桜・・・その1(伊勢)

三重県伊勢市の宮川の桜を、8日(土)の午後に見に行ってきた。

この日の天気は曇りで、気候も肌寒かった。
おまけに黄砂の影響で、空はなんとも言えない霞み具合。
でも桜はほぼ満開状態で、たくさんの人たちが花見に来ていて盛り上がっていた。

d0048332_15102213.jpgd0048332_15105868.jpg

撮り方が下手なうえに写真のサイズが小さいのでスケール感が出ていないけれど、
川沿いに並ぶ満開の桜はまさに壮観!
宮川の河原はとても広いので、花の真下でなければ座る場所はいくらでもある。
桜を一望できる場所に座って、二見「ウァン」の肉まんを食べながらささやかなお花見をした。

河原の一角に、数十本の幟が立っていた。
近づいてみると、幟にはそれぞれ伊勢の各町の町名が入っている。

d0048332_15111493.jpgd0048332_15113276.jpg

(黄砂のせいで、なんだかおどろおどろしい空になってる・・・)


その中に「御木曵」と書かれた白い幟があったので気がついた。
同じ伊勢市内にある伊勢神宮では、まもなく「式年遷宮(しきねんせんぐう)」がある。
式年遷宮とは、御正殿(ごしょうでん)をはじめとするすべての社殿を新しく建て直すことで、約1300年前から20年に一度行われているそうだ。(次回は2013年)
その一連の行事のひとつに、伐採したご用材を川と陸路からたくさんの地元の人たちが運び入れる「御木曳行事(おきひきぎょうじ)」というものがあり、伊勢に住む友人から「もうすぐ御木曵があるから見においでよ」と言われていた。
きっと、その御木曵の準備が既に始まっているのだろう。

私は地元民ではないので詳しくはわからないけれど、20年に一度ということで伊勢周辺はすごく盛り上がるらしい。
20年後に伊勢に来られるかどうかわからないから、今年は見学に行ってみようかな。
[PR]
Commented by sou-shun at 2006-04-12 17:27
桜も綺麗だし、幟も良い雰囲気ですね。
今年は式年遷宮なんですよね!
私は史学科だったので戦国時代の文書とかに式年遷宮の費用のこととか出てきていて、こんな昔から続いているんだな~と感慨深かったです。
Commented by Medalog at 2006-04-13 15:37
sou-shunさんは史学科ですか。歴史の苦手な私とは正反対ですね。
自分の国の歴史もろくに知らないのは恥ずかしいのですが・・・。

式年遷宮は、昔も今も大変なんでしょうが、伊勢に住んでいる人たちにとっては、当たり前のことであり、誇らしくもあるんでしょうね。
私ももしかしたら御木曵に参加できるかもしれないので、
ちょっと楽しみです。
by mEDALOG | 2006-04-12 15:46 | 旅行・食べ歩き | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog