<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スマートフォン

3年近く愛用したスマートフォンの調子が悪くなってきたので、新機種に買い替えた。

若い頃は携帯電話の買い替えはテンションが上がる出来事で、どの機種の何色を買うか、待受画面や着信音はどれにするか等々、ワクワクしたもの。
しかし今は手続きやデータのバックアップ、新機種の機能の確認などがただただ面倒。

私は心配性なので、データのバックアップもクラウドにSDカードにパソコン本体に、とあれこれやっているうちに訳がわからなくなる始末。
若い子は機種変更なんてサクサクっと済ませちゃうんでしょうねえ。

とはいえ新しくてきれいなものが手元にあるのはやはり嬉しい。
電池の持ちは良くなったし、画面が大きくなったので老眼にも優しい。
カメラの画素数も増えたので、これからブログに上げる写真も少しはきれいになるかな?
[PR]
by Medalog | 2016-04-26 18:41 | Comments(0)

八掛の天地替え

d0048332_934837.jpg

八掛の裾が擦り切れてしまったグレーの紬。
そろそろ袷の季節が終わるので、八掛の天地替えを依頼することにした。

直接持ち込める懇意の店がないので、ネットで検索。
八掛の交換はどこでも扱っているが、天地替えをホームページに明記してあるところはあまり多くない。
もちろん問い合わせをすれば扱いの有無やら金額を教えてくれるのだろうが、何社にも問い合わせるのは面倒なので、ネットに金額が明記されていて我が家からあまり遠くない店にお願いすることにした。

八掛の擦り切れた部分をカットするので、八掛が短くなる分だけ胴裏を伸ばすらしい。
もともと八掛や胴裏に余分な縫込みがあれば問題ないが、なければ胴裏を継ぐのでその分代金が上がるとのこと。
それでも新たな八掛を買うよりは安く済むのでありがたい。

それにしても、和裁ができれば八掛の天地替えぐらいは自分でできるのかなと思う。
天地替えをしなくても、八掛の裾をバイヤステープやガロンテープでくるむことで擦り切れを防止したり隠すこともできるそうだ。
普段着用の着物なら、初めから自分で補強してしまうのが賢いかも。


・・・・・


熊本を中心とする地震の被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災地から離れて暮らす私たちにできること、しなければならないことはいろいろあるかと思いますが、最低限守りたいのは
「デマを信じない、広めない」
ということだと思います。

すでにもっともらしいデマや怪しげな予言などがネットを中心に広まっているようです。
それを見て「こんな予言があるんだって。怖いね」なんてネットに書き込むこと、これも立派なデマ拡散。
(このブログを見ていただいている方々には釈迦に説法だとは思いますが)
とにかく冷静に、被災地の皆様のご無事と一刻も早い復旧を願いたいと思います。
[PR]
by Medalog | 2016-04-16 09:55 | きもの | Comments(6)

今日のメダカ

冬の間は全く手入れをしていなかったメダカの睡蓮鉢。
ようやく久しぶりの掃除をした。

d0048332_1426358.jpg

20数匹が冬を越して元気に泳いでいる。

昨冬はやはり暖冬だったのかなと思ったのは、ホテイアオイが初めて越冬したから。
毎年睡蓮鉢に入れていたわけではないが、入れていた年の春にはいつも枯れて腐ってしまっていたのに、今年は葉と葉柄(丸い部分)が青々と残り、根も白く新しいものが生えている。

大小二つの睡蓮鉢のうち大きい鉢のホテイアオイは枯れてしまい、小さい鉢のほうだけが生き残ったのは不思議だが、ホテイアオイは繁殖力が強いので、大きい鉢にも分けられるほど増えてくれると期待。

久しぶりにマツモも入れてみた。
私はマツモと相性が悪くて、何度買ってきても数週間で弱ってモロモロと崩れていたのに、今回は数週間が過ぎてもそこそこ形を保っているのが嬉しい。
新芽が出てきたようにも見えるので、このまま成長してくれるといいのだけど。
[PR]
by Medalog | 2016-04-14 14:43 | メダカ | Comments(2)

桜・哲学の道

急に哲学の道に咲く桜が見たくなり、デジカメを持って京都へ。

d0048332_2132973.jpg


d0048332_2132664.jpg


d0048332_21315648.jpg


満開を過ぎてやや散りかけていたが、風が吹くと花びらがぶわーっと降ってくるのがとても綺麗だったのでいい時期だった。

街から少し離れているせいか着物姿(レンタル含め)の方はほとんどいなかったが、相変わらず海外、それもアジアからの観光客は多い。
中でも目立っていたのは、ウエディングドレスをきた花嫁とタキシードを着た新郎の海外カップルたち。
なんと、4組もいた!
疎水と桜をバックに記念写真を撮っているのだ。

京都など日本の名所で海外(中華圏)のカップルが記念撮影をするのが流行りだとテレビで見て知っていたが、その人気を目の当たりにした感じだ。

人生で一番大事な記念写真の一つを撮るために日本に来てくれるなんて、嬉しいことだ。
花嫁の笑顔がどなたもキラッキラに輝いていて、日本で楽しい思い出がたくさんできますようにできますように、なんて願ってしまった。



d0048332_21321275.jpg

出町柳駅近く・加茂大橋からの眺め。
四条大橋あたりに比べるとワイルドな感じになるので、好きな眺めだ。
これから新緑の季節になるとさらに素敵な景色になるので、また来なくては。



京阪電車の神宮丸太町駅〜哲学の道を北上〜京都大学の前を通って出町柳駅まで、を歩いたので、この日は一万歩を軽く超えた。
かなり疲れたけれど、出町柳に来たからには出町ふたばの豆餅を買わねば、と商店街へ。
行ってみたら、うわー100人ぐらい並んでる!
だけど頭の中は豆餅でいっぱいだし、今更手ぶらで帰れない!

…というわけで、一時間近くかけて並んでしまった。
帰宅してお茶とともに頂いた豆餅、大変美味しゅうございました。
[PR]
by Medalog | 2016-04-07 21:53 | 生活 | Comments(4)

可愛い着物、派手な洋服

d0048332_9534143.jpg
2日前の大阪城。
ここの木は大阪城周辺でもよく咲いているほうで、まだ2分〜3分咲きの木も多かったが、今日・明日はほとんど満開になっていそう。
週明けにまたこの辺りに行くので、そのときまで散らずにいてくれたらいいな。



バスの中で、前の席に座っている女性が和服姿だった。
私より一回りほど年上と思われるその方は、おそらくご自分で髪をアップにしているのか、無造作なようでいてきちんとまとまっている感じがとても素敵。かなり着物を着慣れていらっしゃるとお見受けした。

そしてその方がお召しになっていた小紋が、これまたとっても素敵!
濃い深緑色のちりめん地に小さなおもちゃ柄がびっしりと並んでいて、シックさと可愛らしさが見事にマッチしている。
歳を重ねても似合う可愛らしさ。着物ならではのおしゃれ感覚だと思う。

少し前までは「あら素敵」と思うだけだった、このような小紋に、最近ぐぐっと惹かれるようになった。
歳を重ねても、いや重ねたからこそ可愛かろうが派手だろうが着たいものを楽しまなきゃ損!
特に着物ならそれができるはず。



大阪城で写真を撮っていると、観光客、しかもアジア系の外国人がとても多い。
関東から大阪に転居したときに、大阪の年配の女性は服装が自由な人が多いなと思ったものだが、海外の女性はさらに自由なようだ。

一番驚いたのは、中国語を話していたとある女性。
お尻まで隠すトレーナーの下に履いているのは、脚の形がくっきり出てしまうスパッツ。
おまけに太ももの裏側の左右それぞれに、なんと黄金のツタンカーメンの顔がお尻から膝裏までの大きさでどーんとプリントされているではないですか!
後ろから見ると、ツタンカーメンが2体寄り添って歩いているかのよう。
ヒョウ柄+虎柄+ゼブラ柄のトリプルコンボファッションぐらいでは驚きもしなくなった私だが、さすがにこれには度肝を抜かれた。

その女性は数人のお仲間ととても楽しそうに写真を撮りまくっていた。
それを見てしみじみと、「人生、楽しんだもの勝ちだなー」と思う。

小心者の私ですが、和洋服のファッションに限らず、もっと自分をぽーんと解放して生きていきたいものです。
[PR]
by Medalog | 2016-04-02 13:51 | きもの | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る