メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

単の羽織を手に入れた

先日のkimono gallery 晏さんの展示会で、仕立て上がりの単羽織を手に入れた。



d0048332_829381.jpg以前からこのブログにも「羽織が欲しい」と書いていた。

カーディガンをさっと羽織るように気軽に着られる無地感覚のもの。
裄が1尺8寸以上の着物に合わせられるもの。

ということで江戸小紋などの反物をネットで物色している矢先に、展示会場で仕立て上がりのこの羽織と出会ってしまったのだ。

色味も柄もほぼ希望通りで、裄はなんと1尺8寸3分というまさにドンピシャの寸法。
もうほとんど即決で決めてしまった。

実際に着てみると身幅も丈も少し大きいかな…
裄が長いだけでなく全体的に大きめの、いわゆるLサイズの羽織だったようだ。
裄が長い分だけ身幅も広くなるのはある程度仕方がないが、シルエットがちょっともっさりしているかも?

この羽織で一つ予定外だったのが、単仕立てだということ。
反物から仕立てるなら普通に羽裏を付けるつもりだったのだ。

でもよく考えてみたらこの羽織にあわせる予定の着物はこの写真の十日町紬や大島紬。
どちらも薄手で真冬以外の季節に着るので、羽織も単のほうが使い勝手がいいかもしれないと納得して購入した。

そして先日さっそく着て出掛けてみた。
初めての単羽織の着心地は、とにかく軽い!
単に裏地が無いだけでなく仕立ても袷とは違うようだ。

d0048332_167933.jpg衿の部分だけでも、このボリュームの違い!

袷の羽織は衿を身頃に折り返して着る仕立てになっているが、この単羽織は衿を折り返す部分が無いので、使用する表地の量も少ない。

またこの2枚に関して言えば、使っている生地の重さも単羽織のほうがかなり軽そう。


おかげで着ているかどうか分からないほどの軽さで、とても快適。
袷の羽織がジャケットだとしたら、単の羽織はカーディガンの着心地かな。

さすがに真冬に着るには向いていないが、もともと真冬は羽織よりもコート類を着ることが多いので、羽織を単仕立てにするというのはなかなかいいアイディアだと思った。
ショールと合わせれば春・秋にかなり活躍してくれそう。



長着にしても、胴抜き仕立てのものが重宝する時代になりそう。
胴抜きに向かない素材もあるだろうし、表地に汗やシワがつきやすいという問題もありそうだが、真冬用の長着以外は胴抜きにしてしまったほうが、長い季節着られるし着心地も軽くて助かると思う。
歳を取ってくると着るものは少しでも軽いほうがありがたいので…

いま手元に反物があり、そのうち胴抜きで仕立てようと思っているのだが、今までお願いしていた和裁士さんが休業されてしまったので今はお付き合いのある仕立て屋さんがないのが悩み。
少し前までお世話になっていた近所の呉服店は「胴抜き仕立てっていうのは踊りの人がするもので、普通に着物を着る人はそんなことしないんですよ〜」と笑われてしまったのでそこには頼みたくない。

持ち込みの反物でも仕立てをお願いできて、普段着の着物にも理解があって、気軽に相談できる呉服店か悉皆屋さん。
ネットの仕立ても安くていいけれど直接話し合えないのはちょっと不安だし不便だし、胴裏や八掛の手配が面倒だったり思っていたのと違うものが付いたりしたら嫌なので、できれば実店舗がいいのだけど。
うちの近所に無いかなあ〜。
[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2014-04-03 14:42 x
こんにちは! 単衣の羽織、爽やかでいいですねぇ☆私もこれからの季節、ちりよけ感覚のこうした単衣の羽織を、カーディガン感覚で愛用、ってとても気候に合っていると思います。私は羽織ではなく、道中着で単衣を持っていますが、やっぱり活用頻度高めだし…でも、羽織もいいなあ、なんて、お写真を拝見して思いました。物欲は尽きませんね(笑)
Commented by Medalog at 2014-04-04 13:21
羽織の良いところは室内で脱いでもいいし着たままでもいいという気楽さですよね。
私は面倒くさがりなのでカフェに入るぐらいなら上着は着たままでいたいし、帯結びが今ひとつ決まらなかったときなどは室内で上着を羽織っていられるのは心強くて。
…なんてことは着物好きとしては恥ずかしいんですが。

絵美さんも是非1枚、単の羽織をどうぞ!
道中着も素敵ですが羽織もいいですよ〜
Commented by cesariana at 2015-01-16 14:16 x
こんにちは
とても有意義なお話を拝読させていただきました。
羽織はカーディガン。コートではないので、室内かちょっと肌寒いかなという季節のはおりものと思えば、単衣がふさわしいかもしれませんね。
母の遺した着物を着始めたところですが、いろいろと分らないことばかり。他の記事も拝見させていただきます。よろしくお願いします。
Commented by Medalog at 2015-01-16 21:10
cesarianaさんへ
コメントありがとうございます。

私が住む大阪周辺は4月や11月でも日差しが強い日がありますが、そういうときでも何か羽織りたい時はあるので、単の羽織は一枚作ってみて良かったと思いました。
もちろん袷の羽織も重宝していますが。

お母様のお着物、お召しになったらお母様が喜ばれるでしょうね。
私は母の着物すらなく一から手探りで着物を揃えて着始めたので、未だにあれこれ試行錯誤の日々ですが、何かお役に立てたらうれしいです。
よかったら、また遊びに来てください!
by Medalog | 2014-03-30 16:12 | きもの | Comments(4)