<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あっという間に年末

今年もあっという間に過ぎ去ろうとしている。
仕事がうまく行かなかったりいろいろあったが、まあ平和な一年だったかな。



昨年はクリスマスごろに引越しをしたため、大掃除は全くしなかった。
今年は入居から丸一年が経ち「きちんとやらなくちゃ」と思いつつも「まだ1年目だからそんなに汚くないし」という気の緩みもあったりして、家の中はそこそこ片付いているがピカピカではないという中途半端な状態に…

でも今日の大阪は陽が射して暖かいので、なんとか外回りの掃除を済ませた。
(マンションなのでたいしたことはないのだが)
これから正月飾りをすればなんとか年が越せる雰囲気になりそうだ。

戸建にお住まいの方などは、毎年の大掃除も大変なのでしょうね。
今年最後の一踏ん張り、頑張りましょう!
[PR]
by Medalog | 2013-12-28 13:46 | 生活 | Comments(2)

シュトーレン

12月に入るとあちこちでシュトーレンが売られているのを見かけるようになる。
何年も前から「一度食べてみたい!」と思っていたのに、シュトーレンは大きさの割に価格が高めな気がして何年間も買わずに我慢していた。

しかし数週間前にNHKのパン屋さんのドラマでシュトーレンが出てきて、それを見たらどうしても食べてみたくなったので、先日梅田に行った時にイカリスーパーで買ってきた。

d0048332_15532240.jpg
クリスマスまで毎日少しずつ食べるものらしいので、薄〜くスライスして毎日おやつに食べている。

買ってからもう一週間以上経つので、少しずつ味が馴染んでいるのが分かる(ような気がする)。
ナッツやドライフルーツにシナモンが効いたどっしり系のパンという感じで私好みの味なので、クリスマスまでに食べきらないように我慢しながら食べるのがなんだか楽しい。

それにしても、クリスマスまであと5日!
時が過ぎるのは本当に早いなあ。
…なんて考えつつ、あと5日ならシュトーレンをあと一切れ食べてもクリスマスまで残りそうだよね?と独り言をいいながら空のお皿を片手にキッチンへ戻るのだった。
[PR]
by Medalog | 2013-12-19 16:08 | 生活 | Comments(2)

梅田をウロウロ

今日は年に一度の健康診断だったので朝から病院に行ってきた。

好きな医療機関を自分で選べるので今までは自宅から行きやすいところにしてきたが、今年は梅田(大阪駅周辺)にある医療機関を選んでみた。
どうせ出掛けるなら帰りにちょっと寄り道できるところがいいという理由で選んだのだが、検査はとてもスムーズでスタッフさんたちの対応もよく、特に採血の注射が今までで一番痛くなかったのが嬉しかった。

検査結果はまだ分からないが、1年前は引越しのドタバタに紛れて受診をさぼってしまったのが気になっており、今年は受診できたのでまずは一安心。
午前中のうちに開放されたので梅田で1人ランチを楽しみ、久しぶりに梅田界隈を一人でぶらぶらしてみた。



阪急百貨店。
少し前に改装してとても綺麗になったのだが、いつも混雑しているイメージだったのでなかなか行く機会がなく、久しぶりに入ってみた。

d0048332_16102788.jpg
4フロア分の巨大な吹き抜けに、美しいツリーが輝いている。
この吹き抜けは1階でなく9階にあり、何も知らずにエスカレーターで上っていったら目の前にこの景色がど〜んと出てきてびっくりしてしまった。
阪急百貨店、贅沢な作りになっているなあ〜。



レストランに入るには少し早い時間だったので、呉服売り場に行ってみる。
売り場の中央に比較的手頃な価格の紬や帯・小物などを扱う一角があり、そこにあったガラスの帯留に一目惚れ。
自分好みの色使いだったので、つい衝動買い。
あとで手持ちの帯締めと合わせて遊んでみよう。

呉服売り場を出ようとしたら、そこにきくちいまさんの「ひきだし屋」が限定出店されていたのでふらふらと立ち寄る。
リサイクルの大島紬の中に、柄ゆきがシンプルながら面白く、状態もいいし裄もなんとか足りているという一枚があったので身体に当ててもらった。
幾何学的な柄ゆきが珍しいので気に入ったし、色も柄も手持ちのいろいろな帯を合わせやすそうでもある。
また価格も手頃なのでかなり迷ったのだが、残念なことに暗めのグレー地がどうも顔映りが悪く感じてしまって結局買わずじまいだった。ちょっと残念だけど顔映りは大事だものね…
※ひきだし屋さんの出店は明日までだそうです。



その後、グランフロント大阪へ。

案内板を眺めていたら、カレンブロッソの店があることに気付いた。
カレンブロッソの草履は数年前から気になっていて、買いたくて店舗に行ったこともあるのだが、その時は欲しい色味がなかったのと鼻緒のすげ替えが出来ないことが気になってしまい買わなかった。
その後お友達が愛用していて履き心地がいいという話を聞き「やっぱり買おうかな」と思っていたところに発見してしまったこのお店。さっそく行ってみた。

店頭にはいろいろな草履が置いてあるが、ここの草履は普通の履物店と違ってその場で鼻緒をすげるわけにはいかないので現品で気に入ったものが無ければオーダーして3週間ほど待つことになる。
店頭に並ぶ草履はどれも素敵で自分好みの台や鼻緒も多かったが、鼻緒・台・寸法の全てが好みの組み合わせはなかったので、とうとう自分好みのものをオーダーしてしまった。うふふ。
年末に届く予定なので、年明けにはまた着物を着る機会を作らなくっちゃ。



久しぶりに着物関係の買い物をして、嬉しい時間だった。
ちなみに1人ランチは中国粥。私は中国粥が大好きなのだが、夫と一緒だとお粥では物足りないからと嫌がるので自分一人のときに行くに限るのだ。
阪急百貨店内のお粥やさんに初めて行ったのだが、お粥の出汁がしっかり効いていて量も程よく、美味しかった。また行こう。
[PR]
by Medalog | 2013-12-09 16:54 | 生活 | Comments(6)

楽しかった

久しぶりの京都に、久しぶりの着物姿で、
久しぶりに会うお友達とランチに出掛けた。

ランチのお店は、ネットで検索してたまたま見つけたTHE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(ザ ソウドウ 東山 京都)
高台寺のすぐ南隣にあるイタリアンレストランだ。
日本画家・竹内栖鳳の私邸兼アトリエだったとのことで、昭和初期の建物がそのまま残されており、門からレストランまでのアプローチとその奥に続く庭も含めてとても素敵な空間だった。
スタッフさんも対応がよく、その割にランチはお手頃なパスタコースから用意されていて気軽に楽しめるのが嬉しい。

最寄り駅から少々離れているので今回は行きは京都駅からタクシーで向かい、帰りはねねの道をぶらぶら散歩しながら坂を下ればお散歩気分で祇園へ到着。
ネット予約できるので、また行きたいな。



食事の後は、円山公園のほうへ。
12月上旬にしてはポカポカと暖かくて着物での散策には最高の日和だった。
紅葉が終わりかけなので観光客が少ないのをいいことに、道中着を脱いで撮影会(笑)。

d0048332_1545315.jpg
うわぁ、裾が短い!
お女中さんみたいになってるじゃないですか。

今回は久しぶりの着付けだったのであちこちうまく行かず、帯揚げの締め方に至ってはネットで検索して復習したほど。
裾の長さも短くならないように気を付けようと思いつつ、襟元やおはしょりを整えるのに気をとられて目が行き届かなかったのだ。
お恥ずかしいけど反省を込めて足元を隠さずに写真アップしておこう。



着物姿はアレだけど、紅葉が綺麗に映っていてよかった。
公園内の紅葉はほとんど散っていて写真に撮れるスポットはほとんどなかったのだが、それでもこんな鮮やかな紅葉をバックに写真が撮れて嬉しい。

寒いのが嫌だったので結城紬に真綿の白い帯というふっくら同士の組み合わせだったのだが、暖かい日だったこともあり季節的にちょっと早すぎたかも。
コーディネイトの勘も鈍り気味かな。
…とかいうほど、最初からセンスなんて無いか!



久しぶりにとても楽しい数時間を過ごせて、気分晴れ晴れ。
こういう機会をもっと作っていきたいとしみじみ思う一日でした。
[PR]
by Medalog | 2013-12-06 15:18 | きもの | Comments(4)

久しぶりに、染め帯を買っちゃった!

d0048332_12283680.jpg

…なんて言いたいけど…。
これは100×50cmの端切れ布。
アイロン台のカバーを縫いたくて、自宅には適した布が無いので手芸店に行った時に、こんな帯が欲しいなあ〜と思っていたらついつい買ってしまっただけなのだ。
300円の衝動買い。
アイロン台カバーにするにはちょっと派手だから、買っただけで引き出しにしまわれる運命になりそう。

ここ数年、ほとんど新規の着物や帯を買っていない。
我慢していたというよりも買いたいという気持ちがあまり沸かず、呉服店を覗くことすらほとんどなかった気がする。
(着る回数も少ないので買わなくたって全く問題ないのだが)

でも最近ちょっと物欲が復活してきたなあ。
いただき物の着物の布が傷んで薄くなってきたり、好みがだんだん変わってきたり…。
運命の一品と巡り会った時に決断できるように、着物や帯を見る回数を増やして目を肥やしておかなくては。



d0048332_12284082.jpg

布を買ってきて縫ったのが、このアイロン台カバー。
十年以上使ったカバーが擦り切れる寸前だったので、台より一回り大きくカットした布を適当に縫って適当に被せてみた。
元の色はグレーだったのだが、この布ぐらい色柄があったほうが部屋に馴染む感じがする。

ただ実際に使ってみると、アイロンをかける衣服がカバーの布に引っかかる感触があるのが残念。
ごく普通のコットン生地を選んだのだが、衣服を軽く滑らせるためにはもっと目が詰まっていて滑らかな布でないとダメなようだ。
次回のために、覚え書き。
[PR]
by Medalog | 2013-12-02 12:47 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る