<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ステテコ」を自作

着物の下に、裾よけの代わりに身に付ける「ステテコ」。
着付けが簡単で足さばきも良いのが魅力。
暑い時は汗ばんだ足同士がべたつくのを防ぎ、寒い時は風や冷気を防いでくれる。

いま1枚だけ持っているのは、和装用ではなく、洋装用の婦人下着のもの。
薄手の楊柳地で着やすく、襦袢の下に付けてもラインが響かないので季節を問わず愛用している。
でも長さが膝下5cmほどでやや短いのと、ウエストのゴムの位置が腰紐より上になってしまいお手洗いの時に面倒なのが不満で(直せばいいんだけど)着物用のステテコが欲しかった。
通販でも手に入るので夏に向けて物色していたが、雑誌「七緒」の昨夏号(vol.10)にステテコの型紙が載っているのを見つけたので、自作しちゃうことにした。


d0048332_20151489.gifまずは型紙を作る。
紙は、そう、新聞の折り込みチラシ。
型紙用紙など持っていないので、こんな貧乏臭いことになってしまった。
裏地が白いチラシがなかったので、線を引いても見づらいのが失敗だったが、なんとか型紙を作ることができた。

雑誌には実物大の型紙は付いていなかったので、股の曲線などは自己流(=適当)。
私は身長156cmなので、股下45cmにすると膝とくるぶしの中間の長さになるらしいが、今回は「これ一枚で裾よけ代わりにできる」というものを作りたかったので、くるぶしの上ぐらいになるように股下60cmにしてみた。


d0048332_20213289.gif生地は、透けない程度の厚みがある綿楊柳。
裁断の前に水通しをしたところ、綿なのでもちろん縮むのだが、楊柳のしぼも若干強くなったようで、思いのほか生地に厚みが出てしまった。
アイロンを掛ければ伸ばせそうだが、使い始めたら洗濯の後にいちいちアイロンを掛けたりしないので、もうこのまま作っちゃえ!という感じで適当に作り始めてしまった。

そうしたら、しぼがキツいため、裁断用の印が付けづらい!
せっかく作った型紙も「だいたいこんなものかな?」という程度の役にしか立っていないような状態だ。
こうなってくると「人目に触れないものだから」という気楽さも手伝って、適当モードはさらに加速。
縫い代も、定規を使わず「このくらいかな〜」という感じで決めてしまう。

おかげでところどころ辻褄が合わなくなり、股下はいつの間にか1cm短くなって59cmに変わってしまったりしたが、なんとか仕立て上がったのが、こちら。


d0048332_20152519.gif裁断〜縫い終わるまで、のんびりやっても2時間程度。家庭科レベルの実力しかない私でも、簡単にできた。
ただ、ゴムを通すのが意外に難しい…
幅5mmのゴムを3本通してあるのだが、先にゴムを寸法通りにカットしてから通したせいか、通している最中でゴムがゴム穴に吸い込まれてしまい何度もやり直した。

1時間以上悪戦苦闘して、コツを掴んだころにはもう終了。でも、次回からは上手にできそうだから、まあいいか。
雑誌ではストレートなシルエットになると書いてあったのに、ちょっと裾広がりになっているような?
自分で勝手に長さを替えたせいかしら。


ステテコは下着の類なので着用写真はお見苦しいとは思うけれど、もし今後手作りしてみようという方の参考になれば…ということで敢えて載せてみた。
d0048332_20161797.gifd0048332_20163026.gif
着てみると、平置きのときよりは裾広がりではないようだ。
正面から見るとやや広がっているが、横から見るとストレート。
長さはくるぶしの上。予定より1cm短くなってしまったけど結果オーライだったかも?
雑誌には「裾周りにレースを縫い付けたら可愛い」とあったのだが、楊柳地とレースはあまり相性が良くない気がするので付けなかった。

ウエストゴムの位置は、おへそより下。
私は腰骨の上あたりに腰紐を締めるけれど、その腰紐にも引っかからないように穿くことができるので、お手洗いなども楽になりそうだ。

着物の下に着た時にシルエットが綺麗か否かは着物の種類によっても違うと思うので、これからいろいろな着物に合わせてみて、場合によっては微調整が必要かも。
以前、某呉服店の店主から「普通の裾よけよりも、ステテコの方が形としては日射しに透けにくい」という話を聞いたことがある。
このステテコがシルエットが綺麗で透けにくかったら、夏にこれ1枚で着物を着ることができて、きっと快適だろうと思う。

でも、もしかしたらもっと薄手のほうが、使い勝手がいいかもしれないなあ。
そのときは薄手の生地で作り直して、今回作ったすててこは染色して(白のままだと洋服としては透けるので)部屋着にしちゃおうかな?
ゆったりシルエットで動きやすいし、さらさらの楊柳地は夏の部屋着にはぴったりだし。
チラシ型紙、捨てずに取っておこう!
[PR]
by Medalog | 2008-06-20 22:01 | きもの | Comments(6)

雨の日に着物で出掛けてみる

市内に出掛ける用事ができたので、着物を着てみた。

d0048332_20374111.gif単衣紬は、頂き物で、爽やかな色使いが気に入っている。
サイズがやや大きめなのだが、工夫すればなんとか着られるのが着物のいいところだなあ。

帯は、だいやすで買った白地の八寸帯。
普段使いにできる帯が欲しくて買ったのだが、軽くて着心地が良く、お太鼓も作りやすかったので嬉しい。
普段使いの帯は、やっぱり軽いものに限る。

襦袢は美容ランジェリーに正絹絽の替え袖、美容衿に麻の楊柳半衿を付けた。
麻の小物は、まだ早かったのかも?
普段着なのでお許しを…



着付けは、今回も美容衿がうまく付けられなかった。
衿合わせがどうしても詰まってしまうのと、衣紋がうまく抜けず、前回同様に首周りがキツキツになってしまう。(写真をみてもキツキツなのがわかる)
見た目も暑苦しいし、衿に風が入らないので実際にすごく暑い。

くやしいので、帰宅後、着物を脱いでもう一度着付けの練習をした。
ランジェリーの衣紋を「やり過ぎ?」と感じるぐらいに抜いておき、美容衿は首に触れない程度にゆったりと前で合わせてみる。
そしてもう一度着物を着てみると、おお〜首元がスッキリ、大分スマートな着姿になった感じだ。
それに、首周りが涼しい!
これからの季節は、衿もとの着付けに気をつけよう。



d0048332_21361360.gif今日は夕方から雨という天気予報だったので、まだ使ったことのない二部式雨コートをバッグに入れて、夕方までに帰宅できるように急いで家を出た。
…あれ、まだ昼過ぎなのに雨が降ってるんですけど。
しかも結構大降りなんですけど。

洋服に着替えようかとも思ったが、それもまた時間が掛かるので、思い切って着物のまま出掛けることにした。
雨の日に着物で出掛けたことがほとんどないので、いい経験になるかもしれないし。

玄関先で二部式雨コートを着て、出掛けてみる。
価格が安いのでペラペラではあるが、暑い季節にはこれくらい薄いほうが助かる。
風は通さないのだろうが、あまり蒸し暑さは感じなかった。

駅に着き、電車が来るまでベンチに座る。
電車が着たので立ち上がったその時! さっそくやってしまった。
腰巻き部分の後ろの裾を、かかとで軽く踏んでしまったのだ。
とりあえず電車に飛び乗るが、明らかに裾がずるずると下がってしまっている。
電車の中で直すのは恥ずかしい気がしたので、両手で腰巻きを支えつつ(ドレスを着て歩いている感じ?)降りた駅のトイレに駆け込んで直す。
トイレの床に着かないように直すのは結構大変だった。

その後、食事の時には上下とも脱ぎ、店を出る時は晴れていたので帯付きのまま歩く。
ところが、しばらく歩いていたら、また雨が!
屋根のあるところへ移動して上着を着ることはできたが、さすがに混雑した道ばたで腰巻きまで着ることができなかった。
上着だけを着て、雨が弱くなった時を見計らってなんとか駅に戻り電車に乗る。

地元の駅に着いて、雨が弱まっていれば上着だけを着たまま帰ろうと思っていたが、残念ながら雨脚は強まるばかりなので、駅のホームで腰巻きも付ける。
反対側のホームで電車を待つ人たちからは丸見えなのだが、仕方がない。
コートを上下着込んで自宅にたどり着き、着物を点検すると目に見える汚れはない様子で安心する。頑張って腰巻きを付けたり外したりした甲斐があったかな。

二部式コートを着た感想。
外出先で何度も脱ぎ着をするのは、特に腰巻き部分が面倒だった。
腰巻き部分は、自分で踏んだりひもが緩んできたりして、いつ脱げ落ちてしまうかという不安もあるし、裾の長さをピタッと決めるのも難しい(特に後ろ)。
やはりフルレングスの雨コートのほうが、雨の日には使い勝手は良さそうだ。

ただ、軽いので持ち運びには向いているし、着ていても疲れない。
この時期に着ても蒸し暑さは少なかった。
幅にゆとりがあるので、多少は風が入るのかもしれない。
塵よけにもなるので、帯付きの時に上着だけを持ち歩くという使い方もいいと思う。
なんといっても安いものなので、まずはこれを使いながら次の雨コートにゆっくり狙いを定めていけばいいのかな。


d0048332_2139884.gif履物は、底に自分でゴムを張った駒下駄に爪革を付けたもの。
これも、雨の日に履いて出掛けるのは初めてだ。
草履より不安定ではあるが、滑ることもなく、またゴムの弾力のせいか思ったよりは歩けるな、という感じだ。
ただ草履のように足にフィットした形ではないので、長時間歩くとやっぱり疲れる。
それに、駒下駄だと百貨店などに入るにはカジュアルかな、と思ってしまうし。

駒下駄は爪革を付け外しできるので、天気が変わってもOKなのがいいと思うのだが、歩きやすさを考えればやはりドーム付きの雨草履がいいのだろうか。
皆さんの雨の日の足元事情、ぜひ教えていただきたいです。



脱いだ着物を干し、小物を片付け、一息ついてふとベランダを見る。
そこにはきれいな夕焼けが。

天気予報、外れたわけね。…疲れた。
でも、いつか雨の日に出掛けなくちゃならない時のために、いい予習になりました。
[PR]
by medalog | 2008-06-05 21:49 | きもの | Comments(6)

麻の長襦袢地を自宅で水通ししてみる

先日京都へ行ったとき、伊勢丹で小千谷の絽長襦袢地を見つけた。
麻の絽襦袢地というものを、初めて手に取ってみる。
もっと厚手でごわごわしていると想像していたが、思ったよりも薄くてしなやかだ。
それにシャリシャリしていて涼しそう。その分、肌の弱い方には合わないとも聞くが…

・・・・・・・・・・

手持ちの夏襦袢には、まだ「当たり」がない。
最初に何の知識もないまま、某チェーン店で「手入れが楽だから」と勧められて仕立てたポリ絽は、体に熱気をどんどん溜め込む感じで本当に暑かった。
真夏はもちろん着れたものじゃないが、単衣の時期に着ても呼吸が苦しくなるときがあるので、できればもう着たくない。

翌年ネットで購入したのが、綿麻の長襦袢。
肌にまとわりつくことはないが、この襦袢地は楊柳などではなく平織りで、生地も結構厚くゴワゴワしていたので綿麻とはいえやはり暑かったし、薄手の夏〜単衣着物の下に着るとシルエットが綺麗に出ない。
長く着ていれば生地が軟らかくなるかもしれないが、何年先になるかわからないものを気長に待つわけにもいかず、夏襦袢には不向きと判断した。
普段着の木綿や紬の着物の襦袢としては使えそうなので、もしかしたら白い袖を自分で染めちゃうかも。

そして、今年。
あれこれ遠回りしたが、今年こそは麻の襦袢を仕立てることにしたのだった。
ポリ絽だの綿麻だのと遠回りしなければ、その分のお金で海島綿の襦袢でも作れたんだけど、当時は襦袢の種類もろくに知らなかったし、仕方ないか。ハァ。

・・・・・・・・・・

伊勢丹の小千谷の襦袢地は価格もさほど高くないように思えたが、相変わらずの優柔不断につきその場で購入の決断ができず、帰宅してしまった。

d0048332_9382551.jpgもう一度京都まで行くべきか迷いつつネットで検索していて見つけたのが、近江の絽麻襦袢地だった。
安い!伊勢丹にあった小千谷の半額以下だ。
もちろん価格に比例して品質の良し悪しもあるだろうし、一度百貨店できちんと採寸してもらって仕立ててみたいという希望もあったのだけれど、なんといっても近江のほうはお仕立て代がまるまる浮く計算になるので、お買い得な近江に決定!

・・・・・・・・・・

ネット注文して自宅に届いた麻襦袢地は水通しされていない。
仕立て上がった襦袢は自分で洗濯するつもりなので、この際自宅での水通しに挑戦することにした。
仕立てをお願いする和裁士さんに「素人が自分で水通しした反物でも大丈夫ですか?」と確認。快く了承いただいたが、仕立ての際にはプロが水通しした反物よりも縫いづらいかもしれないのが申し訳ない。



d0048332_9384113.jpg風呂に水を張り、反物を水に浸ける。
2時間後、軽く押し洗いしてから引き上げ、水を換えてまた2時間浸ける。
もう一度軽く押し洗いして引き上げ、絞らずに水が滴るまま風呂場の竿に掛けて干す。
(絞った時にシワが付きやすいと聞いたので)
浴室乾燥機能を使うと急激に乾いて縮んでしまいそうなので、換気だけにして気長に干すことにした。
※手順には何の根拠もなく、全くの自己流です!

30分後に見てみたら、脱水していないのに早くも水気が飛んでいた
これは仕立て上がり後のお手入れが楽そうだ、と嬉しくなる。
水が滴り落ちなくなったので、風通しの良い部屋に移して室内干し。
天気はあまり良くなかったが、一日でしっかり乾いてくれた。

シワはほとんど付いていなくて、ひと安心。
触ってみると、水を通す前と比べて少し柔らかくなった気がする。
自宅でメンテナンスするたびに柔らかくなってくれるんだろうか。

・・・・・・・・・・

水通し前と後の寸法を比較してみた。
幅は35.5cmが34.5〜35cm(-0.5〜1cm)に。
長さは10m23cmが10m10cm(-13cm)に縮んだ。
水通しが成功したのかどうか今ひとつわからないが、これで仕立てに出すことにする。

仕立て上がり後の自宅洗いで縮む可能性もあると思うが、縫い込みをできるだけ多く取っていただけるということなので、最悪の場合は寸法を出すこともできるようだ。

仕立て上がりは6月後半。
どんな着心地なんだろう。今から楽しみにしている。
[PR]
by Medalog | 2008-06-02 09:41 | きもの | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る