<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「京の小袖」展

みなさんのブログを見て「私も早く『京の小袖』展を見に行かなくちゃ」と思いながら12月までやっているからと何となく先延ばしにしてきたが、ふと気付けばあと2週間足らずで終わってしまうことに気付き、慌てて出掛けてみた。

京都文化博物館は初めて行ったが、こんな町中にあるとは知らなかった。
何回も前を通っているはずなんだけど。
事前には知らなかったのだが着物で入場すると200円割引だそうで、着物で出掛けてよかった。

展示内容は年代順に美しい小袖がたっぷり。
年代が古いものほど保存状態が悪いのは残念だが仕方がないが、それでも手の込んだ技の数々は十分に伺いしれる。
以前大阪の小袖展を見た時にも感じたのだが、一枚一枚の小袖に秘められたパワーが時を経た今でもびんびん伝わってくるようだ。
贅を尽くした技と手数、独創的な意匠、布そのものの美しさ、どれもこれもが本当に素晴らしい。江戸時代に戻って、これらの小袖を着た人々が行き交うさまをこっそり覗けたらどんなに楽しいだろう!

それから、江戸時代の小袖のデザインの流れを知って面白く感じた。
以下、自分の覚え書きにつき間違っていたら申し訳ないです。

意匠がどんどん豪華になって布地が見えないほど刺繍で埋め尽くされるようになる
・・・
いわゆる振袖火事により江戸の大半が焼失し、当然多くの小袖も失われてしまう
・・・
京都に小袖の注文が殺到するが、人手が足りずに今まで通りの豪華な手仕事ができなくなり
必然的に空きの多いデザインが主流になる
・・・
一方、江戸では火事の復興で活況になり、巨大な利を得た商人などが競って
また以前のような豪華な小袖を作るようになる
・・・
やがてその流れも飽きられ、江戸の「粋」が生まれる




d0048332_19525115.gifグレーの紬に菊の帯。

さほど寒くはない、ぬるいような気温だったが、もう11月も終わるので流石に帯付きはないだろうと羽織を着て行った。

だけど、暑かった…

京阪の三条駅から博物館まで15分ほど歩いたし、展示を見る間も、そのあと用事を済ませて帰りの電車に乗るまでの間もずっと歩いていたので、電車に乗った瞬間からじんわり汗が…。
電車が少し混んでいて羽織を脱げる状態ではなかったので、ちょっと気持ちが悪くなってくるほどだった。

京都では多くの着物姿の方を見かけたが、3割ぐらいは帯付き(とショール)姿で、ちっともおかしくなかった。
私もいい加減に「紅葉の季節だから羽織りものを着なければ」というような固定概念を捨てられるようになりたい。
[PR]
by Medalog | 2011-11-29 20:04 | きもの | Comments(8)

山崎蒸留所

善峯寺の帰りに寄ってみたのが、一度行ってみたかったサントリー山崎蒸留所。
善峯寺の山を下りて大阪市内に戻る途中にあり、距離も近いので好都合だった。

d0048332_7583897.gif山崎 = 水が綺麗 = 京都の山深いところ、

というイメージが勝手に頭の中にできていたのだが、実際に行ってみると確かに山の麓ではあるが敷地の真横にマンションや住宅街が広がり、また目の前をJRが走っていて想像以上に街に近い場所だった。

おまけに、住所は大阪府三島郡島本町山崎…。
京都ではなく大阪だったのね。

駐車場に車を停めて、一歩出た途端にふわっとしたウィスキーの香りに包まれる。建物の外でもこんなに香りがするとは驚いた。それにしてもいい香り…

d0048332_89138.gif工場見学は事前に予約が必要らしいので、今回は予約がなくても入れるウィスキー館へ。

受付で必要事項を記入し、夫は「私はハンドルキーパーです」という札を首に提げるよう言われていた。試飲コーナーがあるので、そこでドライバーに酒を売らないようにするためのものらしい。

ウィスキー館の1階はまず展示コーナー。
昭和世代なら誰もが懐かしいオールドやレッド、角、トリスなどの実物やポスターが飾ってある。
自分が子供のころ、父親が普段飲んでいたのはオールド。当時高級だった輸入ウィスキー(確かジョニーウォーカーがお気に入りだった)は大事そうに戸棚にしまってあり、たまに頂き物でブランデーなどが手に入ろうものなら、父が嬉しそうに「いつ飲もうか」とワクワクしながら眺めていたのを思い出す。

展示室を抜けると有料の試飲コーナーがあり、ウィスキーのいい香りが立ちこめている。
私たちはマイカーなので飲めないが、試飲がお目当ての人は電車かタクシーで来るのだろう。目の前にたくさんのグラスを並べて本格的に飲み比べをしているお客さんが何組もいて、ちょっと羨ましい…。工場や建物の雰囲気がいいので、同じウィスキーでも自宅よりここで飲むほうが美味しさが増しそうな気がするのは気のせいかな。


d0048332_8291165.gif2階に上がるとショップになっていて、山崎はもちろん響や白州、またウィスキーに合う菓子やグラスなどが置いてある。

我が家は夫婦とも酒は飲めるのに自宅で晩酌はしないので、ウィスキーを買うのは結婚してから初めてのことだ。悩んだ末に、山崎の10年と12年がセットになったミニボトルを購入。

帰宅してさっそく飲み比べてみる。
10年ももちろん美味しいが、すぐあとで12年を飲んでみると香りとまろやかさが全然違うのに驚く。
う〜ん、これはたまらんわ〜。

炭酸水も買ってきてハイボールも試してみた。
これももちろん美味しいが、なにも山崎でハイボールにしなくてもいいだろうということになり炭酸水が余ってしまった…。何に使おうかしら。

d0048332_8394778.gif
イラストが可愛くてつい買ってしまったのが、モロゾフ製のチョコレート。
ウィスキー製造の過程が描かれていて、水割りのお供にピッタリ…だけど、もったいなくてまだ食べていない。

山崎もほとんど減っていないので、次に飲む時にはこのチョコを一緒にいただくことにしよう。


ウィスキー工場見学のあと、思ったことは「ビール工場に見学に行きたい!」。
お酒の工場に行ってその場で飲めないというのは、飲んべえでなくてもやはり寂しい。
以前某ビール工場で見学のあとに飲んだ出来たてのビールが、人生で一番と言ってもいいほど美味しいと感じたので、また久しぶりにあの感覚を味わいたくなった。

関西でどこにビール工場があるのか、調べてみよう。
[PR]
by Medalog | 2011-11-25 08:55 | 生活 | Comments(2)

善峯寺

紅葉を見に、京都の善峯寺(よしみねでら)へ。

d0048332_9485889.gif住所は京都市左京区なのだが、地図で見ると大阪との県境まで直線距離で1キロほどしか離れていない。
ただ山の上にあるため大阪から直接向かう道はなく、一度長岡京市に入ってから細い道を大阪方面へ戻るように5キロほど上ってようやく辿り着く場所なので、ずいぶん迂回しなければならない。

長岡京の市街から山方面へ細い道を入った途端、見事な竹林が現れてびっくりした。
竹って本当に美しくて大好きなので、素敵だなあ…と思いつつ眺めていたが、ふと「エジソンが電球のフィラメントに使った竹って、もしかしたらこのあたりの竹かも?」と思いつく。
帰宅後に調べてみたら、私が見た竹林から10キロ近く南に離れた石清水八幡宮の竹を使ったらしい。当たらずと言えども遠からず…いやいや、結構遠かったですね。


d0048332_9493128.gif寺の門に辿り着くまでにずいぶん山道を登るうえに、境内が3万坪と広大でしかも高低差があるので、境内の奥まで進むと素晴らしい眺めになる。

ただ、その眺めが私の写真ではちっとも表現できていないのが悲しい…。
景色、特に遠景というのは、自分の目に映る色彩や迫力を写真にも同じように再現するのがすごく難しいとしみじみ思う。


d0048332_9495040.gifここからの眺めは京都市内を一望しているのだが、小雨が降るような天候だったので肉眼でもあまりよく見えなかった。
遠くにうっすらと京都タワーが見えたのだが、写真には全く写らず。

この寺は1029年に開かれたそうだ。
その後応仁の乱で焦土と化し、江戸時代に入って五代将軍綱吉の生母・桂昌院が復旧して現在に至るとのこと。
今からおよそ千年も前から、様々な人がここから都を眺めていたのだと思うと、ここに自分が立っていることがとても不思議に思えてくる。


d0048332_9503511.gifさて、お目当ての紅葉は…。

見頃を迎えていて、どこを見ても景色と紅葉とのハーモニーが素晴らしかったのだけれど、写真にはうまく撮れなかった。

場所を少し移動するたびに、現れる景色が美しくてシャッターを押しまくっていたのに、ブログに載せられそうな写真はカラー補正を掛けてもほんの数枚…

d0048332_9505559.gif
天気が悪かったことと、デジカメを忘れて携帯のカメラで撮ったせいもあるのだけど。

でも自分の目には、雄大で鮮やかな紅葉の風景をしっかりと焼き付けてきた。

d0048332_9511562.gif天然記念物の「遊龍の松」。

この写真では何がなんだかお分かりにならないと思うが、全長40メートル近くある日本一の松なのだ。樹齢なんと600年!
左奥の屋根の前にある枝から、右手前のさらに先まで、全部が一本の松なのである。
当然枝の下に支えはあるが、未だかつて見たことのないスケールで、よくぞここまで持ちこたえたと感心してしまう。

「遊龍の松」で画像検索すると素晴らしい写真がたくさん出てくるので、堂々とした姿をぜひご覧になってみてください(他力本願)。
[PR]
by Medalog | 2011-11-24 11:12 | 生活 | Comments(2)

植え替え

d0048332_13291535.gif
夏の西日ですっかりくたびれてしまったペチュニア。

うちのベランダは真西からの光を遮るものがない。
日当りが強すぎて花には過酷な環境になってしまい、可哀想なことをした。

来年からは、夏に花を植えるのは控えよう…
d0048332_13342759.gif
ペチュニアを処分して、土を再利用するための作業。

土に混ざった根の切れ端と、細か過ぎる土は取り除いた方がいいらしいので、園芸用のふるいを買ってしまった。
たかがプランター数個のために専用のふるいを買うのもどうかと思いつつ購入したが、使ってみると専用のものはやはり使いやすいので、買って良かったかな。
d0048332_13431894.gif
殺菌のためにビニール袋に入れて2週間放置。

11月も中旬になると日射しがかなり弱いので、果たしてこれで殺菌されているんだろうか?
(土を電子レンジでチンする方法や、熱湯で雑菌する方法もあるようだが、面倒なので知らなかったことに…)

2週間ほど日に当てた土に、新しい土を混ぜ込んで出来上がり。


d0048332_1347071.gifd0048332_13473324.gif

そして私のような園芸下手の元でも毎年元気に育ってくれる、ビオラとガーデンシクラメンを今年も植えた。

花がら摘みさえ怠らなければ、春までたくさんの花を咲かせてくれるのでどちらも大好き!

今年は花びらに微妙なニュアンスのある色のものを3株選んだ。可愛いな〜。
d0048332_13271749.gifd0048332_13273784.gifd0048332_13275516.gif
うちのベランダから見えるのは味気ないコンクリのビルやマンションだけなので、こんなプランターがひとつふたつあるだけで雰囲気ががらっと変わって和ませてくれる。

あとは、寒い冬の間はベランダに出なくても水やりができるように、プランターとじょうろを掃き出し窓のそばにまとめて置けば完成。当然、同じ理由でメダカ睡蓮鉢も窓のすぐそばに置いてます(笑)。

我が家の非常にささやかなベランダの冬支度がこれで終了。
ほんの数時間の作業だけど、本格的に寒くなる前に済ませられてよかった。
[PR]
by Medalog | 2011-11-22 14:26 | 生活 | Comments(0)

グッドタイミング!

IKEAに行ってきた。
週末に夫の車で連れて行ってもらえば楽なのだが、夫をだらだらとショッピングに付き合わせるのが申し訳なくてゆっくり買物できなくなってしまうので、平日に電車と無料送迎バスを使って行ってみた。

送迎バスはなんばのOCATから一時間に3本出ていて、20分足らずで店の真ん前に着くので便利!
これからはいつでも気軽に行けるわ。

こまごまとしたものをいくつか選んでレジに向かう途中、レジ前の売り場の一番端に気になるものが積んであるので近づいてみると…
なんと、前回の記事で「今月中には欲しい」と書いたばかりのルームブーツを発見!
さっそく買ってしまった。



d0048332_17261665.gif半天と合わせても違和感がなさそうで、かつ汚れが目立ちにくそうなグレーのルームブーツ。
中には綿が入っていて、自宅で洗えるのが嬉しい。

実はネットで似たような形の羽毛素材のブーツを見つけていたのだが、ひとつ3,000円以上するものだったので買うのに躊躇していたのだ。これはその半額以下。

帰宅してさっそく履いてみたら、足首まですっぽり覆ってくれて、軽くて温かいのですっかり気に入ってしまった。
足元がかさばる感じはするけれど問題なく歩けるのでキッチンでもどこでも履けるのが一番ありがたい。底に滑り止めのゴムが付いているのでフローリングを歩いても滑らないのも安心だ。
しばらく使ってみて問題がないようなら、洗い替え用にもう一足買ってしまおうかなー。
[PR]
by Medalog | 2011-11-18 17:43 | 生活 | Comments(4)

そろそろ出番

大阪市内も朝晩は冷え込むようになってきた。

今年の冬も節電対策が必要だが、うちのマンションは灯油の持ち込みが禁止なのとガスコンロ以外にガス栓がないため、暖房はすべて電気頼り。
だから暖房器具はあまり使いたくないので、節電のために今年も頼りにしたいのが、これ。


d0048332_10441333.gif久留米の半天。
そろそろ活躍する季節なので、ただいま虫干し中。

数年前に初めて買ってみたのだが、これがかなり温かくて一度着たら手放せない。
分厚い綿を着るなんて肩が凝るかな?と思っていたが全くそんなこともない。羽毛と比べればもちろん重いのだが、程よく体に掛かる重さがなんとも気持ちよく感じるのだ。

見た目さえ問題なければ近所への買物に着て行きたいくらいだが、さすがにそれは我慢している。でも近所で半天を着て犬の散歩をしているおじさんを見ると、内心羨ましい…。

この半天があれば暖房器具がなくても上半身から腰まではほぼ問題なし!
寒いトイレもベランダも、躊躇なく出入りできる。
冬の問題は足首からつま先で、いつもここの冷えが耐えられなくて暖房を付けてしまうので、今年は足を温める電力要らずのグッズを探したい。

去年手に入れた分厚いモコモコ靴下もスリッパもちょっと物足りないのだ。
バラエティショップに行くと、おばさんが履くには恥ずかしいような可愛いルームブーツなどが売っていて悩むが、上半身が半天なので顔と上半身と足元のバランスを考えるとどうしても買う決心がつかなくて…。
そこそこ地味で超温かい足元グッズ、今月中には見つけたいなあ。
[PR]
by Medalog | 2011-11-17 11:08 | 生活 | Comments(0)

ドライブ〜

10年以上愛用したマイカーの調子がだんだん悪くなってきたので、車検を前に新車に買い替えた。

買い替え前の車は新古車、私が以前乗っていた車は5年ものの中古車だったので、結婚以来初めての新車にちょっとテンションが上がる(笑)。
さっそく、神戸方面にドライブに出掛けてみた。



ドライブの定番・六甲山へ。
まだ紅葉というほどでもなかったがところどころ綺麗な色の木があるので、どこかに停めて写真でも…と思ったら、この日はとにかく人が多い!
両手にスキーのストックのような杖を持った本格的スタイルのハイカーたちが何百人、いやそれ以上いたかもしれない。子供も年配の方も多く、いわゆる「山ガール」の格好をした女性ハイカーもたくさん歩いていて、歩道が整備されていない山道では車の運転に非常に気を使う状態だった。いや、もちろんいつでも気を使わなければいけないのだけど。

六甲山って結構急な山道なのに、こんなにハイカーが多いのかと驚いていたら、ところどころにスタッフらしき人がいて、どうやらハイカーを集めたイベントを開催しているようだった。
時には急な下り坂を走っている男性ハイカー(ランナー?)もいたので、タイムレースもあったのかもしれない。
あの長くて急な山道を、みなさんどこからどこまで歩いたんだろう…。健脚だなあ。
結局、車を停められる場所を見つけられないまま麓まで降りてしまった。

今月末ごろには大阪でも紅葉が色付くだろうか?
私は紅葉を見たくなると京都や奈良へ行ってしまうのだが、大阪北部にも紅葉の名所があるようなので、今年はそちら方面(箕面とか?)にも行ってみよう。



そのあと神戸モザイクへ。

d0048332_1432974.gif港の景色と風は、やっぱり気持ちがいい。
いつまでもここに座って、景色を眺めていたい…なんて。

といっても以前夏に来た時には暑くてとても座っていられなかったし、冬は風が強くて冷たそう。
今ぐらいの季節が一番気持ちよく海を眺めていられそうだ。お供にホットコーヒーと焼き芋があったら最高!?
[PR]
by Medalog | 2011-11-14 14:39 | 生活 | Comments(0)

ひと息…

普段ヒマな私がこの数ヶ月珍しく用事が重なり、9月〜10月はあっという間に過ぎ去っていった。

そしてその締めくくりが、先週末の義母の三回忌だった。
命日は1月末なのだが、寒い時期の法事は高齢な列席者の体に堪えるだろうという義父の心配りと、年末に掛けて仕事がピークを迎える夫が確実に休みを取り関東に帰省できる週末、ということで日程を検討したら命日より二ヶ月半も前倒しになってしまった。

葬儀のころはしんしんと冷える気候だったのに、今回の法事ではちょっと動くと汗ばんでしまうほどの暖かさなのでなんだか不思議な感覚だ。
でも法事は寒い時期より穏やかな季節のころに行うほうが多少は悲しみが和らいでいいと感じた。列席者の皆さんを見送って、賑やかな席から静かな自宅に戻る時にも、暖かい日だと寂しさが少し紛れてくれる。

この2年、義父も元気に過ごしてくれていてありがたい限りだ。いつの間にかCOOPの注文なども軽々とこなしている。義母が健在のころはすべて義母任せで何もしない義父だったので、その変化には目を見張ってしまうが、一人で頑張ってくれている義父の努力には頭が下がる。



法事も無事にすませて大阪へ戻って来た。
秋口を落ち着かずに過ごして来たせいで、洋服も着物も衣替えが中途半端なままなのだ。数日中に部屋の整理をしないと薄着のせいで風邪を引きそう…。
[PR]
by Medalog | 2011-11-08 09:14 | 生活 | Comments(2)

京都で…

ブログつながりの方と、京都でご一緒することができた。

d0048332_22543097.gif初めてお会いしたのだけれど、お互いのブログコメントではたくさんお話をしているし着物ブログつながりの共通のお友達も多いので、なんだか初めてという気がしなかった(私だけかも?)。

いつもブログで拝見している着物と帯の実物を見ることができて、想像以上に質感が素晴らしかったのでうっとりしてしまった。

まずはきねやさんにご一緒したのだが、ご案内する立場の私だけがなぜか紙袋を持っているという…

でも久しぶりにお買物できて嬉しいな〜。早く使いたい♪

ランチは、以前別のお友達に連れて来ていただいたお店。

d0048332_22545697.gifd0048332_2255124.gifとても美味しくて店の雰囲気もよかったので、また来られて嬉しい。

今回も、凝った盛り付けに繊細な味、そしてボリュームもたっぷりで美味しかった。


ランチのあとは、お店を見ながら四条から三条へお散歩。
正絹の襦袢に袷の紬だったせいもあり、天気のいい日で日射しが当たると汗ばむほどだったが、鴨川の橋の上で吹く風はさすがに秋の冷たさで気持ち良い。
歩きながらもたくさんおしゃべりをして、あっという間に時間が過ぎてしまった。

着物を通じてお友達が増えるのは本当に嬉しい。
初めてお会いしても着物のことで話は尽きないし、お一人お一人の趣味や着こなしを間近に拝見できるのも楽しく参考にもなるので、いつも充実したひとときを過ごさせていただけてありがたく思っている。

今回はお誘いありがとうございました。
ぜひまたお会いする機会がありますように…
[PR]
by Medalog | 2011-11-02 23:15 | きもの | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る