<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

うそつきの替え袖

前回の記事に載せた洗える着物の反物を使って、うそつき襦袢の替え袖を作った。

d0048332_2158917.gifやたらと伸びやすい布地で、ミシンで縫ったりアイロンをかけたりするたびに何度も寸法を取り直さないといけないのが非常に面倒だった。
でも直線縫いだけなので、縫う作業は簡単。今回は全てミシン縫いで済ませてしまった。
布地の幅がたりず、袖のちょうど中央で2枚をはぎ合わせ、縫い代は肌に当たってちくちくしないように外側に折り返してみた。

d0048332_21584778.gif普段着の小紋に合わせると、こんな感じ。
いつもの襦袢の袖がピンクなので、この色は自分には新鮮に映って嬉しい。
でも、この時期には少し色使いが寒々しいかしら? 
半衿や帯の色を工夫すれば大丈夫かな?

本当は腰巻きのほうまで一気に作りたかったのに、すぐに伸びてしまうこの布に手こずってしまって手が回らなかったのが残念。

今年の針仕事は、もうこれで終わりにしなくては。まだまだ他にやることがたくさんあるのに、
今年の年末はずいぶん着物関係に時間を費やしてしまったなあ。


先ほどNHK教育テレビで、森田空美さんの着付けの番組を見た。
先週の着物に続いて今週は帯。
帯の着付けについて以前から疑問に思っていたことが「帯の上部をゆったり着付ける方法」で、
帯に携帯電話ぐらい挟める余裕が欲しいのに、実際は帯揚げを入れるのすらきついほど
ぎゅうぎゅうに締めることしか出来ず困っていたのだが、今日の番組の中で教えていらした
着付けのポイントがヒントになりそう。

1)帯を巻く時に、やや前下がりになるようにVの字を意識して巻く。
2)常に帯の下側(輪のほう)を持って帯を引き締めるようにする。

こうすることで、帯の上側に余裕ができて苦しくないし、見た目もすっきりするのだそうだ。
確かに、着付けが終わった後のモデルさんを見ると、きちんと帯を引き締めながら
着付けをしていたのに、帯の上側にゆったり余裕ができている。
もちろん、着姿もすっきりきれい。
これは、次に着物を着る時に絶対に実践するぞ! 楽しみだな。
[PR]
by Medalog | 2006-12-28 22:27 | きもの | Comments(5)

着物の裄と袖幅・袖丈について

通りすがりの呉服店で、洗える着物の反物がセールで2,000円になっていた。
安いだけあって、色も素材も着物に仕立てるにはちょっと・・・というものばかりだったが、
ずっと探していたうそつき襦袢の替え袖になりそうなものが見つかったので2本買ってきた。
d0048332_1225177.gif

もちろん替え袖だけでは生地が余るので、二部式襦袢の下のほう(裾よけ?)や三角袋も
作ってみたいし、うそつき襦袢を愛用する友人が気に入ってくれたら分けてもいいし。
ちゃんと作ることが出来れば、2,000円×2本の元は取れそうだ。いや、取らなくちゃ困る。

さて、以前木綿生地を買ってきてうそつき襦袢の替え袖を作ったことがあるのだが、
仕立て上がりの二部式襦袢の袖のサイズを参考にしたせいか、袖幅も袖丈も短かったようで
いざ着用してみると袖の振りから替え袖が数センチ出てきてしまい、残念ながら使えなかった。

そこで今回は、家にある着物の袖幅・袖丈を全部測ってから替え袖の寸法を決めることにした。
これまた年末の忙しい時期に、朝から着物を引っ張りだして片っ端から採寸していく。
(と言っても、ポリと母のウールを含めても10枚もないのであっという間に終了)
すると、やはり自分サイズに仕立てたものと仕立て上がりを購入したものとでは
多少寸法が違うことがわかった。

自分サイズに仕立てた大島や色無地
・・・袖幅35cm×袖丈49.5cm
仕立て上がりを購入した小紋・松阪木綿・ポリエステルなど
・・・袖幅34~35cm×袖丈48~49cm
そして、自作した替え袖(自分サイズに仕立てた夏のポリ絽も市販の二部式も同サイズ)
・・・袖幅32.5cm×袖丈49cm

あれ? 替え袖のサイズ、裄は短いけれど丈はそんなにおかしくないよね?
最初に作って試してみた時は、袖幅も袖丈も短すぎる気がしたのに。
ということは、替え袖のサイズが悪かったのではなく、袖を半襦袢に縫い留める場所が
悪いだけだったのかもしれない。もう少し手先にずらして留めれば済んだ話だったのかも。

ただ袖幅は着物に比べて短いと思うので、32.5cmを34〜5cmに伸ばして仮縫いしてみよう。
丈も、一番長い着物に合わせて49.5cmにしたほうが、袖の振りから出にくくなりそうだ。
あとで手直しするにしても、短いものを伸ばすより、長いものを縮めるほうが簡単だろうから。

と、ここまで考えた時点で本日はタイムリミットになってしまった。
替え袖が出来上がるのは、年内かそれとも年明けかな? 早く使いたいから、頑張らないと。
[PR]
by Medalog | 2006-12-27 12:33 | きもの | Comments(0)

組み合わせ

先週末の晩、夫が忘年会に行き、車で迎えにいくまでの数時間がぽっかり空いたので
もしかしたら新年に着るかもしれない着物の組み合わせを考えてみることにした。

数少ない着物の中から、とりあえず普段着の小紋を取り出してみる。
帯は白地に薄い緑やピンクの梅と桜があしらわれた袋帯。
この帯は、まだなんの知識もない頃に「手頃な価格だから」という理由だけで
買ってしまったもので、どんな着物と合わせるか、いつ着るのかなど全く考えていなかった。
いざ仕立て上がって手元に来ると、私の年齢には可愛らしすぎて身に着ける機会もなく
寝かせておいたのだが、一度も着ないで手放すことになったらもったいない。
新年なら多少派手でも許されるかも?と思い、引っ張りだしてみたのだ。

羽織は以前古着をいただいたもので、裄が短くて外で着られるかどうか迷っているのだが、
他に羽織はないので一応合わせてみることにした。
羽織と着物の色合わせも赤系×赤系でなんだか派手だな。まあ試しに始めてみるか。

d0048332_17455865.gifd0048332_1744355.gifd0048332_17452110.gif
着物と帯・羽織をセットして、帯締めと帯揚げを取り替えながら次々に撮影していく。

左/
羽織のない状態で普通に帯締めと帯揚げを選んだ組み合わせ。帯揚げより帯締めの色が
濃いほうが気分的に落ち着くのだけれど、これはなんかつまらない組み合わせだな。
中/
帯揚げの色を羽織・着物に合わせて選んでみた。写真では帯の模様が見えないが実際は
薄い緑色の柄が入っているので、帯と帯締めが意外にしっくりきている。
右/
帯揚げを羽織紐の色に合わせて朱色にしてみた。羽織のない状態では多分選ばない色だが、
こうやって合わせてみると羽織紐と帯揚げ、帯と帯締めがそれぞれ合っているので
意外に大丈夫そう。新年らしさという意味ではこれが一番かも?

・・・こんな調子で合計20枚ほどの組み合わせを撮影。まだ手持ちの小物が少ない私でも、
小物の合わせ方で着物のスタイルはがらりと変わるのだということが実感できた。
着物や帯の上に実際に小物を組み合わせていくと、ちょっとした色や素材の違いで
「意外に合うなあ」とか「合うと思ったのに、パッとしないなあ」などと新たな発見の連続で
とても楽しい。あれこれ遊んでいる間に、あっという間に時間が過ぎてしまう。
ふと気付けば、部屋一面に着物や小物が散乱している。
他の着物でもいろいろ試してみたかったが、もう夜も遅くなってしまったので諦めた。


しかし、慌ただしい年末に一体何をやっているのだろうか、私は・・・。
着物も洋服と一緒で、着る直前に慌てないように、買った時に組み合わせをシミュレーション
しておかないといけないなあ。

あと、手持ちの小物の色がピンク系・エンジ・緑のほぼ3種類に偏っていることも実感。
来年早々に京都の小物専門店・きねやさんに行ってプロの目で小物をお見立てをしていただく
ことになり、自分では選ばないような新鮮な組み合わせをしていただけそうでとても楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2006-12-25 19:15 | きもの | Comments(6)

今日のメダカ

昨日のナナの活着の記事に、miyu-tatsuさんから「長い根っこはカットした方が早く活着する」らしい、というコメントをいただき、ネットで調べてみたところ確かに短い根のほうが活着する力が強いという意見がいくつかあった。

最初にナナを竹炭に付けた時には、ネットで調べた「根を出来るだけ傷つけないように」という意見を重視して、扱い辛い長い根をそのまま炭にくくり付けていた。
しかし今回、短いほうが活着しやすいという情報をいただいたので、モサモサと長く見栄えも良くないナナの根をカットしてみることにした。
根をカットするデメリットとして、「葉が大きく育たない」という情報があったのだが、小さい水槽とプラケースしかない我が家にとっては逆に好都合な話なので更に乗り気になってきた。

早速ナナを水槽から取り出す。
買ってきた1株を4つに分けて竹炭にくくり付けていたのだが、糸を外してみると、なんとそのうちの1つは早くも活着していた! わ〜い。
糸を外して逆さまに持っても落ちてこない。
せっかく根が着いたものが剥がれないように、そのままの形で新しい糸を巻き直した。
うちの竹炭に本当に活着するのか不安な部分もあったが、これで一安心。

他の3つの株はまだ根付いた様子がないので、根を2~3cmの長さにカットして糸を巻き直す。これももうすぐ活着してくれるだろう。

ナナは穴の空いた木片や石に根を差し込むだけでもいつの間にか活着するという。
葉の表面にコケが付き始めてきたのが気になるが、ライトもヒーターもない我が家の水槽でもけなげに育ってくれて嬉しい。
もう1株買ってきちゃおうかな〜♪ それとも、新しい水草を開拓するべきか? 
ナナが上手く育っているのをいいことに、「もしかしたらナナよりも我が家の水槽に相性の良い水草が存在するかもしれない」という欲も出てくるし。
ちょっと楽しくなってきた。
[PR]
by Medalog | 2006-12-22 09:18 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

新しく買ってきたナナをメダカ水槽に入れてから、ひと月以上経過した。

d0048332_12314697.gif自分でナナの株を小分けして、木綿糸で炭の切れ端にくくり付けてみたのだが、今のところナナの根が炭に活着している様子はない。
活着には時間が掛かり、木綿糸が先に溶けてしまう場合があるとどこかで読んだのだが、うちのナナはどうなるか楽しみだ。
葉も根も少〜しずつ成長しているようなので、ある日気付いたら活着していた、という感じになればいいな。
[PR]
by Medalog | 2006-12-21 12:37 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

昨日、メダカ水槽の水換えと、小さいプラケースの掃除をした。
30cm水槽に手を入れてみると、意外に水温が温かい。
昨日は天気もよく、窓際に寄せた水槽にまぶしい日射しが当たっていたから、
年末でもこんなに水温が高くなったのだろう。
夜は冷え込むので水槽を窓際から部屋の真ん中に移動するが、
それでもこの時期は一日の水温の差は激しそうだ。


d0048332_8502936.gif
アヌビアス・ナナは、まあまあいい状態で育ってくれていると思う。
ゆっくりとではあるけれど、新芽も出てきている。
鮮やかだった緑色が少しずつくすんできている気がするので、コケやフンを取り除くために
筆を使って表面を軽くなでたりしている。効き目があるかどうかはわからないが。


d0048332_8505262.gif
マツモも、思いのほか頑張ってくれている。
画面中央、上から下に伸びているのは、買ってきてから伸びはじめた脇芽。
他のプラケースには一度全部の葉が抜け落ちて茎だけになってしまったマツモもあるが、
そこからも少しずつ芽が出てきているので、その成長ぶりを観察するのが最近の楽しみだ。
メダカはこの時期は卵も産まないし動きも鈍いので、観察の楽しみが少なくて・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-12-19 09:03 | メダカ | Comments(2)

歩数計

片づけをしていたら歩数計が出てきたので、最近すっかり運動不足になった夫に、会社に付けていってもらうことにした。
「デスクワークだから、1日1,000〜2,000歩しか歩いていないんじゃないの?」と言いながら送り出したのだが、帰宅してみてびっくり。
・・・なんと、24,000歩も歩いていたのだ。

「なんでこんなに歩いたの?」と聞いてみると、電話やメールだけでなく相手のところへ足を運んで直接話すことを心掛けているそうで、普段から社内でも結構歩き回っているらしい。
しかしこれだけ歩いているのなら、仕事とはいえ全くの運動不足という訳でもなさそう。


そして翌日、自分が歩数計を付けて1日過ごしてみた。
毎日の掃除や洗濯、アイロン掛けに加えてメダカ水槽の水換えをしたり、新聞紙やプラスチックなどの資源物をまとめて回収所まで運んだり、また買い物はスーパーの他に本屋と手芸店にも立ち寄った。
買い物の往復は車だったので長距離は歩いていないが、いつもよりこまごまと動き回った日
だったので、「これは5,000〜6,000歩ぐらいは歩いたでしょ!」と期待して歩数計を見た。
・・・たったの2,900歩。
思わぬ少なさに「え〜。たったのこれだけぇ?」と脱力してしまった。

うちは狭い上にほぼ真四角な形のアパートなので、端から端まで20歩ぐらいで着いてしまう。
つまり、家の端から端まで100回歩いたとしても(50往復)2,000歩しか歩かない訳だ。
スーパーでの買い物も、1回数百歩がいいところ。
ということは、普通の生活に加えて7,000歩のウォーキングでもしないと、よく言われる「1日1万歩」は達成できないということか。
夫の運動不足を心配するはずが、自分の運動不足が露呈してしまってなんだかガッカリ。

一体何分間歩いたら、7,000歩になるのだろうか。明日も天気がいいらしいから、外を歩いてみようかな。7,000歩になるまで帰らない!と心に決めて・・・。
そして忘れた頃に筋肉痛がくるんだよね、きっと。
[PR]
by Medalog | 2006-12-18 20:04 | 生活 | Comments(4)

草履

先日出掛けた某呉服店の催事で手に入れた草履。
台と鼻緒を選んで、その場で足の形に合わせて鼻緒をすげてもらうものだ。
鼻緒は素敵な色柄がたくさん揃っていたので、その場に座り込んでかなり長い時間迷ったが、
赤い前壷が効いているトンボ柄の印伝の鼻緒をブルーグレーの台に合わせることにした。
d0048332_20113536.gif

トンボ柄は履ける季節が限定されてしまうかと思ったが、色や質感がとても気に入ってしまい、
またお店の方にも「こんなに小さな柄ですから、いつ履いても大丈夫ですよ」と言っていただき(セールストークか?)思い切って買ってしまった。

まだ履き心地はわからないけれど、今持っている二足の草履(どちらも非常にお手頃価格)の
履き心地にあまり満足していないので、この草履は気持ちよく履けるといいな。
(一足はやたら重たく、もう一足は鼻緒が細くて長時間履いて歩くと足が痛くなる)
今年はもう着物を着る機会はないだろうから、デビューは来年かな・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-12-15 20:25 | きもの | Comments(7)

年賀状

せっかちな私たち夫婦は、毎年この時期には年賀状の準備が終わっていることが多いのだが、今年はそれぞれ忙しくてなかなか手が付けられなかった。
昨日ようやく取りかかったものの、「いざ印刷!」という段になってプリンタが動かないという良くあるパターンに。慌てて電器店に買いに行き、最新機種のプリンタを手に入れてきた。

今まで使っていたプリンタはかれこれ7〜8年前のもので、Windowsのみ対応であるために私のMacからは出力することが出来ず、またどんなに調整しても思った色が出せなくなり、年末になる度に心の中で「早く壊れないかなあ〜」と思っていたのだった。

新しいプリンタ(Canon MP600)を使い始めてみると、やっぱり新しいものはいい!
印刷速度が速くて音が静か。色もきれい。(すべて我が家の旧プリンタ比)
ハガキを一度に40枚セットできるので、印刷中はしばらく離れていられる。
コピーやスキャンも出来るし、DVDやCDのレーベル面に直接コピー&印刷までできる。
これだけの機能が、自宅で使えるサイズに収まって2万円台で買えるなんてすごいと思う。

  最新の電化製品などを買うたびに思うことだが、一つ一つの商品に込められた
  メーカーさんの技術や企業努力の素晴らしさには本当に頭が下がる。
  税金を無駄遣いしても何とも感じていないお役所の人たちには、本当に見習って
  もらいたい・・・。

そんなこんなで、プリンタを買いに行く時間のロスはあったものの、印刷を始めてみたらあっという間に終わってしまった。
デザインは、今回は着物に興味が出てきたせいかすっかり和風な仕上がりに。
これから一人一人に一筆ずつ書いていくのだが、この時間は面倒でもあるけれどその人たちのことをじっくり思い出す貴重な時間でもあり、書きながら「ああ、年末だなあ〜」と感じるひとときだ。(結局、毎年同じ言葉になったりもするが)

カレンダーをふと見ると、3週間後の今日は来年の1月1日、元旦なんだなあ。
一年の中で一番せわしなくすぎる一ヶ月。 みなさんも体に気をつけて頑張ってください!
[PR]
by Medalog | 2006-12-11 11:33 | 生活 | Comments(2)

慶次郎縁側日記

NHKのドラマ「慶次郎縁側日記」に出てくる女性たちの着物姿が好きで、毎週見ている。
今日は、かたせ梨乃さんが着ていた大きな雪輪模様のライトグレーの小紋に水色の長襦袢
という組み合わせが素敵だった。
(着物の色を表現するのに「ライトグレー」と言うあたりで、知識のなさがバレますが)
黒い襟が掛かっているから余計に淡い色が映えていたのかもしれないけれど、
雪輪模様好きな私にとってはうっとりする着姿だった。

今のところ、長襦袢は「自宅で洗えること」を優先するあまり市販のうそつき半襦袢程度しか
持っていないのだが(安いことも大きな理由)、うそつき半襦袢の袖で素敵な色や柄の
ものにはなかなか巡り会えない。
自分で袖部分だけ作りたいのだけれど、うちの近くの手芸店ではうそつき袖に向いている
布がなかなか見つからない。
薄い木綿で作ってみたが、どうもガサガサして着心地が悪かった。
洗える絹の長襦袢というものもあるらしいので、気に入る柄を探してみよう。

明日は某呉服店の年末セールへ出陣する。
「安いから」という理由だけで衝動買いしませんように・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-12-07 22:05 | きもの | Comments(3)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る