<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明後日からは夏着物

きもの着用今年25回目。
先週行けなかった呉服店へ、今日こそは行かねば。

1年の折り返しである6月末の時点で、今年のきもの着用回数の目標50回のちょうど半分・25回を着ることができた。
回数が増えると同時に着物を着る間隔が近くなるので、着付けのコツや前回の問題点などを覚えている状態で着付けができる。だんだん準備も着付けも早くなってきたし、軽い気持ちで着物を着られるようになったと思う。


d0048332_16122165.gif6月末なので、単衣は今日が最後!

ぜんまい紬、薄い黄色の夏帯、麻の絽長襦袢。
ライトグレーの夏用帯揚げと帯締め。

この帯も先週の帯と同様に折り目がぴしっと決まらず、お太鼓がぼよんと膨らんでしまうのが悩み。一度締めたあとで、お太鼓の中やたれをぐいぐいと引っ張って、なんとか形にする。

帯締めが中心より下がっているが、自分で鏡を見ている時には気付かなかった…。次回は気をつけよう。

d0048332_1633485.gif先週末に着て出掛ける予定だった、塩沢と二部式帯。

この着物と帯の組み合わせは好きなのだけれど、帯締めに何色を合わせればいいのか、今ひとつわからない。今回初めて赤紫の三分紐を合わせてみたが、これはまあまあ合うのかも?

今日は雨の予報だったので塩沢は諦めた。
帰宅寸前から雨が降り始めたので、着なくて正解だった。


d0048332_163954100.gifこの日、ぜんまい紬と黄色の夏帯に合わせた帯揚げと帯締め。

どちらも安いもので、色柄は気に入っているのだが、手触りや使い心地はやはりそれなりかな…。

特に帯揚げはカサカサした質感で扱いにくく綺麗に折り畳むのが難しい。

やっぱりきねやさんで扱っているような高級な小物は触れているだけでも幸せだよね〜と思いつつ、今はあまり「高くても質が良い帯揚げや帯締めが欲しい!」という欲求が湧いてこない。というのは、自分の中で「一押し」の着物と帯の組み合わせがないからだと思う。

手持ちの着物も帯もそれぞれ気に入っているものばかりなのだが、「この着物にぴったりの帯、さんざん探してやっと見つけた!」と言えるようなこだわりの選び方をしたものは、正直なところ、まだほとんどないのだ。

価格の高低に関わらず、もしそんなこだわりの着物と帯のセットが手に入ったら、すぐにきねやの社長にお見立てをお願いしたくなりそう。(いつになるかなあ?)それまでは、安い小物であれこれ組み合わせを考えて楽しめれば十分だ。
[PR]
by Medalog | 2009-06-29 17:12 | きもの | Comments(2)

今日のメダカ

先週の土・日曜日は、卵が次々にふ化!
ざっと20匹以上が誕生した。わーい。


d0048332_729126.jpg久しぶりの稚魚…。
なんて可愛いの…。

とりあえずは、みんな元気にプリプリと泳いでいる。

そして、我が家の水槽からも卵が一粒、二粒と少しだが見つかっているのが嬉しい。

これからふ化する卵もまだあるし、
どんどん賑やかになってくれますように。


d0048332_7365640.jpg
うちの水槽には照明がないからか、それともメダカが少ないので二酸化炭素が足りないからか、カボンバの葉がどんどん抜けてしまうので、新たに水草を買って来た。

アナカリスとサルビニア・ククラータ。

カボンバ同様に、アナカリスもうちではうまく育ったためしがない。緑色の葉がすぐ透明になり、もろもろと崩れてしまう。(コケにまみれながらも長持ちするのはアヌビアス・ナナだけ)でもこれらの水草は産卵のために必要なものだから、育たないなら新しいものをどんどん追加して行くしかないよなあ。


d0048332_742562.jpg去年買って以来、すっかり気に入ってしまったサルビニア・ククラータ。
かわいい形だよね〜〜〜。

これはメダカ水槽に入れず、観賞用。

日照をとても好むそうなので、昼間はベランダに出し、水温の上昇しすぎに気を付けながら十分に日に当てる予定。
日に当てると葉の巻きがしっかりしてきて、どんどん増える水草なので、それも楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2009-06-29 07:57 | メダカ | Comments(2)

どうもうまくいかない一日

Amethystさんがブログで「いろいろなことがスムーズに進んで気分のいい一日だった」と書いていらっしゃるのを読み、「さて、私のお出掛けもスムーズに行くかなあ?」と思いつつ外出の準備。

呉服店に、採寸の関係で着物を着て行くことになっていたので、早めの昼食を済ませてからシャワーを浴びて着物に着替えた。
選んだ帯は手作りの二部式帯で、簡単に結べるはずが今日はお太鼓が全然決まらず、着終わるころには汗だくに。
ようやく準備が終わり、そういえば今日店に行くことを担当さんに連絡してなかったことに気付いて電話を入れたら、なんと担当さんはお休みとのこと。あああ〜、なんで着物を着る前に確認しなかったんだよ〜!

他にも用事があるので外出しなければならないのだが、週明けにまた着物を着て呉服店に行くことを思うと、今日はもう麻の襦袢は着たくない。(週明けまでに洗濯するのが面倒…)
しかし着物用にと髪をひっつめアップにしてガチガチに固めてしまったので洋服は似合わない。どうしよう。

「あっ、筒袖の半襦袢に片貝木綿なら、もしかしたら意外と涼しく着られるかも?」と思いつき、早速試してみる。しかし袖を通してみると、やはり6月末に私の片貝木綿は厚手すぎたかも…。でも他の木綿も似たような厚みだし、近江上布だと麻襦袢を着ないといけないし(若干フライングだし)。
どうしよう?と悩みつつもなんとか着終わり、帯は気楽に半幅帯でいいや!と思ったら半幅帯は久しぶりなのでこれまたうまく締められず、時間は掛かるし汗だくになるし。
着終わってしばらく部屋に立ち尽くし、考えた結果「やっぱりこれじゃ暑くて無理!」となって全部脱いでしまった。あ〜あ。

結局、洋服で出掛けることにしたのだが、スプレーで固めた髪はそのままにするしかなく、なんだかちぐはぐな洋服姿に。もう自棄になってそのまま出掛けることにしたが、本来行きたかった難波か梅田の百貨店にはこの格好じゃ行きたくない。でも今日中に買わないと行けないものは、家の近所じゃ手に入らない。どうしよう。

…ということで、着物姿でキメて百貨店に行き、美味しい甘いものでも食べてくるはずが、なぜか微妙な洋服姿でイオンモールに行くことになってしまったのだった。
イオンモールでは一応目当てのものが買えたので良かったが、入りたいような甘いもののお店はなかったし、衝動買いもしちゃったし、なんだかぐちゃぐちゃな一日になってしまった。
朝、着物を着る前に電話を一本入れていれば「着物を着る前に電話してよかった!」となり、その後もスムーズな一日になったかも知れないのに〜〜〜!

まあ終わってみれば大したことじゃないんだけど。
こんな日はもう寝ます!おやすみなさい〜。
[PR]
by Medalog | 2009-06-27 01:20 | 生活 | Comments(2)

今日のメダカ

水槽の水換えをしようと覗き込んでみると、
あれ?ナナの葉の上に白い粒が…

受精しなかった卵だ!

おお〜〜〜、久しぶりに我が家のメダカが産んだ卵。
受精していないとはいえ、産んだことに間違いはない。

・・・ということは、もしかしたら他にも卵があるかも?
というわけで、久しぶりに目を凝らして卵を探してみる。
(最近は「どうせ産まないわ」と諦めていたので)

すると!

カボンバの根っこのほうに、控えめにくっついている卵を発見!
やったー!(^o^)v (嬉しいあまり、慣れない顔文字を使ってみる)

d0048332_11485368.gif

今年2つ目の貴重な卵に、思わず記念撮影。
その後もう1つ見つけたので、我が家で無事に産まれた卵は今年3つ!
(この季節に3つって、相当少ないんだけどね)

きっとmiyu-tatsuさんが送って来てくれた卵が、
我が家のメダカに「生命の気」を運んで来てくれたのでしょう。
ほんと、そんな気がします。

これからも、週に一度でも卵を産んでくれたら嬉しいんだけどな〜。
でも、これだけでも十分嬉しいよん。
[PR]
by Medalog | 2009-06-26 11:56 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

先日、もうメダカを飼う自信がないという弱音をブログに書いたら、
miyu-tatsuさんがメダカの卵をたくさん送ってくださった。

いつもありがとうございます。感謝でございます。

早速プラケースに入れて、毎日じっと眺めている。
ふ化するのは多分一週間ぐらい先で、
まだ中の稚魚も見えるか見えないかの状態だけれど
それでも眺めていたい。

だって、こんなにたくさんの卵を見るのはすっごく久しぶりだから。
「ああ、うちの水槽でもこれくらい卵が見つかった時もあったなあ〜」
なんて、しみじみしたり…
それにメダカは、卵の状態でも可愛いのです。小さくて。

来週の今頃は、久しぶりの稚魚たちにご対面できそうだ。
う〜ん。楽しみ!そして緊張。上手く育つかしら…
[PR]
by Medalog | 2009-06-25 14:38 | メダカ | Comments(0)

2年ぶりのぜんまい紬

きもの着用今年24回目。買い物へ。

d0048332_1929458.gif2年ぶりに袖を通したぜんまい紬。

去年は「単衣や夏物は、一度着たらお手入れに出さないといけないのが面倒」というだらしない理由で、単衣は塩沢しか着なかった。

今年も先に塩沢を着たのだが、なんだか無性にぜんまい紬も着たくなったので引っ張りだしてみた。秋単衣には塩沢よりこちらのほうが向いていそうだから、一度着たからには何度も着よう。

2軒の呉服店で「その着物は牛首ですか?」と聞かれ、お世辞とは思いつつもちょっと嬉しかったり。

帯は、この着物と同じ某チェーン店で購入したお安いもので、メーカー名も知らない。
妙にハリがあるわりに折り目がつきにくく、お太鼓がびしっと決まらず着にくいが、見た目は気に入っている。

船場センタービルの某呉服店で、初対面のお店のおっちゃんに
「それは『ひなや』の帯?いや、ひなやの真似して中国で作ったヤツやな。
 1万円しないでしょ」と言われてびっくり。
初対面の客にそんなこと言うかぁ?ストレートすぎて笑っちゃったけど。
値段だって、安いとはいえ1万円以下じゃないよ〜。

「え〜、これってそんなにパクりっぽい?恥ずかしくて、もう着て歩けないわ〜」
と返事したら、あわてて「いやいや、いい帯ですわ。着物とも合ってますよ」
なんてフォローしてくれたけど(笑)。
ちなみに着物の値段も聞かれ、答えると
「いやーそんなお安い着物には見えませんわ〜。遠目には牛首に見えますよ〜。」と、
褒めてるんだかどうなんだかわからない言い方をされて、思わず苦笑い。
でもざっくばらんなおっちゃん達で、特に悪い気はせず、面白かった。

不勉強な私、「ひなや」のことをよく知らなかったので、帰宅後に調べてみたら
複雑で繊細な組みと織りが美しい一流品だった。
確かに私のこの帯は、ひなやをパクったようなデザインだと納得するとともに
(質は足元にも及ばないが)、知らなければよかったかも、と軽く後悔。

牛首もどきのぜんまい紬と、ひなやをパクった帯か…(笑)。
お似合い、ということにしておきましょうか。



d0048332_201137.gif先日購入した畳表の桐下駄を、早速履いてみた。

軽くて、履き心地最高!今まで持っていた履き物の中でも一番歩きやすいかも。

黒田商店の下駄も軽くてとても歩きやすいのだが、こちらのほうが高さがない分だけ歩きやすさが上のようだ。

これはやはり、追加で購入してしまいそう…
[PR]
by Medalog | 2009-06-17 20:05 | きもの | Comments(4)

今日のメダカ

メダカの産卵・孵化まっさかり…の季節のはずが、
今年も我が家のメダカはダメなようだ。



ひと月ほど前に10匹買い足して13匹になったのだが、その直後に私が風邪でダウンしてしまったのと重なるように1匹また1匹と減っていき、半月後に風邪が全快したころ、5匹に減った状態でようやく安定。

風邪を引いていても、餌やりや水換えはきちんとやっていたのに!

それでなくてもしんどい風邪だったのに、動かなくなったメダカを毎朝のように見なければならないのは、精神的に結構きつかった。私の風邪が水槽の水まで汚染しているのか?なんてくだらないことまで考える始末。

現在は5匹で元気に泳いでいるが、産卵の様子はなく…
今年も稚魚を増やすのは無理かなあ。ハァ〜。

なんか、ブログのタイトルに「メダカ」の文字を入れていること自体申し訳ないような気がしてきた。(検索でメダカの情報を探して来てくださる方もいるようなので…)
このままメダカ繁殖がうまくいかなかったら、来年はタイトル変更しようかしら。

とにかく、今残っているメダカたちはきちんと育てなくちゃね。
[PR]
by MEDALOG | 2009-06-16 16:25 | メダカ | Comments(4)

久しぶりのお買い物

外出して日本橋の近くへ行ったので、履物問屋街へ行ってみることにした。以前、小判屋さんからお店をいくつか教えていただいていたのだが、急に行くことにしたので店名がわからない。もし行ってもわからなければ出直せばいいや、と軽い気持ちで行ってみることにした。

問屋街に着いたのは午後4時ごろ。シャッターが閉まっている店が多いのは、定休日や営業時間外なのか、それとも廃業?「あ、ここは教えてもらった店だ」と聞き覚えのある名の店でも、シャッターが下りているところがちらほら。
開いている店もなんだか入りにくくて、どこにも入れずにウロウロ。
「超」優柔不断なMedalog、まさかどこにも入れずに終わってしまうのか…。

そこへ一軒の店。
ここも入りやすくはなかったけれど、店内に下駄がずらりと並んでいるのが見えたので、勇気を出して聞いてみた。「あの〜、ここは一般人でも買える店ですか?」
すると、靴と下駄が半分ずつ並んだ店の奥にいたお店の人が「下駄だけならね」とのことだったので、恐る恐る入ってみた。


しかし、いざ入って下駄を目の前にしてしまえば、もう自分のペース。
畳表、胡麻竹、鎌倉彫、その他呼び方を知らない下駄がずらり。
わ〜ん、あれもいい、これもいいよ〜〜〜。
質もしっかりしているし、カッコいい形の下駄もある。

そして何しろ、安い! さすが問屋街!
店内を右往左往して見比べるが、どれも欲しい…。

さんざん迷って下駄を決めたら、今度は鼻緒。これも結構種類が多くて、またひとしきり悩んでしまう。麻の鼻緒なんかはすごく涼しげだけど、履ける季節が限られちゃうかな。なかなか素敵な印伝もあるけれど、今回はちょっと軽めにサッパリ・スッキリがいいかなあ。


そして決めたのが、これ。

d0048332_20235434.gif畳表の桐下駄に正絹の白い鼻緒。
(前壷は暗めのエンジ)

どちらも日本製とのこと。

帰宅後に足を入れてみたら、歩き回って疲れた足が一気に癒されるような、優しい履き心地。裸足で履いたらすごく気持ち良さそう。これは履くのが楽しみだなあ。

下駄も鼻緒も迷いに迷ったけれど「この値段だったら、また別のも買えばいいか」なんて考えたらあっさり決断できちゃいました。 ホント、それぐらい安いです。

夏物の近江上布に合わせるのは、キリッと四角い下駄に涼しげな麻の鼻緒。ピンクの片貝木綿には、思い切って可愛らしい鼻緒の下駄もいいなあ。・・・なんて揃えたくなっちゃうかも。
(もし買えたとしても、家には収納場所がないんだけどね)


でも、絶対また行きたい。そして、この店には草履がなかったので、草履を小売りしてくれる店も見つけなくては。
久しぶりの買い物、楽しかった〜。そして次も楽しみ!


   
  ※鼻緒をすげ終わって品物を渡してくれる時に、靴用と思われる箱に入れて
   そのまま「はい、どうぞ!」と渡してくれた。
   袋には入れてくれないのである。なるほど、問屋ってこういう感じなのか〜。
   その日は洋服だったので手ぬぐいもミニ風呂敷も持ち合わせておらず、
   箱のまま小脇に抱えて外を歩く羽目に。
   ちょっと万引き犯みたいでドキドキ。
   次に問屋へ行く時には、マイバッグを持っていこう。
[PR]
by Medalog | 2009-06-11 20:47 | きもの | Comments(6)

おみくじ

厳島神社で、おみくじをひいた。
「吉」なのだが、内容がすごく良くてなんだか嬉しかった。

まず最初にあるのが、「岩戸開兆(いわとひらきのちょう)・吉」。
岩戸が開くなんて、すごく縁起が良さそうじゃないですか。

その他の内容も、すべていいことずくめ。
失物、商売、病気、待人、勝負事、縁談(!)…
ぜ〜んぶ「よし」で、読みながらニヤニヤしてしまった。

結んで帰るのはもったいなくて、お財布に忍ばせて帰ってきた。
おみくじの内容なんて些細なことだけれど、やっぱり嬉しいものは嬉しいなー。

勝負事なんて「何事もかなう」だし。
次の宝くじでも買っちゃおうかなー。なんて。
[PR]
by Medalog | 2009-06-08 20:26 | 旅行・食べ歩き | Comments(4)

広島へ

友人たちと広島へ。

d0048332_12401934.gif
厳島神社。
数年前に行ったときは、夏の花火大会の日だったせいで宮島がゴミで溢れていて
驚いたものだったが、今回は綺麗に整備されていて気持ちよかった。

前回は屋台が建ち並んでいた参道も、今回はすっきり。
伊勢神宮などのように木に囲まれた参道を歩くと
気持ちが鎮まり清々しい気持ちになるけれど、
広い海を眺めながら歩く参道というのも開放的でなかなか良いな。

深い山奥にも神様はいるし、明るい海にも神様はいるのだと、ごく自然に感じた。


d0048332_12431882.gif
能舞台。

私が見たときは2回とも砂が見えていたが、潮が満ちると舞台が完全に海の上になるそうで…

能の舞台にもいろいろあるのでしょうが、このロケーションは素晴らしいですね。


d0048332_1331736.gif
「うえの」のあなごめし。

香ばしくて本当に美味しい。

1時間待ちは当たり前という人気の店だが、待つ価値はあります。

d0048332_1375826.gif
広島市内で食べたお好み焼き。

野菜たっぷり、そばたっぷりでボリューム満点。美味しい!

隣の席でカープファンのおっちゃんたちが生ビールをあおりながら盛り上がっていたので、「ああ、広島でお好み焼き食べてるんだわ〜」と臨場感(?)もバッチリ。


d0048332_13173112.gif
お土産の定番・もみじ饅頭と、岡山のきびだんご。

以前山陽地方に住んでいた友人曰く「もみじ饅頭なら絶対に『にしき堂』!」ということなので、お勧めに従って買ってみた。

この店のものは初めて食べたが、皮も餡もしっとりしていて美味しいなあ〜。





d0048332_13245986.gif
いつもお気楽一辺倒で馬鹿話が炸裂、美味しいものが食べられれば幸せ!という仲間たち。

しかし今回は広島に行くということで、自然に原爆ドームや原爆資料館、呉の大和ミュージアムを見学することになった。

日本人なら、いやどの国の人でも
見学した感想はおそらくほとんどの人が同じものだろう。
戦争がどれほど惨いものであるか。
悲しいものであるか。
絶対に避けなければいけないものであるか。

綺麗ごとでは済まない問題だとは思うけれども、
二度とこのような恐ろしい武器が使われないように、と祈るばかりだ。
[PR]
by Medalog | 2009-06-08 13:46 | 旅行・食べ歩き | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る