<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

切らない作り帯

切らない作り帯が仕上がってきたので、ご紹介を。

d0048332_16352429.jpg
お太鼓は仕上がりの形に縫い止められている。
前帯は左側に伸び、途中で折り返して右側から手先をお太鼓に差し入れ、左側に手先が少し出ている状態で縫い止められている。
お太鼓の右下と、前帯の折り返した部分の下側に、それぞれ紐が縫い付けられている。

この帯は六通なので柄だしの指定はしなかったが、お太鼓の下とたれの部分の柄がきちんと合わせてあった。
またお太鼓の大きさは自分好みに指定できた。
見本の作り帯のお太鼓の大きさがちょうど良かったので「これと同じぐらい」と注文した。



帯の巻き方はみなさん想像がつくと思うが、一応写真に収めてみた。
自分に巻くと写真がうまく取れないので、クッションに巻いてます。

d0048332_16404779.jpgお太鼓に帯枕と帯揚げを通して背中に背負い、帯枕の紐を締めて背中に固定する。

写真は帯枕の紐だけで帯を支えている状態。

左に垂れ下がっている前帯の重さも帯枕の紐だけで受け止めているので、立ったまま紐を締めるのは結構大変だ。

ひざまずいて前帯を床につけた状態にして、背中が床と平行になるようにすると、前帯の重さがなくなるので帯枕の紐を締めやすかった。

前帯を椅子などに乗せるのもいいかも。

d0048332_16435385.jpgしっかり固定できたら、左に垂れている前帯を前から右に回して、背中とお太鼓の間を通して左側まで巻く。

簡単な作業だが、この時点でぎゅっとしっかり巻くのは結構難しい。

慣れれば大丈夫かな。

この時点でも、支えているのは帯枕の紐のみ。

d0048332_16435828.jpg左側まで回すと、紐が左右の下側に垂れるので、それを持って少しずつ左右に引き締めていく。

ぎゅっぎゅっと交互に引き締めていくうちに、結構しっかり前帯を締めることができた。

d0048332_16440328.jpg(投げやりな写真ですみません)

左右に引っ張って引き締めた紐は、前に持ってきて帯の下で結び、帯の中に入れ込む。

ここまでくると帯は安定しているので、帯枕を締め直したり帯揚げを整えるのも、帯紐を締めるのも楽になる。



というわけで、帯結びが非常に簡単な作業になった。

クッションに巻いたあとで、この帯が五十肩でも本当に締められるのか自分でも試してみた。
帯枕と帯揚げをお太鼓に通した状態で、スタート!
一度クッションで予習をしたこともあり、すいすいと進む。
鏡でお太鼓の柄や形を確認する必要もないので、あっという間に終了。
なんと、帯揚げを整え帯締めを締めるまで5分もかからない!
これは使える!

ただひとつ思ったのは、帯を縫い止めなくてもクリップで一番上の写真の状態に固定することができれば、似たような着付けはできそうだ。
実際にそのような着付け方法をネット動画で見たこともある。
でもお太鼓や左右の紐がしっかりと縫い付けられていることによる安定感・安心感は抜群だ。
もしも「帯が締めにくいから着物を着る機会が減った」という方がいらっしゃるなら、切らずに作れる作り帯を一本お試しになったらいいと思う。



ちなみにこの帯を選んだ理由は、厚みと重さがあるので、五十肩だと普通の巻き方ではしっかり体に巻くのが辛いと思ったから。
薄手の八寸帯なら多少力が入らなくてもなんとか締められそうだが、この帯はそうはいかない。

そうやって厚手の帯を選んだせいもあるだろうが、収納が少々かさばるのが難点ではある。
前帯におかしな折り目を作らないためには、収納時のたたみ方はほぼ決まってしまって工夫のしようがない。今までの2倍ほどの厚みになってしまう。
今回この帯を仕立てただいやすさんでは作り帯用の収納箱も別売していたが、我が家ではその箱を置く場所がないので今まで通り畳紙に包んでタンスに入れている。
今後作り帯が増えたら、収納のことも考えないといけないかも。

費用は掛かったが納得の仕上がりと使い心地だったので、頼んで良かった。
長さが足りなくて困っていた帯があるので、今回の帯を参考にして自作の切らない作り帯も作ってみようと思う。
でも普通の縫い針で、芯が入ったお太鼓に針が通るのかな…?


[PR]
by Medalog | 2016-12-09 18:01 | きもの | Comments(8)

出町柳から歩いて歩いて

京都に行く用事ができたので、京都市内の紅葉がまだ残っているところがあるかと検索してみたら、ほとんどの紅葉名所では盛りを過ぎているが下鴨神社の糺ノ森はまだ大丈夫という情報を見つけた。
下鴨神社には行ったことがなかったので、この機会に行ってみた。

なぜか下鴨神社は遠いというイメージがあったのだが、京阪の始発駅・出町柳駅から歩いてすぐの場所にあるので、京阪沿線に住む私にとってはわりと行きやすい場所だった。

d0048332_11031215.jpg

駅から徒歩数分で大鳥居に着き、そこを通ると噂のマンションが建設中。

建設前の状態は知らないが、確かに世界遺産の神社がこの状況では多くの人がガッカリするのも仕方がないかも。

下鴨神社にふさわしいマンションと参道が整備されることを期待しましょう。


d0048332_11175807.jpg























期待の紅葉は残念ながらもうほとんど残っていながったが、糺ノ森の魅力は十分に味わえたので良かった。
伊勢神宮は天を突くような杉の木が印象的だが、糺ノ森は木の種類がとても多く自然の雰囲気が味わえるので四季折々に訪れてみたくなった。

d0048332_13451785.jpg















下鴨神社境内のみたらし池にちなむという、みたらし団子。
スプーンはあんをかけるために付いている…のかな?



団子を食べ終え、この日の目的地は四条烏丸の西にあるだいやすさんなので、そこまでどうやって行こうか考える。
銀閣寺から哲学の道〜祗園までバスと徒歩で南下して紅葉を探そうか、細見美術館の展示を見ようか、と迷ったが、そちらを回るとだいやすに行くのが面倒になりそうなので、いっそ直接徒歩で向かうことに。
途中の京都御苑で紅葉が見られるかもしれないし。



d0048332_13513692.jpg

出町柳から南西を目指して、てくてく歩き始めた。

お昼時にお団子を食べてしまい、お腹の具合が中途半端。
かけそば一杯ぐらいがちょうどいい感じだが、通りすがりの蕎麦屋は行列だったり、お品書きが出ていない高級そうな店だったりで、なかなか入れない。

そこで思いついて、可愛いパン屋でパンを買い、京都御苑へ。

着いてみると、人影が少ないのにベンチがあるという、一人でパンを食べるのにおあつらえ向きの状況。

念のために京都御苑内で飲食可能なのか調べてみたら、芝生でお弁当を食べるのはOKとのこと。

ベンチについての記載はないが、芝生で食べてもいいならベンチでも大丈夫だろうということで、ここに座ってひとりでたまごパンをかじる。

今後京都御苑に行くことはあっても、ここでパンを食べる機会はもうないと思うので、いい思い出になったな〜。
…いや、すごく気持ちが良かったから、またパンやお弁当を持って散歩に行こうかしら。
芝生に入っていいなら敷物も持って行って、御苑の芝生に寝転んでみたい!

食べ終わったら、御苑内をひたすら南下。
平らで歩きやすいはずなのに、ずっと砂利が敷かれていて一歩一歩踏みしめるように歩かないといけないので、結構疲れてしまった。

やっと御苑を抜けると、あとは街中をひたすら歩く。
大通りの歩道を歩いてもつまらないので路地を選んで歩いてみたが、残念ながらこの日はあまり面白い発見などもなく、少し足を伸ばせば二条城なのにその元気もなく、疲れ果ててだいやすさんまでたどり着いた。

ちなみに下鴨神社からだいやすさんまで、約13,000歩だった。
<訂正/自宅〜下鴨神社〜だいやすさんが約13,000歩だったので、下鴨神社〜だいやすさんは多分10,000歩ぐらいかな?>



店を出て、もしかしたら祗園の伊澤屋さんでワゴンセールをやっているかも…と疲れた足を向けてみたら、これが正解!この日が最終日だった。
そして帯締めを一本、手に入れてしまった…。五十肩で着物を着る機会も少ないというのに…。



だいやすさんで引き取ってきた「切らない作り帯」の話はまた次回。

[PR]
by Medalog | 2016-12-05 14:37 | 生活 | Comments(2)

セルフ・ハンディキャッピング?

五十肩で左手が上がらないので、頭上での作業はできるだけしたくない。
しかしそういうときに限って、なぜか家の中の高いところがあれこれ気になってしまう。

今とてもやりたいのが、洗面台の収納の整頓だ。
洗面台の収納は天井までの高さがあり、上の方には何年も使っていないものがなんとなく入れてある。
古いマニキュアや除光液、肌に合わなかった化粧水の残り、化粧品の試供品など、女性がいればどこの家にもあるようなものだ。

収納には扉があるので、そこを片付けなくても見た目が悪い訳ではないし、何か他のものを入れたい訳でもない。
なのに、片付けたいと思うようになったのは、明らかに五十肩になってから。
小さくて軽いものばかりだがガラス瓶も多く、もし落とせば洗面ボウルにヒビが入る可能性があるので肩が治るまでは触らない方がいい、と思えば思うほど気になってしまうのだ。



こういうのって、例えば試験の前日に部屋や机の整頓がしたくなるのと同じ心境なのかな?
そういえば確かこういう心境に名称があったような、と思い調べてみると、このような概念を「セルフ・ハンディキャッピング」というらしい。
これは自己防衛のために自らハンディキャップを作り出すことで、もし翌日の試験に失敗したら「前日に整頓しなければ成功したのに」と言い訳ができるし、成功したら「前日に勉強しなかったのに成功した」と自分を褒めることができる。どちらに転んでも自分を守れる、ということらしい。
ちなみに、勉強したのに「私全然勉強してない、どうしよう」なんて言うのもセルフ・ハンディキャッピングらしい。

ふーん。
単に「勉強に飽きる」とか「苦手な事から逃げたい」というのではなく、その先に自己防衛があるとは知らなかったわ。

…と感心してしまったが、試験や仕事ならともかく、我が家の洗面所の収納に成功しようが失敗しようが誰に怒られるわけでも褒められるわけでもなく、自己防衛の必要など全くない。
結局、今の私の心境はセルフ・ハンディキャッピング」じゃないのかも。
他にピタッとくる概念があるのかしら?



なんてあれこれ考えた結果、こんな事ですぐにパソコンを開いてしまうから五十肩が治らないんだな、と反省したのだった。

[PR]
by Medalog | 2016-12-01 09:00 | 生活 | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る