タグ:木綿・ウール ( 24 ) タグの人気記事

義母のウール着物にお別れを

先週末、義母の七回忌の法要を済ませた。

義母には、義父をずっと見守っていてくださいねと改めてお願いした。
そしてもうひとつ、義母の持ち物であったウールの着物を処分させてもらいますね、という報告も。



義父によると、義母は生前に、着物は息子の妻である私に全て譲りたい、他の親戚には譲りたくないと言っていたそうで、その結果として礼装からウールまでたくさんの着物が我が家に運び込まれた。

寸法や保存状態からしてそのまま着られる着物はなかった。
正絹の着物のうち数枚はシミ抜きや色掛け、洗い張りと仕立て直しなどをした上でありがたく着させてもらっている。

しかし、ウールの着物はどうしても着る機会がない。
自宅では着物を着ないので元々ウール着物に馴染みがなく、義母のお下がりをもらってから6年たっても自宅でウール着物を着る気にはならなかった。
それでも今まで手元に置いていたのは、ウールとはいえ着物なので洋服以上に処分することに抵抗があったし、また着物を解けば一枚の布になるので、なにかに繰り回せるのではないかという思いがあったから。

でもこの6年間一度も着ることがなく、繰り回す方法も思いつかなかったウールの着物たち。
我が家には押入れがないためダンボールに詰めたまま洋室の床に置いてある状態で、いつかはなんとかしなければならないと思いつつ踏ん切りがつかなかったのを、今回思い切ることにした。

念のため法要に集まった親戚一同に、義母のウール着物が欲しい方はいらっしゃいますか?と聞いてみたが、着物好きの人でもウールは着る機会がないということだったので決心がついた。



そしてこうやってブログに書くことで、さらに自分の背中を押しているのです。
決心がついたと言っても、まだ少々迷いがあるのかも。
そんな私の心の中のささやかな葛藤について、読んでくださってありがとうございました。
[PR]
by Medalog | 2015-11-04 11:10 | きもの | Comments(6)

ウール着物をガウンに

お下がりのウール着物。
10枚以上あるのだがどれも寸法がかなり小さく、また虫食いなどもあって、着物として着る機会はまずないだろうと思うので、その中の一枚にちょっと手を加えてガウンを作ってみた。

d0048332_131944.gifといっても、袖の部分を舟形に切って縫い直し、袖と身頃を縫い付けて開きをなくしただけ。

裾はおはしょりが取れるかどうかの微妙な丈だが、対丈にせずそのまま残した。

立って動く時は軽くはしょって着物と同じ丈に。
また、テレビを見たり縫い物をしたりと座ったまましばらく動かない時は、長いまま巻き付けておけば足首が寒くない。

私の場合、冷えは足首から来てしまう。
温かいモコモコ靴下などを履いていても、足首だけが自分の体の一部とは思えないほどキンキンに冷えてしまい、つい暖房を付けてしまうのがいつものパターンなのだ。(なぜか爪先は足首ほどは冷えない)
だから座った時にも足首をしっかり覆ってくれる丈が欲しかったのだ。

実際に着て動いてみる。
なにしろ温かいのが嬉しい。
袖の形は日頃愛用している半纏と同じ形にしたので、さばきやすく家事にも向いていそう。
腰紐でおはしょりを作って胸紐は締めない状態でも、ウールは滑りが悪いので衿がはだけることもなく、そのままでも十分家事ができる。
洗濯物を干す時など手を高く挙げても、胸紐がないので動きが非常に楽ちんだ。
(揚げ物や炒め物をする時は、引っ掛けたら大変なのでエプロンなどでガードしたほうがよさそうだが)

もちろん自宅でガンガン洗えるし、裾が擦り切れたらカットしてミシンでガーッと縫い直せばいいだけだし。
ふとした思いつきで作ったものだが、意外と役に立ちそうでちょっと嬉しい。
これで暖房を付ける時間が減れば、電気代の節約になるんだけど…
どうかなあ???
[PR]
by Medalog | 2010-12-07 13:21 | きもの | Comments(8)

ウールの着物

義母のお下がり着物の中に、ウール(と思われるもの)が10枚ほどあった。
私はウール着物を持っていないので、興味半分、着心地や手入れの不安が半分という状態。
譲られたまま洗いもせず、防虫剤をたくさん入れて収納しておいたのだが、寒くなってきたのでちょっと引っ張り出してみた。

ネットのQ&Aなどで「着物を譲られたのですが、正絹なのかウールなのかわかりません。どうすればわかりますか」という質問を見たことがあるが、今までは「正絹とウールの区別がつかないってことはないだろう」と思っていた。
しかし、実際に正絹着物とウール着物が混ざった状態でどっさり目の前にあると、自信を持って判断できるのは正絹の着物が数枚のみ。
残りの着物はウールではあるのだろうが、ウール100%なのか、ウールと他の素材の混紡の糸なのか?混紡だとしたら、シルク混なのか化繊混なのか?
また、がっちりしっかりしていながらチクチクする着物があり、それは紬なのかウールなのか未だにわからない。


d0048332_1431622.gifその中で「これはウール100%だ」と断言できる着物が一枚だけあったので、洗ってみることに。

なぜわかるのかというと、袖の中の布地のミミに「ALL WOOL」と織り込まれていたのだ。

裄も袖丈も身丈も全部短い上に、小さい虫食いが数カ所。
布地はしっかりしているのだが縫い糸が弱っているようで、あちこちがほつれてしまっている。
これは外出着には無理だけど、家で着るにも小さいかなあ?と思いつつ羽織ってみると…

おお、暖かい!
ふんわり優しいウールの感触が足首まで包んでくれて、想像以上に着心地がいい。

これは、着物ではなくガウンとして着たらいいんじゃないかしら?
丈が短くおはしょりがほとんど取れないので、裾を少し上げれば対丈になる。
半分取れかかった袖は、適当に切って縫って筒袖にしてしまえばさらに暖かく、また家事の邪魔にもならない。
裾と袖を切った余り布で腰紐を作れば、結構簡単にガウンができそう!
冷えが気になる足首まで覆ってくれるので、暖房費節約に役に立つかも!



・・・なんて思い付いてしまったけれど、実現するかしら(笑)
昨日洗った正絹襦袢の袖丈も出さないといけないし、自分で仕立てないとならない八寸帯もあるし。
結局どれもやらずに終わった、なんてことのないように、できることから頑張ろう。
[PR]
by Medalog | 2010-11-30 14:34 | きもの | Comments(2)

義母の着物を整理・ウール着物

前回の続き…



<2>ウール長着

正確には「正絹ではない(と思われる)着物」である。
風合いからすると多分ウールではあるのだろうが、ウールと他の繊維の交織かもしれないし、糸自体が混紡かもしれないし。
それに手触りも様々だ。ふんわりやわらかいものや、シャリ感と張りのあるもの。ぼってりと厚みのあるものや、ものすごく軽くて薄いもの…。

ウール着物は私にとっては未知の世界。
洋服ではかなり親しんでいるはずの素材なのに、着物に仕立てられているというだけで、まるで初めて出会う素材のような気がするのはなんとも不思議だ。



とりあえず寸法を測りつつ着物の状態をチェックして、袷・単・サマーウールの3種類に分けてみた。虫食いと汚れがひどく着られないものを1枚処分し、残ったのは袷4、単4、サマーウール2の10枚。

これらも寸法が小さく、いくらウールが普段着とはいえ裄を出さないと着られない状態だ。ただ、裄出しはできるだけ自分でしてみるつもりなので(袷はできるかどうか不安だけど)、その部分でお金が掛かる心配は今のところなさそう。



これから温度や湿度が上がってくるとなかなかウールを触る気にはなれないと思うし、あれこれ迷っている間に虫に卵でも産みつけられたら嫌なので、とりあえずはクリアケースに仕舞うことにする。

収納の前に、一度全部をさっぱり洗いたい気もするのだが、単のウールとサマーウールは自宅で洗える(と思う)し、近所のクリーニング店でも1枚1260円で洗えるそうだが、袷のウールって洗濯はどうするんだろうか?

何度かお世話になっている洗い張り店に出せば安心なのだが、丸洗いで4〜5000円らしいし、近所のクリーニング店は「専門業者に出すので高くなるが、値段はその都度変わってくる」ということなので、品質がわからないうえに値段もそこそこ掛かりそう。

ネットで検索すると、ドライ用の機械があるコインランドリーもあるらしい。そこで普段着物(正絹も)を洗っているという方もいるようなので興味があるが、ネットでは自宅近くの店は検索できなかった。
自転車で行ける範囲にドライのコインランドリーがあれば、一度は試してみたいのだけど。今まで近所を歩いてもコインランドリーなど眼中になかったのだが、これからは目を光らせて歩かなくちゃ。

あとは、これもまだ試したことはないのだが「1kgでいくら」という方法で着物の洗いを受け付けているところがあるそうなので、そこへ送ってみるか…。



d0048332_1084380.jpg洗いについては答えが出ないまま、クリアケースに収納して防虫剤をたんまりと入れる。<4>その他、に分類した浴衣も一緒に。

家で使っていたクリアケース2個に収まってくれてよかったのだが、今度はクリアケースに入っていた我が家の荷物が溢れてしまって大変なことに(笑)。
でもウール着物を虫から守るのが今は最優先!

ウール類は、多分秋まで仕舞ったままになると思う。
ただサマーウールは今が着る季節だと思うので、気が向いたら裄出しをしてみようかな。
[PR]
by Medalog | 2010-05-11 07:46 | きもの | Comments(2)

義母が遺した着物たち

夫の実家から、義母が遺した着物を持って帰ってきた。

一人暮らしになった義父が「着物の手入れは自分にはできない。カビや虫食いが怖いので全部持って帰って欲しい」と言う。

d0048332_1120549.gif
長着・上着類・浴衣に義父のウールアンサンブルなど20〜30枚はある。
一度に持ち帰るのは2LDKの我が家にはちょっと多過ぎるのだが、義父の気持ちもよくわかる(私も着物を着るようになっていなければ同じように考えるかも)。

そこで桐箪笥に収まっている黒留袖と喪服・それぞれの帯だけは残し、黄変が激しかった長襦袢や一部の着物はその場で処分して、それ以外は着物ケースごと持ち帰ってきた。
我が家の四畳半の和室は、もうキツキツだ。

素材はウール、正絹、そして私では見分けがつかないものが混在している。
傷み具合、汚れ具合も様々だ。
ただ一つはっきりしていることは、義母は小柄だったので着物の寸法も小さく、お直しをせずに着られるものは一枚もないということ。
着るためには必ずなんらかの手を加えなければ無理なのだ。


まずそれぞれの素材をできるだけ特定し、傷み具合や色柄の好みなどを考え合わせて手の入れ方を決めなくてはならない。

洗い張りに出して仕立て替えをするのか、丸洗いもしくは自宅で洗濯をして裄だけを出すのか?
裄出しはプロにお願いするのか、自分でするのか?
もしくは何の手も加えずに仕舞っておくか、諦めて処分するのか、着物以外にリメイクするのか?
このあたりを、梅雨に入る前にある程度は見極めたい。

私が義母の着物姿を見たのはただ一度、私たちの結婚式のときの黒留袖姿だけなので、持ち帰った着物のあれこれを見ても正直なところ義母の顔が浮かんでくるわけではない。
ただ、特に女紋の付いた着物を見ると、これらの着物を持って京都から横浜へ嫁いだ義母と、着物を誂えて義母の嫁入りを見送った義母の家族の思いがぎっしりと詰まっているようで感慨深く、一枚でも多くの着物を着られるように頑張ろうと思う。

…しかしこれだけの着物を自宅で管理するには、部屋の大掛かりな模様替えが必要になりそうだ。そちらも頑張らなくては。



d0048332_11201815.gif
早速手をつけたのは、浴衣。

右の三枚は義父のものだと思うのだが、左の一枚は男物か、女物か?柄としては女っぽいけど。
寸法は他の三枚と同じで、私が着るとくるぶしが隠れるぐらいの対丈になる。
どちらにしろ、黄ばみや汚れがあるし生地もよれよれなので、浴衣として着ることはまずなさそうだが…。

糊が効いているのと、衿を中心にシミがあるのでとりあえず洗濯する。
そのまま仕舞っておいてもさほどかさばることもないし、解体すれば手ぬぐい・ふきん・雑巾と必ず役に立つものなので、よく乾かしたら他の着物の始末が終わるまで仕舞っておくことにする。
(解体しても、思い出として手ぬぐい一本ずつはずっと取っておきたいな)



これからしばらく、これらの着物の始末について記録がてら書いていこうと思う。
うまく繰り回しができるよう、頑張ります。
[PR]
by Medalog | 2010-05-06 11:37 | きもの | Comments(10)

カウントダウン・あと1回

きもの着用、今年49回目。無理やりだけど。
50回着用まで、あと1回に。

d0048332_16161725.gif一度やってみたかった!
ハイネックシャツの上に木綿着物。

襦袢を着ないので衿芯はなし。
半幅帯には帯板もなし。
着物には腰紐はするが胸紐はなし。
裾よけ替わりに薄手のスウェットパンツ。

そこまでして着物を着る意味があるか?と言われると…これがなかなかいい感じ。
省略できるところは全部しているのでとにかく楽ちんだし、衿口・袖口・足首が締まっているので、すごく暖かい。
大掃除は無理だけど、普段の家事なら問題ない(私の場合)。
さすがに家の中専用で、外出はできないけど…


ところで、半幅帯が途中からズレているように見える、という方。
眼の錯覚でもなければ、写真データがおかしいのでもありません。

かなり前にこの半幅帯を自作した時、短い布を継ぎ合わせて作ったのだが、その継ぎ方が適当だったのでこんなことになってしまったのだ。
帯結びを工夫すれば見えなくなるかもしれないが、もう今日はこのままでいいや。


今年もあと80時間ほどになったけれど、あと1回着物に袖を通せるかなー。
今日と同じく「着るだけ」になってしまいそうだけど、とにかく達成しよう。
くだらない目標でも、やっぱり達成したほうが気持ち良いもんね。
[PR]
by Medalog | 2009-12-28 16:29 | きもの | Comments(4)

カウントダウン・あと4回

きもの着用、今年46回目。
50回着用まで、あと4回に。
数時間だけとはいえ、週に3回も着物を着てしまった。
もう何のために着ているのやら。


d0048332_18251853.gif片貝木綿に、博多半幅帯。

d0048332_18252833.gif数日前に貝の口を結んだときは本を見ながらだったが、さすがに今日は何も見ずに結べた。結び方が数日前と左右逆になってる気がするけど気にしない!

しかし、名古屋帯のときは後ろのおはしょりはお太鼓で隠れるので適当でOKだが、半幅帯のときは後ろのおはしょりも丸見えなので適当が通用しないなあ。この写真でも、後ろのおはしょりがちょっと汚いのがバレますね。

d0048332_18253933.gif今日のテーマは、「透け感が限りなく少ないシースルーコートは冬でも通用するか?」

小雨の中、コートを着て出掛けた感想。

透け感・・・
雨のときは当然日射しがないので、ほぼ感じない。

防寒・・・
今日は風もなく、あまり寒くなかったのでちょうど良かったが、冬に入ってもっと天候が悪い日などはこれ一枚では寒そうだ。

逆に、本来の着用時期である6〜9月には暑くて着れなさそう…。
梅雨の日にも着物を着たくて買ったコートなのになー。残念。

コートの下に羽織を着られるか試してみたら、あまり余裕はないが普通に着ることができた。
結局、アップルコートあたりとほぼ同じような使いかたができそうだ。
というか、そのように使ってしまおう。
[PR]
by Medalog | 2009-12-11 18:47 | きもの | Comments(2)

カウントダウン・あと6回

きもの着用、今年44回目。
50回着用まで、あと6回に。

…あと6回って、この師走に厳しいなあ。秋にもっとたくさん着ればよかった。


d0048332_16384335.gifピンクの片貝木綿に、椿柄の八寸帯。
色が綺麗で可愛い組み合わせ。着物も帯も軽いから着心地抜群。

d0048332_16385352.gif帯がお太鼓柄でなく六通柄なので、角だし風に挑戦してみた。

帯の長さが足りないのか、自分の技術が足りないのか(多分後者)、形が綺麗に作れない。

角だし風の結び方は、仕上がりの形も帯の締め心地も好きなので、練習してうまく結べるものなら結べるようになりたいなあ。

d0048332_1639369.gif羽織を合わせてみる。

色合わせとしては好きだけど(手持ちの着物の中で、この羽織に一番合う色かも?)、質感がどうにも合わない感じがする。
木綿のホックリ感が、羽織の中で浮いているような…

木綿着物には、ウールのストールでも巻くほうがお似合いのようだ。
木綿はあまり遠くへ着て行く着物じゃないから、それで十分だよね。
[PR]
by Medalog | 2009-12-08 16:50 | きもの | Comments(4)

カウントダウン・あと7回

きもの着用、今年43回目。
50回着用まで、あと7回に。

d0048332_1956227.gif松阪木綿に、型小紋染めの半幅帯。
模様は室町はさみ。

d0048332_2001053.jpg半幅帯の裏は、綺麗なピンクの菊菱模様。

d0048332_19561383.gif貝の口の結び方をすっかり忘れ、着付けの本を引っ張りだす。

貝の口ぐらい、いい加減覚えないと…。

d0048332_2084411.gif木綿着物に羽織を合わせたらいかがなものか?ということで、はじめて合わせてみる。

まあ、どうということもないような。帯の色は裏面のピンクのほうが、明るくなって向いているかも?

この木綿は、長時間着ているとお尻や膝がぽこっと出てきてしまうので、それをカバーするには羽織は都合がいいかも。ピンクの片貝木綿も、今度試してみよう。

d0048332_20182859.gif髪が伸びてきたので、アップスタイルに挑戦中。
さりげなく、でも崩れることのない普段着用のアップを練習しているけれど、なんせ頭の後ろのことなので難しい。

ぎゅーっとひっつめ風味になってしまったり、ふんわりまとめられたと思ったら外出中にぱらぱらほどけてきたり…

ムースやヘアスプレーにはじめてのかんざし(写真)も買ったので、もっと練習してカッコイイアップスタイルを目指そう。
[PR]
by Medalog | 2009-12-03 20:25 | Comments(4)

洋服と着物、着物と洋服

d0048332_17231845.jpgきもの着用、今年41回目。
松阪木綿にきれいなピンクの半幅帯。

4年前に購入した松阪木綿は、まだ藍の香りがする。当時は濃紺の着物はジーンズ感覚で着やすそうに見えて買ったのだけれど、この着物は着る度に「難しいなあ」と悩んでしまう。

3枚持っている濃紺の着物の中でもこの木綿は一番色が濃くて暗い。ざっくりした織りでつやもない。縞なので「粋」な着方をしたいのに、なぜかいつも「野良着」っぽい着こなしに…。(家の中ではあまり化粧をしないので、悪いのは自分の顔かな?とも思うけど)

今回はクリーム色の半衿とピンクの帯を合わせて、色味をむりやり明るくした。ジーンズは腰から下に履くのに対して、着物は全身を包み顔写りに直接影響するので、洋服と着物をまったく同じ好みで着るのは簡単そうで難しいものですよね。

とりあえず、次回にこの木綿を着る時には化粧とヘアアレンジにもちょっとは気を配ることにしよう。



洋服と着物の着こなしは同じではない、と言いつつ、お互いに良いほうに影響されることももちろんあると思う。

私は着物姿も大概地味だが、洋服もかなり地味。箪笥や靴箱を開けても、夫の引き出しの色味と自分の引き出しの色味がほとんど変わらない。どちらも白〜黒のモノトーン、茶、紺がベースで、私のほうには多少明るい色もあるが、基本的にはコートから靴まで地味な色のオンパレードで、我ながら辛気くさい気持ちになる。でもいざ買い物をする時には、どうしても無難な色ばかり選んでしまう。冒険できないのだ。

だから着物を着るときも最初は長着から小物まで地味な色ばかり選んでいたけれど、少しずつ着物ならではの差し色の楽しさが少しわかるようになった。最近買う小物類は、いままでの暗さを取り戻すかのように明るい色のものが多い。ただ明るすぎて突拍子もない組み合わせになったりするけど、それでもなんだか楽しい。



さて、今年はダウンジャケットが欲しくて、先日買いにいった。いつも通りにベージュやブラウン、カーキあたりを試着していたが、ふと見つけた赤いパーカー。

d0048332_17232964.jpg今までなら試着すらしない色。
しかも面積の広いアウターとしては、まずありえないと思っていた。

でも何故か今年は、とても惹かれるものがあった。
ちょっと羽織ってみると、その日着ていた地味やインナーやスカートとの相性が意外にいいし、ベージュよりも顔映りが良い。
その他に自分が持っているニットやパンツ類を思い浮かべると、もちろんどれも地味。でもこのパーカーがそれらの服を引き立ててくれそう…

着物で差し色を使うようになったので、洋服にも明るい色を取り入れてみようという感覚が出てきたのかなと思いつつ、多分大人になってから初めてモノトーンと茶以外のアウターを買った。
明るい色を着るときのウキウキした気持ちは、着物ではあるけれど洋服では本当に久しぶり。これは間違いなく着物のおかげ!これから洋服や靴を買うのが楽しくなりそうで嬉しい。(でも着物と洋服の予算の取り合いになるわぁ…)



ところで、久しぶりに着てみたダウンが薄くて軽くて暖かいことに衝撃をうけた。衝撃のあまり、購入予定のなかった夫にも試着させ、羽織った夫も衝撃を受けてしまい、ふたり一緒に買ってしまったほど。
以前風子さんが、やはり久しぶりに羽毛のシュラフ(寝袋)を買ったら昔よりコンパクトになっていて驚いたとブログに書いていらしたのを読んで「技術の進歩ってすごいわあ」なんて思っていたのだが、その驚きを自分でも体感することに…。いやー本当に軽くて、着ていることを忘れそう。
見た目は薄いから秋から着てもおかしくないし、もちろん真冬もOKの優れものだ。最近は肩こりがひどいし、もう重たい昔のコートは着れないかも…
[PR]
by Medalog | 2009-11-23 18:23 | きもの | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る