<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

里帰り

今年の盆休みも、横浜の実家へ帰省してきた。

私たちが大阪を出た翌日に関西では大雨が降ったようで、次の日のニュースでは前日に通ったばかりの京滋バイパスが土砂で埋もれているのを見て驚いてしまった。
土砂崩れ、河川の氾濫、雷…被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。



横浜では、高校時代の仲良し4人組が久しぶりに顔を揃えてランチを楽しんだ。
皆それぞれ違う環境で過ごしていて、40代も後半になると話題は決して楽しい話だけではない。
でもふとしたことから、30年前のセピア色というよりは白く霞んでほとんど見えないような思い出話、特に誰かの恋愛話などが出てくると思わず盛り上がってしまうのが我ながら面白い。

次に全員が顔を揃えるのは何年後になるかわからないが、またいつかその日が来ることを楽しみに…



私と夫、それぞれの親も一応元気だったので安心した。
そして大阪に帰宅後、なんだか疲れてついごろごろしてしまう私…。
親よりも自分のほうが体力ないような気がする。
さて、掃除と片付けを頑張るぞ〜。
[PR]
by Medalog | 2012-08-18 13:58 | 生活 | Comments(8)

小千谷縮、着てみました

先日仕立て上がった小千谷縮をこの夏一度は着てみようと思いつつ先延ばしにしていたが、ふと着てみる気になった。

先日のブログで小千谷縮と夏帯をいくつか合わせた写真を載せた中では、ヒマワリ柄の帯が一番合うとコメントをいただいたし自分でもそう思うのだが、なんせヒマワリ柄が派手で元気なので、「今日は着物を着るぞ!」というパワーが足りない時はなかなか手が伸びない。

だから今回は、着物と同系色の麻帯を合わせてみた。


d0048332_19524914.jpg…う〜ん。

こうやって写真にしてみるとスッキリまとまっているようにも見えるが、全身を鏡に映してみると、色も素材も同じなので全体的にぼわんと膨張してしまって締まりがない。

なんだかどこかの病人が寝床から抜け出してきたみたいな不気味さまで漂う始末…

これはダメだわ。
帯揚げを濃い色に替えてみたが、ほとんど印象は変わらなかった。

先日のブログにも載せた通り夏帯は白っぽいものしか持っていないので困ってしまったが、最近はすっかりお蔵入り状態の2部式帯を思い出して、久々に引っ張りだしてみた。


d0048332_19532346.jpg洋服用のサッカー地で自作した、サーモンピンクの2部式帯。
ヒマワリ柄。

帯揚げを黒、帯締めをオレンジにしてみたら、上の写真の麻帯に比べると程よくメリハリが効いた感じはする。

帯締めは思い切って青や緑系も合うかもしれないし、半衿を黒にしてもいいかも(持ってないけど)。

この帯は、せっかく自作したものの、綿素材のサッカー地が果たして夏帯と言えるのか自信がないのでなかなか使う機会がないのが正直なところ。

でも一応ヒマワリの柄だし、洋服ならサッカー地は間違いなく夏用の素材だし!と開き直って、この着物にもっと似合う帯を手に入れるまではこの2部式帯も使おうかな…(って、また夏帯を買ってしまうのでしょうか)。



ちょっと買物の予定もあるので、コーデが上手く決まればそのまま出掛けようかと思っていたが、あれこれ試して時間が掛かってしまったので結局外出はしなかった。
でも着心地や透け具合がある程度は確認できたので、よかったかな。

着付けで出来てしまったシワに霧吹きを掛けて、しばらく吊るしておく。
乾いたころにはシワが綺麗に消えて、またすぐ着られる状態になるのが麻のいいところだ。

薄くて軽くて着心地はとてもいいけれど、その分透け感も強いので、下着にまで気を付けて綺麗に着られるように頑張ろう。
[PR]
by Medalog | 2012-08-07 20:34 | きもの | Comments(10)

淀川花火大会

我が家のマンションから、淀川の花火が見える。

このマンションを借りる時には花火が見えるかどうかなんて意識していなかったので、初めての夏にベランダから花火が見えた時には嬉しかった。



夫と数日前まで「今年は会場まで見に行こうか」なんて話をしていたのに、いざ当日になったら億劫になってしまって「混んでるし〜」「暑いし〜」なんて言い訳をしながら今年もベランダから眺める羽目に。

年を取ると腰が重くなって、嫌ですねえ。

d0048332_124548.jpgd0048332_125742.jpgd0048332_1252338.jpg

実際はもっと大きくきれいに見えるんだけど…
我が家の小さいデジカメでは、これが限界。



我が家のベランダは西向きで、西日を遮る建物が何もないので、毎年夏には西日のきつさに悩まされている。
でも、この日だけは「ベランダが西向きで、眺めを遮る建物がなくて良かった」と思う。



マンションの隣の部屋に住む小学校低学年の女の子が、ベランダから花火を見ながら「た〜まや〜」と懸命に声を張り上げているのが可愛かった。
が、途中で「ねえお母さん、どうして打ち上げ花火を見る時に『たまや』って言うの?」と聞いていたので、思わず笑ってしまった。
意味を知らないで、一生懸命叫んでいたのね。
[PR]
by Medalog | 2012-08-06 12:27 | 生活 | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る