<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バターロールに挑戦

最近、パン作りに挑戦している。

いただき物のジャムが溜まってしまったので消費するためにパンをよく食べるようになったのだが、スーパーの食パンだけでは飽きるし、それ以外のおいしいパンは近所には売っていない。

そこで自分で作ってみようと思って何度か基本的な丸パンを作ってみたのだが、いくつかのレシピを試してみたのになぜかいつも冷めたらみっちりと固くなってしまったり、イーストの匂いが鼻についたり…。
ホームベーカリーは持っていないので生地をこねるのも発酵も自分で行うせいだろうか、なかなか美味しい丸パンにありつけないのがもどかしい。

そこで、丸パンよりも固くなりにくそうなバターロールに初挑戦してみた。



普通の丸パン生地よりもベタつく生地をなんとかまとめて、くるくると成形。

d0048332_20423495.jpg
本当はこの時点でもっとまんまるでないと、売っているようなかわいい形にはならないらしいのだが…
生地を巻く前に、もっと細長く伸ばさないといけなかったようだ。
まあ、初めてなのでこんなものかな。


d0048332_20424524.jpg
二次発酵終了。
今までのパン作りではここで思うように膨らまなかったのだが、今回はなぜかきれいに膨らんでいる。
これは!!成功するかも!?


d0048332_20424794.jpg
焼き上がってみれば、バターロールというよりクロワッサンみたいな形になってしまったものが数個…
つや出し用の卵を塗る時に少し水で薄めたせいか、テカリも今ひとつ。



でもでも、食べてみたら美味しかった!
冷めてもフワフワでやわらかかった!



自作のパンがはじめてやわらかく仕上がってくれて、嬉しさのあまりジャムを塗るのも忘れて2個も食べてしまった。
ジャムの消費、ならず。

手作りパンは手間が掛かるし、力も要るが、生地をこねる感触が楽しいのと「次はもっと可愛い形の、店で売っているようなパンを焼きたい」という欲が出てきた。
作り過ぎると必然的に食べ過ぎになるので回数を抑制しつつ、また作るのが楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2014-01-23 21:24 | 生活 | Comments(8)

カフェ草履

新年の気分が残っているうちに一度ぐらい着物で出掛けたいと思っていた矢先、久々の肩凝りに見舞われてしまって着物どころか日々の生活すら辛い状況が続いてしまった。

幸い今は症状が軽くなってきたのだが、まだ肩が重い感じは残っている。
数年前に四十肩を卒業したと思って喜んでいたのに、今度は五十肩かしら…



その肩凝りの原因になったと思われるのが、これ。

d0048332_102886.jpg
カレンブロッソのカフェ草履。

これがなぜ肩凝りの原因かというと、グランフロント大阪の店舗でオーダーして作ってもらったものが出来上がったので取りに行った時に、せっかく梅田に出たのだからとあちこちで買物してしまい、気が付いたら両手に重たい荷物をぶら下げていた。
その時点ですでに肩が痛くて、贅沢してタクシーで帰ろうかとすら思ったぐらいだが、よく考えたら今まで梅田からタクシーに乗ったことがないので乗り場がわからない。
乗り場を探すのすら億劫で仕方なくいつも通り電車で帰宅したら、その日から肩がバキバキに凝ってしまったというわけだ。

この草履を履いて出掛けるつもりが、この草履のおかげで(といったら草履が可哀想だが)延期になってしまったという残念な話だった。



さてカフェ草履。
お友達から履き心地がいいと聞いていて興味津々だった時に偶然店舗を見つけてしまい、店頭に欲しい組み合わせのものがなかったのでオーダーしたのだった。

と言っても万事が地味な私のこと、オーダーと言ってもごくありふれた色の組み合わせだと思う。
黒い台に紫の鼻緒。先坪を辛子色にしたのがアクセントになったくらいかな。
台の色は黒と柿渋っぽいタイプとで悩んだのだが、まずひとつは黒い草履が欲しかったので選んでみた。
鼻緒は薄ピンクのものを持っているので、もっと白っぽいタイプでもよかったかな?と未だに迷い中…
台の高さは踵部分が3cmのものと5cmのものがあり、履いた時に見栄えがよさそうな5cmを選んだ。



今までは、天気が崩れそうな時や砂利・土を歩くことが多い神社仏閣に行く時などに草履が傷みそうで何を履くか悩んだりしたのだが、このカフェ草履はそういう時にどんどん履いてみたい。
さて、どの着物に合うかなあ?
もしかしたら黒い草履ってコーデが難しいかな?
いろいろ合わせて遊んでみます。
[PR]
by Medalog | 2014-01-17 10:38 | きもの | Comments(11)

懸賞はがき、書き終わり

過去の年賀はがきの在庫52枚を使って懸賞に応募しよう!という企画。
締め切りは1月後半以降のものが多いのだが、一度自分の中でやる気がなくなると応募しないまま終わってしまいそうだったので、この数日間頑張って毎日10枚ほどのペースで書き続け、今日ようやく全てのはがきを書き終えた。

「懸賞なび」という雑誌を購入してそこに載っている懸賞に片っ端から応募したのだが、ネットでの応募のみ受け付けるという懸賞も多く、欲しいものに一通り応募したら40枚程度で終了してしまった。

残った12枚を使ってまた同じ懸賞に応募することもできるのだが、今回はこの12枚でとある懸賞にまとめて応募してみた。

「紋別流氷初日当てクイズ」
紋別市に今年初めて流氷が着く日を予想するというものだ。

余ったはがきに予想日を手描きできるようなフォーマットを印刷し、1月中旬から月末までの日付を1枚ずつ記入してみた。

d0048332_21324216.jpg


宛先も自分の情報も印刷したので、最後の12枚を楽に消費できた。
これらを明日投函すれば今回の懸賞企画は一応終了。
あとは雑誌に載っているネット受付のみの懸賞にぼちぼち応募しながら、発表を待つことにしよう。

贅沢は言わないけれど、これだけ応募したんだからどれか一つは当たって欲しいなあ。
ブログに新しく「懸賞」のタグを作ったので、今後このタグを使って当選した品々をたくさん紹介できますように…
[PR]
by Medalog | 2014-01-10 21:41 | 生活 | Comments(2)

今年もよろしくお願いいたします

d0048332_11491992.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は、昨年より一歩でも二歩でも前に進める年にしたいと思います。
このブログも昨年よりは更新回数を増やしたいと思うので、よかったら遊びにきてください。





昨年末に年賀状を書いたとき、しまいこんだまま放置していた毎年の未使用年賀はがきを全て引っ張り出して枚数を数えてみた。
その数、52枚。
金額にして2,600円分の年賀はがきが引き出しに眠っていたのだ。

「手数料を支払って来年の年賀はがきに替えてもらえないかしら」と思って郵便局で聞いてみたら、手数料を支払っても懸賞付きのハガキには替えられないとのこと。
しかし普通の官製はがきや切手に替えても、今どき使うのは年に数回。
はがきなどは使う前に黄ばんでしまいそう…



という話を夫にしたところ、決定した年賀はがきの使い道がこれだ。

d0048332_12281963.jpg懸賞に応募すること!
懸賞応募用の雑誌を購入し、片っ端から応募してみようというわけだ。

手元の年賀はがきを全て使い切れば
2,600円。
この雑誌が460円。
合計で経費が3060円かかるので、当選した賞品の総額にそれ以上の価値があれば儲かったことになる。
これからぼちぼち応募していくつもりだが、さてさてどうなることか。
懸賞が当たったらこのブログで報告させていただきます。
数ヶ月先まで報告がなかったら3,060円損をしたということなので、そっとしておいてください(笑)
[PR]
by Medalog | 2014-01-05 12:43 | 生活 | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る