メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

縫い目が切れた小紋をどうしましょう

外出先で縫い目が切れてしまった、紗小紋。
帰宅して調べてみたら、外出先で気がついたお尻と左脇だけでなく、なんと右脇とふくらはぎあたりの縫い目も切れ始めている。
もともと糸が弱っていたところに、お茶会や呉服店の催事で畳に座ったり立ったりを繰り返したため、糸が一気に切れてしまったのだろうか。

ここまでくると、外出中に着物の下半身が分解しなくてよかったと逆にありがたくなるレベルだ。



さて、この着物をどうするべきか。
左脇だけでも10cm以上はほつれているし…と思いながらめくってみる。

d0048332_8565448.jpg
あれ?

d0048332_8565974.jpg
あれれ?
布の端にロックミシンが掛かってる!
これ、正絹じゃないのか…!!!
そして布地の織りかたも紗ではない!?
目を凝らして見てみると縦糸に捻りは入っておらず、単なる平織りに思える。

私、今まで何を勘違いしていたのだろうか???



この着物をいただいた時に「正絹の紗小紋」と聞いた気がしたのだが、思えば自宅で洗っても縮んだり風合いが変わったりしないのは化繊だからなのだろう。

ただ私が勘違いしていたのには理由もあって、この着物は軽いし、生地に張りがあるため風通しも良く、夏着物として着心地がいい。
「化繊=暑い、正絹=涼しい」という思い込みがあった私は、軽くて涼しいこの小紋は正絹だと思い込んでいたわけだ。



予想外のことにびっくりしてしまったが、考えてみればこの着物が正絹である必要はないなと思う。
着心地がいいうえに自宅で洗濯できるなら夏着物に最適なことに間違いはないし、化繊なら思い切って自分で背縫いと両脇をダーっとミシン縫いしてもいいかも。
夏の着物は麻と絹上布という硬めの織りのものしか持っていないので、化繊とはいえやわらかもの風であるこの小紋が重宝する時が来るかもしれない。

でも軽くて涼しくて水に強いなら、単〜薄物の時期のコートにも向いているかも。

この時期のコート類は、黒い紋紗の膝丈の道行とシースルーコートと名付けられた化繊の雨コートを持っている。
しかしどちらも道行衿なので紬や麻に気軽に合わせる感じではないし、雨コートは透け感が少なく厚地で着心地が暑いので、どちらも出番が少ないのが実情だ。
だからこの小紋を道中着タイプのコートに仕立て直せば重宝するかも。黒地の裏は青っぽい色なのでそちらを表にすることもできるし。
ただこの場合は仕立て直しを外注するため費用がかかるのが難点。

この、答えのない悩み。
あとで後悔のないように、しっかり考えることにいたしましょう。
[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2016-07-30 22:21 x
こんにちは!お茶会の記事から拝読しました
初めてのお茶会が京都の由緒ある場所なんて、すてきの一言!大寄せなら、お作法に自信がなくとも「流派が違うので…」なーんてごまかしがききます(←図太い 笑)。
着物の縫い目が一気に?ほつれてきたのは災難でしたね。確かに、事前に調べるというのもなかなか…。せいぜい、できるだけ前巾広めに着て縫い目に負担がかからないようにするくらいでしょうか。
でも、そのお陰?で新たな展開になりそうで、良かったですね。
Commented by Medalog at 2016-08-03 11:08
神奈川絵美さんへ
最初のお茶会がこんなに素敵な場所で、とてもいい思い出になりました!
関西に住んでてよかった…と思ったひとときです。

仕立て直していない古い着物は他にもあるので、またこういうことも起こり得ると覚悟しておかないといけませんね。
縫い目に負担がかからないように着るのは大事かも!
私は下半身をスッキリ見せようとお尻にきつめに巻いてしまうことが多いんです。
この日ももう少しゆったり着付けをしていれば、ここまでの惨事にはならなかったかも…。

>できるだけ前巾広めに着て縫い目に負担がかからないように
お尻の縫い目が真ん中に来ないようにする、という感じでしょうか?
スマートに見えて縫い目に負担がかからないような着付け、研究しようと思います。
by Medalog | 2016-07-22 10:53 | きもの | Comments(2)