メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

タグ:きもの ( 117 ) タグの人気記事

先週末、義母の七回忌の法要を済ませた。

義母には、義父をずっと見守っていてくださいねと改めてお願いした。
そしてもうひとつ、義母の持ち物であったウールの着物を処分させてもらいますね、という報告も。



義父によると、義母は生前に、着物は息子の妻である私に全て譲りたい、他の親戚には譲りたくないと言っていたそうで、その結果として礼装からウールまでたくさんの着物が我が家に運び込まれた。

寸法や保存状態からしてそのまま着られる着物はなかった。
正絹の着物のうち数枚はシミ抜きや色掛け、洗い張りと仕立て直しなどをした上でありがたく着させてもらっている。

しかし、ウールの着物はどうしても着る機会がない。
自宅では着物を着ないので元々ウール着物に馴染みがなく、義母のお下がりをもらってから6年たっても自宅でウール着物を着る気にはならなかった。
それでも今まで手元に置いていたのは、ウールとはいえ着物なので洋服以上に処分することに抵抗があったし、また着物を解けば一枚の布になるので、なにかに繰り回せるのではないかという思いがあったから。

でもこの6年間一度も着ることがなく、繰り回す方法も思いつかなかったウールの着物たち。
我が家には押入れがないためダンボールに詰めたまま洋室の床に置いてある状態で、いつかはなんとかしなければならないと思いつつ踏ん切りがつかなかったのを、今回思い切ることにした。

念のため法要に集まった親戚一同に、義母のウール着物が欲しい方はいらっしゃいますか?と聞いてみたが、着物好きの人でもウールは着る機会がないということだったので決心がついた。



そしてこうやってブログに書くことで、さらに自分の背中を押しているのです。
決心がついたと言っても、まだ少々迷いがあるのかも。
そんな私の心の中のささやかな葛藤について、読んでくださってありがとうございました。
[PR]
by Medalog | 2015-11-04 11:10 | きもの | Comments(6)

銘仙?

テレビで秩父銘仙について取り上げていたのでなんとなく見ていた。

銘仙の着物がずらっと並んだカットを「鮮やかだなー」と眺めていて、一枚の着物にふと目が止まった。

d0048332_9344887.jpg
(テレビ画面を撮影したので見苦しくてすみません)
上部中央にある青と黒の市松模様の着物に、強烈な見覚えがあったのだ。



d0048332_9345222.gif
義母の形見である市松模様の着物。
青色の色味は違うが、市松の大きさや生地のツヤ感が、テレビで見た銘仙の市松模様の着物にそっくりなのだ。



この着物は義母が亡くなってから譲られたので産地などを聞いたことはなく、このブログの中では「市松紬」などと書いていたのだが、もしかしたらこれって銘仙なのだろうか?



私が着物を着るようになったのは40代になってからなので、色も柄も派手な銘仙の着物を自ら買うわけはなく、自分には縁がない着物だと思っていた。
でも、もしこの市松の着物が銘仙だったら、思いがけず着る機会に恵まれたことになる。

銘仙であっても、そうでなくても、自分のなかでこの着物の位置付けが変わるわけではないが、今まで縁がないと思っていたものに縁ができたとしたら楽しいと思う。
そして、銘仙かもしれないと思うと帯や小物のコーディネイトでもっと遊んでみたい、と思えるのが不思議。

よし、この秋はこの市松着物で、今までで一番思い切ったコーディネイトに挑戦してみる!
ささやかな楽しみが増えました。



9/20追記
銘仙を検索しているなかで、特別展「きもの モダニズム」という展示を見つけました。
9/26から六本木の泉屋博古館分館にて開催されるそうです。
東京なので私は行く機会があるかどうかわかりませんが、綺麗な銘仙がたくさん見られそうなので、ご興味のある方は是非。

[PR]
by Medalog | 2015-09-19 09:58 | きもの | Comments(6)

ぐちゃぐちゃ

先日着物を着るときに気がついた。

たとう紙の表書きと中身がぐちゃぐちゃに混ざってる!
特に帯。

着物と帯のコーデを考えているとき、
Aのたとう紙にBを入れてしまい、空いたBのたとう紙にCを入れて…と
順々にズレてしまうのが原因。
だらしないですねえ。

梅雨が明けて湿度が下がったら、着物と帯を正しいたとう紙に入れ替えよう。
梅雨明けはいつかな?
もう、あっという間に夏が来るなあ。
[PR]
by Medalog | 2015-06-25 18:51 | きもの | Comments(0)

衣装敷きの裏表

衣装敷きには白い面と柄のある面が裏表になっているものが多い。

d0048332_153119.jpg
私はなんとなく柄のある面を上にしていたのだが、先日呉服店で衣装敷きの上に着物を広げているところを見ていたら白いほうを上にしていたので「あれ?」と思い、あとで調べてみた。

すると「白いほうが上(着物を広げる面)」というのが正しいらしい。

考えてみたら、そりゃそうだと思う。

d0048332_15341.jpg
柄のある面の上に着物や帯を広げるとごちゃごちゃと見栄えが悪く、ブログに載せる写真を撮る時にいつも気になっていたのだ。

撮影しなくても、着物や帯を広げた時にそれらが映えて見える白い面を上にした方がいいに決まっている。

うちの衣装敷きは長いこと白い面が床に接していたが、さっと乾拭きして今後は白い面を上に向けることにした。



そんなわけで、衣装敷きの白い面を上にしてようやく「15分でできる着付け」の練習を始めることにした。
さてさて結果やいかに?
[PR]
by Medalog | 2015-03-16 15:18 | きもの | Comments(0)

ヤフオク!

先日裄が長めの羽織を買ったことで、それに合わせられる裄が長い小紋を思い出した。
最近着ていなかったので羽織と合わせてまた着るようにしようかな、と思いつつ畳紙を開けてみたら、丸洗いに出して以来着ていなかったようでピシッときれいな状態。

それを見て、ふと思った。
綺麗な状態のまま、ヤフオクに出してどなたかにお譲りしようかと。



d0048332_8404262.jpgこの小紋は、着物を着るようになったばかりのころに仕立て上がりLサイズのものを購入した。

色柄が洋服の感覚に近くて着物初心者でも着やすく重宝していたのだが、Lサイズということで裄だけでなく身丈も長いのが難点。

着付けのたびにおはしょりの始末に苦労するので、着物が増えるにつれて着付けがしやすい他の着物を着るようになり、いつのまにか箪笥の肥やしになっていた。

また柄が少々カジュアルなのも着る機会を減らしている。
私が着物で誰かと出掛ける時は「ちょっとおしゃれしてお出かけ」という気分なので、この柄の着物には手が伸びない。
かといって一人で出掛ける時には、寸法が合っていて着付けがしやすい他の着物を選んでしまう。

そんなわけで、気に入っているのに着る機会が少ない可哀想な着物となってしまったのだ。



この小紋には「この着物でなければダメ」というシチュエーションも無いし、今後も袖を通す機会が増えることはなさそう。
それなら、状態が良い今のうちに手放したほうがいいのではないだろうか?

「手放してもいい」と思えるもので、人に譲れる状態の良さを保っているものはなかなか無い。
着物ではこの小紋だけだし、小紋とセットで手放してもいい帯を探してみたら写真の名古屋帯が一本だけだった。
小紋も名古屋帯も、最近着ていないだけでなく、仕立て上がりの既製品を購入したので愛着が少々薄いのかも。もちろん既製品なので格安だったという現実的な理由もあるが。

ともあれ、このセットは手放すことを決心した。
Lサイズで大きいというのは私にとっては欠点だが、背が高い人にとっては長所になるはずなので、そういう人がこの小紋を着てくれたら嬉しいなあ。



写真を何枚も撮影して、文章や価格設定を考えて、ヤフオクのページに下書きを書いて。
あとは「出品する」のボタンを押すだけというところで、手が止まった。

惜しいのではない。
よく考えたら、この小紋も帯も縮緬地なので、この時期に出品しても需要が少ないのではないかと気が付いたからだ。
結局出品は秋まで待つことにして、また綺麗に畳んで箪笥に収納した。



決して「断捨離」などという思い詰めたことではなく、本当に「この小紋は手放してあげたほうがいい」と感じたのが我ながら不思議だ。
次に着物を買うなら小紋がいいと思っているので、この小紋を手放したらそのスペースに新しい小紋を買って収納できるわ、という気持ちがあるのも否定できないし。

着物関係に限らず、こうやって「手放そう」とか「処分しよう」という天の声が聞こえることがたまにあるので、その機会を逃さずに実行に移すのは大事だと思う今日このごろ。
今回は出品を先延ばしにしたけれど、秋には必ず出品するつもりだ。
[PR]
by Medalog | 2014-04-07 09:36 | きもの | Comments(6)

2週連続で京都へ

お友達と京都・御所南のイタリアンでランチ。
2週連続で京都なんて久しぶりに楽しい日々だ。

お店は、イタリア料理Fiorisca(フィオリスカ)
こじんまりした店だが、趣向を凝らした料理がとても楽しく美味しかった。


d0048332_17484718.jpg
前菜がこのボリューム、この楽しさ!

そして、衝撃のひと皿。
d0048332_17485170.jpg
このピンク、なんとイチゴ!ストロベリー!
イチゴとゴルゴンゾーラのリゾットが出てきた時にはさすがに驚いたが、なにしろ色が春らしくて綺麗だし、食べてみたらゴルゴンゾーラとの相性がとてもよく美味しかった。
こういう工夫は贅沢な気持ちにさせてくれますねえ。

お腹いっぱい、ごちそうさまでした。



そのあとは歩いてだいやすへ。
数年ぶりに出掛けたのだが、相変わらず素敵な品物が山盛り。
自分なりに着物や帯の数は揃っていると思いつつ、気が付けばひとつの商品の前に座り込んでいる自分…。
先週に引き続き、この日もいろいろな着物や帯を見て、幸せ幸せ。
たくさんおしゃべりもして嬉しく楽しかった春の一日だった。



d0048332_1918259.jpg

十日町紬と博多綾織の八寸帯、単の羽織。
帯揚げと帯締めはグリーンで少し春らしさを出してみた。
帯留はタケノコとワラビ。初めての季節柄の帯留が、桜ではなく山菜になってしまったけれど気に入っている。

羽織紐は、この日だいやすさんで購入したもの。
今まで持っていた羽織紐が冬色のものばかりでこの日の朝も困っていたので、軽やかなビーズのものを購入してその場で付け替えてしまった(笑)。
細くて華奢な感じが単の羽織とちょうどいいバランスになったと思う。

着物で楽しい一日、何よりの贅沢だなあ。
[PR]
by Medalog | 2014-03-28 18:14 | きもの | Comments(4)

夏物!

高島屋に出掛けて、バレンタインのチョコを買ってきた。
品揃えがあまりにも豊富だったので、夫にあげるチョコ、夫婦二人で食べるチョコ、自分だけのチョコ…などと予定よりも多く買い込んでしまって反省。
これじゃあ痩せるわけないわ。



そのあと久しぶりに呉服売り場に行ってみた。
春っぽい色の反物でも見てウキウキしたいと思っていたら、なんと薄物が並んでいた。
涼しげな色柄の、夏大島や夏越後、絽の小紋、等々。

ファー付きのコートを着てマフラーを巻いている状態で眺める夏の着物は、軽やかで儚げで、まるで羽衣のようだった。
同じ反物を真夏に見たら、いくら上等な薄物でもこれほど軽やかには見えないと思う。

それにしても、外では手先が痛くなるような冷たい風が吹いているのに、着物上級者の方々は2月上旬から夏物の準備を始めるのか…と感心してしまった。



あ、もちろん今の季節に着たいような反物もたくさん置いてあった。
ふんわりした色の石下結城が各色並んでいて、眺めていたら気分もふんわり。

着物を着るようになってから、ふんわり色の無地結城が欲しいなあ〜とずっと思っている。
石下結城なら価格的に手が届きやすいのだが「せっかく買うのなら本場結城でなければあとで後悔するかも」という思いがあって、結局どちらも買えずにぐずぐずしている。
でも、自分が着物を着る頻度や将来着るであろう回数の少なさなどを考えたら、今後何年も迷っているよりは気に入った色の石下結城を早く手に入れて、一回でも多く着たほうが幸せなのかも。
[PR]
by Medalog | 2014-02-12 22:04 | きもの | Comments(2)

梅田をウロウロ

今日は年に一度の健康診断だったので朝から病院に行ってきた。

好きな医療機関を自分で選べるので今までは自宅から行きやすいところにしてきたが、今年は梅田(大阪駅周辺)にある医療機関を選んでみた。
どうせ出掛けるなら帰りにちょっと寄り道できるところがいいという理由で選んだのだが、検査はとてもスムーズでスタッフさんたちの対応もよく、特に採血の注射が今までで一番痛くなかったのが嬉しかった。

検査結果はまだ分からないが、1年前は引越しのドタバタに紛れて受診をさぼってしまったのが気になっており、今年は受診できたのでまずは一安心。
午前中のうちに開放されたので梅田で1人ランチを楽しみ、久しぶりに梅田界隈を一人でぶらぶらしてみた。



阪急百貨店。
少し前に改装してとても綺麗になったのだが、いつも混雑しているイメージだったのでなかなか行く機会がなく、久しぶりに入ってみた。

d0048332_16102788.jpg
4フロア分の巨大な吹き抜けに、美しいツリーが輝いている。
この吹き抜けは1階でなく9階にあり、何も知らずにエスカレーターで上っていったら目の前にこの景色がど〜んと出てきてびっくりしてしまった。
阪急百貨店、贅沢な作りになっているなあ〜。



レストランに入るには少し早い時間だったので、呉服売り場に行ってみる。
売り場の中央に比較的手頃な価格の紬や帯・小物などを扱う一角があり、そこにあったガラスの帯留に一目惚れ。
自分好みの色使いだったので、つい衝動買い。
あとで手持ちの帯締めと合わせて遊んでみよう。

呉服売り場を出ようとしたら、そこにきくちいまさんの「ひきだし屋」が限定出店されていたのでふらふらと立ち寄る。
リサイクルの大島紬の中に、柄ゆきがシンプルながら面白く、状態もいいし裄もなんとか足りているという一枚があったので身体に当ててもらった。
幾何学的な柄ゆきが珍しいので気に入ったし、色も柄も手持ちのいろいろな帯を合わせやすそうでもある。
また価格も手頃なのでかなり迷ったのだが、残念なことに暗めのグレー地がどうも顔映りが悪く感じてしまって結局買わずじまいだった。ちょっと残念だけど顔映りは大事だものね…
※ひきだし屋さんの出店は明日までだそうです。



その後、グランフロント大阪へ。

案内板を眺めていたら、カレンブロッソの店があることに気付いた。
カレンブロッソの草履は数年前から気になっていて、買いたくて店舗に行ったこともあるのだが、その時は欲しい色味がなかったのと鼻緒のすげ替えが出来ないことが気になってしまい買わなかった。
その後お友達が愛用していて履き心地がいいという話を聞き「やっぱり買おうかな」と思っていたところに発見してしまったこのお店。さっそく行ってみた。

店頭にはいろいろな草履が置いてあるが、ここの草履は普通の履物店と違ってその場で鼻緒をすげるわけにはいかないので現品で気に入ったものが無ければオーダーして3週間ほど待つことになる。
店頭に並ぶ草履はどれも素敵で自分好みの台や鼻緒も多かったが、鼻緒・台・寸法の全てが好みの組み合わせはなかったので、とうとう自分好みのものをオーダーしてしまった。うふふ。
年末に届く予定なので、年明けにはまた着物を着る機会を作らなくっちゃ。



久しぶりに着物関係の買い物をして、嬉しい時間だった。
ちなみに1人ランチは中国粥。私は中国粥が大好きなのだが、夫と一緒だとお粥では物足りないからと嫌がるので自分一人のときに行くに限るのだ。
阪急百貨店内のお粥やさんに初めて行ったのだが、お粥の出汁がしっかり効いていて量も程よく、美味しかった。また行こう。
[PR]
by Medalog | 2013-12-09 16:54 | 生活 | Comments(6)
先週は涼しい日が多かった大阪だが、今週は暑さがぶり返した。

一度涼しくなったせいか残暑のムシムシ感が我慢できず、久しぶりに朝からクーラーをつけてしまった。

部屋が涼しくなったら急に着物のことが気になったので、久しぶりに1セット引っ張り出してみた。

d0048332_2047539.jpg
この時期に着られる着物と帯はいくつも持っていないので、これも目新しい組み合わせでもないのだが、見慣れたものでも着物や帯を見て触るのはやっぱり楽しい。

今週末か来週の頭にちょこっと京都へ行きたいと思っていたところなので、思い立ったが吉日、せっかくだから今日にでも着物で行っちゃおう!…と思ったのだが、窓の外はすごく暑そう。
しばらくぐずぐずと悩んだ結果、結局今日は行く気になれずにまた箪笥へ戻してしまった。
あ〜あ残念。



来週は少し気温が下がりそうなので、台風の影響がなければ久しぶりに着物を着るかなー。

最近はすっかり体力が落ちてしまって(病気ではなく運動不足と加齢)、着物を長時間来ていられるかどうか怪しいので、まずは軽い外出から馴らしていかないと。
せっかく箪笥でスタンバイしている着物があるのだから、楽しまないと損だもんね!
[PR]
by Medalog | 2013-09-13 21:03 | きもの | Comments(6)
前回の記事に載せたコーデを着たときの写真。

d0048332_10574098.jpg薄いぼかしが入ったクリーム色の十日町紬と、生紬の染め帯。

この帯は前帯が裏表で柄が異なり、裏側は下のほうにグレーのぼかしが入っているのだが、今回は春らしい色合いにしたくて、ぼかしがない方を表にして結んでみた。

…うーん、着物と同化してしまったような。
自分の目で見ると、着物と帯は質感がかなり違うのでこれほど同化している感じはしなかったのだけど。

この組み合わせにアイボリー色のレースのショールを羽織り、ピンクの草履を合わせて出掛けたので、普段は洋服も着物も地味な私にとっては落ち着かないほどの明るい出で立ちになってしまった。
でも気分が明るくなるので、たまにはいいかな。

帯揚げは、きねやさんの白地に黄色い絞りが入ったもの。
絞りは桜の花びら。地模様も桜で、私の着物関係では数少ない季節柄のもの。

季節柄の着物や帯は欲しくてもなかなか買う勇気がない私だが、帯揚げ一枚でも季節に合わせて使うと楽しい気持ちになるのに、これが着物や帯だったらどれほどテンションが上がるだろうと想像すると、やっぱり欲しくなってしまうなあ。



写真を見て思うのは、この着物はちょっと裄が長いかな?ということだ。

私の身長は156センチ。
着物のことを何もわからない時に呉服店で採寸をお任せして出来上がってきた着物が1尺8寸2分で、手首のくるぶしがすっぽり隠れてしまう長さだった。
それが自分のジャストサイズだと思っていたのだが、身長に合わせた既製品の着物や襦袢を買うと1尺7寸5分で、手首のくるぶしが全部見えるぐらいの長さになり、それ以来ずーーーっと悩み続けて現在に至っている。

この着物は間を取って1尺8寸にしたのだが、それでも手首はほとんど隠れるし、写真で見るとなんだか袖の布の量が妙に多いように感じてしまう。

あー宝くじが当たったら新しい着物を買うより家中の着物・襦袢・羽織りものの裄を合わせたいなー!
[PR]
by Medalog | 2013-04-09 11:42 | きもの | Comments(4)