タグ:観葉植物・花 ( 26 ) タグの人気記事

ウンベラータの剪定&植え替え・4週間後

5月1日にウンベラータの剪定をしてから4週間経過。

d0048332_8272570.jpgd0048332_8272818.jpg
左が先週(剪定から3週間)、右が4週間と数日。
この10日弱でいきなり成長した。



鉢植えの方は葉の数が10枚以上になり、ウンベラータらしいハリとツヤのある葉になってきた。
植え替えの時に伸びた根を3分の1ほどカットしてしまったのが少し心配だったけど、ここまでくればもう安心かな。



上下をカットして水に挿してある枝の方は、2本のうちの一つをさらにカットして大中小の3本になった。
たくさん増やしたい訳ではない。
大きな鉢をいくつも置く場所がないので、できるだけ小さくて形のいいものを一つだけ残したくて大中小の3パターンを作ってみたのだ。

d0048332_825319.jpgd0048332_8253366.jpg
切った枝の根も大分伸びてきた。
一週間前まではほとんど生えていなかったのに、一度伸び始めたら1日に5mmぐらいは伸びる気がする。

根がよく伸びた方の枝はそろそろ鉢植えにしても良さそうだが、上に書いたように大中小の3本から形のいいものを一つだけ残して鉢植えにしたいので、もうしばらくはこのまま水に挿して育てる予定。
根が腐らないように、水を毎日変えることだけ注意。
[PR]
by Medalog | 2015-06-02 08:43 | 生活 | Comments(0)

ウンベラータの剪定&植え替え・3週間後

5月1日にウンベラータの剪定をしてから3週間経過。

d0048332_8291098.jpg
鉢植え1本。
40cmほどにカットして花瓶に挿した茎が2本。

合計3本の葉を全て切り落として棒状にしておいたのだが、3週間経過してようやく葉が開いた。



d0048332_8311074.jpg
鉢植えのほうの葉。
まだまだ白菜の葉先のようなシワシワと柔らかい葉だ。

剪定するときに色々な方のブログを回って調べたのだが、7月に入ってから剪定したウンベラータは3週間も過ぎれば葉がわさわさ茂っていた。
今回は5月初旬に剪定したのでまだ気温が低い日もあり、観葉植物として楽しめる姿になるまでにはあと数週間かかりそう。



d0048332_8311316.jpgd0048332_8311696.jpg
上下をカットした茎のほう。

葉は順調に開き始めたが、根がなかなか出てこない。
根が出ないと鉢には植えられないのでまだまだ水に挿したままになる。
水だけでうまく根が出るのか、メネデール(いい名前!笑)などの成長を促進する薬剤を使うべきなのか迷うが、家にメネデールがないのでもう少し様子を見よう。
[PR]
by Medalog | 2015-05-22 08:54 | 生活 | Comments(2)

ウンベラータの剪定&植え替え・1週間後

5月1日にウンベラータの剪定&植え替えをしてから、ちょうど1週間が過ぎた。



d0048332_1262873.jpg
高さを切り詰め、根を一回り小さくして同じ鉢に植え直したウンベラータ。
現時点で2箇所から芽が出ている。
根元の方は3〜4年前の幹で白く硬くなっているので、そこからも新芽が出るのかどうかが気になるところ。

根の方も無事に安定したようなので、このままうまく成長してくれそう。



d0048332_1263287.jpg
50cmほどにカットされて葉も根もないただの棒だったウンベラータの茎2本。
こちらも2箇所づつ新芽が出ているのが確認できる。

d0048332_1263545.jpg
茎の下部は水につけているだけだが、白いポツポツが出てきたのでこのまま根が生えてくれるのだと思う。
気をつけるのは毎日水を替えることだけ。
手が掛からず丈夫で成長が早い。私のような園芸下手にもありがたい植物だ。



来週の今頃にはどこまで育っているのか楽しみ。
初の剪定なので、葉が茂るまで毎週記録していこうと思う。
[PR]
by Medalog | 2015-05-08 12:22 | 生活 | Comments(0)

はじめてのウンベラータ剪定

いつの間にか私の身長よりも高くなった観葉植物のウンベラータ。
鉢の底から根っこがはみ出しているのでそろそろ植え替えをしなくては、と思っていた矢先、なんと先端の新芽が枯れてしまった。
他の葉は青々と元気なので新芽の部分だけが悪くなったようだ。

先端が枯れたまま放って置く気にもなれず、思い切って剪定すると同時に植え替えも一気にやってしまうことにした。



d0048332_13132967.jpg剪定前。

d0048332_13133252.jpg剪定後。
たった一時間で丸坊主の貧相な姿に(笑)。

まっすぐ伸びていた幹をほぼ三等分にカットして、葉は水分の過剰な蒸発を防ぐために全部取ってしまった。
幹を短くして扱いやすくなってからパンパンに張った根を鉢から取り出し、根の三分の一ぐらいを切り落として改めて同じ鉢に植え直した。
これであと2年は植え替えの心配はいらないかな。



d0048332_13133644.jpg
ただの棒のようになってしまった2本の幹は水に挿しておけば芽も根も出るらしい。
このまま明るい窓辺に置いておけば、1〜2週間で新芽が確認できる…予定。

今まではほぼまっすぐにヒョロヒョロと伸びていたウンベラータだが、先端を切ったことで脇芽が出てくるので、どんな形に育っていくのか想像できないのが楽しい。

でも今回が初のウンベラータ剪定なので、こんな丸坊主にして本当に芽が出るのか少々不安はある。
はやく新芽を確認して安心したい!
毎日ウンベラータをチェックすることになりそうだ。



植え替えをしてみて私が感じた注意点としては、ウンベラータの幹を切った時に出てくる樹液が想像以上にベタベタだということ。
私はベランダに新聞紙を敷きつめて作業したので樹液が床に垂れるようなことはなかったが、剪定ばさみの刃に付いた樹液を落とすだけでも結構大変だった。
これから作業なさる方はくれぐれも樹液を床や服など、またウンベラータ自身や鉢などに付けてしまわないようにご注意ください。
[PR]
by Medalog | 2015-05-01 13:34 | 生活 | Comments(0)

今日のメダカ

d0048332_937082.jpg
今年も十数匹のメダカが無事に冬を越した。

去年はとうとう卵の採取ができずお友達から卵を分けていただいたので、今年は自前の卵で仲間を増やしたい。

いま睡蓮鉢に入っている水草は睡蓮だけ。
去年の今頃に植えたままなんの手入れもしていないが、冬には一枚も無くなった葉が今年もどんどん葉を出し始めている。

ただ睡蓮の葉には産卵してくれないのが問題。
卵を産みつけやすいのはやっぱりホテイ草の根っこだと思うのだけど、この睡蓮鉢のサイズで睡蓮とホテイ草を一緒に育てるのは厳しいかなあ?
あとひと月ぐらい悩んでみよう。



d0048332_937469.jpg d0048332_937726.jpg

左が約3週間前の4月上旬、右が今日。

奥の寄せ植え(無名ビオラ4株とチューリップ)。
この撮影のあとで左の写真に写っているチューリップを切り、オレンジのビオラもスカスカになってきたので切り戻しをした。
3週間後の現在は、写真には写っていないがオレンジの株がまた大きくなり始めて、オレンジの花も幾つか咲いている。
あと1ヶ月ぐらいはこんもりとした寄せ植えを楽しめそうだ。



手前の寄せ植え(ミルフル3株)。
期待したほど株が成長しない上に葉が弱ってきた感じだったので、左写真の時点ですでに丸刈りに切り戻しをしていた。
3週間後の現在も株の大きさはあまり変わらないが、切り戻しのおかげで根元に光と風が当たったのが良かったのか枯れかけて黄緑色だった葉の代わりに濃い緑色の元気な葉が生えてきて、しっかりした株になってきた。
蕾も付いていて、あと数日で咲きはじめると思う。

ただ、切り戻しの前には一番元気だった黄色いミルフル(右下の株)がここ数日でみるみる萎れてきたのが意外だ。
根腐れしたのかな?
そろそろシーズンが終わるのでこのまま見守るしかないが、もう一度新芽を出してくれることを期待。
[PR]
by Medalog | 2015-04-27 09:57 | メダカ | Comments(2)

チューリップが咲いたけど

昨秋にビオラとチューリップの寄せ植えを作った。

春になり、いよいよチューリップの芽が出て蕾がついた。
花が咲いたらどんなに可愛い寄せ植えになるだろうと期待していたら。

d0048332_894735.jpg
思ってたのと違う!
チューリップ暴れまくり!

倒れたチューリップを手で立たせると、右3本は真っ直ぐに治ったのだが左の2本は倒れたままだったのでカットして室内に飾ることにした。

d0048332_884483.jpg
2本カットした後。

これだとバランスがいいかな。

色合わせはあれこれ欲張りすぎた感じもするけれど、うちのベランダは狭くて何個も鉢を置けないので、一つの鉢でいろんな色を楽しんでいる。
ちなみにカットしてダイニングに飾ったチューリップは、たった30分ほどで花が平らになるほど開いてしまいそのまま処分となってしまった。
とても寒い日だったので、おそらく室内との温度がありすぎて花が一気に開いてしまったのだと思う。
チューリップを室内に飾るなら、外が暖かい日にするかまだ蕾のものを選んだほうがいいのかも。


d0048332_885061.jpg
寄せ植えはもう一鉢、こちらはビオラの「ミルフル」だけを3色植えたもの(手前)。

花殻をこまめに摘んでいるのに思ったほどにはこんもり咲かないな、と思っていたら、3株のうちの1株の根っこがカビっぽくなっているのを発見。
水をたっぷり与えた後に寒くて天気の悪い日が続いてしまったせいだろうか。

根の部分に光と風を当てるため、思い切って切り戻しをしてしまった。
最初はカビっぽかった一株だけだったのに、刈り始めてみたらハサミが止まらず、結局3株とも丸坊主に。

この時期に切り戻しをするのがいいのか悪いのかわからないのだが、うまくいけばゴールデンウィークの頃には今まで以上にこんもりと咲いてくれるかな。
[PR]
by Medalog | 2015-04-09 08:34 | 生活 | Comments(2)

ビオラ3週間目

ビオラの苗を植えて摘芯してからおよそ3週間経過。
今後のために記録を残してみる。



ミルフル。

d0048332_9261058.jpgd0048332_9261341.jpg
左が植えた当時、右がおよそ3週間後。
期待していたほどには株が大きくならなかったが、植えたときより葉がミッシリと茂っていて横よりも縦方向に株が育った感じ。
新しく花も咲き始めた。

ミルフルは摘芯しなくてもよく茂るらしいのでこのミッシリは摘芯のおかげではないのかもしれないが…



ノーブランドのビオラ。

d0048332_9261631.jpgd0048332_9261933.jpg
ミルフルより数日あとで植えたのだが、こちらのほうが株の成長が感じられるし花も早く咲き始めた。
ひとくちにノーブランドと言っても種類が違うようで、右上の赤い花をつけた株は葉が丸くて小さく株の成長も遅い。

寄せ植えの場合は同じ種類のものを合わせたほうが綺麗なのか、違う種類が面白いのか?
春先にどうなっているのか楽しみだ。



ビオラの育てたかを調べていたら、植えた時に一度摘芯をすればいいという意見や、株を大きくするために今の季節は花を咲かせないようつぼみを摘み取るという意見があった。

自分はどうすればいいのか迷ったが今年は初の摘芯なので、植えたときの摘芯1回だけで春にどれだけ株が育ち花が咲くのか試すことにした。
だから今後のお手入れは花殻摘みと月に3回程度の液肥だけで、この冬を越してみる。
[PR]
by Medalog | 2014-11-07 09:46 | 生活 | Comments(4)

ビオラとチューリップの寄せ植え

今まであまり挑戦したことのないチューリップの球根も植えてみたくなり、ビオラと寄せ植えにした。



d0048332_936129.jpg以前室内水槽の底に敷いていた砂利。
使わなくなって処分に困っていたので底石に使用した。

ネットに入れておけば植え替えの時に扱いが楽らしいので、キッチンシンクの排水口用のネットに入れてみた。

d0048332_9362859.jpg土、マグァンプ、土と重ねた上にチューリップの球根を5つ仕込んで、更に土を被せる。

d0048332_9362470.jpgそのうえにノーブランドのビオラを4株。

下に埋めたチューリップの球根と重ならないようにビオラを植えたつもりなのだが、これで大丈夫なのかしら。

d0048332_936637.jpg2日ほど花を楽しんでから、摘芯。

摘芯は今年が初挑戦。
どこまで刈り込んでいいのかわからないのでドキドキだが、自分なりに思い切ってはさみを入れてみた。

d0048332_9355414.jpg摘んだ花は水に浮かべて、数日間は楽しめる。

先日水に浮かべたミルフルと比べると雰囲気がかなり違うが、こちらの花も好きだな。




d0048332_9354691.jpgd0048332_955526.jpg
先週摘芯をしたミルフル(左)と、一週間後の状態(右)を比べてみる。

まだ全然変わらないな。
肉眼で見ても、摘芯したところからまだ新芽は確認できない。

ひと月も経てばこんもりと葉が茂り、その後花がたくさん咲く予定なのだが、どうなることか楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2014-10-21 10:11 | 生活 | Comments(2)

ビオラ植えてみた

転居後2年近く、メダカの世話以外は何もせず放置していた狭いベランダ。
ようやく花を少々楽しみたいという気持ちができたので、花を探しにホームセンターへ出掛けた。

d0048332_13551843.jpg
ミルフル、という種類のビオラを3株購入。
花びらがフリル状になっている華やかな品種で一般的なビオラより少々高いが、半年以上花を楽しめるのだからまあいいか。

この品種は一般のビオラよりよく茂るので摘芯や切り戻しは不要ということだが、せっかくお高めの品種を買ったのでたくさん茂ってほしい!と思い早速摘芯してみた。



d0048332_13552536.jpg
実はビオラの摘芯をするのはこれが初めて。
今までは知識はあったのに花を切るのがもったいなくて買った株のまま育てていたので、春になるとひょろっと伸びた花が重くて倒れてしまい、根本が見える貧相な状態になってしまっていた。
そこで今年は植えると同時にはさみを入れてみた。

刈り込んだあとで、植えたその日に摘芯をしてよかったのかな?数日待ったほうがよかったのかな?と不安になってしまったが、切ってしまったものは仕方がない。
あとはモコモコに成長してくれることの祈るのみだ。



d0048332_13553141.jpg
摘み取ってしまった花は、とても綺麗なので水に浮かべてみた。
こんな綺麗な花がたくさん咲いてくれたら、冬場から春先のベランダに出るのが楽しくなるだろうなあ。
はやく新しい葉や花がたくさん出てくれますように!
[PR]
by Medalog | 2014-10-14 14:17 | 生活 | Comments(2)

徒長気味?のウンベラータ

ベランダを片付けて花を植えよう!
チューリップとビオラの寄せ植えにしよう!

…と思い立ち、さっそく自転車を漕いでホームセンターに行ったのはいいが、ビオラの苗がまだ少なくてガッカリ。
帰宅後に調べてみたらビオラもチューリップも9月後半では少々早いようだ。
(買いに行く前に調べるべきだった)



でも手ぶらで帰ってくるのは癪だったので、他の花を買ってきた。

d0048332_842318.jpg
茶色い指の持ち主である私でも元気に育てられる、頼りになる花。
ガーデンシクラメン!

この花もまだ出回り始めたばかりで、まだ少々お高めかな?と思いつつ買ってしまった。
鮮やかなオペラピンクがお気に入り。
たった2株なのに、これだけでベランダが明るくなるのが嬉しいな。





室内には、3年前から育てているウンベラータがある。

d0048332_8422493.jpg   d0048332_8422893.jpg
左の写真は、水が切れて葉が下を向いてしまった状態。
私は根腐れが怖いのでつい水を控えめにしてしまうが、今回は一番上の若い葉まで下を向いてしまったので、慌ててベランダに出して土にも葉にもたっぷりの水を与えてみた。

すると半日で、右の状態まで復活!
ウンベラータもガーデンシクラメン同様に育てやすくて助かっている。



この木は春先には私の胸の高さしかなかったのに、半年でぐいぐい伸びてとうとう私の身長を超してしまった。
天井に着くにはまだ余裕があるが、樹形が今ひとつ気に入らないのがちょっとした悩み。
理想の形はヤシの木のように上部で葉がわさわさと茂っている状態なのに、我が家の木は幹の全体に葉がばらけてしまって、まるで海ブドウ…。

徒長気味で葉と葉の間隔が広いせいかな。
家の中で一番日のあたりがいい場所においているのだが、やはり室内ということで日光が足りないのか、もしくは栄養が足りないのか?
そういえば夏以降は液肥を与えてないわ…

来春の剪定の時期になったら思い切ってはさみを入れて、自分好みの形になるように剪定してみよう。
[PR]
by Medalog | 2014-10-01 09:15 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る