メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

舞台「だんだん」

NHKの朝ドラだった「だんだん」の舞台を見てきた。

私が今までで唯一見た朝ドラが、この「だんだん」だった。
子どもの頃からOL時代まで、朝ドラが始まる前に家を出ていたので見たことがなかったし、環境が変わってその時間に家に居るようになっても、見ようという発想にならなかった。でも「だんだん」は「マナカナが2度目の朝ドラヒロイン!」ということでちょっとニュースになり、そこで舞台が松江と京都、ヒロインが舞妓ということを知り、これは是非見なくっちゃ!という気になったのだった。

実際始まってみると結構トンデモ脚本というか、登場人物・特にヒロインめぐみの考え方に共感できずにいらっとしつつも、京都編の着物を見るのを楽しみに最後まで見てしまった。(マナもめぐみを演じるのが辛いんじゃないかと感じたなー)
で、次以降の朝ドラはまた見なくなっていたのだが。

せっかく大阪に来たのにコンサートとか行ってないし、漫才でも落語でもいいからなにか見に行きたいな〜とチケットぴあのHPを見ていたら、だんだんが舞台になることを知り、なんだか無性に見たくなったので、チケットを取ってしまった。
初の松竹座にドキドキしつつ、演目が歌舞伎じゃないから着物で臆することもないわと着物を着て出掛けた。

d0048332_9324550.gifきもの着用、今年34回目。

十日町紬に、カトレア柄の名古屋帯。この帯は重たいのが難だが、観劇なら座っているだけなので問題なし。厚みがある分お太鼓もしっかり作れるので、寄りかかっても崩れないので楽だった。

観劇に着物を着るときのコツとして、上前幅をやや多めに取ると長時間座っていても着崩れしないということをどこかで読んだので試してみたら、本当に裾がはだけなくて良かった。

写真は帰宅後に撮ったので、腰から下がシワシワ…後ろ姿も同じ。座るのに慣れている人は、長時間の観劇でもこんなにシワが寄らないんだろうな。そもそも観劇にはシワになりにくい着物を選べばいいのか。

おはしょりがすっきりびしっと決まらなくて残念。なかなかうまくいかないなあ。




舞台の感想というか雑記。多少ネタバレあり?

松江を中心に、芝居向けにテンポよく作られたストーリーだった。ただ京都の場面がほとんどなく、花むらの女将・藤村志保さんが出ていないのが寂しかった。お着物姿が見れたら嬉しかったのにな〜。

双子の父親・忠が結構クローズアップされていて、めぐみ・のぞみ・忠のトリプル主役と言ってもいいような。(しかし生で見る吉田栄作、カッコイイー。足長いー。顔小さいー。)
忠はドラマでは寡黙だったが、舞台では台詞も多いしコメディ演出もあるのでドラマと舞台で一番ギャップがある登場人物かも…。その他の登場人物にもそれぞれ見せ場があって良かった。

マナカナの演技は舞台向きかも。特にカナの決め台詞は、京ことばということもあってかテレビより舞台のほうが決まってた。カナは白塗りの舞妓姿から普段の着物姿、洋服と着替えが多くて大変だっただろうな〜。
石橋さんのクドい感じとタンバリンの人の大袈裟な演技も、舞台だとハマっていたな。
三林京子さんと石倉三郎さんはさすがの存在感。ボクシングの井岡弘樹が一瞬だけ出てきたのには笑った。このためだけに半日(2回公演なので)松竹座にスタンバイしているのかしら。亡祖父・宗助は服装がドラマのヘルン先生みたいで最初は分かりづらかった。なぜあの服装?

歌は数曲歌ったが、やっぱりテレビよりライブで聞くほうがいいなあ。前より上手くなってるかも。夢花の京舞も凛としていて綺麗だった。腕前は分からないけど。

ストーリーも登場人物も知っているお芝居なので、改めてすごく感動したということはないけれど、十分に楽しませてもらった。ドラマ後の舞台ということで、出演者同士の仲の良さが伝わってきたし。松竹座デビューも出来て嬉しかった。いつかは歌舞伎を見に行こう。

[PR]
Commented by amethyst at 2009-10-15 18:47 x
わ~着物で観劇にいかれたんですね。
クリーム地に雰囲気ある帯。なかなか素敵ですよ~
皺は何時間も座っていればどうしてもできちゃうと思いますが
何か良い対処があるのでしょうか?

さて、また観た内容がだんだん、だなんて!
私もそのシーズンはヘビーな内容だなと感じつつもずっとみてました。
Medalogさんと一緒で京都の場面が嬉しくって。
劇用に出演者を全て変えてはいないんですね。
生栄作さんみれてよかったですね。
私もどんな内容かちょっと観たくなります。

いつか歌舞伎にいくときご一緒できたら楽しいですね。
Commented by Medalog at 2009-10-15 19:18
amethystさんへ
amethystさんのブログにコメントを書いてきたら、
すれ違いでこちらにコメントいただいていて嬉しいです。

着物の座りジワは、きっとコツがあるんでしょうね〜。
あまり深く腰掛けないとか、手荷物をたくさん膝に乗せないとか?
今回は休憩時間に食べるパンやお茶、オペラグラスなど結構荷物が
多くなってしまい、全部を膝に抱えるように乗せていたのですが、
貴重品以外は紙袋にでも入れて座席下に置き、膝には軽いバッグだけにすれば
楽ちんだし着物にシワも付かなかったかな〜なんて反省しています。

だんだん、やっぱり朝ドラで見ていらっしゃいましたか?
着物が好きな人はついつい見てしまったドラマかもしれませんね〜。
配役はほぼ同じでしたが、石田ひかりが相田翔子に、鈴木砂羽が古村比呂に
変わっていました。でも上手くハマっていましたよ。
東京の公演はもう終わったようですが、もしamethystさんがご覧になっても
なかなか楽しめたのではないかと思います!

歌舞伎、いつかご一緒してくださいね。いろいろ教えていただきたいです。
Commented by まき at 2009-10-16 17:53 x
「だんだん」を観てこられたのですね!
舞台をやっていること、全然知りませんでした。。
朝ドラはこの頃めっきり観なくなりましたが
だんだんは時々観ていました。
ずっと観てもよかったのですが、私もイラっとくることがあって(笑)、
続けては観なかったんです。
マナカナちゃんのどちらかが、女優を続けるかどうかみたいなことを
NHKの番組でポロリと言っていましたが、舞台をやっているのなら
女優を続けるのでしょうね。
お着物でお出かけされるといろいろと大変そうですが、楽しそうですね♪
着て行かれた着物の組み合わせ、素敵ですね。帯締めの色が良いです。(^^)

メダカさんたちは、外のほうが大きく成長しているのですね。
だんだんと朝晩寒くなってきたので、うちでは成長するのが遅くなってきました。
なかなか大きくならない稚魚は、発泡スチロールに入れて家の中で育てています。
水も緑になったり、透明になったり、安定しないです〜。
とてもきれいに濁りのない鉢もあるのですけれど、水質が良いかどうかはわかりません…。

Commented by Medalog at 2009-10-16 21:18 x
まきさんへ
やっぱりイラッときましたか(笑)なんか登場人物たち、特にヒロインたちを素直に応援できないストーリーになっちゃってましたよねえ。
まだ「だんだん」が放映中の頃、めぐみを演じていたマナがNHKのトーク番組に出ていたのを見ましたが、表情がすごく暗くて…
ちょうどめぐみが進路をころころ変えている時期で、きっとこんなヒロインを演じるのが辛いのでは?なんて邪推しちゃいましたが、今は女優業に頑張っているんじゃないかなあ〜。

着物を着るのは楽しいです。でも正直なところ、洋服に比べて毎年の流行を気にしなくてすむのが私にとっては気楽でいいんですよね。
最近は洋服を買いにいっても「この服を3年後、5年後に着ても流行遅れにならないかしら…」なんて考えて、なかなか買えなくなってしまいました。歳ですね…

外飼いのメダカには寒い季節がやってきましたね。
私はこの冬初めてベランダで越冬させるので、どうなるかドキドキです。
水は、先日まで緑に濁っていたのがここ数日で急に澄んできました。ほんと、よくわからないです。
by Medalog | 2009-10-15 11:32 | 生活 | Comments(4)