<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏用の長襦袢の着丈について

先日麻の着物に麻絽の長襦袢を合わせて着たのだが、その時に長襦袢の着丈が着物に対して短いのではないかと感じたので、改めて採寸してみた。

肩から127.5cm(3尺3寸7分)
背から123cm(3尺2寸5分)…だった。

長襦袢の着丈は身長×0.8が基準らしい。
私は身長156cmなので、156×0.8=124.8(3尺2寸9分)となる。
そもそも長襦袢の着丈が肩からなのか背からなのか?ということも私の中では曖昧なのだが、肩からだとするとこの麻絽の長襦袢は十分に寸法が足りていることになる。



そういえば元々この長襦袢はどの寸法を元に仕立てたのだろう?と気になり、家の中を探してみたら、この長襦袢の仕立てを和裁士さんに依頼したときの寸法表が見つかった。

和裁士さんが私の寸法を一覧表にしてくれたのだが、長襦袢着丈は「肩から3尺2寸8分(124cm)」となっている。
ほぼ身長×0.8の寸法だ。

ということは、私は和裁士さんの寸法では短いと感じて、自分で8分(3cm)以上も丈出ししてしまったことになる。



改めて長襦袢を着付けしてみたところ、くるぶしがちょうど半分隠れる長さになった。
長襦袢としては十分な長さのはず(袷用の襦袢ならもっと短くていいと思う)。

しかしこの長襦袢が着物を着終わった時に短く感じるということは、素材が麻なので着物の中でストンと落ちてくれないせいだろうか。

それと、着物を着付けする時に裾の長さが長過ぎたのかもしれない。
昨秋に京都で着物を着たときの写真が裾が短すぎてお女中さんみたいだったのがショックで、その後は着物の裾を長めに着付けするように気を付けているのだが、夏着物はもう少し短めに着てもいいのかな。



結論としては
●この麻絽長襦袢は十分な着丈がある
●着付けの際に丈が短くならないように綺麗に着る
●上に着る着物は、襦袢に合わせて少し短めに着付けてもいいかも
という感じ。

さらに
●麻の襦袢を仕立てるときは、洗って縮むことや着付けの際に滑りが悪いことを考えて正絹のものより着丈を少し長めに仕立ててもらうのもいいかも
●どうしても着丈が気になるなら夏物の二部式襦袢も候補に
も追加。


まあ私が夏着物を着る頻度の少なさからすると、今後夏用の襦袢を増やすことはまず無いと思うので、今ある長襦袢を綺麗に着るために工夫していかないとね。
この夏のうちに復習する機会があるかな〜?
[PR]
by Medalog | 2014-07-30 11:50 | きもの | Comments(4)

小千谷縮で京都…の伊勢丹の中だけ

少し前に仕立てたまま着る機会のなかった小千谷縮を初めて着て出掛けてみた。

この着物が仕立て上がった時にあれこれコーディネイトしてみたときのブログ記事を思い出して見てみたら、着物が白地なのに夏帯も白っぽいものしか持っていなくて「ドンピシャがないなあ」と悩んでいたのだった。

その後も夏帯は増えていないのでその記事のときの帯から選ぶことになり、悩んだ挙げ句に選んだのはヒマワリ柄の九寸帯。

d0048332_15271869.jpg
白地のきものに白地の帯だが、白さが違うのとお太鼓柄がどーんと大きいので、後ろ姿が真っ白過ぎるということはなかったかな?
この帯は、お太鼓柄の大きさや絵のタッチの大胆さに一目惚れして
「ちょっと派手かなあ」
「いや、この大胆さを楽しめるのは着物だけだし、夏ならではなんだから思い切っちゃえ!」
という葛藤の末に買ったのを覚えている。

そして着る時にもいまだに毎回同じ葛藤がある(笑)。
でも着てしまえば地味目な帯よりも確実に楽しい気分になれるので、着てよかったと思えるのだ。

それにこの帯は、九寸帯なのにとにかく軽くて着心地が涼しい!
もしかしたら前帯には芯が入ってないのかも…と思えるぐらい軽いのだ。
当然小千谷縮も軽いので、一式を着たあとも身体がとても楽ちんなのが嬉しい。


d0048332_1527824.jpg
逆に(?)前から見たときのほうが寂しくなってしまったかも。

お太鼓柄に比べて前帯の柄が緑一色でこぢんまりしているので、同色の三分紐ではなく効かせ色の帯締めにすれば良かった!

この時期にぴったりな綺麗なコーラルピンクの帯締めを持っていたのに、存在を忘れていたのだ。

片付け方が悪いとこうなってしまうのね…反省。
初めて外で着た小千谷縮はとにかく軽く、透け感もかなり強い。
透けて見える襦袢の長さが気になるところだが、襦袢が滑りの悪い麻であるせいか、着付けが終わると最初より襦袢の丈が短くなってしまうのだ。
襦袢だけを着ているときはちょうどいい裾の長さに思えるのに。

麻の襦袢は自宅で洗うので丈が縮んでしまったので、一度自分で裾をほどいて数センチ丈を延ばしたもの。
これ以上裾で延ばす余裕はないが、身頃の揚げをほどいて仕立て直すのは自分では到底無理だ。
どうしようかなあ〜〜〜。要検討だ。



出掛けた先は、京都駅の伊勢丹にある和久傳。
お友達とお互いの誕生日を祝って、いつもより豪華で贅沢なランチ!

d0048332_159512.jpg
涼しげなガラスの酒器に入った冷酒を楽しみながら、初めての和久傳の料理を堪能。

どれも手が掛かったおいしい料理で、カウンター越しに京都の夏山を眺めながらお腹いっぱいいただいた。

百貨店の中のレストランなので店内は比較的賑やかな雰囲気。
でもお友達とおしゃべりを楽しみながら料理をいただくには十分だった。
それになんといっても、新幹線も停まる京都駅の上なので便利!
実家の家族が京都に遊びにくるときなど、今度はこの店を予約しようかな。



料理を堪能したあとは美術館に行こうかと話をしていたのに、料理とお酒ですっかり身体が重くなったこともあり、伊勢丹内の呉服の催事場へ行き先を変更。
こちらももちろん楽しくて、結構長い時間うろついていたかも。

久しぶりに綺麗な着物や帯を見て触って、やっぱり着物はいいなあ〜と幸せな気分になった。
だったらもっとたくさん着ればいいのだけど、なかなかそうはいかないのが悲しい。着てしまえば楽しいのに、着るまでが身体が重いのよね…。



お友達との楽しいひとときを過ごして、この夏を乗り切る元気をもらった感じ。
酷暑は辛いが、洗った着物が室内の陰干しでもすぐにカラッと乾くのはありがたい。

きっとまた、夏着物を着よう!
[PR]
by Medalog | 2014-07-26 16:15 | きもの | Comments(4)

今日のメダカ

d0048332_9194641.jpg
我が家では久々のメダカの稚魚たち。
やっぱり稚魚は可愛いなあ。



ただ、これは我が家で生まれた稚魚ではない。
メダカブログ繋がりの方が、わざわざ関東から持ってきてくださったのだ。

旅行に行かれる途中に大阪に立ち寄って、こんなにたくさんのメダカを渡してくださった。
これがメダカの卵なら重くはないのだが稚魚なので水ごと運ばなければならず、レジ袋に半分ほどの水と共に数十匹のメダカ達を運んでくれたのだ。
どれほど重かったことか…
とても感謝しています。ありがとうございました。



ちなみに上の写真は数日前のもので、現在は水量を増やしている。

いただいた稚魚の中には大きめに育っている子も何匹かいたので、それらは睡蓮鉢に移し替えた。
メダカの数も色味も増えた睡蓮鉢は、一気に賑やかになっていい感じ。

せっかく我が家に来てくれた稚魚たちなので、1匹でも多く成長できるようにできるだけ環境を整えてやりたい。
メダカをくださった方は「もし稚魚たちがうまく育たなくても気にしないでね」と言ってくださってお気遣いがありがたいのだけれど、できれば来年は卵で繁殖できるくらいのメダカが大きく育って冬を越してくれたらいいなあ、と思っている。
[PR]
by Medalog | 2014-07-15 09:39 | メダカ | Comments(4)

Macbook復活

ノートパソコンMacBookのバッテリーが膨張して思うように操作できなくなった話の続き。
覚え書きなのでご興味のない方は読み飛ばしてください。



バッテリーのみ買い替えるか思い切って本体を買い替えるか、迷った挙げ句に正規品のバッテリーを購入して付け替えたら、何事もなかったかのように復活してくれた。

正規品のバッテリーは高いので他メーカーの適合品とどちらを買うか迷ったのだが、やはり何かあったときのことを考えると正規品のほうが安心だろうと考えて購入。
それに正規品のほうが本体の色や質感と同じものが手に入るし…と思っていたのだが、いざ取り付けてみたら…。

d0048332_7342565.jpg
本体が経年劣化でやや黄ばんでしまったせいで、新品のバッテリーだけが白く輝くというまさかの結果に。

まあ私の場合はMacBookを持ち歩くわけではないので、色はどうでもいい。
バッテリーがフラットに収まってくれてキーボードが思い通りに打てるだけでありがたくて、ストレスも一気に解消してよかった。



バッテリーはAppleStoreでもヨドバシカメラでも同じ価格なので、ポイント目当てでヨドバシ梅田で買うことにした。

ネット検索してみて驚いたのは、ヨドバシのネットショップで商品を選ぶと各店舗の在庫状況が確認できるうえに、ネットで購入して店舗で受け取ることができるということ。
しかもヨドバシ梅田ならネット購入した商品はなんと専用窓口で24時間受取が可能なんだとか。
今どきの顧客サービスってすごいなあ。

我が家はヨドバシ.comに会員登録していないので、在庫があることを確認して直接店舗に出向いて購入。
1階のアップルショップでヘルプらしきスタッフさんに電池の場所を聞いたら「直接レジへ」と言われたのでレジに行ったら、レジの人が慌てて売り場へ商品を取りに行ってくれた様子でちょっと申し訳なかった。
地下にもMacのパソコン売り場があるのだけど、結局どの売り場へ行くのが正解なのだろう?



MacBookのバッテリーを長持ちさせる使い方について。

今回改めて調べたら、MacBookは常時電源に接続しながら使うことを想定しておらず、自宅で充電して外出先で使うような使い方を推奨しているとのこと(そりゃそうだよね)。
充電を外して使うことでバッテリー液が流動した状態になるのがいいのだとか。

私は自宅で常時電源に繋いだままでデスクトップパソコンのような使い方をしているため、バッテリーの寿命を早めることになってしまったらしい。
これからは自宅で使うときも一日一度は電源から外して、バッテリー不足の警告が出たらまた充電するようにしよう。

また半年以上使わないときはバッテリーを50%ぐらい充電しておくのがいいらしい。
私の場合は半年も使わないことはまずないが、一応覚え書きとして書いておく。

でも次にバッテリーが劣化したら、その時はさすがに本体の買い替えかな。
OSもどんどん変わっていくし。
私の古いMacBookでは最新のOSにアップデートすることができないのでOSアップデートのためにも買い替えざるを得なくなるだろう。

本体はまだまだ使えるので買い替えなんてもったいない…と思いつつも、新しいパソコンに興味津々なのが本音(笑)。
次回心置きなくパソコンの買い替えができるように、今のバッテリーをできるだけ長く持たせるように毎日気を付けて使うことにしよう。
[PR]
by Medalog | 2014-07-14 08:46 | 生活 | Comments(0)

パソコンが使えない~

d0048332_16292530.jpg

私のパソコンはMacbookなのだが、バッテリーが膨らんでしまう現象が起きて困っている。

見た目が悪いだけでなく、膨らんだバッテリーが下からキーボードを押し上げているので、思うように文字が入力できないのだ。
ここ数日は、全く操作できなくなる状態が頻繁に起きているので、パソコン本体にも悪影響を及ぼしそうで怖い。



数年前にも同じ現象が起きたので対処法をしらべてみたら、Macbookのバッテリーにはよく起こる現象なのにAppleではこれを不良とは認めず、交換は受け付けないので新しいバッテリーを買ってくれということらしい。

仕方がないので前回は純正のバッテリーを購入して付け替えたが、今回はどうしようかなあ~

おとなしく純正品を買うか、純正品は高いので多少のリスクがあるかもしれないが他社のバッテリーを買うか。

この際パソコンを買い替えるという手もあるが、パソコン自体はまだまだ使えるのでもう少し使いたい。
それに新型のMacのノートパソコンでも同じようなバッテリーの問題はあるらしいので買い替えれば解決というわけでもないのだ。

悩むけど早く決めなきゃ!
パソコンが使えるようになったら、また更新します。
今週末のうちになんとかしよう。
[PR]
by Medalog | 2014-07-11 16:25 | 生活 | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る