タグ:つれづれ ( 304 ) タグの人気記事

ようやく復調

復調、と言っても病気だったわけではなく、夏に負けていただけなのだが、7月からずっと36℃程度だった大阪の気温が8月最終週ぐらいから33℃程度に下がってきたので急に体が元気になってきた。

どれぐらい夏バテしていたのかというと、自宅でキーンと冷えたアイスコーヒーが飲みたくて銅製のタンブラーが欲しいと思いながら、夏が終わるまで買い物に行くどころかネット通販すらやる気にならなかったほど。



9月になり久しぶりに街に出たので、ついでに銅のタンブラーでも探そうかと百貨店に立ち寄ったら、面白い催事をやっていた。
古い食器などを売る骨董市なのだが、古いというのが海外のアンティークから懐かしのアルマイトのお皿まで様々で、価格もピンキリなのが面白い。

その中で、1930〜40年代あたりに北欧に輸出していた国産食器のデッドストックを売るコーナーがあった。
有田焼だとかノリタケのような高価なものがその時代に輸出されていたのはなんとなく知っていたが、そのコーナーに並んでいるのは産地もメーカー名も不明な日常使いの安い食器。
そのようなものまで戦前から輸出されていたとは知らなかった。

北欧に合わせてデザインされた食器ということで、デザインも色使いも和と洋が入り混ざった感じ。
私の好みのものばかりだったのだが、我が家の食器棚には空きがないので悩みに悩んで4つだけ買ってしまった。

d0048332_17001710.jpg















右のガラスのマグカップは耐熱ガラス。
戦前から耐熱ガラスの食器を輸出していたとは少々驚いた。
形がなんとも言えず可愛らしいので、本当は銅のタンブラーが欲しかったところをこのマグカップに変更してしまった。

左のボトルは用途が不明。
売り場には「なんでも入るボトル」みたいな当たり前すぎる説明書きしかなかったのだが、当時の北欧の人は何を入れていたのだろう?
デザインは和食器のテイストが強いがどことなく北欧テイストが入っている感じもして、面白いので用途が思いつかないまま買ってしまった。

d0048332_17060481.jpg













以前雑貨店で買った若手作家さん作のスープボウル(確か備前焼だったかな…)と雰囲気が合うので、とりあえず並べて飾ることにした。
ボウルの方はたまに使うが、ボトルは一度も使わないままここが定位置になりそう…
ま、安かったし可愛いからそれでもいいかな。



[PR]
by Medalog | 2016-09-06 17:49 | 生活 | Comments(6)

秋よ…早く来て…

ブログ更新がすっかり滞ってしまっている。

先月から今月にかけて旅行にも行ったし帰省もしたし、好きなアーティストのライブにも行ったし、いろいろあったのだけれどそれをブログの文章にまとめるための頭が働いてくれなくて…
ブログだけでなく、家計簿やら書類の整理やらの頭を使う細かいことがなかなかはかどらないのが現状だ。

これはきっと、異常に暑い今年の夏のせいだ。
(年齢的なものもありそうだけど)
クーラーは昼夜を通して使っていて夜もぐっすり寝ているのだけど、それでもずーっと体に熱がこもっている感じでぼんやりしてしまう毎日。
でも仕事をしている方々はこんな呑気なことは言っていられないですよね。我ながら甘えているなあと思うけど、どうにもならず。

上記のライブというのが野外で、数時間真夏の日差しに焼き付けられて体温が上昇して大変だったのだが、終わって夜になってしまえばたくさん汗をかいたせいか体がスッキリした感じがした。
ということは、このぼんやりはクーラーのせいかな。
それなら汗をかきにウォーキングにでも行けばいいのだが、しんどそうなのでやっぱり行けない…。

来月に入れば、残暑が厳しくても多少は気温が下がるだろうか。
もう、それまでひっそりと過ごすことにする!
元気にはしていますので、9月になったらまたブログを見にきてください…
そしてみなさまもどうかお元気でこの夏を無事に乗り切ってくださいませ。

ああ、スイカ食べたい。体の中から冷やしたい。
[PR]
by Medalog | 2016-08-26 11:01 | 生活 | Comments(2)

椅子の張り替え

室内用にと購入した椅子をいつの間にかベランダに置くようになり、ふと気がつくと座面のシートが劣化してビリビリに破れてしまった。
シートさえ張り替えればまだまだ使えるので、椅子の張り替えに挑戦してみた。

d0048332_11182395.jpgd0048332_11182689.jpg
椅子を分解して、もともと貼られていたシートをはがし、新しく買ってきたシートを貼り付けて組み立て直す。
結構簡単な作業で、30分もかからなかったかな。

新しいシートは防水のテーブルクロスで、10cmで100円以下の安いもの。
40cm使用したので「400円弱で修理できたのは安い! 」と思ったけれど、もし不要なレジャーシートでもあれば金をかけずに直せて、しかも日光や雨にも強いんだよなー。
我が家にはブルーシートしかなくて、安くて丈夫だけど見た目がちょっとね…。座るたびにシャカシャカ音がしそうだし。

今回はこれでよしとして、またいつか修理するときにはもっと安く仕上げよう!
[PR]
by Medalog | 2016-08-03 11:35 | 生活 | Comments(6)

初めての大寄せ茶会

祇園祭の時期、京都ではきもの関係の催事も多く、毎年ではないが夏にきものを着る機会があるのは暑いけれど楽しい。
今年は、なんと大寄せのお茶会に参加する機会をいただいた。
私は茶道の経験は一切ないが、一度は参加してみたかったので喜んでお誘いを受けた。

茶道にはすこーし興味があり、テレビで茶道について取り上げている番組を見るのは好きだし一時は茶道教室の検索もしていたのだが、結局習うには至っていない。
だから全くの素人なので、大寄せとはいえ何をどうすればいいのかほとんど知識がない。
懐紙などは貸していただけるということだったが、着物で行く予定なので扇子だけは買ってしまった。

あとの内容はネットで確認して最低限の内容を頭に入れるが、当日それを思い出せるのか、また思った通りに体が動くのかは全く自信がない。
とにかく御亭主や他の皆様を不愉快にさせないように気をつけようと心に決め、緊張しながら当日を迎えた。



当日はお友達とランチのあと、会場である京都御苑の拾翠亭へ。

d0048332_10564531.jpg
拾翠亭は以前にお茶会でなく観光として入ったことがあり「こんな雅な場所でお茶会をするなんて私には縁がないけど憧れちゃうなー」なんて思っていたものだが、まさか数年後のお茶会デビューが京都御苑の中にあるこの茶室になるとは!
私は幸せ者だ。

お友達の後ろにくっついて寄付に入る。
どうやら私以外の方々は茶道の心得がおありのようで泰然と構えていらっしゃるが、私はここでどのように振る舞えばいいのかもよくわからずアワアワしているうちにすぐ席入りになった。
にじり口でなく普通の襖のところから入れるのには安心したが(にじり口から上がる作法は予習したが実践できる自信は全くなかったので)、それでも緊張する。
扇子を置いて一応お辞儀をし、敷居や畳の縁を踏まないようにとギクシャクしながら中に入ると、他の方々が掛け軸やお花を拝見なさっているので見よう見まねで自分も拝見。
本当であれば入室〜お道具拝見〜着席の間にも通るべき動線があるのだろうが、もうそれは訳がわからず、お友達に誘導されながら着席した。

まもなく和菓子が回ってくる。
大きめに切られたういろうのようなお菓子で、重たいのと緊張でなかなか箸に取ることができない。
どうかお菓子を畳に転がしませんように…と念じながらなんとか懐紙に取り、箸の先を拭くことは忘れなかったが箸の持ち方にまでは気が配れず、次の方にお菓子鉢を回すまでにどれだけのマナー違反をしたのか自分でもわからない。

お菓子をいただいたあとはいよいよ薄茶をいただく。
こちらも緊張のあまり、お茶碗をずらすためにちゃんと回したか、いただいたあと縁を指で拭ったか、最後に正面に向けてお椀を置けたのかなどをよく覚えていない有様…。
その後お道具の拝見を見よう見まねで行って終了。
しばらくしたら次の席にご案内いただき、もう一服頂戴した。

緊張したけれど、ご正客をはじめとしたお客様たちがざっくばらんな雰囲気を作ってくださっていたので思っていたよりは居心地がよく楽しませていただいた。
お点前をなさる方々が浴衣で、ご参加の皆様も浴衣や上布などを着ていらしたので、比較的緩やかな会だったのだろうか。それも私には有り難かった。
御亭主はお若い方で、茶道のたしなみがない私から見ても斬新なアイディアで迎えていただいて、お道具拝見も楽しかった。

ただ、ご一緒した皆様が私の素人ぶりを不愉快に思わないでいてくれたら有り難いのだけれど。
緊張のあまり、寄付で脱ごうとしていた足袋カバーのことをすっかり忘れていて、履いたままお茶をいただいてしまったのもどなたかお気づきになったかしら…。
またいつか機会があったら、もう少し作法を身につけて、リラックスして臨めるようにしたい。
[PR]
by Medalog | 2016-07-20 11:40 | きもの | Comments(6)

福岡 二日目

居酒屋とラーメンをはしごした翌朝は、コーヒーとフルーツで軽めに朝食を済ませてホテルをチェックアウト。
博多駅近くのホテルだったので歩いて駅に向かい、大きな荷物を駅のコインロッカーに預けてから駅前のバス停へ。

福岡駅〜天神の繁華街エリアはバスの本数がとても多いうえに、料金が100円のエリアがあるので、乗りたい時に気軽に乗れるのがありがたい。
この日最初の目的地も、駅から10分足らずの100円エリア内だったのでお得な気分。

着いたのは柳橋連合市場。
街中にあるこじんまりした市場で、プロも買い出しに来るのだろうが近所の主婦が気軽に買いに来れるような雰囲気だ。
その中の「柳橋食堂」もこじんまりした店だが、開店時間の11時より前からお客さんが何組も入っている人気店のようだ。
そこで頼んだのが、こちら。

d0048332_17564383.jpg
海鮮丼。確か680円だったかな?
5種類ほどの魚のぶつ切りを醤油で和えてご飯にのせてある。
これが、とても美味しかった!
味が付いているのにそれぞれの魚の新鮮さと美味しさが際立っていて、また使われている九州独特の甘い醤油が刺身とよく合うのだ。
前日の夜に食べ過ぎたので、朝になってもまだお腹が空いてないと思っていたのに、箸が進んであっという間に食べ終わってしまった。



そのあとはまたバスに乗り、博多駅と反対方向にある西鉄福岡駅へ。
そこから電車で30分足らずのところにある、太宰府天満宮へ向かった。

d0048332_18155164.jpg
写真だと空いているように見えるが、実際はアジア系外国人の観光客で大賑わいだった。
日本の参拝マナーなどまるで気にする様子のない人々を見ていると、もはやここは日本ではないような気がするが、かつて自分が海外の教会などに観光に行った時に知らぬ間にマナー違反をしていなかったとは限らないし…
それに平日の観光地がこれほどまでに賑わっているのは海外からの観光客のおかげだろう。参道のお店も名物の梅ヶ枝餅を求める参拝者で行列ができていた。

d0048332_18271152.jpg
もちろん私もいただく事にした。というか、これが目的の一つだった。
初めて食べる梅ヶ枝餅。
餅といっても大福か饅頭のような柔らかい皮なのかと思ったら、薄いお餅そのままの生地で、焼きたては香ばしくパリパリ。中の餡子の上品な甘さと餅の香ばしさがとてもよく合って、美味しかった。
ただお餅の生地なので結構お腹がいっぱいになってしまった。また胃薬を飲んでおこう…



福岡市内に戻り、市内観光として福岡タワーへ。
福岡タワーはまさに福岡市内を一望できる素晴らしい眺めだったが、高いところが少々苦手なのでガラスの近くで景色を楽しむのはちょっと無理。
その後、近くのヤフオクドームまで歩く。
この日は試合がない事は知っていたが、実際行ってみたら土産物店の一つも空いていない完全クローズ状態。
ただせっかく人がいない時に行ったので、好きなポーズで記念撮影をしてきた。

d0048332_18394322.jpg
一本足打法!

…ここからまたバスに乗ってJR博多駅へ。
福岡名産の明太子やお菓子をあれこれ購入し、最後は長浜らーめんを食べて帰途へ着いた。



福岡と言えば博多織や久留米絣が気になるところだが、時間のない中で着物に興味のない夫を連れて行くのも気がひけるし、特に久留米絣などは価格を見て「着物ってこんなに高いのか」などと驚かれても困るので、最初から諦めていた。
その代わりに買った、唯一の着物周りのお土産がこれ。

d0048332_1852182.jpg
献上柄の手ぬぐい。もちろん織りではなく染め。
これはこれで福岡でしか買えないものだろうし、一応は満足です。
[PR]
by Medalog | 2016-07-04 18:57 | 旅行・食べ歩き | Comments(0)

懐中電灯

先日の夜、我が家の周辺が一時間弱の停電になった。
近所で交通事故があり、車両が送電設備を傷付けたらしい。

真っ暗な中で懐中電灯を探す。
先日の熊本地震の時に場所を確認してあったにもかかわらず、いざとなるとサッと取り出すのは難しいと思った。
当たり前の話だが、普段準備点検するときは明るいけれど、いざ使うときは周りが暗いんだよね…。
それに、ランタン型の懐中電灯を買っておいたはずなのに探せなくて「買ったのは気のせいだったかしら」と諦めてしまったのだが、電気が復活してから探しなおしたら懐中電灯と同じ場所にちゃんとあったり。

これが地震などで慌てているときだったら、もっと見つけにくいだろうから、今回はいい予習になった。
夜で夫が在宅していたので、夫も懐中電灯の場所を確認できたし。



もう一つ、懐中電灯で気づいたつまらないこと。
懐中電灯をテーブルの上に寝かせて灯りにしていたのだが、普段は真上の照明から当たる光が真横からに変わると、まあホコリが目立つ目立つ。
毎日拭いているはずのテーブルにも意外にホコリがたまってしまっていて、夫に見つかる前にそーっと拭き掃除(笑)。
洗面台にも懐中電灯を置いたら、隅々のホコリがこれまた目立つ…こちらは何日か拭いていなかったかも。
反省して、翌朝きっちり拭きあげた。

ホコリチェックをしたかったら、真横から光を当てるといいようです…
[PR]
by Medalog | 2016-06-10 12:13 | 生活 | Comments(0)

京都五条近くの路地で

先日、京都・五条でランチをした後にお友達と近くの路地を歩いていたら、ビルの一階に塗り物のお盆やお椀が無造作に積まれて格安で売られていた。
おそらくB級品扱いのものだと思うのだが普段使いするには十分で、その中のお盆の一つがどうしても欲しくなり、つい購入してしまった。
これから美術館に行くというタイミングで、荷物になると思いつつも衝動買い。



d0048332_119725.jpg
衝動買いは、手前の塗りの丸盆。

我が家はマンションでLDKには和の要素がないので、今まではお盆も写真奥のような無難なトレイばかり愛用。
最近はミドルサイズのお盆が欲しくて雑貨屋さんを巡って探していたのだが、無難なトレイはどこにでもある代わりに「これ!」という決め手がなくて買わないまま。

それがまさか、和テイストというより和そのものの塗り盆を買ってしまったのだ。
京都の街の雰囲気に押されたのかな〜。

でもいざ使い始めてみれば、ダイニングテーブルの色に近いのとテーブルの角にも丸みがあるので、出しっぱなしでも雰囲気が浮くこともない。
ミドルサイズというにはやや小さめなだが使い勝手が良いので結構出番が多く、すでに少々傷をつけてしまった。

ここ(塗り物のメーカーか卸の会社の駐車場)には他にも気になる塗り物があったが、B級品で安かったとはいえ大阪から交通費をかけて見にいけば割高になってしまうのよね。
今度また京都に行った時に五条まで行く余裕があれば、またこの通りに行ってみようかな〜。

そして他の小さな通りも、目的なくぷらぷらと歩いてみたくなった。
せっかく大阪に住んでいるのだから、美術館や呉服店目当てだけでなく、散歩と細々したお買い物のために京都に出かけるのもいいかも。
[PR]
by Medalog | 2016-05-31 11:41 | 生活 | Comments(6)

非常食

先日の九州の大地震を機に備蓄食を見直したら、賞味期限が切れているものが幾つかあった。
新しいものを買い足してから古いものを食べて消費することに。



魚の缶詰は種類が多くて栄養豊富、そのまま食べても料理の材料にしてもOKなので、優秀な食材だと思う。
普段はツナ缶ぐらいしか食べないが、備蓄用のサバやサンマの缶詰が期限切れになったので幾つか食べてみた。

うーん。
美味しいのだが、味付きのものは味がかなり濃い。
続けて何日も食べるのはしんどいと気がついた。
今まではなんとなく味付きのものばかり買い置きしていたが、これからは味が付いていない水煮缶を多めに買おう。



お湯や水を注ぐだけでご飯ができる乾燥米も、初めて食べてみる。

d0048332_12514889.jpg
熱湯を注いで15分間。
ほんのり温かい五目ご飯が260g出来上がる。
初めてなので恐る恐る食べてみたら、ややパサパサした食感だが思ったよりも普通の感覚で食べられた。
味が濃いとお吸い物などが欲しくなるだろうが、この商品は味の濃さがほどほどで、おかずがあってもなくても食べられそう。
あと一袋残っているので、お昼ご飯がうどんの時にでもこのご飯をおにぎりにして出してみようかな。
[PR]
by Medalog | 2016-05-09 13:22 | 生活 | Comments(0)

捨てられない〜

クローゼットの中の洋服がパンパンになり、着たい服を出してみると吊るしてあるにもかかわらず他の洋服に押されてシワがついてたりする。

少し前から「1枚買ったら2枚捨てる」を目標にしていた…はずなのだけど、気がつけばまた増えているような。
ちょうど今朝が不要な衣服の回収の日だったので、昨夜のうちに捨てる服を選び出した。

アウター、セーター、シャツ、カットソー、スカート、パンツ。
それぞれから1枚ずつ捨てる。
それぞれ10枚程度持っているとすれば、洋服の1割を処分できる!

そう思って選び始めたにもかかわらず、いやーやっぱり捨てられないわ。
もう何年も着ていない服や着古して質感が変わったり形が崩れている服が何枚もあるのに、その中からたった1枚を処分することができなくて。

長〜い時間をかけてようやく各アイテム1枚ずつを選んだ…というより無理やり決めて、ビニール袋に詰め込み、今朝は中身を見返すことなく「えいっ」と回収場所に置いてきた。
もったいなかったかな?と惜しむ気持ちと、捨ててスッキリした気持ちが入り混じるが、スッキリの方が上回っているのでよしとしよう。
ただ、それでもまだクローゼットがキツキツなのよね…

今後はバッグ類や靴、化粧品なども1割処分を目指して片付ける予定。
ただ着物関係だけは別。
義母の着物を断腸の思いで整理し終わったところだから当分は減らすことは忘れて、せめて整理整頓だけはしようかな。
[PR]
by Medalog | 2016-05-07 14:31 | 生活 | Comments(6)

スマートフォン

3年近く愛用したスマートフォンの調子が悪くなってきたので、新機種に買い替えた。

若い頃は携帯電話の買い替えはテンションが上がる出来事で、どの機種の何色を買うか、待受画面や着信音はどれにするか等々、ワクワクしたもの。
しかし今は手続きやデータのバックアップ、新機種の機能の確認などがただただ面倒。

私は心配性なので、データのバックアップもクラウドにSDカードにパソコン本体に、とあれこれやっているうちに訳がわからなくなる始末。
若い子は機種変更なんてサクサクっと済ませちゃうんでしょうねえ。

とはいえ新しくてきれいなものが手元にあるのはやはり嬉しい。
電池の持ちは良くなったし、画面が大きくなったので老眼にも優しい。
カメラの画素数も増えたので、これからブログに上げる写真も少しはきれいになるかな?
[PR]
by Medalog | 2016-04-26 18:41 | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る