メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

長羽織の丈を詰める その1・試行錯誤

d0048332_13311362.gifd0048332_13315960.gif昨年仕立てた、初めての長羽織。

本当は1年間我慢して、もっと着物のことを勉強してから買おうと思っていたのに、某呉服店の展示会に行ったときにこの小紋着尺を見て「これを長羽織にしよう!」と衝動買いしてしまったのだった。

と言ってもこの色柄に一目惚れしたわけではなく「長羽織を作るならこれくらいの飛び柄がいいのかな?」という程度の感覚で選んだもの。

1年経った今なら多分この小紋は選ばないかも。手持ちの小紋と合わせると、柄と柄がぶつかってがちゃがちゃした印象になってしまうし…

そしてなにより問題なのは、丈だ。
自分ではどれくらいの丈にすればいいか全く分からず、お店の方におまかせした結果「流行の丈にしてあげるわよ〜」ということで仕立て上がってきたのが、この丈なのだ。
(お店の方にきちんと指示できる知識がない自分の責任なのだが)
最初はこんなものかと思っていたが、実際に着てみて、そしてブログつながりで知り合った皆さんの羽織姿を拝見していくうちに「ちょっと長すぎるのでは?」と感じるように。
シルエットがもったりしているし、歩くたびに膝下の部分がひらひらすのも鬱陶しい。

そこで、今年の羽織シーズンの前に羽織丈を詰めることにした。


d0048332_13472525.gifd0048332_13481839.gif
では、どれくらいの丈にすればいいかと考える。

無地ではなく小紋柄なので、ちょっと短めの方がすっきりして見えるかも?と思い、まず7分丈の長さをシミュレーション。

私の場合7分丈だと86cmくらいなので、長羽織の裾を86cmで内側に折り込みテープで留めて、浴衣の上に羽織ってみる。

しかし行き当たりばったりの性格が災いし、浴衣に衿芯を入れなかったので衣紋も抜けていないし帯も締めていないので、どうもシルエットがピンと来ない。

羽織の裾も、両面テープで留めたせいか前に膨らんでしまっているし。

ピンと来ないまま「7分丈でいいかな…」という曖昧な気持ちで長羽織を仕立て屋さんに送ってしまったのだが、一晩寝てみるとやはり納得がいかない。
せっかくお金をかけて直すのだから後悔のないようにしよう!と考え直し、単の着物を着た日に再度シミュレーションする。


d0048332_13431111.gifd0048332_13432658.gif
長羽織はもう手元にないので、丈の短い絞りの羽織に手ぬぐいを付けて長さを出す。
前回の7分丈ではちょっと短いような気がしたので、2cm伸ばして88cmの長さになるように手ぬぐいを付ける。

写真に撮ってみるが、違う布地が付いているとイメージがわかない(左写真)のでPhotoshopでちょいといじってみた(右写真)。

適当にやったのでずれてるけど、こうしてみるとかなりイメージしやすくなる。
この丈なら、いい感じかな?

…というか、この写真を見たらこの羽織をこの丈に伸ばしたくなっちゃった。(衿先に余分な縫い込みがないので無理なんだけど)

この紬と羽織の色の組み合わせが結構可愛いのも意外な発見。(単衣のきものと羽織を合わせることはないので、これも実現はできない)

この羽織は色が派手で着こなしづらいと思っていたのだが、濃い色の着物よりこれくらい明るい色の着物に合わせた方がすっきり着こなせるかも、という希望が出てきたのは嬉しい。
グレーの無地紬と合わせたら、どちらも裄が短いので色も寸法もピッタリかも?・・・ああ、話がどんどんずれていっちゃう。


d0048332_1340998.gifd0048332_13402899.gif
後ろ姿も、同様にPhotoshopでいじってみる。
後ろから見ると、これでいいような気もするし、もう少し短くてもいいような気もする。
う〜ん、自信を持って「これ!」と決められない優柔不断な自分がイヤ。

というわけで、自分では決められず。
近々二部式帯を作りに知り合いのお宅に伺う時に、その方の羽織を羽織らせていただくことにした。
以前オフ会でその方の羽織姿を拝見して「このくらいの羽織丈がきりっとしていていいなあ」と思っていたのだ。素材が違うので全く同じようにはならないだろうけど。

「自分で考えず人に頼ってばかりでは成長しないのでは…」とも思うのだが、羽織の丈など一度直したら二度と直したくない(自分ではできないのでお金が掛かるし)ので、納得のいく寸法を見つけ出すために今回もお世話になります。


お直しが紅葉の時季に間に合うように、早く寸法を決めなくては。
それにしても、去年この羽織を知識もないまま仕立ててしまったのが勿体なかったなあ(涙)。
これを今後の教訓にしよう・・・。

[PR]
Commented by amethyst at 2007-09-29 20:50 x
黒系地色の羽織、やはり私も初期にリサイクルで何枚か買ってしまいました。(今考えるとばかみたい)でも羽織のかっこよさにひかれてたのです。
でも~やはり丈って問題ですよね。
今風は長め、でも長すぎはいただけない。
着物って寸法が自由で融通効くと思い込んでいたら、
違っていましたね。逆に取り合わせの知恵や工夫が必要で
大事なんですね。羽織だとさらに着物とのバランスが大事。
納得いく寸法の割り出し方みつけたら教えてくださいね。
Commented by Medalog at 2007-09-30 12:04
amethystさんへ
羽織って、なぜか欲しくなりますよね〜。
道行や道中着に比べると気軽に着こなせるのはいいと思いますが、丈の長さに関しては他のコート類よりもセンスが問われそう。
コート類は膝丈でもふくらはぎ丈でも「そういうものだ」と思えるのに、なぜでしょうね?室内でも脱がないからなのか、前が開いていて着物や帯が見えているからなのか…。

それから、仕立て屋さんに着姿の写真(この記事の一番上の写真)を送ったら、「長羽織ならもっと裾周りが細い方がいいのでは?」と言われました。
長羽織は普通の羽織よりも裾周りを細くした方がきれいに見えるのだとか…。確かに、私もこの羽織を着るともったりしたシルエットになると感じていたので、今回は裾周りも細くしてもらうことにしました。
そういうバランスは体型によっても違うし、個人個人で見つけていくしかないのでしょうか…。私のようにセンスのない人間にとっては、お金も時間も掛かる作業です。(それもまた楽しいのですが)
Commented by 風子 at 2007-09-30 22:25 x
羽織の丈は、ほんとに悩ましいです。

その人の体型と、着るきものの感じと、で、決まる長さが変わりますね。
それと仕立てのよしあしがすごく出るものかも、しれません。

仕立てなおしができて、拝見するの楽しみにしています。
Commented by miwaxsmania at 2007-10-01 08:30
Medalogさんが「優柔不断」(てへへ)というよりは、着物ってファッションなんだとこのごろ特に思います。流行があるってことですね。
私などは、長めのコートや羽織が好きで、できるだけ長く誂えてもらいたいと思っているタイプなんですが、去年あたりもとじで尋ねたら「あまりに長いのは、逆に難しいですよ」とアドバイスいただきました。
かといって、短すぎるのはいかにも「昭和」って印象にもなりかねないですよね。

MedalogさんのPhotoShopでの加工が楽しくて、見入ってしまいました。私もやってみたい。(でも使いこなせないの・泣)
Commented by Medalog at 2007-10-01 11:20
風子さんへ
羽織の丈は体型も重要なポイントですよね、きっと。
着る着物の感じですか…私は紬も小紋も着たいのですが、紬用の羽織、小紋用の羽織なんてのがあったらいいなあ〜。
今持っている長羽織はどちらにもしっくり合うわけでもなく…もっと冷静に買えばよかったと後悔しきりです。
Commented by Medalog at 2007-10-01 11:33
ミワさんへ
着物の流行、あるんですよねえ〜。
最初の頃は「着物は、洋服と違って流行に振り回されないのがいいわ」と思っていましたが、そんなに単純なもんじゃなさそう…
ミワさんはすらっとしているからどんな丈のコート類でも着こなせそうですが、膝下丈の紬地の羽織などを着て颯爽と歩いたらすごく似合いそう!と勝手に想像しちゃいます。

Photoshop、私も簡単なことしか出来ないですよ!
でもこのやり方を使えば、着物と帯を別々に撮影して画面上で合わせてみたり、ウェブショップの帯の画像を手持ちの着物の写真の上に乗せて似合うかどうかシミュレーションしてみるなんてことも出来るので、早く試してみたいんですよね。
構想1年以上…手つかずのままですが。
Commented by fumiyoo at 2007-11-05 22:06
やっぱり、着物となると此処まで凝ってしまいますね。私も去年、何の知識もなくて呉服屋さんの言われるままに着物や羽織を直しました。私の羽織は着丈2尺5寸です、=95cmです。身長は1m56cm位なのでとても長いです。でもこれが流行りだと言われました。小豆色の絞りの羽織です。まだ着こなせていません。が呉服屋さんが言うのは大島にもあうとのことでした。絞りなので短くするのは勿体無いともいわれました。でも歩く時にヒラヒラしますよね。丈が膝下なんで・・でも仕立て代高いのでこれでいいです。1年間、裄や身丈や前巾、後ろ巾がこれでよかったんだろうか考えています。着こなしていくウチに答えが出るんでしょうね。
Commented by Medalog at 2007-11-06 07:24
fumiyooさん、こんにちは。
小豆色の絞りの羽織、素敵ですね!大島紬にきっと似合うと思います。
長さの好みは人それぞれだと思いますが、もし私が着丈2尺5寸の羽織を着たら、fumiyooさんと一緒で(身長が同じなんですね!)ちょっと長いと感じてしまうかもしれません。でも絞りの羽織なら、ちょっと長いほうがシルエットが素敵なのではないでしょうか?
私たちと同じ身長で2尺5寸の羽織を着こなしている方もたくさんいらっしゃると思いますし、正解ってないのだろうな、と思います。

>着こなしていくウチに答えが出るんでしょうね。
丈を直した羽織を先日初めて着ましたが、着て外出してみたら気付くことがいろいろありました。いろいろな着物に合わせて着ていくうちに、私の答えも出るのかな、と思います。
fumiyooさんも、絞りの羽織を楽しんでお召しになってくださいね!
Commented by marcha at 2007-11-06 13:22 x
羽織の丈‥
う~ん、仕立てあがってきた羽織の丈は長すぎました(×_×;)今までちょうどよかったと思っていたんですが‥

今まではよかったんですが‥そこで気が付いたこと

素材、柄にもよるということ‥羽織の丈はゆめゆめいい加減に決めては後悔のもと、実際に着物を着て、羽織にする予定の反物をあて、シミュレーションしたほうがいいですね。膝下丈はドレッシーになります。生地によっては膝下丈にしたほうが羽織そのものがよく見える場合もあると思います。
Commented by Medalog at 2007-11-06 17:48
marchaさんへ
以前ブログに載せていらした4枚の羽織とは別に、新しく羽織が仕立て上がってきたのですか?見た〜〜い!!
今までのものと同じ寸法なのに、今回だけ長いと感じたということでしょうか?やはり、そういうこともあるんですね。

>素材、柄にもよるということ
これはありますよね!私はまだ1枚しか仕立てておらず、どの素材や柄が長いほうがいい、などという具体的なことはわかりませんが。
上にコメントをくださったfumiyooさんの絞りの羽織などは、ちょっと長めのほうがドレッシーで素敵な気がします。だからといって、じゃあ紬は短いほうがいいのかと言えばそうでもないと思いますし…

>実際に着物を着て、羽織にする予定の反物をあて、シミュレーションしたほうがいい
次に羽織を作る時は、絶対にそうします!今回の件で、いろいろ勉強になりましたので。
羽織丈を決めてから反物を選ぶか、反物を選んでから羽織丈を決めるか…そこらへんもポイントかもしれません。
by Medalog | 2007-09-29 15:16 | きもの | Comments(10)