<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

歌舞伎のチケット

皆様、歌舞伎のチケットはどのように手に入れていらっしゃいますか?

私は歌舞伎に限らずチケットは全てネットの「チケットぴあ」で買ってしまうのですが、もしかしたら直接松竹のネットか電話で買ったほうがいいのかな?と思ったり…

もしよかったら、皆様がどちらでチケットを購入されているか教えていただけたら嬉しいです。
[PR]
by Medalog | 2011-02-28 08:29 | 生活 | Comments(6)

利休バッグ

着物に合わせるバッグについて、今までは着物にしか使えないタイプはもったいないと考えていたのだが、気に入った柄の利休バッグを見つけてしまったのでついつい買っちゃった。

d0048332_19483254.gif金銀の糸を使ったものがずらりと並んでいる中で、このバッグだけ更紗柄だったのだ。

紬や小紋、木綿着物にまで合わせられそうだし、色柄がなんとも私好み。

それに、持ってみたらすごく軽い!
最近はなにしろ肩凝りにおびえているので、軽さが決め手となってお持ち帰りとなった。

先日の歌舞伎鑑賞のときに、さっそく持って出掛けてみた。
バッグにあれこれ入れてみたら、これが意外と容量が多い!長財布にハンカチ、手ぬぐい、化粧道具、携帯電話、文庫本、そして折畳み傘を入れてもまだまだ余裕があるのは嬉しい。
それに形が安定していて、どこかに置く時も据わりがいいのも助かる。

利休バッグってなんだか自分が持つものではないと思って敬遠していたけれど、こんなに使いやすいとは思わなかったな。
定番で使われているものにはそれなりの理由があるのね。
この分だと夏にも使える素材のバッグが欲しくなりそうな悪い予感が(笑)。
網代なんかも(高いだろうけど)素敵だし、箪笥に眠っている残り布で作るのも楽しそう!草履の鼻緒と揃えちゃったりして?

…と、また妄想で時間が過ぎていくのです。
[PR]
by Medalog | 2011-02-25 20:13 | きもの | Comments(4)

歌舞伎を見てきました

先日、ブログに「今月の仁左衛門さん(大阪松竹座で歌舞伎を公演中)がすごい」とコメントを書いてくださった方がいらしたので、今月は自粛するつもりだったのにちょっと心が揺らいでいたとき。

テレビで、珍しく今月の松竹座のCMを流していた。
「これはチケットに余裕があるのかも?」とチケットぴあを覗いてみたら各席とも空きあり。
ついついポチッと予約してしまった。あああ。


d0048332_2063753.gif着物、久しぶりに着たなあ。

グレー紬に博多織の半幅帯。
半幅帯で観劇。一度やってみたかった。
お太鼓結びはお太鼓そのものも邪魔だけど、帯枕の紐と帯揚げの2本があるので窮屈に感じてしまう。
半幅帯だとそれがないので着心地がいいし、椅子にも座りやすい。とても楽ちんだった。
これからも、観劇の際にはできるだけ半幅帯で行きたいな。

長時間座っていても楽なように、着付けを全体的に緩めにした。
そうしたらうっかり腰紐も緩めに巻いてしまったらしく、裾がずりずりと長くなってくる。
腰紐だけはキッチリ締めないとダメだとわかっていたのに、失敗しちゃった〜。



演目は「通し狂言 彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」
一言で言えば片岡仁左衛門さん演じる主人公が、仇討ちの助太刀をする話だ。

愛之助さん演じる敵役・京極内匠という男が、なにしろ非道い男。
人を殺して騙して殺して騙して…。私が今まで見た歌舞伎の敵役の中でも一番悪いヤツだったんじゃないかと思うわ。
演じる愛之助さんまで憎たらしく見えたのは、まんまと芝居にハマった証拠かも。
仁左衛門さんは3階席から見ても姿の良い俳優さん!堪能、堪能。

今回は3階席の一番前が取れてラッキーと思っていたのだが、いざ座って見ると前の手すりの上にある10cmほどの透明な板の切れ目が、舞台を見るときに邪魔になってしまう感じだった。
でも目の前に座高の高い人や、やたらと前に乗り出す人がいるよりはこちらのほうがいいのかな〜。
まあ3階席を取る時点で、見やすさなど期待するべきではないのかもしれないけど。
[PR]
by Medalog | 2011-02-24 20:35 | きもの | Comments(6)

うどん4杯

先週の土曜日、四国・香川へうどんを食べにいってきた。

前日は大阪市内も白く染まるほどの雪だった。
当日は道路の雪も溶け天気予報も雪ではなかったので安心していたのだが、淡路島経由で四国に入り高松に着く直前で、なんと高速道路が雪による通行止め。
目的地は近かったのでさほどの問題はなかったが、街なかでも結構な雪が吹き付けて寒い寒い!
ただそのせいか、行列必至の人気店でもほとんど並ばずに食事が出来たのはラッキーだったかも。

この日は昼から夕方に掛けてなんと4杯ものうどんをいただく。

d0048332_12175991.gif1杯目は「池上製麺所」で出汁も麺も熱い、いわゆるかけうどん。

ダシの香りともちもちの麺が最高!
寒さと空腹もあって、ほぼ無言で平らげる。
看板娘のるみおばあちゃんはこの日も元気にお客さんに笑顔で声を掛け続けていて、心も胃袋もぽかぽか。


d0048332_12185549.gif2杯目は「なかむら」で釜卵。

自分で丼に玉子を溶き、あっつあつの釜揚げうどんを入れてもらってかき混ぜ、半熟状態になったところで出汁しょうゆをひと回し。
卵が入ると風味とマイルドさがアップし、これもあっという間にごちそうさま。


d0048332_1219927.gif3杯目は「山下うどん」で、つゆも麺も冷たいぶっかけ。

冷たい讃岐うどんの麺はいきなり歯ごたえが増し、急にお腹がずっしり重くなる。
でも小麦粉の美味しさをストレートに味わえるのはやっぱり「ひや」の麺だなあ。
ショウガとレモンでさっぱりしているのだが食べきれず、夫に手伝ってもらってようやく丼を空にする。


d0048332_12192544.gifそして4杯目は「うどん本陣 山田家本店」で、熱い釜揚げの麺にかけうどんより濃い出汁を掛ける「かまぶっかけ」。

屋島に近いこの店は広々とした立派な店構えで、ゆったり食事が楽しめる。
正直なところ私は4軒目はパスしてもいいほどの満腹だったのだが、夫は物足りない様子だったので仕方なく(?)入った。
でも今までの3軒のどのうどんとも違う味わいで美味しく、半分以上は食べてしまった(残りは夫がぺろっと完食)。




1日にうどん4杯。
それも午後1時〜5時のたった4時間の話だ。
朝・昼・おやつ・夜とうまく分散できれば1日に4杯でも軽くイケそうなのだが、朝早起きするのは辛いし、あまりの寒さに観光で時間をつぶす気も起きないし、夜遅くなると道路が凍結しそうだし…ということでハードスケジュールになり、お腹が破裂しそうになってしまった。

でも、お腹はいっぱいだけど、うどんに飽きることはない。
もし香川に1泊できたら、翌日の食事も全部うどんで構わない。
讃岐のうどんは本当においしいのだ。

しかも安い。
上記4杯の合計、なんと1230円。1〜3軒目の合計は630円である。
4軒目は600円だが、立派な店構えと人手の多さ、細やかな盛りつけなどを考えれば決して高いわけではない。

讃岐のうどん屋さんは、午後1時ぐらいで閉店する店も多く、行きたくても行けてない店がたくさんある。
大阪からは十分に日帰りの距離だけど、次回は是非一泊して朝からうどん屋さん巡りをしたいなあ〜。
ごちそうさまでした。
[PR]
by Medalog | 2011-02-14 12:22 | 旅行・食べ歩き | Comments(14)

8年越しのカドケシ

d0048332_7555412.gif
今さら説明するまでもないけれど、カドケシとは、角がたくさんあるので最後まで細かい部分が消せるというのがウリの消しゴム。

8年ほど前に売り出されたそうだ。

発売当初からずっと気になっていて、買おう買おうと思いながらなぜかずっと我慢してしまい、8年越しの先週末にようやく買えたのだ。

形は変わっているが実用的なただの消しゴムだし、値段だって他の消しゴムとさほど変わらない。しかも販売当初はフルタイムで働いていて、図面や書類に細かい文字を書き込んだり消したりすることが多く、買えばそこそこ役に立ったはずなのに、なぜかずっと買えなかったのだ。
「新しいものに飛びついて使い勝手が悪かったらもったいない」みたいな、妙な節約心があったような気がするが、自分でもよくわからない。



一緒に映っているドクターグリップのシャープペンシルも、1年ほど悩んで先週末にようやく買ったもの。
私は筆圧が強いので、軸が太くて持つ部分がやわらかいドクターグリップがとても使いやすい。だから、10年以上愛用していた先代が壊れた1年前にすぐ買い替えれば良かったのに、なぜか「家にある使いにくいシャープペンシルで我慢すればいいや」とか考えて、これまた1年ほど我慢していた。

なんでかなー。
数百円のカドケシやドクターグリップを我慢している間、美味しそうなパンやらお菓子やら、はたまた着物やら帯やらを衝動買いしているのにね(汗)



ちなみに、下のノートはお笑い芸人のロザン(京大芸人さん)がメーカーと共同開発したもので、罫線が細かいので美しいノートが作れるというもの。これも最初に見た時は欲しいけど買う決心がつかず、2回目でようやく購入。
(このノート、すごくいい感じ。現役の学生時代に欲しかった…30年前だけど)

これだけ文具が揃ったんだから、なんか勉強でもしないとダメかなあ〜
[PR]
by Medalog | 2011-02-08 08:37 | 生活 | Comments(4)

久しぶりに、着物!

久しぶりの更新となってしまった。
喉のほうはすっかり直っているのだが、先月後半に夫が海外出張から戻ってから、仕事が一段落したようで代休を取ったり帰宅時間が早まったりして家に居る時間が長くなり、私がパソコンを触る時間がめっきり減ってしまったのだ。

そんなわけで先週着物を着たのに記事も書かなかったので、記録に写真だけ載せることに。

d0048332_20365511.gif結城紬に博多紋織八寸。

昨年末に京都のかづら清さんで見つけたうさぎの帯留を、ようやく使うことができた。今年は卯年だから、季節に関わらずたくさん使ってしまおう!

出掛けた先は、きもの英さんの大阪展示会。ずっと欲しかった単用の襦袢を、洗える襦袢地で作ることにしたのだ。
気に入った色柄も見つかり、数年来の宿題をようやく解決できて嬉しい。

先日英さんで仕立てていただいた、洗える着物地のコートを着て行く。
単仕立てなのでこの時期にはちょっと季節外れなのだが、お店の方に着姿を見ていただく…というよりも、まだお店の方に顔を覚えていただいてないと思うので、コートを持っていけば思い出してもらえるかなと思って着て行った。

大阪市内で長い時間外を歩かないようなお出かけなら、単のコートでもショールを合わせればそれほど寒くないと感じた。
冬の京都へ行く時はさすがに心許ないけどね…。
[PR]
by Medalog | 2011-02-04 20:48 | きもの | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る