<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日のメダカ

昨年の冬からベランダ睡蓮鉢にオオサンショウモを浮かべたままにしていて、たった一つでも芽が出てくれることを期待していたのだが、5月末になっても一向に芽が出る様子がない。

冬を越した時点では単に枯れている状態だったオオサンショウモも、水温が上がるにつれて溶けて腐ってきたような…。おまけに浮いた水草にコケがびっしりと付いてしまい、さすがに諦めざるを得なくなってしまった。

サンショウモでもサルビニアククラータでも、近所で浮き草が目についたら買おうと思っているのになかなか出会えない。新しい水草を買うのが待ちきれず、とりあえず睡蓮鉢に浮かぶオオサンショウモ(の残骸)を全て捨ててしまった。
久しぶりに見た睡蓮鉢の水は意外と綺麗だが、底にはコケや枯れたオオサンショウモがたくさん沈んでいるので全体的な見た目は相変わらず汚い。

中を掃除して、新しい水草を浮かべて、写真が撮れる程度に綺麗になるのは一体いつになるかしら。日射しが強くなる前には済ませなくては。
[PR]
by Medalog | 2012-05-31 09:42 | メダカ | Comments(0)

雨の高台寺、晴れの高台寺

先週末、関東に住む母・姉と共に一泊二日の京都旅行をした。

京都は数十年ぶりという2人のために八坂神社の近くに宿を取り、神社仏閣は知恩院〜円山公園〜八坂神社〜高台寺〜清水寺あたり、市内観光は祇園四条〜三条あたりを、老母の体力を見ながら適当に見て回ることにした。

四条から八坂神社あたりはよくうろついているので勝手がわかるが、高台寺には行ったことがなく清水寺も20数年ぶりなので、坂の傾斜や道の雰囲気などがよくわからない。
いざ現場に行ってから「坂や階段が急過ぎる」とか「交通量が多くて危険」となると母に悪いので、旅行の数日前に一人でロケハンに行くことにした。

京阪の祇園四条駅から八坂神社へ向かい、そのまま境内を抜けると数分で今回のお宿に到着。ここまでは母の足でも問題なく歩けそうでひと安心。
さらに、すぐ近くの高台寺へ行ってみる。
そのあたりは初めて通る道だったのだが、石畳が敷き詰められ、周りの旅館や飲食店の雰囲気も含めてとても風情がある素敵なエリアだった。車の交通量が少ないので静かで安心なのも老母にはありがたい。
お寺の境内に入ってしまうと石段が多いが、その手前までなら着物でも十分歩けるし着物が似合う雰囲気。実際にレンタル着物を着て散策している若い女性やカップルがとても多く、デニム&スニーカーだった私は「次に来る時は絶対に着物にするわ!」と心の中で羨ましく思っていたのだった。

さていよいよ高台寺の境内へ。
境内までは長い石段を上らなくてはいけないのだが、石段の幅が広く傾斜も緩やかなので、人が多くても母がゆっくり焦らず上ることができそうで安心した。
中に入ると、隅々まで綺麗に手入れされた庭園の素晴らしいこと!特に好きだったのが、敷地の一番高い場所にある「傘亭」と「時雨亭」を取り巻くエリアの風情。その日は雨だったので、茅葺き屋根に生えている苔が水滴をつけている様が本当に美しく、人が少ないのをいいことに長い時間立ち止まって眺めてしまった。

その美しさをぜひ母と姉にも見せたいと思っていたのに、当日は晴れ。茅葺き屋根の苔は強い日差しで色が飛んでしまい、映えていることすらわからないほど見えにくかった。
その他の景色も、たった数日違うだけなのに雨天か晴天かという違いだけで見えかたが全然違うことに驚く。それに雨の方が新緑の香りが濃く感じられるので、ロケハンの時の豊かな緑の香りを母と姉にも楽しんで欲しかったなあと思うと残念ではある。
でも雨だと足元が滑りやすいし長時間傘を持つのも疲れるので、母のためには晴れてくれた方が安全でよかったのも事実。欲張りは言っちゃダメですね。

旅行当日に撮影した方丈前庭。
d0048332_1421843.jpg
瓦で龍を表しているらしい。
こんなにダイナミックな表現の石庭は初めて見たのでビックリしてしまった。

春と秋にはライトアップがあるそうだが、残念ながら今は期間ではない。
ライトアップされたら、この石庭はもちろん敷地内の庭園や竹林もどれだけ美しいことだろう。
次はライトアップの時期に絶対また来ようと心に決めたのだった。



知恩院に行ったら三門(通りから見える立派な門です)の楼上が特別公開されていたので、折角だからと拝観した。
門の上に立派な仏像が置かれ、天井いっぱいに描かれた極彩色の龍などの絵が今でも鮮やかに残っていて貴重なものを見させていただいたが、中に入って上り始めると思った以上に階段が急で、老母には怖い思いをさせてしまったのがちょっと申し訳なかった。

しかしそれ以外は、清水寺、円山公園、祇園や先斗町に鴨川の河原などを気ままに歩いて楽しい時間を過ごすことができて、母と姉にも喜んでもらえて何よりだった。
そしてなにより、自分自身が新しく京都の魅力を見つけたようで嬉しかった。また行かなくちゃ!
[PR]
by Medalog | 2012-05-21 14:27 | 旅行・食べ歩き | Comments(6)

老化…

先月から、久しぶりに仕事をしている。
6月までの短期だし、週に3〜4日だけなのでどうということはないのだが、久しぶりに働いてみると自分の老化を実感して泣ける。

その最たるものが、視力だ。
今までは外出時はほぼ100%コンタクトレンズを使っていたが、遠近両用のものではないので、買物などには支障がないが仕事だと手元の書類にピントが合いにくくて困るのだ。
数ヶ月前にこのコンタクトを作ったとき、6月の自動車免許更新に合わせて度数を少し強くしたせいもあるのだろうが、自分の老眼が思った以上に進んでいるのも事実だろう。
これでは仕事にならず、仕方がないので仕事には眼鏡で出掛けることにした。

この眼鏡は使い心地はいいのだが、どうせ自宅でしか使わないからと軽さを重視してデザインに妥協したもの。その眼鏡で電車に乗って出掛けるのはこの歳でもやっぱりテンションが下がる。
だけどコンタクトは目にいいものではないし、老眼用は価格が高い。いずれ眼鏡にシフトしていかないといけないな…と、こんなところで自分の老化をしみじみ感じる羽目になったのだった。

それ以外にも、以前よりも人の名前がなかなか覚えられないとか、仕事用の服がキツくなってるとか、自分の老化(退化?)を感じてはため息をつく日々。
でも仕事ができるのはありがたいし、刺激があって楽しいことも多い。
短期間の仕事なので給料も僅かなものだが、給料日になったら外出用の眼鏡でも作ってみようかな。
[PR]
by Medalog | 2012-05-14 10:43 | 生活 | Comments(4)

今日のメダカ

気温も上がり日差しも強くなってきた5月初旬。
ベランダ睡蓮鉢に冬中浮かべておいたオオサンショウモはまだ茶色く枯れたまま。
「そろそろ新芽が出てこないかなあ〜」とエサをやるたびに覗き込んでみるのだが、未だにその気配がない。

もしかしたら、このまま新芽が出ないのかしら。
安いものだし新しく買うのは簡単だけど、一つでも芽が出たら爆発的に増えてくれることは間違いないのでもう少し待ってみようかなあ。

なんて思って観察していたら、なんとオオサンショウモの下で泳ぐメダカたちが早くも抱卵してる!
もうそんな季節かあ。
水草がないと卵を産みつける場所がなくて可哀想だけど、オオサンショウモが芽を出すまでもうちょっと待っててね。



d0048332_1446562.gifちょうど1年前、東日本大震災の募金をした時にもらってきたナデシコとかすみ草。

両方ともピンクでとても可愛かったのだが、かすみ草のほうは我が家の西向きの灼熱ベランダで生き残ることができずにすっかり枯れてしまった。

しかしナデシコのほうは無事に夏を越し冬も越して、今年も同じ季節に花が咲いた。
d0048332_150348.jpg基本的にほったらかしで、水と少しの肥料をあげていただけなのに、去年より勢いが良く花の色も濃いような…

ナデシコってこんなに可憐なのに、本当にたくましい花なのね。
簡単に育つと言われるペチュニアですら枯れ果てた我が家の灼熱ベランダで夏を越してくれるなんて…。
今年も夏を越してくれますように。

そして睡蓮鉢のオオサンショウモたち、このナデシコを見習って元気な新芽を早く出してね!
[PR]
by Medalog | 2012-05-08 15:11 | メダカ | Comments(4)

ゴールデンウィーク

今回のゴールデンウィークは珍しく実家に帰省せず、大阪で過ごした。
近場に出掛けたりもしたのでブログも書きたかったのだが、GW期間中は夫が常に自宅にいたので、ブログを夫に内緒にしている身としてはパソコンを開く時間はあってもブログ画面を開く隙がなかったのだった。



ある日出掛けたのは、舞鶴〜天橋立〜篠山あたり。

家を出てまず向かったのが、舞鶴の「道の駅 舞鶴港とれとれセンター」。
d0048332_919333.jpg
一昔前は道の駅やサービスエリアの食事なんて美味しくないというイメージが強かったが、最近はレベルアップしているところが多いと思う。
観光に行ってもどの店で食事をすればいいかわからない時は、私たち夫婦はこの手の場所へ行ってしまうことが多い。普通の店と違い、入ってみて雰囲気が良くなければ何も食べずに出ることができるし、いろいろなものを少しずつ食べることもできたりして楽しいのが好きなのだ。

ここではずらりと並んだ海鮮の店の商品から好きなものを選んで焼いてもらうことができる。
この甘鯛がとても美味しかった。魚そのものも新鮮で美味しかったし、焼き加減も絶妙!さらに他の店でイカ串も焼いてもらう。肉厚なぷりぷりの身と甘めな醤油ダレの組み合わせが最高だったなあ。


そして人生初の、天橋立へ。
d0048332_919558.jpg
今にも雨が降りそうな天候だったのが少し残念だが、それでもとても美しい景色だった。
展望台からの景色を楽しんだ後は、レンタサイクルを借りて天橋立を渡ってみる。
潮風を感じながら松林を走り抜けるサイクリングはとても気持ちがよかった。大阪市内でたくさんの歩行者と車を気にしながら乗る自転車とは別の乗り物のよう!これはオススメです。



大阪へ戻る途中に寄ったのは、篠山市。
丹波篠山は美味しいものがたくさんありそうだし、丹波布もあるし、前からぜひ行ってみたかったのだがなんだかすごく遠そうな気がして一度も行ったことがなかった。
でも行ってみたら意外に近い!篠山からの帰りは一般道を使ったのだが、大阪市東部の自宅まで2時間もかからなかったし、道も比較的走りやすかった。
d0048332_9201594.jpg
篠山と言えばやはり秋が一番美味しいもので溢れているのだろうが、この時期はタケノコがあった!
新鮮なタケノコ3本をうちの近所のスーパーの半額以下で手に入れ、帰宅と同時に台所に飛び込んで茹でた。翌日食べたタケノコはとても美味しくて、過ぎ行く春を満喫できた。

篠山周辺には名産の栗や黒豆を使う和菓子屋さんやパン屋さんが多くあるらしいのだが、時間が遅かったのでどこにも寄れなかった。
我が家から意外に近いことがわかったので、今度は秋に出掛けて、美味しいものをたくさん買い占めてこよう。
[PR]
by Medalog | 2012-05-07 11:16 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る