タグ:メダカ ( 223 ) タグの人気記事

今日のメダカ

先日、30cm水槽にアナカリスとカボンバを追加したものの…

d0048332_17552163.gif
冷静になってみたら、入れ方があまりにも雑でメダカが不憫になったので、入れ直した。

d0048332_17553536.gif左がカボンバ、右がアナカリス。
成長してくれると信じて、短めにカットして砂利に植えた。

右側が窓なので、光を求めて水草がそっちに伸びてくれたらもう少し格好がつくと思うんだけど、その前に光量不足で葉が抜けちゃうかなあ???
[PR]
by Medalog | 2010-12-04 18:00 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

夏にはあんなに元気だった睡蓮鉢の浮き草たちがほとんど枯れてしまったので、水草を追加することにした。

我が家の近所のホームセンターのアクアコーナーは正直なところ品揃えが今ひとつなのだが、この日は珍しくよさそうなアナカリスとカボンバが大量入荷していたので、1束ずつ買ってみた。

翌日睡蓮鉢と30cm水槽に分けて入れてみたが…

d0048332_9583137.gif
オオサンショウモなどの浮き草が枯れてしまい、ほとんど何もない状態だった睡蓮鉢が…
d0048332_9584440.gif
こんな感じ(笑)入れ過ぎかしら。
寄せ鍋に入れた春菊とか水菜みたいなことになってしまった。

正直、水草を買いすぎた。
アナカリスかカボンバ、どちらか片方でよかったんだよね。

d0048332_9585515.gif
葉が無くなり茎だけになってしまった水草が貧相に漂っていた30cm水槽は…
d0048332_95952.gif
我ながらセンスのかけらもない入れ方だとわかっているけれど。

水草を砂利に植え付けたらいいのだろうが、私はそれが下手で、いつの間にか1本2本と抜けて浮かび上がってしまうのだ。それなら最初から浮かべとけ!という乱暴な発想なんである。
そのうち気が向いたら、砂利に植え付けるかも?

水面のほとんどが水草に覆われてしまったので、メダカたちはエサが食べにくそうにしていてちょっと不憫…。

カボンバを買うのは久しぶり。
前に住んでいた家で何回か買った時は、すぐにモロモロと葉が抜けて溶けてしまいほとんど役に立たない状態だった。(アナカリスも似たような感じだったけど)

今の家に引っ越してから買うのは多分初めてで、西向きなので前の住まいより日当りがよく、その分育ってくれるかもしれないと淡い期待を抱いている。
ひと月後の年明けあたりに水草がどうなっているか、楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2010-12-02 10:21 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

d0048332_1747851.gifマンションの修繕に伴い、ベランダからリビングに取り込んでおいた睡蓮鉢。

修繕が終わったらベランダに戻そうかと思っていたのだが、結局今年はこのまま室内で越冬させることにした。

というのも、すでに室内で何度かエアコン暖房を付けてしまったので、今から室外に戻したらあまりにも温度が違いすぎて可哀想な気がしたからである。

写真ではよくわからないが、ヒメダカ・白メダカ・ベビーピンクが合わせて10匹ほど泳いでいる。稚魚の頃から比べるとかなり減ってしまったのだが、それでも30cm水槽と合わせると25匹ほどが冬を迎えたわけで、ここ数年の中では一番数が多いのが嬉しい。

また、夏の間は水面を覆い尽くしていた浮き草がほとんど枯れてしまった。
いま我が家で生き残っている水草は、30cm水槽のアヌビアス・ナナ(これはかなり長持ちしている)が3株と、アナカリスが数本。
睡蓮鉢用に、比較的低温に強いらしいアナカリスを買い足してあげよう。
[PR]
by Medalog | 2010-11-25 18:05 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

マンションの大規模修繕が進み、いよいよベランダの睡蓮鉢を室内へ取り込むことになった。

d0048332_1703114.gif睡蓮鉢とプランター、2つあったものを睡蓮鉢一つに合わせ、きれいに掃除してからリビングへ。

睡蓮鉢に陽が当たる場所となると、ソファの私が座る位置の足元しか置く場所がなく、立ち上がる時に蹴飛ばさないかどうかヒヤヒヤものだ。

でもソファに座りながらメダカを上から眺められるのは楽しい。
すぐ隣に水槽があるけど、こちらは立ち上がって覗き込まないと上から見ることが出来ないので…


d0048332_173316.gif今年ふ化したメダカも減り続け、睡蓮鉢には去年生まれのメダカを合わせて12匹ほど。

それ以外には10匹程度に減ってしまった。

稚魚だけで隔離して育てて、体が大きくなったものから室内水槽に移しているのだが、これがなかなか育たず、気が付くといなくなっている。うちの水槽、何がいけないんだろう…


室内に取り込んだ睡蓮鉢は、12月初旬までベランダに戻せない。
それまで暖かい室内にいたのに急に寒いベランダに戻したら、メダカには良くないのかなあ。
本格的に寒くなる前に修繕工事が終わりますように〜。
[PR]
by Medalog | 2010-10-13 17:11 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

d0048332_11383259.gifベランダ睡蓮鉢の親メダカ。

夏の間にいつのまにかヒメダカが激減して、白メダカ4・ヒメダカ1になってしまった。

このヒメダカは今まで飼った中で一番体の色が濃い。
メダカを外飼いで夏を越させたのは初めてで、陽の光に存分に当たったから色も濃いのかなと思うのだが、どうだろう。

d0048332_11384778.gifベランダプランターの仔メダカ。
我が家のメダカが産んだヒメダカと白メダカ、ブログつながりの方からいただいた卵からふ化した白メダカとベビーピンクが混ざっているはずなのだが、どれがどの種類なのか私にはハッキリ判別はできない。

同じ時期に産まれたメダカでも、室内より外で育ったメダカの方が全体的に大きく育っている。

水面がオオサンショウモで覆われているのでハッキリとはわからないが、こちらも気が付くとかなり数が減っている。我が家の環境で育てられる程度の数に、自然に調整されてしまった感じだ。

9月になり涼しくなってきてから、オオサンショウモをはじめ浮き草の色が明らかに茶色くなってきた。

これから冬が来る上に、3ヶ月ほどベランダにネットが張られてしまうので、浮き草たちが今後どうなってしまうかは想像がつかない。
昨冬に室内でなんとか越冬したように見えたサルビニア・ククラータも、結局春に新芽を出すことはなかった。
もし浮き草を買い直しても数百円しか掛からない話なのだが、1株でも冬を越して、来年また睡蓮鉢一面を覆うほど育ってくれたら嬉しいなと思う。
[PR]
by Medalog | 2010-09-21 11:56 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

室内で育てているメダカの稚魚たちは現在20匹ほど。
同じころ産まれて同じ環境で育っているのに、体格は親子ほども違ってきている。
(写真に撮りたいのにどうしても上手く撮れない…)
違う種類のメダカが混ざっているからかな?

気候も落ち着いてきたし、成長と共に稚魚用の容れ物も手狭になってきたので、そろそろ室内水槽かベランダ睡蓮鉢の親メダカと合流させようかと思っていた矢先。

マンションの大規模修繕で、ベランダの荷物を全て自室内もしくはマンション指定の合同置き場に移動しなくてはならなくなった。
ゴミ箱などは合同置き場に預ければいいが、メダカ睡蓮鉢とプランターは当然自室内に置くことになる。

あー、どうしようかなー。
我が家の間取りでは睡蓮鉢を置く場所にすら困るのだ。
玄関には多少のスペースがあるけれど、日がほとんど射さないのでメダカには可哀想だし。
ベランダ沿いの日が射す場所はもれなく人間の動線になっていて、そんなところに睡蓮鉢など置いたら掃除や洗濯物を干す時に蹴っ飛ばしてしまうこと確実だし。

ベランダの睡蓮鉢(親メダカ)とプランター(稚魚)を一つにまとめることになりそうなので、室内の稚魚までそちらに入れるのは厳しいかも。
室内水槽には数匹は足せそうなので、育ちのいい稚魚から移していって、体が小さい稚魚はこのまま稚魚用の容れ物で頑張ってもらおうか。

酷暑を乗り越えたメダカたちには待望の秋であろうに、窮屈な思いをさせることになりそうだ。
そして人間も…。
大規模修繕はマンション暮らしに必須なのは重々承知だが、気候のいい季節に3ヶ月以上ネットに覆われ、音やペンキの匂いに悩まされるのはちょっとつらい。
家にいても暗くて辛いなら、よーしこの秋は着物を着てたくさん出掛けちゃうぞー。なんてね。
[PR]
by Medalog | 2010-09-16 13:34 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

室内水槽に入れていた飼育ネットの稚魚は、だんだん数が減って3匹になってしまったのだが、その3匹は順調に育っている…はずだった。
ところがある朝覗いてみたら、一晩で2匹も減ってしまい、たった1匹に!
理由はわからないのだが、飼育ネットが水平方向に狭いのも原因かと思われるので、思い切ってネットを外し、稚魚を親メダカと一緒にすることにした。

d0048332_13424796.gif
水槽内には他の場所で育って大きくなった稚魚が先に数匹入っているので、親メダカも稚魚を珍しがって追いかけ回すことも減ってきた(気がする)。

飼育ネットを外して水槽内が広くなったが、いつの間にか水草が減ってしまっていることに気付く。
小さな鉢植えを3つ入れていたうち、今でも元気なのは一番左の1株だけ。残りふたつはとうとう丸裸状態になってしまって残念。
アナカリスも、稚魚用の容器に分けたこともあってかなり少ないし。
稚魚の隠れ家用にもう少し水草を増やしたほうがいいかしら。


d0048332_13485998.gif
我が家のリビングは夜12時過ぎまで電気が付いていてメダカには可哀想なので、日が落ちてからは気休め程度だが布を掛けてある。

私のフラダンスのスカートとお揃い(笑)。
パウスカート用の布を多めに買いすぎて余っていたのだが、この布は厚手で光を通しにくいので、カバーとしては結構優秀かも。

殺風景な我が家のリビングの中で、ここだけアロハな感じ。ちぐはぐだけど、気にしない!

d0048332_13524267.gif
ベランダの睡蓮鉢から、ホテイアオイを取り除いてしまった。

ある時から妙に茶色くなってきたと思ったら、葉や茎に細かいクモの巣のような糸が張り巡らされ、小さいアブラムシのような白い虫がたくさん…ひぃ〜。

しばらくは虫をメダカに食べさせながら様子を見ていたのだが、ホテイアオイがどんどん弱ってきて見た目も汚くなってしまったので、我慢できずに捨ててしまった。
正体はなんだったのかなー。


d0048332_13555562.gifd0048332_1356113.gif
水面を覆うオオサンショウモの隙間で、メダカがじっと浮いていることが多くなった。
水面に居たいけど場所がここしか空いてないから仕方なく、といった感じだ。

おかげで久しぶりにメダカの写真が撮れたぞ〜。
メダカも暑いだろうけど、あと半月ぐらいできっと涼しくなる(というかなってほしい)から、頑張ってね。
[PR]
by Medalog | 2010-08-31 14:02 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

お盆の間メダカたちがなんとか元気でいてくれてよかったのだが
水草は元気も元気。とうとう水面を覆い尽くしてしまった。

d0048332_11213135.gifこのほとんどがオオサンショウモ。まあよく増えること。

私が好きなサルビニア・ククラータも育っているが、なんだか緑色が薄くなってしまっていて、葉の巻きも弱い。

ドワーフフロッグビットはさらに葉が黄色く元気がない。フィランサス・フルイタンスは元気なはずの新芽から茶色く枯れ始めている。この暑さのせいなのか、日が当たりすぎないようにベランダ壁の陰に置いているので日照不足なのか?

水面を水草で覆い隠すのが睡蓮鉢導入以来の夢だったが、こうなるとメダカの餌をどこに落とせばいいのかわからないので、オオサンショウモを少し減らすことにした。

d0048332_11272347.gif

…って、ほとんど変わらないか。

水草はどんどん増えるとわかっていても、捨てるとなるともったいない気がしてしまう貧乏性なので…。

でもメダカにエサを与えるためのスペースができたので、とりあえずこれでいいのだ。



d0048332_11322871.gif部屋の中で訳のわからない育ち方をしているのが、小さな鉢植えのプミラ。

普通、プミラと言えばこのように葉がぎっしりと詰まっているイメージだと思うのだけど…
d0048332_11332226.gif
ベランダで育てていたら日射しに負けて枯れはじめてしまったので、室内に入れると同時に枯れている枝を剪定しておいた。
するとほんの一週間ほどで新しい芽が出始めて、あっという間にこのような情けない芽がぐんぐん伸びはじめた。

まるで朝顔だ。
d0048332_11331284.gif
今まで伸びたくても伸びることができなかった分、堰を切ったように上へ上へと伸びている感じ。
植物の本能というか、生命力の強さをひしひしと感じた。

…それにしても、未だ枯れている部分とひょろひょろ伸びた新芽のバランスの悪いことよ。
いっそ枯れている部分は根に近い部分でバッサリ切ってしまった方が、後々バランスがいいのかな。
[PR]
by Medalog | 2010-08-19 11:51 | メダカ | Comments(6)

今日のメダカ

お盆休みに4日ほど家を留守にした。
帰宅と同時に、荷物をほっぽり投げてメダカの様子を見る。
特に室内のメダカが室温の高さにやられてしまわないかと心配だったのだが、稚魚が多少減ってしまったもののほとんどが無事に乗り越えてくれたようで安心した。

稚魚が減ったと感じたのが、室内水槽に入れた飼育ネットとベランダ睡蓮鉢の中のペットボトルそれぞれの中にいた稚魚。
室内の方は半減、睡蓮鉢の方はかなり減ってしまい、どちらも3匹ずつしか残らなかった。

留守番フードが問題だったかな…。
室内水槽の方は水槽本体に留守番フードを入れて、溶けたものがネットの中にも入ればいいなと思っていたのだが、ベランダの方はペットボトルに空けた穴が小さくて睡蓮鉢本体にフードを入れても溶けたエサがペットボトルには入ってこないような気がしたので、ペットボトルにもフードを一つ入れてしまった。
多分ペットボトルの中でエサの濃度が濃くなりすぎて水が汚れてしまい、稚魚が減ったような気がする。
うーん、稚魚用プランターに移しておくべきだったかな。ごめんね…。

残った稚魚たちが一匹でも多く成魚に育つように、またお世話を頑張るぞー。
[PR]
by Medalog | 2010-08-18 08:33 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

メダカ稚魚のうち、水槽の中にネットなどで仕切りをして育てているのが2つある。



d0048332_1572948.gif
一つが、室内水槽の中に飼育ネットを入れて育てているもの。
最初はこの環境が稚魚には一番いいのではないかと思っていたのだが(水温や水質の変動が少なくてすみそうなので)、今日ネットを覗いてみたら、12〜3匹いたはずの稚魚が5匹に減ってる???

ネットに穴は空いていないので、ネットの外(水槽内)に逃げ出したり親メダカがネットに入ってきたわけではないのだろうが、稚魚の死骸がひとつも見当たらないのが不思議だ。神隠しみたいでびっくりだ。
(この季節なので死んですぐに分解されたのだろうけど、毎日覗いているのに気付かないなんて…)

他の場所で育てている稚魚に比べても、ダントツで死亡率が高い。
ここの稚魚が大きく育ってくれば、水合わせの必要もなくそのまま水槽に入れてやれるから安心だと思っていたんだけどな〜。う〜ん、難しいものだなあ。



d0048332_15153559.gif
ベランダ睡蓮鉢の中に、小さい穴をあけたペットボトルを入れているもの。
こちらの稚魚はさほど減っていないように見えるが、よくわからない。
というのは、睡蓮鉢本体の水は透明なのに、この容器の中だけなぜか緑水になりつつあるので、濁っていて中があまり見えないのだ。稚魚に与えるエサの量が多過ぎるのかな。

容器には針で小さい穴を20カ所ほど空けていて、一応水は通るはずなのだが、なんといっても稚魚が逃げ出さない程度の小さい穴なので、睡蓮鉢とこの容器の間で自由に水が行き交うほどではないらしい。
稚魚の様子が見えないと不安なので、結局は手動で容器の中の水を出し、新しい水を入れている。
来年はもうちょっと上手い方法を考えた方が良いかも…。
[PR]
by Medalog | 2010-08-07 15:25 | メダカ | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る