タグ:履き物 ( 21 ) タグの人気記事

桜・・・その2(キモノで京都/準備編)

着物を着て、京都の桜を見てきました。

・・・なんていうと、まるで自分のことじゃないようなオシャレな感じだ。
でも実際は、結構大変な1日だったので、キモノ素人の旅行顛末記を。



友人からこの日帰りバスツアーの誘いがあったのが、3日前。
最初は私はこのツアーに参加する予定はなかった。
着物好きの友人4人が着物で京都へ花見に行くことを一週間ほど前に聞いた時は「私もいつかは着物で行ってみたいなぁ」と他人事として聞いていた。

ところが3日前になって、その中の一人が急に参加できなくなり、いきなり私にお誘いが。
悪く言えば穴埋め要員なわけだが誘ってくれた友人もその点は気を使ってくれたし、第一「着物で京都」という響きが私にとってはあまりにも魅惑的だったので「行く行く〜!」と、まさに二つ返事で受けてしまったのだ。

電話を切ってから、冷静に考えた。
参加するのはいいけれど、自分の持っている着物ときたら化繊の「洗える着物」が2枚に半幅帯が1本。
なんともお粗末・・・
(来月には着物と帯が仕立て上がってくるのだけど)
しかも当日の天気を調べてみたら、全国的に雨らしい。

着物用コートなんてもちろん持っていないが、着物は「洗える着物」だから、まあ大丈夫だろう。
問題は足元だ。
草履に足袋では、どう考えてもびしょぬれになりそう。
きっと「草履カバー」のようなものがあるはず、と近所の呉服チェーン店に行ってみた。

店員さんが見せてくれた草履カバーは2種類で、底が平らなタイプと、下駄のように低めの歯がついているタイプ。
店員さんのおすすめは下駄タイプで「高さが出るので多少の水たまりがあっても歩けますから」とのこと。
歯がついている分若干値段が高いのと、歩きにくそうという不安もあったがおすすめに従って下駄タイプを購入。¥2,100。

d0048332_10303626.jpg
これが草履にカバーをつけた状態。
草履の側面とつま先部分を覆うタイプで、鼻緒に固定して使う。

これが、非常に良かった。
多少の雨なら全然濡れないし、鼻緒に固定されているのでずれる心配もない。
下駄の刃がついているから多少足元が悪くても平気だし、草履初心者の私でも歩き辛かったり泥はねしたりすることもなかった。
これがなければ、雨の中の散策はもっと辛いものになったことだろう。
「買ってよかった」と心から思えた一品になった。



雨対策は一応済んだものの、もう一つ気になっていたのが「帯」。
私は半幅帯しか持っていない。
帯の結び方はどうしよう?

文庫結びのようにボリュームが出る結び方だと、長時間バスに座った時につぶれてしまうし、座り心地も悪そう。
バスに乗る時だけ結びを前に回すというのも現実的じゃないし。
かといって貝の口のようにボリュームのない結び方だとお尻のラインが丸見えになるし、後ろ姿が寂しくなりそうだし。
友人から名古屋帯を借りたら、汚してしまうかもしれないし・・・。

そんなことを考えながら、上記の草履カバーを買いにいった。
商品を包んでもらいながらなんとなく店内を見渡すと、目に飛び込んできたのは、なんと「洗える帯」。
京袋帯タイプで、値段も仕立て上がりで¥7,000〜¥20,000前後のお手頃さ。
思わず商品を手に取った私に、すかさず店員さんが近づいてきて商品を広げてくれる。

絹ものの帯と比べてしまえばそれまでだけど、手持ちの「洗える着物」とあわせて普段使いするのには十分な質感だ。
色や柄も着回しのききそうなものが多く、気がつけば本気で品選び。
そして十数分後「洗える帯」を一本衝動買いしてしまったのだった。¥7,350。

帰宅して、早速衣装合わせ。
着物と帯の色が合うかどうか心配だったが、無難な色同士なので問題なし(と思う)。
帯締めと帯揚げは家にあるもので間に合わせるしかなかった。



d0048332_1140464.jpg
そんなこんなでバタバタと出来上がったコーディネート。
(なんだか襟のところの縫製がつれている!?仕立て上がりを安く買ったのだけれど、この写真を見るまで気付かなかった)

金額の話ばかりでアレだけど、着物や帯から襦袢・草履までトータルで3万円前後。
洋服の時より安いかも。
バッグは着物用がないので、普段使いの革製のバッグを使うことに。


当日は朝早いので、忘れ物がないように必要なものを全部バッグにつめて準備完了。
いつもなら、行き先の情報をあれこれ下調べしておくのが楽しみなのだが、今回は急なお誘いの上に参加メンバーもそれぞれ忙しくしているらしく、当日まで京都のどこに行くのかわからぬままなのが、ちょっと不安・・・。

[PR]
by Medalog | 2006-04-13 12:15 | 旅行・食べ歩き | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る