メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

数寄屋袋を手作り

先日帯地でバッグを作った時に使ったミシンが、まだ出しっぱなし。
ついでに何か作るものはないかなーと考えていたら、数寄屋袋を思いついた。

※詳しい作り方は載せていません。最後に仕上がりの写真のみ載せています。



少し前に懐紙入れの作り方を調べていたら、数寄屋袋の作り方が一緒に出てきて、結構簡単そうだと思っていたのだ。
ちょうど良い布があれば作ってしまおうと思って箪笥を探してみたら、思った以上に「ちょうど良い布」があった!

d0048332_18270073.jpg
かなり前に自作したバティックの二部式帯。
この時の余り布があったのだが、なんと!

d0048332_18275763.jpg
裏に接着芯が付いているのだ!
ラッキー!でも、なんでだろう???
布の大きさは二部式帯のお太鼓部分ぐらいなので、同じ帯をもう一枚作ろうとしたのか、なにかミスがあって使わなかったのか、全く覚えていない。

まあとにかく接着芯が付いたバティック布は数寄屋袋にぴったりだ。
しかも大きさがほとんど数寄屋袋に必要なサイズと同じであるのも、すごい偶然だ。

アイロンをかけて、接着芯に鉛筆で直接線を引いて、切ってミシンで数カ所縫ったら一時間ちょっとで出来上がってしまった。



d0048332_18350878.jpg
内側の布は無地にしたほうがすっきりしたと思うが、圧着芯付きのバティック布がちょうど外側と内側の両方で使い切るサイズだったので、同じ柄にしてしまった。
柄合わせもしたほうが綺麗かもしれないが、面倒だしサイズがギリギリで綺麗に合わせられそうになかったので、やらなかった。

これは全く同じ袋を2つ作って、ミシンで中表に縫い合わせてから外表に返している。
だからもしこのバティックに合いそうな無地の布が見つかったら、2つの袋に戻してそれぞれに中袋をつければ簡単に2つの数寄屋袋に替えられる。
(接着芯が中厚ぐらいの厚みがあるので、ミシン目を解いても布が裂ける心配がなさそう)

そして、外側が無地で内側がバティックという布地の使い方を逆にした袋も、同じ手順で簡単に作れるのだ。
よーし、バティックが外側の袋と内側の袋、二つ作ってみようかな。
同じサイズのものを二つも作ってどうするんだという気もしないではないが、楽しいからいいや。作っちゃお!



[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2017-10-10 23:01 x
こんにちは! すごいすごーい!手作り魂(?)に感服です。下の記事も拝読しましたよ。
私、松山へ行った際、伊予がすりの端切れを入手しまして、
これでトートバッグをつくろうかな、と思っていたところでした。参考にさせていただきますね。
(でも、自分でつくる自信はなし・・・笑)
Commented by fuko346 at 2017-10-11 12:59
おお!
懐紙入れから はじまって バック そして 数寄屋袋まで
上手に出来上がっていて びっくりです。
やっぱりMedalogさんには 作れる って思っていたのです。
私の手持ちをアップする必要は もうありませんね。
すごいわ~♪
Commented by Medalog at 2017-10-11 14:40
> 神奈川絵美さん
伊予絣、いいですね!素敵なバッグになりそう。
バッグは見た目や強度の問題がありますから、せっかく旅先でお求めになった布ならプロに製作をお任せするのがいいと思います!
出来上がったらブログに載せてくださいね。
Commented by Medalog at 2017-10-11 14:43
> fuko346さん
おかげさまで幾つかのものが出来上がりました。
近くで見ると難があるのですが自分で使うものですから、まあいいですよね。
でも風子さんがお持ちのものはぜひ拝見したいので、お時間があるときにアップしていただきたいです。

by Medalog | 2017-10-10 18:59 | 生活 | Comments(4)