<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大島紬って、滑る!

この春、友人から大島紬の反物をいただき、アンサンブルに仕立てた。
仕立て上がりが単の時期に近かったのと、触ると汚れてしまいそうな気がしてまだ一度も袖を通していなかったが、先日松阪木綿を着たときに、長襦袢を脱ぐ前に大島紬を着てみることにした。
畳紙を開いてみると、濃紺の大島紬がつやつやと美しい輝きを放っている。羽織ってみると「シュルシュル」と絹鳴りのような音がして、つるりとした肌触りと体に程よくフィットする重量感が心地よい。木綿のざっくりした質感も大好きだけれど、やっぱり絹の感触はひと味違うわ♪

せっかくなので、きちんと着付けしてみることにした。自分の寸法に仕立てた着物を着るのは実はこれが初めてなので、着付けしやすいだろうな、今までのようにおはしょりの調整に苦労しなくてもすむだろうな、と楽しみにしながら腰紐を巻いていく。
すると、びっくりしたのは布地が滑ること。腰紐でぎゅっと締めているつもりなのに、着付けが進むうちに裾がどんどんずり下がっていく。伊達締めを締めようとした時には、裾が床に引きずるぐらいまで下がってしまっていた。
え〜、大島紬って、こんなに滑るの!?

下がった裾を無理矢理持ち上げ、とりあえず伊達締めを締めてみる。
…あれ?おはしょりが長くなっちゃう! 自分の寸法にぴったりなはずなのに!?
もしかしたら、私が腰紐を締める位置が他の人より低すぎるのだろうか?私は、腰紐は腰骨のすぐ上で締めている。ウエストで締めても、紐が腰骨まで下がってきてしまうし。(ウエストがくびれていないということか?)
アンダーバストの位置で腰紐を締めてみたら、紐があっという間に腰骨まで下がってきてしまい、裾が床に付いてしまった。そこで腰骨の上とアンダーバストの2カ所で締めたら、なんとか伊達締めまで裾が下がらずに締めることができ、おはしょりの長さもぴったりになった。でもつるつるしているせいで、まだ下がりそうな気がしてどうも落ち着かない。

今までは滑らない木綿の着物ばかり着ていて、ある程度着付けが出来るようになったつもりでいたが、とんでもない勘違いだった。大島紬は私にとっては高級品だから触るのももったいなくてしまい込んでいたけれど、これからは大島紬を使った着付けの練習もしておかないと、いざお出掛けのときに慌てることになりそう。とくにおはしょりの処理は要研究だ。
うわ〜、大島紬、手強いわ〜。
[PR]
by Medalog | 2006-09-30 21:13 | きもの | Comments(0)

今日のメダカ

今日も、スポイトでヒドラ駆除に精を出す。
昨日までは水中にたくさん泳いでいたのに、今日は目を凝らさないとなかなか見つからない。この3日間で100匹以上駆除したんだから、かなり減ってきたんだろう。
でも、ヒドラは出芽という方法でどんどん増えていくらしいので、このままでは完全な駆除は難しいんだろうな。他のヤツより一回り小さいヒドラも見かけるようになったから、ヤツらも必死で増殖中なのかな、と思う。
とりあえずメダカの成魚にはさほど悪影響はないようなので、今年はこのままスポイト駆除することにしよう。来年稚魚がふ化する時期になったら、ヒドラのいない環境でふ化させるようにしなくては。

今回はじめて「ヒドラ」なるものの存在を知ったので、ネットでいろいろ調べてみたら、この腔腸動物のヒドラの他に、ギリシャ神話やらアニメのキャラクターやらがごちゃ混ぜになって検索に引っ掛かり、読んでいるだけで面白かった。
そういえば、ヘラクレスに退治される大蛇がヒドラだったなあ。首を切り落とされても切り口からまた生えてくるヤツ。千切れても増えるという腔腸動物のヒドラは、このギリシャ神話のヒドラから名前をもらったのかしら?
[PR]
by Medalog | 2006-09-29 12:54 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

数日前から突如我が家の水槽に現れたヒドラ(?)。
スポイトで気長に吸い取って駆除していくことにした。

毎日30~50ほどのヒドラをスポイトで吸い取る。1匹も見当たらなくなり、やれやれとスポイトを片付けながらふと水槽に目をやると、あっちにもこっちにもシュッシュと泳ぐ奴らの姿が…。
いったいどこに隠れてたんだぁ、あんたたち。
しかしここで再度吸い取りだすとキリがないので、また明日。コップ一杯分ぐらいの水を吸い取って、きれいな水を足していくので、ちょうどいい水換えにもなるし。

それにしても、一日中エサを探している食いしん坊のメダカたちがこのヒドラには全く見向きもしないのが不思議だ。ヒドラはだいたいメダカの黒目ほどの大きさで顆粒のエサよりも小さいから、その気になれば一口で食べられるはず。なのに、全く見えていないかのごとく無視し続けている。
透明だから見えていないのか、見えているけれど食べたくないのか。メダカに聞いてみたい。
[PR]
by Medalog | 2006-09-28 12:06 | メダカ | Comments(2)

松阪木綿の着物

9月上旬に、インターネットで仕立て上がりの松阪木綿の単の着物を買った。
現在住んでいる土地の名産の木綿があると知って、いつか仕立ててみようと思っていたのだが、ネットショップで仕立て上がりのものがあることを知り、「すぐに手に入る!」と嬉しくなって飛びついてしまったのだった。
注文した二日後には商品が手元に届いていたのだけれど、単とはいえ厚手なので9月中には着ないだろうと思い、一度軽く羽織ってみただけでそのまま箪笥に仕舞ってあった。


そして今日。
友人と出掛ける約束があり、仕立て上がったばかりの単のぜんまい紬があるので着ていこうと数日前からわくわくしていたのに、当日になってみると重たい曇り空で小雨もぱらついている。
大降りにはならないだろうが、雨の降る日に紬をおろすのはあまりにももったいないので、急遽ぜんまい紬から松阪木綿へと変更することにした。
松阪木綿も今日が初めてだけど、家で洗える気軽さがあるので多少の雨なら全然怖くない。
ぜんまい紬は、今シーズンはもう着られないかもしれないから残念!でも、薄い緑色で初夏の単の時期にぴったりだから、来年の初夏におろして着るのが今から楽しみだ。

さて、当日の朝になって初めて松阪木綿をちゃんと着ることになったわけだ。
この着物は仕立て上がりで、木綿なので若干縮むことを考えてLサイズで仕立ててあるそうだ。私の身長は156cm。一応適応サイズの範囲内だったけれど、実際に着てみると裄も丈もちょっと大きめだった。
そのせいなのか、襦袢の袖が着物の袖の振りから出てきてしまう。単の襦袢は一枚しか持っていないのでどうにも出来ず、袖の内側を安全ピンで留めてごまかす。
あとから思えば、普段着ということで筒袖の半襦袢を着ても良かったのかな?

また身丈の長さはどうしようもないので、腰紐を締めてからおはしょりの余分な長さを持ち上げて伊達締めで固定する。
前回この方法を試した時は、長襦袢の段階から衣紋がうまく抜けなかったために着付けが終わってからおはしょりを引っ張ってしまい、たくし込んでおいたおはしょりがズルッと出てきて大失敗だった。でも今回は、衣紋がうまく抜けたおかげで着崩れを直す動作をせずに済み、この方法でもまったく問題なく過ごせてよかった。やっぱり、長襦袢をきちんと着られれば、そのあとの着付けもスムーズにいくものなんだ、と納得。

d0048332_18385456.gif格闘の末に仕上がったのがこの姿。

半襟は、手芸店のワゴンで売っていた黄土色の豆絞りの布を半襟サイズに切ったもの。中央で縫い目があるけれど、遠目にはわからないみたい。

帯は、先日初めて自作した半幅帯。
帯を締める時点でかなり時間がなくなってきたので、焦りながらヤの字結びにする。
前で結び、「なんとか形になったかな?」とほっとしながら後ろへまわしてみてびっくり!なんと、2枚の布をはぎ合わせた縫い目が、前帯のど真ん中に見えちゃっていたのだ。前結びだったから気づかなかった〜!
一瞬「このままでいいか…?」と思ったが、どう考えてもおかしいので、帯を解いてやり直し。この縫い目、結構厄介かも。
帯締めは、たまたま持っていた一本の色味がピッタリだったので助かった。


d0048332_18391326.gifこの写真は、帰宅して着物を脱ぐ前に撮ったもの。一日経っているので、着付けも自作の帯もしわくちゃだ〜。

前から見るとあまりわからないけれど、後ろから結び目を見ると頼りなくフニャフニャしている。使用した布が結構薄手だったから、中の接着芯は中厚ではなく厚手のものを使った方が良かったようだ。
360cmという長さも、ヤの字結びをするには長過ぎて持て余した。長過ぎる分をたれになる部分の内側に織り込んだら、短くなるし、たれもしっかりして一石二鳥かもしれない。今度やってみよう。


松阪木綿は生地も厚めで色も濃い藍色なので、単と言ってもまだ着るには早いかと思ったけれど、曇り空のおかげでなんとか大丈夫だった(と思う)。でも途中から天気がよくなった時には、みるみる暑くなってしまってちょっと参った。
着物の色も濃くて地味だし、伸びかけの髪をヘアピンを酷使してきっちりアップスタイルにしているしで、軽やかな洋服を着ている友人(しかも年下)の付き添いのばあやにでもなった気分…。この松阪木綿を着る時は、かなり明るい色の半襟を使わないと顔色が悪く見えることがわかった。
でも、楽しい一日だった。この着物はこれからの季節まだまだ使えるから、たくさん着よう。
[PR]
by Medalog | 2006-09-25 20:24 | きもの | Comments(2)

今日のメダカ

メダカにエサをやったあと、水槽を覗き込んでいたら、水の中になにかを発見。
体長1mmもない透明な丸い生き物が、クラゲのように水の中をシュッシュッと移動している。
ルーペで見ると、糸のように細ーい触覚?のようなものが6~8本ぐらい伸びている。
「あれー、珍しいもの見つけちゃったなあ」と思う間もなく、
同じようなものが水中をいくつも、いや何十も泳いでいるのを発見!
これはいったいなんなんだろう!?

ミジンコか何かだったら、メダカが食べるかもしれないと思ってずっと見ていたけれど、
目の前にあっても食べずに避けていってしまう。
見えていないのか、それとも食べたくない何かなんだろうか???
メダカを飼い始めて3年目で初めて目にした謎の微生物、なんだか怖ーい。

メダカにとって、そんなに有害なものでもないと思うけれど、
ちょっと水換えを多めにして、追い出した方がいいかな・・・。
[PR]
by Medalog | 2006-09-19 18:41 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

このところ少し体調を崩し、食欲もあったりなかったり。
そこでとばっちりを食っているのが、かわいそうにメダカたちだ。

メダカの餌は、今まで朝と昼は私自身の食事が終わったタイミングで与えていた。
しかし最近は私の食事が不規則だったり食べなかったりするので、
うっかりメダカの餌もあげたりあげなかったり、不規則になってしまっていたのだ。
(一日一食は与えていたけれど)

昨日そのことにふと気づいて反省した。
自分の体調がどうだろうが、メダカの世話をほったらかしにしたらいけないな、と。
そういえばここ数日、水槽に近づくとメダカがみんな水面に浮き上がってきていたなあ。
あれって餌の催促だったんだろうな。ごめんね。
[PR]
by Medalog | 2006-09-13 10:53 | メダカ | Comments(3)

企業の責任・・・

「呉服販売のたけうちグループが自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けた」
というニュースを9/1に見た。
そして今日、たけうちグループの店舗があるショッピングセンターに行ったので
売り場前を通ってみると、商品は全て運び出され、什器だけが奥の方に固められていた。
店頭には張り紙が出され、たけうちグループが自己破産申請をしたことや、
問い合わせ先として弁護士の連絡先などが事務的に書かれていた。

たけうちグループと言えば、強引な販売方法が問題になっていた反面、
伸び悩む呉服業界の中で急成長している企業として注目されていたと思う。
夫が購読している雑誌「日経ビジネス」に、「若い人でもやる気があれば出世できる会社」
という内容(だったはず)で特集が組まれているのを見た時には、
「ずいぶん悪い噂もあるのに、こんな風に掲載されるんだなあ。」と不思議に思ったものだ。
頑張って働いていた従業員さんたちも、全て解雇されてしまったのだろう。

呉服に限らず、販売方法が多少強引だったとしても、最後に買うのは本人の責任だと思う。
しかし、今でこそ「個人情報保護法」や「クーリングオフ」などが広く知られて
消費者も意識が高まっているけれど、数年前まではそういうことを知らずに
強引に販売されて涙を飲んでいた消費者(特に年配者)も多かったことだろう。
何かを買いにいけば、販売員に商品を勧められるのは当たり前なのだから
「どこまでが強引な販売か」を決めるのは非常に難しいと思うが、
たけうちグループはその強引さが評判になっていた末に自己破産になってしまったのだから
相当強引なやり方をしていたのだろうか。

先月買い物をしたばかりの「うれし屋」さんもたけうちグループだったようだ。
あの店も、もう空っぽなのかな。
一生懸命接客してくれた若い女性の店員さんも解雇されたんだろうな。
着物はお仕立てがあるから、購入した日から納品まで数ヶ月掛かるので、
支払いは済んだけれど未納品という顧客もたくさんいるはず。
ここらへんの処理はどうなるのだろうか?

5000人超の従業員が解雇され、顧客はもちろんメーカーや問屋など、
いったいどれだけの人が被害を被るのだろうか。
実は私が独身時代に勤めていた会社も、私が辞めたあとに民事再生法の適用を申請し、
某企業の支援を受けて再建した。
しかし再建したと言っても、店舗の撤退に伴い社員数は数年前の半分以下に縮小。
今や、知り合いはほとんど残っていない状態だ。
多くの犠牲のもとに「株式会社 ●●」という企業名だけが残っている、という気がする。
企業の、そして経営陣の責任の重さを痛感させられる。
[PR]
by Medalog | 2006-09-06 20:39 | ニュース | Comments(2)

半幅帯を自作!

いま半幅帯を2本持っているのだが、一本は浴衣用なのにやたら重いし、
もう一本はふんわりとした厚みのある袷のもので、両方とも単の時期には似合わない。
半幅帯なら自分で作れるだろうから、単の時期に使える軽いものをまず一本作ってみようと思い、インターネットで作り方を調べてみた。

「半幅帯 作り方」で検索すると、自分で半幅帯を作った人のブログやHPがたくさんあった。
作り方は大体同じで、要は接着芯を貼った布を中表にして端を縫い合わせ、最後にひっくり返すだけ。長〜い長方形を縫うだけなので、難しい話ではなさそうだ。

近所の手芸店がバーゲン中なので、さっそく布を物色に行ってみる。
帯を手作りした人たちの話を読むと、帯に使う布はやや厚めで色柄のはっきりしているものが向いているらしいので、条件に合いそうなものを探す。
すると、和テイストの布が集められたコーナーで綺麗な色縞の布を発見し、一目で気に入る。
幅が38cmなので、二つ折りにすれば半幅帯を作るのにちょうどいいサイズなのだが、両面とも同じ柄だとつまらないので、同じ幅の紺×白の縞もようの布を裏面に使うことに。
16cm×360cmの帯を作る予定なので、2枚の布と幅50cmほどの接着芯をそれぞれ200cm購入した。

d0048332_14275456.gif布の色は気に入ったのだけれど、厚みが足りないかな?
縫う前に一度洗濯してアイロンをかけたら、一部が波打ってしまい余計に心配になる。

接着芯は中ぐらいの厚さのもの。
今回初めて使うのだが、「仮接着」という但し書きの意味が分からない。
接着力が弱いのかもしれないが、一種類しかなかったのでそれを購入することに。

d0048332_14281620.gif仕上がりサイズは16cm×360cmだが、布は半分の長さに切って真ん中でつなぎ合わせることになる。
接着芯は帯の仕上がりサイズちょうどの大きさ(の半分の長さを2枚)に、2枚の布は接着芯よりも幅・長さをそれぞれ2cm長くカットする。
(帯の半分の長さの布が各色2枚ずつになる)

d0048332_14282996.gif片方の布に接着芯をアイロンで接着する。
この布は縞模様なので、縞模様をガイドラインにしながら、上下左右に1cmずつ縫い代が余るように接着していく。

d0048332_14284168.gif接着が終わったら、色縞の布と青い布をそれぞれ繋ぎ合わせて、360cmプラス縫い代2cmの長さにする。
青い布の方は縫い目が目立たないが、色縞の方は見事にずれてしまった。
表面はこんな感じ。
d0048332_14285489.gif

ここが見えないように帯結びをするしかないな。

d0048332_142973.gif周りをミシンで縫っていく。
仕上がりサイズは接着芯のサイズになるので、キセを掛けることを考えて接着芯の2mmほど外側を直線でダーッと縫っていく。簡単、簡単。
ここで気をつけるのは、左写真のように角を5mmずつ縫い残すことだそうだ。多分、最後に中表から外表にひっくり返した時に、角を綺麗に出すためだと思う。
また、中心から5cmほど離れた部分に、ひっくり返すための返し口を縫い残す(20cmほど)。

d0048332_14292081.gifひっくり返す前に、接着芯の大きさに合わせて縫い代をアイロンで折っていく。
これをきちんとやれば、ひっくり返した時にキセが出来上がっているのだ。
あれこれやっているうちに接着芯がはがれてきた部分もあったので、全体に丁寧にアイロンをかける。
最後に、返し口から布を引っ張りだして表裏をひっくり返し、返し口を縫い閉じて、キセを出しながらもう一度アイロンをかければ終了。


これが完成した半幅帯です! 所要時間は2時間弱。
d0048332_14293384.gif
縫っている途中は「薄すぎたかな?」と思っていたが、
いざ出来上がってみると思ったよりしっかりしている。
試しに体に巻き付けてみたが、ちゃんと締まってくれるし、ほどいてもあまりシワに
なっていなかった。もちろんシワになったとしても、アイロンをかければ
接着芯もしっかりするから一石二鳥だろう。
とても軽いので、普段使いには扱いやすそうで嬉しい。
中央のつなぎ目も、帯結びに隠れてくれそうだ。


d0048332_14294733.gif手持ちの着物に合わせてみた。
結び目が大きくてバランスが悪くなっちゃったけど…。

紫陽花柄の浴衣に色縞を表にした矢の字結び。
濃い臙脂色の帯締めを合わせる(合うものがこれ一本しかない)
なかなかいいのでは?と、自画自賛。
実際はこの浴衣で外出はしないだろうけれど、そのうち藍色の木綿の着物を買うつもりなので、それにも似合ってくれそう。

d0048332_143043.gifd0048332_14301868.gif紬調のポリエステルきもの。

色縞を表にした矢の字結びと、紺色を表にした貝の口。
どちらもまあまあ合っていると思う。
この着物はシンプルで出番が多いので、これと半幅帯が合ってくれると助かって嬉しいな。


作ってみて思ったこと。
●布は、他の皆さんがおっしゃる通り色柄のはっきりしたものが、映えていいみたい。
厚みはもう少しあっても良かった気がする。
●この布はバーゲンだったので総額3,000円ぐらいで出来たが、1m1,000円以上の布で
作れば、総額5,000円以上になることもある。(ケチ臭い話題で恐縮です)
安い木綿の帯なら似たような価格で買えるので、節約度はまあまあといったところかな?
それより、自分の好きな布で帯が作れるということが重要。
●つなぎ合わせると4mもの長さになり、嵩張るので取り回しが意外と大変。
部屋の隅々まで掃除をしてから縫い始めないと、思わぬところからホコリをくっつけて
きたりするので、要注意!(うちだけか?)
[PR]
by Medalog | 2006-09-05 15:57 | きもの | Comments(3)

今日のメダカ

ここ数日、水槽から「ピチャン!」と何かが跳ねるような音がたくさん聞こえる。
水槽にはメダカしかいないので、メダカが水面で跳ねているのだろうけれど、
(跳ねている現場は目撃できない)今まであまり聞こえてこなかったのに、どうしたのかな?

メダカなどの魚が水槽から飛び出してしまうという話は良く聞く。
我が家でも30cm水槽にはプラスチックの蓋をしているけれど、
蓋には濾過器を付けるための5×20cmぐらいの穴があいている。
この穴をめがけてメダカがジャンプしませんように、と祈るばかりだ。


右手の人差し指を缶のふちで切ってしまった。
けっこうサックリ切れてしまい、三日目になってもまだ痛い。
何事にも不便なのだが、子メダカに餌をやる時に、いつも指で餌をすり潰しながら
やっているのが上手く出来ず、ボタッとプラケースに落としてしまった。
「しまった!」と思ったけれど、子メダカたちは一生懸命に食らいつき、綺麗に食べてくれた。
いつの間にか大きくなったのね…と、変なところで実感。
[PR]
by Medalog | 2006-09-02 10:51 | メダカ | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る