タグ:メダカ ( 223 ) タグの人気記事

今日のメダカ

このタイトルでブログを書くのはとても久しぶりな気がする!

というのも、相変わらずメダカの育て方が下手なのか、今年もメダカは減る一方でブログに書けるようなことがなかったのだ。



夏に入ってから全てのメダカがダメになり、欲しくもない巻き貝ばかりが幅を利かせている状況になった。
でも諦めきれずに8月になってから新しいメダカを投入したところ、ありがたいことにほとんどが元気に過ごしている。

そして、なんの期待もせずにホテイアオイの根を見てみたら、あっ!
すごく久しぶりに産卵しているではないですか!
あわてて空いている睡蓮鉢に水を張り、そのホテイアオイを投入。
しばらくすると1匹が産まれ、無事に大きくなり始めた。



その後メインと子メダカ用の2つの睡蓮鉢でホテイアオイを往復させ、数匹の子メダカが育ちつつある。
8月末〜9月という遅い時期に生まれた子メダカが無事に冬を越してくれたらいいのだけど。

メダカはかわいいが、子メダカはさらにかわいい。
子メダカが泳いでいる姿を見たいがためにベランダに出る回数が増えてしまう…
無事に冬を越すためには早く大きくなってほしいが、プリプリと全身を震わせて泳ぐ稚魚の状態も捨て難い…という小さなジレンマの日々です(笑)

[PR]
by Medalog | 2017-09-08 10:59 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

この夏はとにかく暑くて、ベランダの睡蓮鉢も相当に過酷な環境だったと思う。
メダカの数も減り、丈夫なはずの水草・ホテイアオイすら全く成長せずに、いつの間にか枯れて無くなっている始末。
睡蓮も浮草のドワーフフロッグピットも、例年なら水面を覆うほど葉が増えるのでせっせと間引きしないといけなかったのに、今年は全然ダメ。

来年以降もこの暑さが続くならこのままメダカを飼い続けていいのかしら、と悩む。
もしこの夏にメダカが全滅していたら、睡蓮鉢を全て撤去してしまったかもしれない。
でも健気に生き残った数匹のメダカを見ると、このまま放り出すのではなく少しでも環境を良くしてやることを考えないと、と反省。



でもどうすればいいのかなと考えていたとき、ホームセンターで見つけたのが写真奥の睡蓮鉢。

d0048332_08105220.jpg
今まで使っていた手前の睡蓮鉢よりも口径が小さく、その分深さがある。
本来メダカは水面の面積が広いほうがよく育つらしいのだが、我が家の場合は面積が大きいと水が蒸発してすぐに減ってしまい、周りの環境に影響されやすくなる気がする。
その点、奥の睡蓮鉢のほうがほんの僅かでも周りの環境に左右されにくそうな気がしたので買ってみたのだ。

水面の面積が減ると空気から溶け込む酸素の量が減りメダカが酸欠になりやすいらしいが、いわゆる水瓶ほど口がすぼまっている形でもないし、鉢に入れるメダカの量が少ないので問題はないと思う。

数匹のメダカを買い足した。
あとは酸素を出してくれる水草も増やしたほうがいいかな。
夏と冬はどうしてもベランダに出る時間が減ってしまうダメな飼い主なので、気候のいい今の時期にできるだけ環境を整えてやることにしよう。



[PR]
by Medalog | 2016-10-17 09:01 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

冬の間は全く手入れをしていなかったメダカの睡蓮鉢。
ようやく久しぶりの掃除をした。

d0048332_1426358.jpg

20数匹が冬を越して元気に泳いでいる。

昨冬はやはり暖冬だったのかなと思ったのは、ホテイアオイが初めて越冬したから。
毎年睡蓮鉢に入れていたわけではないが、入れていた年の春にはいつも枯れて腐ってしまっていたのに、今年は葉と葉柄(丸い部分)が青々と残り、根も白く新しいものが生えている。

大小二つの睡蓮鉢のうち大きい鉢のホテイアオイは枯れてしまい、小さい鉢のほうだけが生き残ったのは不思議だが、ホテイアオイは繁殖力が強いので、大きい鉢にも分けられるほど増えてくれると期待。

久しぶりにマツモも入れてみた。
私はマツモと相性が悪くて、何度買ってきても数週間で弱ってモロモロと崩れていたのに、今回は数週間が過ぎてもそこそこ形を保っているのが嬉しい。
新芽が出てきたようにも見えるので、このまま成長してくれるといいのだけど。
[PR]
by Medalog | 2016-04-14 14:43 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

d0048332_10513242.jpg
初夏に生まれたメダカたちが大きくなったので、卵のときから入れていた発泡スチロールの箱から睡蓮鉢に移し替えた。

産卵の前は12〜3匹だったメダカが、仲間が増えて30匹以上になったので、睡蓮鉢はひとつからふたつに増やした。
うちのベランダは狭くて睡蓮鉢をこれ以上増やすことはできないので、来年はメダカが産卵しても採卵せず自然に任せて、2〜3年後にまた増やせばいいかな。

大きい方の睡蓮鉢に植えてある睡蓮。
8月前半まではほとんど葉を出さず、あまりの暑さに根が傷んだのかと半ば諦めていたのだが、8月後半になってから綺麗な葉が幾つか出てきた。
ただもうすぐ寒くなるので、この葉はこれ以上育つこともなくまた枯れていくのだろうな。

そして花は、去年も咲かなかったし、今年も全く咲く気配がない。
なんでかなー。
来年の春には、土の中で伸び放題の根っこを整理してやろう。
小さい睡蓮鉢には土ではなく底石を入れているが、睡蓮の根を小さな植木鉢に植えてから底石に沈めれば育つはず。
面倒臭そうだけれど、来春頑張る!(予定)
[PR]
by Medalog | 2015-09-18 11:04 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

d0048332_20141954.jpg
せせこましい写真で、お目汚しですが。

我が家はマンション暮らし。
夏になると太陽が高くなるので、ベランダの手すりギリギリの場所にしか日差しが当たらない。

だから梅雨の合間の晴れた日には、わずかな日差しを洗濯物とメダカと観葉植物が取り合っている。

メダカにしてみたら頭上を洗濯物がひらひら揺れるのは落ち着かないだろうが、直射日光に当てたいのでどうしてもこうなってしまうのだ。

ちなみに、右端の睡蓮鉢には親メダカが15匹ほど、隣の発泡スチロールの箱2つには今年卵から孵った稚魚が数十匹も泳いでいる。

メダカの産卵のために小さい浮き草や人工の水草などを入れてみたが今ひとつ効果がなく、ホテイアオイを買って入れてみたら翌日から何個もの卵が産み付けられていた。
最初のうちは喜んで採卵していたが、6月後半になって「これ以上増やしたら飼う場所がない」と気づき、6月いっぱいで採卵を止めている。
我が家のベランダはこの写真より少し広いだけなので、睡蓮鉢を幾つも増やすわけにはいかないのだ。
だから、全部の稚魚が無事に育って欲しいと思いつつ、増えすぎたらどうしよう…とハラハラしている日々。

この写真を撮ったのはちょうど夏至のあたりで、太陽が一番高い頃。
それから3週間が過ぎ、今はこの写真より10cmぐらい奥まで日が差し込んでいる気がする。
もう今年も折り返してしまったんだなあ、とメダカに差し込む日の光で実感している。
[PR]
by Medalog | 2015-07-13 20:29 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

メダカを飼っている人たちの家ではもう続々と子メダカが生まれて育っている頃だろうが、うちはこれからが勝負。

ゴールデンウィークのあと、まずは季節が終わったビオラを処分して、土もゴミに出せるので乾燥させてから数回に分けて処分。
プランターも洗って乾かしたり、傷んだものはノコで普通ゴミのサイズに小さく切ってこれも処分。
鉢底に敷いていた砂利も、ゴミや根っこの切れ端を取り除いて、洗って干して。

ベランダが狭いので、これらの作業を済ませてからでないと子メダカ用の容器をベランダに出すこともできないのだ。



その作業がひと通り済んだので、今日になってようやく子メダカを育てる準備ができた。

d0048332_153536100.jpg
スイレン鉢に入れておいた浮き草や産卵用の人工水草を、すべてトロ箱に移動。
コケで汚れているので卵がついているかどうかもわからなかったのだが、移動させてほんの数時間後には早くも2匹の稚魚が泳ぎ始めたのでびっくり!

環境が変わるとびっくりして孵化してしまうんだろうか。
まさか今日孵化するとは思わず、水道水をカルキ抜きせずに使ってしまったので、無事に育ってくれるといいんだけど。

そしてこの2匹以外にもどんどん増えていくといいな。



d0048332_15351486.jpg
スイレン鉢にはホテイ草を入れた。

ホテイ草は一番メダカが卵を産みつけやすい(と思う)し、私も一番卵を探しやすいからお気に入り。
ただ去年はスイレンと同じ鉢に入れたら狭いだろうと思ってホテイ草を買わなかったのだが、そのせいか卵を一つも見つけられなかったので、今年はスイレンもホテイ草も同居。

それに去年はスイレンの花が咲かなかったなあ。
今年は咲くかな。
ハスの根を直接土に埋めてしまったので、おそらく土の中はハスでいっぱいのはず。
だから来年の春には植え替えが必要だけど、今年も咲かなかったら来春には処分しちゃおうかな…
[PR]
by Medalog | 2015-06-06 16:14 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

d0048332_937082.jpg
今年も十数匹のメダカが無事に冬を越した。

去年はとうとう卵の採取ができずお友達から卵を分けていただいたので、今年は自前の卵で仲間を増やしたい。

いま睡蓮鉢に入っている水草は睡蓮だけ。
去年の今頃に植えたままなんの手入れもしていないが、冬には一枚も無くなった葉が今年もどんどん葉を出し始めている。

ただ睡蓮の葉には産卵してくれないのが問題。
卵を産みつけやすいのはやっぱりホテイ草の根っこだと思うのだけど、この睡蓮鉢のサイズで睡蓮とホテイ草を一緒に育てるのは厳しいかなあ?
あとひと月ぐらい悩んでみよう。



d0048332_937469.jpg d0048332_937726.jpg

左が約3週間前の4月上旬、右が今日。

奥の寄せ植え(無名ビオラ4株とチューリップ)。
この撮影のあとで左の写真に写っているチューリップを切り、オレンジのビオラもスカスカになってきたので切り戻しをした。
3週間後の現在は、写真には写っていないがオレンジの株がまた大きくなり始めて、オレンジの花も幾つか咲いている。
あと1ヶ月ぐらいはこんもりとした寄せ植えを楽しめそうだ。



手前の寄せ植え(ミルフル3株)。
期待したほど株が成長しない上に葉が弱ってきた感じだったので、左写真の時点ですでに丸刈りに切り戻しをしていた。
3週間後の現在も株の大きさはあまり変わらないが、切り戻しのおかげで根元に光と風が当たったのが良かったのか枯れかけて黄緑色だった葉の代わりに濃い緑色の元気な葉が生えてきて、しっかりした株になってきた。
蕾も付いていて、あと数日で咲きはじめると思う。

ただ、切り戻しの前には一番元気だった黄色いミルフル(右下の株)がここ数日でみるみる萎れてきたのが意外だ。
根腐れしたのかな?
そろそろシーズンが終わるのでこのまま見守るしかないが、もう一度新芽を出してくれることを期待。
[PR]
by Medalog | 2015-04-27 09:57 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

睡蓮鉢とトロ箱の2つに分けていたメダカたち。
卵から生まれたトロ箱のメダカも大きくなってきたので、全部を睡蓮鉢にまとめることにした。

d0048332_10161883.jpg

ゴチャゴチャしている睡蓮鉢周り。
奥のペットボトルは水替え・水足し用に普段から汲み置きしているもの。
手前のバケツは今日のために昨日から汲み置きした水。



d0048332_1016334.jpg

大小10数匹のメダカを睡蓮鉢にまとめて、トロ箱を減らしたので多少はスッキリした。
奥のバケツは水が乾いたら室内に入れるし、ペットボトルの汲み置き水もこれからの季節はあまり使わなくなるので、徐々に減らす。

マンションベランダは、夏は暑いが冬は風が強くてとても寒い。
冬の間は掃除もメダカの世話もできるだけしたくないので、今のうちにできるだけ片付けてみた。



ちょこちょこ片付けたら、久しぶりに花を植えてみたくなった。
我が家のベランダは狭いのでプランター1つか2つが精一杯だが、恥ずかしながら最近は何事にも面倒臭さが先立ってしまう自分が、花を植えたり世話をしようと思えたことがちょっと嬉しいので、この気持ちがしぼまないうちにホームセンターに行ってこよう!
[PR]
by Medalog | 2014-09-30 10:27 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

d0048332_9194641.jpg
我が家では久々のメダカの稚魚たち。
やっぱり稚魚は可愛いなあ。



ただ、これは我が家で生まれた稚魚ではない。
メダカブログ繋がりの方が、わざわざ関東から持ってきてくださったのだ。

旅行に行かれる途中に大阪に立ち寄って、こんなにたくさんのメダカを渡してくださった。
これがメダカの卵なら重くはないのだが稚魚なので水ごと運ばなければならず、レジ袋に半分ほどの水と共に数十匹のメダカ達を運んでくれたのだ。
どれほど重かったことか…
とても感謝しています。ありがとうございました。



ちなみに上の写真は数日前のもので、現在は水量を増やしている。

いただいた稚魚の中には大きめに育っている子も何匹かいたので、それらは睡蓮鉢に移し替えた。
メダカの数も色味も増えた睡蓮鉢は、一気に賑やかになっていい感じ。

せっかく我が家に来てくれた稚魚たちなので、1匹でも多く成長できるようにできるだけ環境を整えてやりたい。
メダカをくださった方は「もし稚魚たちがうまく育たなくても気にしないでね」と言ってくださってお気遣いがありがたいのだけれど、できれば来年は卵で繁殖できるくらいのメダカが大きく育って冬を越してくれたらいいなあ、と思っている。
[PR]
by Medalog | 2014-07-15 09:39 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

この2つの写真は一週間ほどしか違わないのですが…

d0048332_13531353.jpg

d0048332_13531646.jpg
上の写真の水が緑に濁っているのに比べて、下の写真は底の土まで見えるほど透き通っているのがわかるだろうか。

特別なことは何もしていないのだ。
睡蓮鉢の位置を15cmぐらいずらしたけれど、それが理由でこんなに変わるかなあ???

と言っても、水か透き通ったからメダカに良い環境になったとも限らず。
6匹残ったメダカは元気だが相変わらず産卵する気配がない。

産卵床としてシュロの皮を入れているし、水上葉のアマゾンチドメグサの根っこもホテイアオイほどではないが産卵できそうなぐらいフサフサと水中を漂っているので、産卵場所がないということはないはず。

環境が悪いのか、それともメダカ同士の相性が悪いのかな?

メダカを飼い始めてかなり経つのに、今年も迷走中のMedalogであります。
[PR]
by Medalog | 2014-06-25 14:04 | メダカ | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る