<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

無題

義父が急逝し、夫の実家へ帰っていた。



私のような、がさつで気の利かない嫁にもいつも優しかった義父なので、亡くなったことはとても悲しく寂しく残念であり、もっと親孝行せねばならなかったのではないかという後悔もたくさんあり。



そして、足腰や聴力は弱っていたものの直前まで日常通りの生活を送っていた義父が急に亡くなってしまったことへの衝撃も。
私自身にも病気や怪我、事故や事件や天災など、いつ何が起こってもおかしくないのだと改めて思った。



このようなことは身内や親しい人が亡くなると誰もが感じることなんだろうと思う。
それに向き合うことは大切だが、マイナスの思いばかりが強くなってしまうのはよくない。
生きててありがたいな、ラッキーだなと思えるように毎日を過ごしたいと思う。

なにか大きなことを成すもよし、小さな毎日の生活を大切に過ごすのもよし、自分が思うようにのびのびと暮らすもよし。
最近は目標などすっかり見失っている私だけれど、どのような方向であっても一歩ずつ進める人生でありたいな。

[PR]
by Medalog | 2017-01-20 12:37 | 生活 | Comments(6)

振袖

昨日は成人の日で、大阪市内でも振袖姿の若い女性をたくさん見かけた。

毎年成人式の女性を見る機会があるわけではないが、少し前よりも色味や柄が古典的で上質なものが増えたように感じる。
そしてそういう振袖が、若い女性たちによく似合うこと!
着姿を見ているこちらも華やかな気持ちになれるし、着ている本人たちも気分が高揚しているのがわかって微笑ましい。
この日に振袖を着た女性たちが、今後自前のものでもレンタルでもいいから「また着たいな、着よう」と思ってくれたらいいな。



前にも書いたかもしれないが自分は成人式の日に振袖を着なかった。
当時は全く後悔しないどころか「振袖なんで無駄遣いじゃん」などと思っていたのだが、今になって惜しいことをしたと思う。
こればかりは今から着るわけにはいかないものね…

もしも、万が一、パーティーやらカラオケ大会出場やらで振袖を着る機会ができたとしても、肌のハリとツヤが圧倒的に足りないわ。
舞台衣装で振袖を着こなす演歌歌手の方などは、実際に見たらきっとものすごく肌がきれいで華やかなオーラを放っているんだと思う。
街中で某大物演歌歌手の女性を見たという友人が、まず後ろ姿から強烈なオーラを放っていて、振り向いたらさらにすごくてテレビで見るよりずっと華やかできれいだった!と昂奮していたのを思い出す。

とても真似できることじゃないけれど、紬を着るときだって肌の調子がいいに越したことはないので、せめて朝晩の化粧水と乳液を少し多めにつけることにしよう。

[PR]
by Medalog | 2017-01-10 10:46 | きもの | Comments(2)

今年もよろしくお願いします

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



昨年は、今までの人生で一番何もしなかった年だったかも。
年初から少々体調が良くなかった上に中盤には五十肩にもなり、と言っても日常生活に支障があるほどでもなかったのですが、なんだか気分がずっと鬱陶しかったので
「よし、今年はもうのんびりだらりと自分を甘やかして過ごしてやる!」
と勝手に心に決めて過ごしたのでした。
無事是名馬などと言っては大げさですが、とにかく今年を穏やかな気持ちで乗り切れたらいいな、と。

その結果、おかげさまで穏やかに楽しく年を越せました。
しかし思えば、もともとのんびりだらりと過ごしていたのにそこに自ら拍車をかけてしまったわけで…(笑)
振り返ってみるとこれほど何もしない年もなかったなと反省するやら呆れるやら。
心身ともにすっかり緩んでしまったようです。

今年は反省して、多少は実りのある年にしたいと思います。
と言っても急に有意義なことを始めるわけでもないですが、まずは心身ともにシャキッとさせることですね。
体重計にも長い間乗っていないし…
五十肩はまだまだ続きそうですが、久しぶりに着物も着たいです。



日々忙しくお過ごしの皆さまにはくだらない話で恐縮です。
今年もこんな感じで参りますので、よろしくお願い申しあげます。



[PR]
by Medalog | 2017-01-06 20:03 | 生活 | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る