濃茶。
こ、濃いぃ!
予想以上の濃さに飲み方がわからず、口の周りに濃茶をつけて緑色になってしまい先生方に笑われた。
でもあれだけ濃いのに苦すぎず甘みがあって美味しいのはすごい。
聞くところによるとお濃茶用の抹茶はとっても高価なのだとか。
自宅用に買うことはきっとないだろうな。

お濃茶をいただいたあとに薄茶の稽古もあったので、この2時間で半年分ぐらいのポリフェノールを摂取した気分だった。
ちなみに先生の助手さんが、お濃茶の稽古のあとに遊び心で茶碗に残ったお濃茶にお湯を入れて薄茶を点ててくださり、それをみんなで一口ずついただいたら「あっ、まろやかで美味しい…!」と感動。
薄茶用のお抹茶より何倍も高価な濃茶用の抹茶で点てたのだから、やはり別格の美味しさになるのだ。(そんな高価な抹茶が、新たに薄茶が点つほど茶碗に残るなんてもったいないわ〜)
でも私は少し苦味のあるいつもの薄茶も、お菓子との相性が良くて好きだけれど。



お稽古が終わり帰宅して着物を脱いだあと、夕食の準備もできているし(昨日の残り物とも言う)お風呂に入るまでウールの着物を着ることにした。
d0048332_17421133.jpg

昨年お友達からいただいた一枚。

裄が短いので筒袖の半襦袢でないとダメかと思ったが、ウールで滑りが良くないためか、いつものうそつき襦袢のままでも袖が飛び出してこないのはラッキー。
ウールはほとんど着たことがなかったが、半幅帯と合わせると軽くて動きやすいのでとても楽ちんだ。
横座りになったりしても体の動きに沿ってくれるし、木綿と比べても膝が出たりシワになりづらいのでかなり洋服に近い感覚で着られる素材だと思った。

とはいえ、これで近所に買い物とはなかなかいかないので家の中限定になるだろうが。
それなら家でダラダラしていた今年の正月に家で着ればよかったなー。

[PR]
by Medalog | 2018-01-17 18:04 | きもの | Comments(0)

足クッション その後

茶道教室が、早くも全行程の半分・3ヶ月終了した。
まだ体験気分ということもあり、おかげさまで楽しく通っている。

問題があるとすれば、やはり正座の時の足の痛みだ。
ひと月ほど前から足袋の中に入れる「足クッション」という商品を使っていて、私にはまあまあ効果があるようで痛みがかなり緩和されている。

「これはもしかしたら足が正座に慣れてきていて、足クッションがなくてもあまり痛くないのでは?このような小道具はできれば使わない方がいいのでは?」と思い、年内最後の教室には足クッション無しで参加してみた。
でも、やっぱり痛い…
ただ最初に痛みを感じた時のような、板の上に座っているようなゴリゴリした痛みではなかったので、多少は足が慣れてきたのだと思う。

痛くなければ足クッションを卒業しようと思っていたが、来月以降もしばらく使うことになりそうだ。



足クッションを使うことで心配なのは、草履の鼻緒が緩むことだった。
この日は足クッションを使わずにいつもの草履を履いたところ、あっ!やっぱり緩んでる!
しかも左右で緩み方が違って、右足の方は足クッション無しだとすっぽ抜けそうなほど緩んでしまっている。
しずしずと歩く分にはなんとか履けるが、小走りなんてできない状態だ。

茶道を続けるなら、今後も足クッションや足袋カバーを使うので鼻緒が緩めの草履が一つあってもいいのかもしれない。
でもこの草履はピンクの台に白い鼻緒で、私の普段履きの草履の中で唯一綺麗な色合いのもの。
これ以外は黒っぽい台の草履しかないので、次の春に履きたい草履がなくなってしまう。
どうしよう?鼻緒を直すか?緩んだまま履くか?
鼻緒を直して、今後は足クッションを履かずに持参して教室に着いてから足袋の甲に差し込めばいいのかな。



一つ言えるのは、鼻緒が緩んだのがカレンブロッソのような鼻緒の調整ができない草履でなくてよかったということ。
履き心地の良いカレンの草履が足クッションのせいで緩んだりしたら、泣くに泣けないもの。
そうだ、普段履き用に綺麗な色目のカレンの草履を買い足して、鼻緒が緩んだ草履はこのまま履き続けたらいいかも!
…とならないように気をつけたいところだが、そうなってしまいそうな気もするなー。


[PR]
by Medalog | 2017-12-26 08:54 | きもの | Comments(2)