メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

贅沢なランチ

秋単衣の季節が終わる直前、とてもおいしいランチをいただいてきた。

「祇園さゝ木」さん。
関西に来てほんの数年の私でさえ名前を知る有名な店だけれど、高名ゆえにまさか自分が行く機会が出来るとは夢にも思わず、ありがたいお誘いに一も二もなく飛びつかせていただいたのだ。

しかも、ご一緒するのはこの日に初めてお会いするブログつながりの方々。
待ち合わせをして初めて顔を合わせた30分後ぐらいには、京都でも指折りの名店のカウンターに並んで座り、盛り付けも味も存分に吟味されたおいしい料理をいただいている…
本当に不思議な、そして楽しく嬉しいひとときだった。


d0048332_10241844.gif
さゝ木さんがどのような店なのかわからないので、緊張して入店する。
最初の一品が供されるまでは、店の中に少し緊張感があるように感じた。客側の緊張というよりは、スタッフの皆さんがこれから始まるランチタイムをつつがなく進めるために気を引き締めていらっしゃるような感じで気持ちのいい空気ではあった。

そしていざ食事が始まってしまえば、出てくる料理一つ一つを目と舌で味わうのに夢中で緊張感などどこへやら。
一皿一皿の丁寧な仕事ぶりは、口へ運ぶたびに美味しさ以上の幸せを食べている感じ。季節感溢れる盛り付け、料理ごとに違う出汁をたっぷり含んだ煮物。漬物の切り方ひとつまで、味と歯ごたえのバランスがしっかり計算されているように感じた。

そして接客。
食事が始まる直前にちらっと顔を見せたご主人がちょっと厳しい表情に見えたので、どんな雰囲気の食事になるのかなと不安もあったがまさに杞憂。気持ちよく食事させていただいた。
私たちの会話にご主人がさっと加わってきて料理のコツを教えていただいたり。教わった栗ごはんと銀杏ごはん、ごの秋は挑戦してみます。

ご一緒いただいたお二人はいろいろ気を使ってくださって、初対面とは思えない楽しい時間になりました。ありがとうございました。



d0048332_11115360.gif単衣のぜんまい紬に、以前某所でひなやのパクリと言われた八寸帯。

襦袢は以前きもの英さんで仕立てた洗える単襦袢を初おろし。
さほど暑くない日だったが着心地は微妙に蒸すような、そうでもないような…?肌触りはシャリッとしていて問題なし。静電気もなくて足さばきも問題なしだったのでまずはひと安心。

帯締めがなかなかピンと来るものがなくて、淡いピンクと黄緑が表裏になっているものをお太鼓のなかで捻り、左右が違う色になるように締めてなんとか落ち着く。
帯揚げはこっくりした栗色で生地も厚く、ちょっと時期的に早過ぎるかもと思いつつ、他にピンと来るものがなかったのでせめて出来るだけ細く見えるようにした。

ご一緒したお二人はお召しの着物や帯がとても素敵で、着付けもさらっと自然。
自分ももっと着付けが上達するようになりたい。
今回はおはしょりが膨らんできたのが一番の反省点だったな〜。これがなかなか改善できない…
[PR]
by Medalog | 2011-09-30 11:30 | きもの | Comments(4)

「一日2個捨て」運動

先日のノートパソコン処分で勢いがついたので、今年は年末まで徹底的にモノを捨てることにした。
方法は、「一日2個捨て」。
なんでもいいから、一日に2つのモノを捨てるだけ。
大きいものは家具・家電から小さいものは名刺一枚でもいいので、とにかく2つ捨てる。
(毎日の生ゴミなどは別)

大切なのは「2個しか捨てない」こと。
一日にたくさん捨ててしまうと、そのうち捨てるものがなくなってしまうので…。

4年前に今の家に引っ越す前にも、同じ方法で毎日いらないものを捨てた。
半年前から引っ越しが決まっていたので、半年続けて大小合わせて300以上のモノを捨てられてスッキリした。
今回も年末まで続ければ180個のモノが捨てられるはず。
さて、スッキリした家で来年の正月を迎えられるだろうか?



d0048332_19464381.gif最初に捨てるのは、反物の芯2本。

…なんでこんなものがあるのか(笑)
巻いてあった生地を使ったあと「芯が何かの役に立つことがあるかも」と思って残しておいたけれど、もう数年も使わずじまいなのでこれを機に処分。
本当は3本あるんだけど、一日に捨てられるのは2個までだから残りの1本は明日捨てます。
[PR]
by Medalog | 2011-09-28 19:58 | 生活 | Comments(4)

夕焼け

d0048332_19261180.gif
我が家のベランダから西の空を。
携帯電話のカメラで撮ったにしては、きれいじゃないですか?(自画自賛)
[PR]
by Medalog | 2011-09-27 19:29 | 生活 | Comments(0)

今日のメダカ

大阪もめっきり涼しくなって、いつの間にか重ね着をするような季節になった。
メダカも急な冷え込みに驚いていそうだ。

d0048332_9351785.gifd0048332_935515.gif
夏の間はメダカがよく動くので、とてもじゃないが私の腕前では写真に納めることが出来ない。
それがこうやって撮れたということはメダカの動きがかなり鈍くなってきたんだな。
(それでもピントは合ってないけど)


d0048332_9405155.gif去年は睡蓮鉢を室内に入れて冬を越させたが、今年はこのまま外で冬を越させようと思っている。

浮き草のホテイアオイやオオサンショウモも、今までは冬になると枯れてしまうので取り除いていたけれど、今年の冬はこのまま浮かべておくつもり。

見た目はちょっと汚くなるかもしれないけれど、来年の春になってどれか一つでも新しい芽を出せば来年の水草代が0円になるので(笑)メダカ同様に無事越冬することを願っている。
[PR]
by Medalog | 2011-09-26 09:45 | メダカ | Comments(0)

捨てた〜!

先週末の三連休、なぜか我が家は片付けモード。

我が家は荷物が多い。
例えばCDだけで約1,000枚、本や雑誌も夫のビジネス関係から着物やグルメ系まで数百冊ある。
三重県から大阪に引っ越してくるときも、引っ越し会社の人に荷物が多いと驚かれた。
また、最近とあるお宅にお邪魔してお部屋からクロゼットの中までいろいろ見せていただく機会があったのだが、そのお宅は小さいお子さんがいる3人家族なのに2人家族の我が家よりも明らかに荷物が少なくて、改めて我が家の荷物の多さを思い知ってしまった。



最近自分たちで気付いた原因のひとつは、なにかを買った時に今まで使っていた古いものを捨てられないこと。

家の中をざっと見渡しただけで出てきた不要品は、パソコン関係だけでもたくさん!
ノートパソコン2台とデスクトップパソコン1台、携帯電話と説明書一式が2セット、スキャナーが1台、ipod mini1個、パソコン用スピーカー1セット、買ったけれど使わずじまいだったパソコンソフトやそのハウツー本がいくつか…。
デスクトップパソコン以外はさほど大きくないのだが、これらを一つにまとめてみると結構な量になって我ながら呆れてしまう。

この手のものはリサイクルに出すなら少しでも新しいうちに出したほうが値段が付くのはわかっている。
でも毎日手にする携帯電話は使わなくなっても妙に愛着があるし、パソコンは自分で個人情報を消しても他人が簡単に復元できるなんて話を聞くと処分するのが怖いような気もするし…なんてぐずぐずしているうちにすっかり手放すタイミングを見失ってしまった状態だ。

とにかくこのまま家にあっても絶対に使わないものばかりなので、思い切って手放すことにした。
携帯電話はショップで回収してくれる。ドコモでは個人情報保護のために目の前で携帯電話に穴をあけてくれて安心だけど、愛用していたケータイの無惨な姿にちょっと寂しくなる。
その後、ノートパソコン1台と細々したものたちをリサイクルショップにショップに持ち込む。
値段が付かないことも覚悟したが、ガソリン代&おやつ代ぐらいのお金が戻ってきた!わーい。



しかし我が家にはまだまだ、まだまだ不要品が…
この機会に減らせるものは減らさないと、最近「あれってどこにしまったっけ?」なんてことが増えてきたからなあ〜。
すっかり涼しくなってきたし、この秋は片付け頑張ろう!

…だけどキモノ関係だけはじわじわ増えても仕方がないと思ってしまう自分がいるのです(笑)
[PR]
by Medalog | 2011-09-20 16:02 | 生活 | Comments(6)

残暑の単衣

9月に入り一度は過ごしやすくなったものの、先週末からまた厳しい残暑。
朝晩の風はすっかり冷たくなってきたけれど昼間はまだまだ暑い。
こんなとき、着物は何を着るべきかな?

…なんて悩むけど、手持ちの夏物は透け感が強かったりどうみても麻だったりして9月中旬に着るにはちょっと気が引けるので、単衣、それもたった2枚の中から選ぶしかないのだけど(笑)。
しかも単衣2枚を出してみたら塩沢のほうはお手入れ済みのままのきれいな状態で、もったいなくて着られないので悩む間もなく春にも着たぜんまい紬に落ち着く。



d0048332_11533816.gif単衣のぜんまい紬に買ったばかりの絽塩瀬帯。

帯留はうさぎちゃん。中秋の名月だったのでこの日一緒に出掛けたお友達もうさぎの小物を使っていて、なんだか嬉しい。

絽塩瀬帯はするする滑って今回も締め具合は今ひとつ。
これがざっくりした織りの帯なら適当に体に巻き付けてもなんとかなるのだが、塩瀬は着付け中もすぐ緩みそうになって怖いのでギュウギュウに締めてしまい、胸が帯に乗っかるようなシルエットになってしまった。
もう少し前帯をゆったりVの字に締めたいんだけどな…

d0048332_1232318.gifやわらかくて滑るせいかお太鼓の形も決まらない。多分帯枕も滑って落ちてきてしまうのと、て先がお太鼓の下線を抑えきれないせいだと思うのだが、お太鼓がぶわんと膨らんでしまうのだ。

この帯を締めるのは二回目なので前回よりはマシだったがやはり今回も膨らんでしまう。
仕方がないので、お太鼓の両端下とたれ(右写真のピンクの部分)を両面テープで留めてみたらなんとか形になった。

もともとは裄の合わない長襦袢と着物の袖を留めるためにお友達から分けていただいた両面テープだが、今回久しぶりに役に立ってくれた。反則気味だけどね…



大阪駅周辺でお友達と呉服売り場を見て、軽く食事。
お友達は夏大島をお召しだったが、網代っぽい地模様が塩沢のシボのようにも見えて夏物を秋に着ていても違和感がなくて素敵だった。

私は紬の単衣なので暑さも覚悟したが、外を歩く時間が短かったのと襦袢が麻のままなのでさほど暑くもなく、まあまあ快適だった。
さあ、この着物を洗いに出すまであと1〜2回着られるかな???
[PR]
by Medalog | 2011-09-13 12:49 | きもの | Comments(4)

この夏、最後の着物

あっという間に8月も終わり。
今年は夏の着物を一度しか着ていなくて、もう一度は着たいと思いつつ月末に…。
夏が終わる前、そして台風が来る前のギリギリのタイミングで着物を着て出掛けた。



d0048332_19574427.jpgd0048332_1958823.jpg
メダカ柄の夏上布に、先日「ねこ展」の帰りに出会ってしまった絽塩瀬の帯。

地色は薄いグレー。
柄は不明。店の人にも聞いたが、多分架空の植物だと思います、との事。
もともと朝顔だの秋草だのが描かれた「いかにも」な夏帯が欲しくて探していたのに、結局なんだかわからない柄を買ってしまった。もちろん色柄が気に入ったわけだが、架空の植物だったら6月から9月上旬までずっと使えるかな…という打算がなかったとは言えず(笑)。これではいつまでたっても着物上級者にはなれないわ。

帯が意外にやわらかくて着付けに手こずり、お太鼓がぶわんと丸く広がってしまったまま出掛けてしまった。納得がいかなかったので帰宅後にもう一度練習。
次回からはお太鼓の下線をキッチリ決めて、手先を多めに取り両端でお太鼓を支えること!



d0048332_19592797.gif出掛けた先は京都・相国寺。
承天閣美術館で開催中の「ハンブルク浮世絵コレクション展」を見てきた。

作品数がとても多く、期待以上の展示!
有名どころの絵師たちの大小さまざまな作品がぎっしり200点ちかく並び、綺麗な建物の中でゆっくり見られてよかった。そして伊藤若冲筆の金閣寺(鹿苑寺)大書院障壁画「葡萄小禽図床貼付」「月夜芭蕉図床貼付」が見られたのも嬉しかった。

写真は展示室を結ぶ廊下から見た中庭。
長細い敷地のバランスと美術館らしい意匠が素敵。

d0048332_200195.gif相国寺の敷地が広々としているのに驚いた。最盛期には今より更に広かったらしい。また鹿苑寺(金閣寺)慈照寺(銀閣寺)はこの相国寺の山外塔頭だそうだ。

隅々まで綺麗に手入れされている敷地の中を、自転車で通り抜ける人やランニングする学生、お散歩する親子連れなどいろいろな人が当たり前のように通っていた。
そういうのって、なんか羨ましいなあ。


d0048332_2002619.gif出町柳駅まで歩いて戻る途中、出町ふたばの前を通ったら行列がほとんどなかったので、思いがけず豆餅をゲット!

以前一度買いにきた時は定休日で、いつかリベンジしようと思っていたので嬉しい。

家に帰ってさっそく頂いた。
豆たっぷり。そして上品な甘さのこしあん。
あんこは粒あんよりこしあん派の私には嬉しい一品でした。ごちそうさま〜。
[PR]
by Medalog | 2011-09-01 00:14 | きもの | Comments(4)