<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

金魚

d0048332_1303190.jpg
梅田阪急で開催中の「アートアクアリウム展」を見てきた。

カラフルな金魚を様々な和のモチーフと組み合わせて展示してあるもので、今まで見た展覧会の中でもかなり異色の内容だった。

金魚の由来など知らなかったのだが、元々はフナの突然変異で色が付いたものが偶然発見され人工飼育されたことから生まれたのだとか。
人間が飼育を止めて全ての金魚を自然に放したら、淘汰されていずれは元のフナに戻ってしまうだろうとのこと。

人間が飼育することで様々な品種が生まれたという意味で「金魚も芸術の一つである」というコンセプトの展示で、確かに様々な品種の金魚はそれ単体でも美しいし、暗い中で光を多用した展示はとても幻想的。



d0048332_1301117.jpgd0048332_13265566.jpg
フラッシュを焚かなければ撮影可ということだったので携帯のカメラで撮影してみたが、暗い場所での撮影設定が分からないのでまともな写真はほとんど取れなかった。
撮影可能だと知っていて立派なカメラを持ち込んでいる人もたくさんいらしたが、平日の午後でも結構混雑していたので、落ち着いて写真を撮るには入場時間を考えたほうがよさそうだ。

ぼんぼり形の水槽の最上部には金魚の紋が入っていて素敵だったのだが、全然ピントが合っていなかったのね…
最近は老眼がすすんで、ピントが合ってるかどうかわからないこともしばしば(汗)。
実物の展示はこんな写真では表せないほど綺麗だった。



d0048332_14504227.jpg
久しぶりに着物。
市松柄の紬に博多綾織の名古屋帯、長羽織。

アートアクアリウム展の会場に入ってから「ああ!何か金魚にちなんだコーデにすればよかった!」と後悔。
帰宅後に、そういえば遥か昔に自分で仕立てた琵琶湖の魚をモチーフにしたうそつき袖があったなあ…と思い出して自分のブログを遡ってみたら、袷じゃなくて単衣で作っていたので、この時期には使えないものだった。

結局、袷の時期に金魚に絡められるようなものは持っていなかったようだ。
でもせめて、水にちなんだ手ぬぐいぐらい持ってくる程度の思いつきが自分に欲しかったわ…

この着物は久しぶりに着たのだが、箪笥から引っ張り出してから「袷じゃなくて胴抜きだった…」と気付く。
でもこの日は暖かかったので胴抜きでも全く問題なかった。
真冬用の厚手の着物以外は、全部胴抜きで仕立てた方が着る期間が長くなっていいのかも…
裏地には表地を守る役割もあるから、いい反物は袷で仕立てたほうがいいだろうが、私が着るような普段着の紬だったら胴抜きにして10月や5月の暖かい日にも快適に着られたほうがお得だよなあ。
(なんて言うほど着る機会もないけどね)

この着物と羽織は柄と柄だしどちらも暗めの色なので、相性が悪そうであまり合わせたことがなかったのだが、着てしまえば合わないこともないかなと思えた。
ただ本当はもっと柄を抑えた、無地のジャケットみたいな感覚で着られる羽織が欲しいのよね。
この羽織は裄が短くて合わせられる着物が限られてしまうし。
結城だ石下だと言う前に、今年は羽織に合う反物をなんとしても見つけたい!

実は、江戸小紋で羽織を作ったらどうかなあ?と考えている。
無地感覚だし、着物に仕立てるなら最初の1枚は定め柄を選ぶだろうが(まだ持っていないので)羽織にするなら駄洒落っぽい柄で遊べるし。
江戸小紋の羽織をお持ちの方やご覧になったことのある方、いらっしゃいますか?



帯は軽くて結びやすい博多綾織のものなのだが、久しぶりだったのでお太鼓がぶわんぶわんになってしまった。
それにしても、この堂々とした腹回りはどうしたことでしょう。
これで一切補正をしていないなんて…
写真を見て現実に気付かされてしまった。

草履は、カレンブロッソのものを初おろし。
最初は鼻緒がキツく感じたが、それが馴染んできたら、まあ歩きやすいこと!
展覧会の後で梅田を歩き回ったのだが、足の疲れは全くなかった。
なぜなんだろう。
台の素材がスニーカーに近いということなのかな?
今後はこればかり履いてしまいそうな予感…

そして、久しぶりに着物を着たらやっぱり楽しかった。
久しぶりなので静電気を押さえるコツなど忘れていて裾回りがえらいことになったが、次に着る時はちゃんと脚にクリームを塗るぞ!(足首までのステテコを履くので長襦袢にクリームが付くことはないです)
[PR]
by Medalog | 2014-02-26 14:15 | きもの | Comments(6)

夏物!

高島屋に出掛けて、バレンタインのチョコを買ってきた。
品揃えがあまりにも豊富だったので、夫にあげるチョコ、夫婦二人で食べるチョコ、自分だけのチョコ…などと予定よりも多く買い込んでしまって反省。
これじゃあ痩せるわけないわ。



そのあと久しぶりに呉服売り場に行ってみた。
春っぽい色の反物でも見てウキウキしたいと思っていたら、なんと薄物が並んでいた。
涼しげな色柄の、夏大島や夏越後、絽の小紋、等々。

ファー付きのコートを着てマフラーを巻いている状態で眺める夏の着物は、軽やかで儚げで、まるで羽衣のようだった。
同じ反物を真夏に見たら、いくら上等な薄物でもこれほど軽やかには見えないと思う。

それにしても、外では手先が痛くなるような冷たい風が吹いているのに、着物上級者の方々は2月上旬から夏物の準備を始めるのか…と感心してしまった。



あ、もちろん今の季節に着たいような反物もたくさん置いてあった。
ふんわりした色の石下結城が各色並んでいて、眺めていたら気分もふんわり。

着物を着るようになってから、ふんわり色の無地結城が欲しいなあ〜とずっと思っている。
石下結城なら価格的に手が届きやすいのだが「せっかく買うのなら本場結城でなければあとで後悔するかも」という思いがあって、結局どちらも買えずにぐずぐずしている。
でも、自分が着物を着る頻度や将来着るであろう回数の少なさなどを考えたら、今後何年も迷っているよりは気に入った色の石下結城を早く手に入れて、一回でも多く着たほうが幸せなのかも。
[PR]
by Medalog | 2014-02-12 22:04 | きもの | Comments(2)

ジャム消費中

なかなか着物を着ないし、メダカは睡蓮鉢の底でじ〜っとしているので、また食べ物の話を…

前回バターロールのことを書いた時に、ジャムを消費するにはパン生地に混ぜて焼くのもいいのでは、というコメントをいただいたのでいろいろ検索してみた。
するとパンやお菓子にジャムを使うレシピが結構見つかった。

パンで試してみたいが生地を作るのが大変なので、とりあえずホットケーキミックスとジャムを使ったパウンドケーキを作ってみた。

d0048332_2310921.jpg
cookpadで見つけたレシピで、ブドウジャムを160g消費。

今までも何回かホットケーキミックスを使ったクッキーやマドレーヌを作ったことがあるが、どうしてもホットケーキミックス独特の風味が抜けず、あまり美味しいと感じたことがなかった。

でも今回はジャムのおかげなのか、一日置いてから食べてみたらホットケーキミックス独特の風味が消えていてなかなか美味しかった。

我が家ではホットケーキミックスも余りがちになるので、次回は違うジャムを使ってまた作ってみよう。



ここ数日、大阪も寒い寒い。
雪も少々降っている。
着物、いつ着ようかなあ。
[PR]
by Medalog | 2014-02-06 23:22 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る