<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

御宿かわせみ

d0048332_21224292.jpg

半年ほど前から、小説「御宿かわせみ」シリーズにハマっている。

今まで時代物の本は、実在の人物・例えば将軍やら幕末の志士やらを主人公にしたものばかり読んでいたのだが、ふと気付くと「普通の時代物の小説」をあまり読んでいないことに気が付いた。

現代物で言うところの恋愛小説や推理小説など、架空のごく普通の人物が主人公のものが読みたくなって、いくつか手に取ってみたのだが、たまたま手に取ったものが捕物帳だったせいか妙に描写が陰惨だったりして好みに合わず「これ!」というものに出会えないまま時間が過ぎていた。

そしてある日、ふと思い出したのがテレビドラマで見た「御宿かわせみ」。
真野響子さんVerと高島礼子さんVerをそれぞれ少しだけ見たことがあって、詳しい筋は覚えていないがなんとなく明るい雰囲気だったような…
そこでものは試しに1冊購入して読んでみたら、これが私の好みにすっぽりハマってしまい、その後30冊以上のシリーズ物を全て揃えてしまった。

なにしろ登場人物が全て気持ちのいい人ばかりなのだ。
いちいち紹介していたら長くなるので諦めるが(笑)、お互いの身分をわきまえながらも助け合い思いやる人々の物語を読んでいると、自分もその中の一人に加えて欲しくなるほどだ。
舞台は幕末、江戸の小さな旅籠「御宿かわせみ」をとりまく人々の物語。
主に一話完結の事件もので殺人事件もあるけれど、作品全体の雰囲気が明るいので読んでいて気持ちが暗くなることがないのがありがたい。

私は本の内容が気に入ると先が気になって流し読みしてしまう癖があるのだが、シリーズが全34巻ということは知っていたので、急いで読んですぐに読み終えてしまうのがもったいなくてなるべくゆっくり読んでいた。
しかしそれでもとうとうシリーズ全てを読み終えてしまい、残りは明治時代に舞台を移した続編2巻のみ。

そしてその2巻を読んで愕然とする。
主な登場人物の多くが、維新の混乱の中でなくなってしまうのだ。
そして主人公の一人は行方不明のまま。
その子供世代が新たな主人公となって物語は進むのだが、2巻を読み終えた時点で行方不明の主人公の行方はわからぬまま。
死亡ではなく行方不明なので、この2巻の中でひょっこり「かわせみ」に戻ってきてくれると思ったのに…

続きが気になって気になって、いくつかの書店に行ってみても第3巻が見当たらない。
作者の平岩弓枝さんはかなりのご高齢のはずなので、もう筆を置かれたのだろうか…
と心配しつつネットで検索していたら、つい先月に第3巻の文庫本が出たことが判明!
おまけにBSスカパーで真野響子さん主演の「新・御宿かわせみ」を新たに撮影・放映することまでわかって、非常にテンションが上がっている私(笑)。

でも、我が家はスカパーに加入してないんだよね…
こっそりスカパーの料金を調べてみようっと!
[PR]
by Medalog | 2013-01-31 22:07 | 生活 | Comments(4)

とんど神事

今年の正月に大阪天満宮へ初詣に出掛けた。
お参りの後で、以前いただいたお札を返そうと思ったら境内に張り紙が。

お札などは15日のとんど神事の日に持ってきてください。
それまでは受け付けていません、とのこと。

手元のお札をきちんと焚き上げて欲しかったので、とんど神事へ行ってみることにした。



しかしとんど神事・とんど焼きというものに今まで一度も行ったことがなく、勝手がわからない。
ネットで調べてみるが、大阪天満宮のホームページをはじめどこを見ても具体的なタイムスケジュールが見つからなかった。
他の神社のとんど焼きで日が暮れてから炊き上げを行うという情報を見つけたので、その頃に行こうかと思ったが、もし早い時間に終わってしまったらお札を受け取ってもらえないかもしれないと心配になり、結局夕方になる前に行くことにした。



大阪天満宮に着いたのは午後3時半。
本殿の前にはやぐら(と呼ぶのだろうか)が四角に組まれており、すでに何かを燃やしたようで数人の男性が火の始末をしている。
そしてその横には大量の段ボールが山積みになっており、人々が持ち込んだと思われる正月飾りなどが入っている様子。
勝手がわからないので、火の始末をしている人に「ここ(段ボール)にお札も入れていいんですか?」と聞くと「どうぞ入れてください」とのことなので入れて終了。

境内の様子はいたって静かな平日の午後という感じで、特に人が多いわけでもなく「これから何かが始まる!」という雰囲気が全くない。
結局、何時から火が入るのかもわからないまま帰ってきてしまった。
今年も新しいお札をもらってきたので、来年は日が暮れるころに出掛けて焚き上げを見てみたい。




d0048332_848275.jpg今年初の着物。
結城紬に、亡き義母のお下がりの綴れ帯。

着物は、寒いのでとにかく厚手のものということで自動的に結城に決定。

この綴れ帯はどのような着物に合わせればいいのか未だにわからないが、新年なので明るくめでたい感じにしたくて選んでみた。

私は普段は帯を関東巻き(左巻き)にしているが、義母は京都出身なのでこの帯も関西巻き(右巻き)。
普段と違う帯の巻きかたなのでちょっと苦戦したが、なんとか着付けることができてよかった。


d0048332_8483175.jpg久々の着付けの難を隠すため、そしてなにより袖の振りから吹き込む寒風を避けるために、ベルベットのマントを羽織る。

体も袖も丸ごと包み込むので、腕に風が当たることがないのは本当にありがたい。

でもマントの形が好きではないので、ベルベットかカシミヤの着物コートを買えばよかったとちょっと後悔しているのは内緒の話…。

この日は風はなかったものの冷え込みが激しく、大阪天満宮へ行ったあと少し買物しようと思っていたのに寒さに我慢できずすぐ帰宅してしまった。
東京では大雪が降った日なのでそちらよりは暖かかったのだろうが、手先がカチーンと冷え固まってしまい、帰宅後もしばらくは手が寒さに震えていたほど。

でも足先は平気だった。
膝下〜足首の寒さを防ぐ方法をあれこれ試した結果、くるぶしまであるベンベルグの裾よけキュロット(ステテコ?)と、伸びるタイプの足袋の中に五本指の膝丈ストッキングを履くと寒さがかなり軽減されるので気に入っている。



久しぶりの着物はやっぱり着ているだけで嬉しい。
結城などこの季節が一番似合う着物もあるので、また着る機会を作って楽しもう。
[PR]
by Medalog | 2013-01-16 09:12 | きもの | Comments(6)

今日のメダカ

今回の引越しにも、当然メダカを連れてきた。

引越しが少しでも楽なように去年は採卵・ふ化をさせなかったので、冬まで生き残ったメダカ6匹だけの引越しになった。
メダカを連れての引越しは2度目だし、すぐ近くへの引越しだったので楽な作業だった。
前回の引越しは4月末で移動中に水温が上がってしまうのが心配だったが、今回は冬なのでその心配もなかったし。

強いて言えば、寒い時期にベランダで作業をするのが辛かった。
本当なら引越しのついでに睡蓮鉢や砂利を綺麗にしたかったのだが、寒いわ水が冷たいわでとても長時間の作業をする気にならず、バケツに入れたビニール袋にメダカと水草を掬い取り、水をペットボトルに移すだけで終わり。
せっかくの引越しなのに、メダカたちは「綺麗な新居」には住めずちょっと可哀想かも。



d0048332_1821573.jpg

ベランダが西向きから南向きに替わり、メダカにとってはいい環境になったのではないか(少なくとも夏以外は)。

西向きの旧居では睡蓮鉢に当たる日射しは午後の数時間だけ。
午前中は水温が上がらないのでメダカもほとんど動かない。
エサにもほとんど反応しないのでエサやりは週に1〜2回に押さえていた。。
今回は南向きに替わり午前から睡蓮鉢に陽が当たるので、昼ごろには水温が上がるらしくメダカが動いている。
水面に近づいた時にエサを与えるとちゃんと食べるし、その動きを見た他のメダカたちも浮上してくるので、以前より少し多めに(と言っても1日1回以下)与えるようにしようかな。



水草は今回初めて冬を越させるドワーフフロッグピット。
現時点でまだ青々としているのでちゃんと冬を越せそうだと期待している。
数株を取り分けて、家の中と外の両方で育てれば1株ぐらいは冬を越すだろうか。
今まで睡蓮鉢の水草が冬を越したことが無く、春になると毎年新しい水草を買う羽目になっていた。
たかが数百円のものだけれど、買わずに済めばすごく嬉しい。
がんばれ、ドワーフフロッグピット!
[PR]
by Medalog | 2013-01-07 18:17 | メダカ | Comments(0)

あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。



昨年は、特に後半は引越しに気を取られていて、なんだか無駄に過ごした時間が多い日々でした。
今年はもう少し日々を大切に、楽しく暮らしたいと思います。
着物ももっと着る機会を増やしたいしブログも昨年よりは多く更新したいです。



しかし引越しをしてからというもの、我が家のインターネット環境がどうも安定してくれません。
無線LANはおろか、パソコンとルーターをケーブルで繋いでも繋がらないこともあり、夫婦で頭を悩ませています。
今はたまたま寝る前に試してみたら接続できたので、夜中に慌てて更新しています。

なので、今しばらくはブログの更新や皆様のブログへご挨拶に行く機会が減ってしまうかもしれません。
(夫が正月休みでずっと家にいるためにブログ画面を開けないこともあるのですが)
正月休みのうちにはなんとかインターネット環境を安定させたいと思っています。



皆様にとって今年が明るい一年になりますように。
[PR]
by Medalog | 2013-01-01 02:03 | 生活 | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る