<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一重太鼓のコツ!?

ここしばらく着付の練習をサボっていたが、夏用キモノも一通り揃ったことだし(洗えるキモノだけど)、機会があればどんどん着たいので、毎日少しずつ練習をすることにした。
今日はあまり体調がよくないので、洋服のまま帯結びだけ練習することに。

袋名古屋帯を一重太鼓に結びたいのだが、久しぶりなので、すっかり忘れてしまっていることに気付いて焦る。
さらに問題なのは、前結びがしづらいことだ。
今までは前結び用の滑りのよい帯板を使っていたので、前で結んでから後ろへ回すときにスルッと簡単に回ってくれたのだが、この時期は夏用のメッシュの帯板を使うので、滑りが悪く、うまく回らないのだ。
半幅帯ならまだしも名古屋帯のお太鼓だと帯揚げや帯枕、帯〆のどれかひとつでも引っ掛かると形が崩れてしまう。

そこで、思い切って最初から後ろでお太鼓を作ることにした。
本を見ながらの初挑戦だが、手順は前結びのときと変わらないので、意外にスムーズに進んでいく。
後ろ手で作業していると、普段使わない腕の筋肉を使うので手がつりそうになるが、前結びの時も帯枕や帯〆の仮結びを後ろ手でするのが辛かったので、大変さはさほど変わらないように感じる。
なにより、最後にぐるっと回さない分、一度キッチリ形を決めれば崩れる心配がなく、慣れれば前結びよりも早く確実にできそう。
私が持っている夏帯は、お太鼓の柄合わせの必要がない博多献上柄(多分)なので、お太鼓とたれの長さだけを考えればいいのも楽ちんだ。

一回目が完成。早速後ろ姿を鏡に映してみる。
Tシャツにデニムのスカート、腹には名古屋帯という間抜けな姿が映るが気にしない!
出来栄えはまあまあかな?
しかし前結びの時からの悩みがここでも再発。
お太鼓が膨らんでしまい、中がぽっかり空いてしまうのだ。
これではみっともなくて外は歩けない。

そこで本を見ながら試行錯誤した結果、今まで気付かなかったお太鼓が膨らまない秘訣を発見!
ただの常識かもしれないし、逆におかしなことかもしれないけれど、発見して嬉しいので書いちゃいます。

まず一つ目は、お太鼓を形作るときに、お太鼓の下の線を腰紐で仮結びすること。
きつめに仮結びしてから、お太鼓の中の余ったたれとたれ先をきっちり形作ると、お太鼓がシャープな形に作れる。

二つ目は、て先を少し長めにとっておいて、最後にお太鼓に差し込んだあと両端を中へ折り込むこと。
これで余ったたれを包み込むので、よりしっかりホールドできる気がする。

そして三つ目は、きっと常識だろうが、帯〆を後ろ(お太鼓の中)のやや下の方で絞めることだった。
そうすればお太鼓の下側が膨らむのを押さえ込むことができる。

この全てが終わってから仮締めしていた腰紐をはずすと、びっくりするほど形の良い一重太鼓ができた。
膨らまずにしっかり締まっているので、見栄えの良さは勿論、椅子に寄り掛かってもお太鼓の形が崩れにくいようだ。
これは、電車や車での長時間の移動の時には本当に助かることである。
お太鼓の形が崩れないように背もたれに寄りかからない人もいるくらいだから…。

着付は回数を重ねることがなによりの上達法だと聞く。
着付教室に行かずに着物を着たい私。これからも、一日一回は着付の練習しようと決めた。
[PR]
by Medalog | 2006-06-26 15:14 | きもの | Comments(2)

今日のメダカ

週末3匹だったメダカの稚魚が、今朝は7匹に増えている。
待望のクロメダカの稚魚もやっと孵化して、稚魚用タッパーの中が賑やかになってきた。
一回り大きなタッパーに順次入れ替えていきたいけれど、小さいうちにあれこれ動かしてダメにしてしまった過去の教訓があるので、もう少し成長するまで我慢我慢。

親メダカの水槽で見つけた小さなイトミミズをスポイトで採って稚魚用タッパーに入れてみる。
稚魚が食べるかな?と思い観察していたが、イトミミズを見失い観察できず。
去年、かなり小さな稚魚でもイトミミズを食べることを確認したので、これからも親メダカの水槽でイトミミズを見つけたらどんどん稚魚に与えるつもり。
[PR]
by Medalog | 2006-06-26 12:11 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

d0048332_13155125.jpg

今日は雨だけれど、昨日までは三日連続のいい天気だったので、家中のカーテンを洗濯しては干し、を繰り返していた。
朝一番に卵の入ったプラケースを覗くがまだ孵化した様子はない。
一回目のカーテン洗濯&干しを終え、二回目の洗濯をしている最中にふと見ると、なんと一時間弱の間に稚魚が3匹も孵化していたのでびっくりしてしまった。
天気がいいので、一時間で水温がぐんと上がったのだろうか?
3匹とも薄いオレンジ色なので、どうやらヒメダカのようだ。
我が家では久々の稚魚の誕生で嬉しい。やっぱり可愛いわぁ♪

一日たった今朝も、3匹とも元気に泳いでいる。
今度こそは大きく元気に育ってくれますように!

卵用プラケース(というかタッパー)は、稚魚の発育具合を揃えるために、約二週間ごとにひとつずつ用意することにしてみた。
ある程度育ったら、大きめのプラケースに合流させていく予定。
稚魚は環境の変化に弱いから、これからも気を抜かずに世話してやらないと。
稚魚の世話は、楽しくもあり不安でもあり、かな。
[PR]
by Medalog | 2006-06-22 13:15 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

d0048332_8444924.jpg

昨夜九時ごろ、テレビを見ていたら、いきなり後方から「ピキッ、パリパリパリ…」と乾いた鋭い音がした。
その時、家の中には自分一人だったので、飛び上がらんばかりに驚いて振り返る。

その方向にあるのはメダカ水槽、と奥には台所。
水槽の中の音にしてはやけにクリアなので、台所から聞こえたのかと思い見に行くが、それらしきものはない。
不思議に思いながらテレビの前に戻ると、しばらくしてまた「パリーン!」と音がした。

ハッと気付き、水槽に駆け寄る。
いつもは水槽内に沈めてある竹炭を、その日は洗って干したまま水槽の外に出しておいたのだ。
見てみると、竹炭に大きなひびが一本入っている。
竹炭は硬いので、乾燥した時にあんなに乾いたクリアな音がしたのだろう。

今朝、乾いた竹炭を水槽の元の位置に沈めた。
断面から空気の泡をたくさん出している。
こうやって水を吸い込む~乾燥するを繰り返したら、そのうちバラバラに割れちゃいそうだ。
意味もなく沈めているだけだから、割れてもいいのだけれど。
[PR]
by Medalog | 2006-06-21 08:44 | メダカ | Comments(2)

バイカモ(梅花藻)

今朝の新聞に、岐阜・中津川の黒沢川で水中花のバイカモが咲き始めているという記事が載っていた。
カボンバにも似た水草が、白い可憐な花を水面一面に咲かせている。
これから7月までが見頃なのだそうだ。
やっぱり、自然界のものは力強くてきれいだなあ。
(写真を勝手に転載したらマズイと思うので、ここに載せられないのが残念)

自宅から車で数十分圏内に大きな川がいくつかあるけれど、いつも車で通り過ぎるだけで川原をゆっくり歩いてみたことはない。
たまにはスニーカーでも履いて、川原や海岸を散歩してみようかな。
[PR]
by Medalog | 2006-06-20 10:09 | メダカ | Comments(2)

大ショック!

今、人生初のネットカフェ体験中~♪

…なんて、浮かれている場合ではない。
愛用のMacのノートパソコン・iBookを修理に出していて、
自宅でインターネットが出来なくなってしまったのだ。

先週の初め、自宅のソファでiBookを膝に乗せて使っていたら、
誤ってiBookを床に落としてしまった。
慌てて拾い上げてみると、ネットへの接続が切れてしまったものの、普通に動いている。
我が家はワイヤレスで接続しているため、急に接続できなくなることがたまにあるので、
今回もそれだろうと気軽に再起動してみたら、さあそこから動かなくなってしまった。

HDの修復を何度試みても駄目。
諦めてOSを入れ替えようとしても途中で止まってしまう。
最後は、覚悟を決めてリストア(出荷当時の状態に戻すこと)を試みたが、それすら不可能。
丸一日パソコンと格闘しても直る見込みがないので、これはきっと落とした衝撃で
内部が破損したかメモリが抜けかかっているか、とにかくハードの問題だと思い、
仕方なく修理に出すことにしたのだ。

しかしこれまたタイミングが悪く、翌日から5日間は朝から夜遅くまでの仕事があり、
修理に出すことが出来ない。
いらいらしながら仕事をやっつけ、ようやく今日修理に出すことが出来た。
見積もりに1~2週間かかるらしいのだが、店員さんの話だと
「この症状では最低でも4~5万、高ければ10万円以上かかるかも知れません」だって…。
10万円以上出したら、最新のMacのノートパソコンが買えちゃうよ!

自分の不注意で大事なパソコンを壊してしまったこと、
また当分自宅でパソコンが使えないのが大ショック…。
不幸中の幸いなのは、夫は自分のノートパソコンを持っているので
夫に迷惑をかけずに済んだことだ。
夫のパソコンは仕事にも使うので私は極力触らないようにしているけれど、
メールチェックぐらいはここから出来るので安心だ。

また、データのほとんどは外付けのハートディスクに保存してあることと、
設定やノートパソコン内の大事な書類はAppleのサービスを使って
定期的にバックアップしていたので、データ関係の損失がほとんどないこと。
つまり、パソコン本体だけの破損で済んだということだ。
(言い方は悪いけれど、お金で解決できる部分。10万円は辛いけど…)
外付けハートディスクや定期バックアップのありがたみ・大切さを、しみじみと実感している。


そんなわけで、初めてのネットカフェからの書き込みをしているわけなのだ。
携帯からも投稿は出来るけれど、これだけのことを書くのに携帯ではまどろっこしいので、
いい機会だとばかりに近所のネットカフェに飛び込んでみた。

これが、結構居心地がいい♪
静かで広くてきれいだし、椅子も我が家よりもすわり心地がいいぐらい。
パソコンはハイスペックらしく、私のiBookの何倍も(大袈裟か)サクサク動いてくれる。
漫画もDVDもたくさん置いてあるみたいだし、フリードリンクだし。
ネットカフェなんてパソコンを持っている自分には縁のない場所だと思っていたけれど、
メンバーズカードも作ったことだし、iBookが修理されてくるまでの間、
入りびたりになっちゃいそうで怖いかも。
[PR]
by Medalog | 2006-06-19 16:50 | 生活 | Comments(2)

今日のメダカ


d0048332_11375374.gifメダカの卵。
木に実がなっているみたい♪

d0048332_11381031.gifd0048332_11382587.gif左の卵は色が薄いのでヒメダカ、右の一番手前の卵は色が濃いので黒メダカの卵じゃないかと勝手に予想。
[PR]
by Medalog | 2006-06-13 11:41 | メダカ | Comments(3)

今日のメダカ

d0048332_124149.gifメダカのエサ。
このパウチパックを開ける音と気配に反応して、
メダカたちがすーっと水面に浮かんでくる。

魚にも聴覚ってあるのかな?
[PR]
by Medalog | 2006-06-11 12:46 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

この一週間で採取したメダカの卵。
何個かは、卵の中で稚魚が着実に育っているのが見える。
梅雨に入って肌寒い日もあるけれど、もう6月に入なんだから水温は大分上がってくるはず。
順調に行けば来週には久々の稚魚に会えそうだ。

しかし相変わらず卵が水草に付いているのはほとんど見られず、
今採取してある卵の多くは、メスのお腹から筆で採ったものだ。
今年植えている水草、相性が悪いのかな…。

あと、卵を産んでいるのは比較的体の小さい(=若い?)メダカ2匹だけのようだ。
水槽の人口密度ならぬ魚口密度(!?)を減らすために体の小さいメダカ4匹を
別のプラケースに入れ替えたけれど、もしかしたらそういう若いメダカを水槽に戻した方が
卵をたくさん産むようになるのかもしれない。
様子を見ながら、また引っ越しさせようかな。
[PR]
by Medalog | 2006-06-10 12:37 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

今朝、水槽を見ると、水草に付いている卵はなかったが
お腹に卵を付けているメダカが2匹いた。
この卵が水草にくっつくまで待ちきれず、初めてメダカから直接卵を採ることにした。

d0048332_12138.gifメダカをプラスチックのカップにすくい、水を極力減らして動きづらくなったメダカのお腹を筆でなでると、思ったよりも簡単に卵が採れた。
(この写真より、もっと水を減らした方が採りやすい)

おお、久しぶりに複数の卵が我が家に! うれしいな。
今回は、ちゃんと稚魚が育ってくれるかな。

[PR]
by Medalog | 2006-06-05 12:07 | メダカ | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る