着る服がないのに捨てる服もない不思議

先週末、夫が学生時代の仲間と30年ぶりにバンドを組んで都内のライブハウスで数曲披露するという椿事が起きたので見に行ってきた。
出来栄えはともかく久しぶりにたくさんの仲間と再会して楽しそうだったので、よかったよかった。

私もライブハウスに行くのはかなり久しぶり。
大きなホールやドームのコンサートには今でも毎年行くが、小さいライブハウスでお酒を飲みながらドラムの振動を直に感じるのは全く別の感覚で、自分は何をしたわけでもないのにスカッとストレス発散した感じ。
たまにはライブハウスもいいなあ。
ただ大阪には夜に一緒にライブハウスに行くような友人がいないし、一人で行くのはハードルが高い。
夫は音楽好きの割にはコンサートやライブハウスに行くのはあまり興味がない。
また行く機会、あるかしら…



都内、しかも夜のライブハウスに行くとなると当然「何を着よう?」となる。
クローゼットを開けてみたら服でパンパンな割には着たいものがない。
流行が過ぎたものもあるし自分がちょっと太ったせいもある。安物買いの悪癖のせいもあるかな。
結局、服を一枚買い足してしまった。

大阪に戻って「着たい服が一枚もないんだから思い切って整理しよう!」と張り切ってクローゼットを開けてみたら、あら不思議。
捨てられる服が一枚もない!
どれもまだまだ着られるように感じてしまう。
…これって「あるある」ですよね?みなさんはいかがでしょうか?

出掛ける直前と、ただ片付けるときでは、脳の中の何かが違っているのだろう。もしかしたらこのような状態には「ナントカ現象」という名前が付いているかもしれない。
結局、洋服は一枚も処分しないまま終わってしまったが、秋になる前にもう一度処分に挑戦しなくては。
それからようやく涼しくなってきたので、夏の間中断していたウォーキングを今日から再開。
本当にいろいろなんとかしないとあかんわ…

[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2018-09-09 22:42 x
台風のお見舞い申し上げます。こちらもいっときではあったものの、凄まじい風雨に震え上がりました。
お洋服は、たまたまよそ行きが手薄だっただけで、ふだん着るのにはちょうど良いものばかりだから、捨てられないのでは。私も実はそうです(笑)
2年とか、3年とか期間を決め、その間に一度も着なかったものは思い切って捨てるようにしないと、とは思うのですが・・・。
Commented by Medalog at 2018-09-12 07:58
> 神奈川絵美さん
お見舞いありがとうございます。今回の台風は被害の強さもエリアも大きかったですね。絵美さんのお住まいのあたりは被害は出ませんでしたか?

洋服は確かに普段着が多いのですが、普段着でも年齢的に好きな服と似合う服がずれ始めてきた感じがしています。カジュアルな雰囲気のものが好きなのですが50歳を超えるとお肌や体型の管理できてないとだらしなく見えてしまって「好きなのに着られない!」状態に…自業自得なのですが。
>その間に一度も着なかったものは思い切って捨てる
私もそうしたくて、5年前に今の住まいに引っ越してから一度も来ていないものは全部捨てよう!と思ってもやっぱり捨てられないの繰り返しで困っています。
by Medalog | 2018-09-07 20:11 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog