メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

今日のメダカ

今回の引越しにも、当然メダカを連れてきた。

引越しが少しでも楽なように去年は採卵・ふ化をさせなかったので、冬まで生き残ったメダカ6匹だけの引越しになった。
メダカを連れての引越しは2度目だし、すぐ近くへの引越しだったので楽な作業だった。
前回の引越しは4月末で移動中に水温が上がってしまうのが心配だったが、今回は冬なのでその心配もなかったし。

強いて言えば、寒い時期にベランダで作業をするのが辛かった。
本当なら引越しのついでに睡蓮鉢や砂利を綺麗にしたかったのだが、寒いわ水が冷たいわでとても長時間の作業をする気にならず、バケツに入れたビニール袋にメダカと水草を掬い取り、水をペットボトルに移すだけで終わり。
せっかくの引越しなのに、メダカたちは「綺麗な新居」には住めずちょっと可哀想かも。



d0048332_1821573.jpg

ベランダが西向きから南向きに替わり、メダカにとってはいい環境になったのではないか(少なくとも夏以外は)。

西向きの旧居では睡蓮鉢に当たる日射しは午後の数時間だけ。
午前中は水温が上がらないのでメダカもほとんど動かない。
エサにもほとんど反応しないのでエサやりは週に1〜2回に押さえていた。。
今回は南向きに替わり午前から睡蓮鉢に陽が当たるので、昼ごろには水温が上がるらしくメダカが動いている。
水面に近づいた時にエサを与えるとちゃんと食べるし、その動きを見た他のメダカたちも浮上してくるので、以前より少し多めに(と言っても1日1回以下)与えるようにしようかな。



水草は今回初めて冬を越させるドワーフフロッグピット。
現時点でまだ青々としているのでちゃんと冬を越せそうだと期待している。
数株を取り分けて、家の中と外の両方で育てれば1株ぐらいは冬を越すだろうか。
今まで睡蓮鉢の水草が冬を越したことが無く、春になると毎年新しい水草を買う羽目になっていた。
たかが数百円のものだけれど、買わずに済めばすごく嬉しい。
がんばれ、ドワーフフロッグピット!
[PR]
by Medalog | 2013-01-07 18:17 | メダカ | Comments(0)