<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

●●今日のメダカ●●

昨日の「ご近所の底力」のメダカ特集は、台風報道のために来月(9月22日)に延期になったらしい。
残念だったけど、台風情報の方が緊急だから仕方がないです。
台風が接近した地区の皆様、大丈夫だったでしょうか?

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

うちの水槽は照明がなく、陽の光と室内の照明がメダカの明かりとなっている。
私が仕事のある日は、早朝から昼は陽の光で明るく、日が暮れると一度室内は真っ暗になって、夜に私が帰宅するとまた照明で明るくなって、夜中の1時過ぎまでそのまま。
消灯から夜明けまで、真っ暗なのはこの時期はたったの4、5時間。
しかも一日のうちに明るくなったり暗くなったりしている。
これって、メダカにとって悪くはないのかな?

というのは、昨日、昼間は卵を付けていなかったメスが、夜10時頃に卵を付けていたような気がするのだ。
そのときは夕食の支度でバタバタしていて、じっくり観察する暇がなかったので、100%の確信はないのだけど、あれは卵だったと思う・・・。
だから、もしかして、私が帰宅して明かりを付けたときに、朝と間違えて卵を産んでしまったのでは???と思ったのだ。
確信のないことを書いても仕方がないのだけど・・・。
これからは夜も気をつけて観察してみよう。
[PR]
by Medalog | 2005-08-26 21:11 | メダカ | Comments(4)

●●今日のメダカ●●

昨日の昼、口に卵を付けていたメダカは、夕方には卵が取れていた。
どこかにこすりつけたのか、それとも食べたのかな?
「やっと落ち着いて泳げるよ、やれやれ」って感じで、ゆっくり泳いでいた。よかったね。

今夜、NHKの「ご近所の底力」という番組で、「絶滅の危機のメダカを救え!」という内容をやるらしい。
1年前にメダカを飼い始めてから、テレビでメダカに関する番組を見るのは初めてだ。
なにか新しい発見があるかも? 見てみようかな。
[PR]
by Medalog | 2005-08-25 18:58 | メダカ | Comments(5)

●●今日のメダカ●●

朝、メダカに餌をやるときに、久しぶりに卵を腹に付けているメダカを見つけた。
今からふ化させる気もないので、もうそのまま放っておく。
5〜6月頃は、稚魚がふ化してもうまく育たず、焦って卵を集めまくっていたのに、稚魚が順調に育ちだすととたんに卵には執着しなくなる。勝手な飼い主だね。

昼、また餌をやるときに見たら、腹にくっついていたはずの卵が、いつのまにやら口に付いている。
それも、透明なのと、白濁したのと、合計3個も。

d0048332_14342354.jpgd0048332_14353287.jpg








「また自分の生んだ卵を食べて〜」と思ってみていたら、どうやら卵が付いているのが鬱陶しいらしく、口を水槽にこすりつけて卵をはがそうとしているようだ。
しばらく続けると、今度は疲れたようで、ぼーっとしながら水中を漂う。
(撮影下手な私が、ピントがボケているとはいえ上のような写真を撮れたのも、疲れて漂っている時間が長いから)
卵を落とそうとじたばたしている様が、かわいいような、可哀想なような。

今日も灯油ポンプを使って水替え。いやー、早い早い。楽々!
で、水替えの最中に気づいたこと。
汚れた水を吸い上げて、水量が減っているときの方が、メダカを撮影しやすい気がした。
水の量が少ないから、メダカたちが動き回れる場所も減るわけで、メダカにピントを合わせやすかったような。
「それでこのピンぼけ写真しか撮れないのかよ!」って感じですが。
[PR]
by Medalog | 2005-08-24 14:57 | メダカ | Comments(4)

●●今日のメダカ●●

8月1日に「スポイトで水替えをしている」という話を書いたときに、optchicさんから「灯油ポンプにフィルターのついたものが便利だった」というコメントをいただいてから、灯油ポンプでの水替えを考えていて、ようやく試作品完成! 早速使用してみた。

d0048332_946485.jpg

まず買ってきたのは、おなじみの灯油ポンプ
この時期なのでホームセンターの隅っこに追いやられていたが、見つかってよかった。
吸い出し口が斜めにカットされていたので、砂利の中に差し込んでゴミを吸い出すにはちょうどいい形だ。

次に、フィルターはどうしようか? 砂利より小さく、ごみよりは大きい穴のもの。しかし、灯油ポンブの吸い出し口の形状はそのまま生かしたい。
・・・ということで思いついたのが、台所排水口に使うゴミ受けネットだった。

d0048332_957442.jpg

ゴミ受けネットにはいくつか種類があるが、これはみかんネットを細かくしたようなタイプ(わかりづらいかな)。
写真は、ゴミ受けネットを適当な大きさにカットしたもの。
このネットに気づいた瞬間は、
「これなら、軟らかくて加工しやすいのに適度な強度もあるし、ひっぱると網目を少し広げることができて、今回の目的にはうってつけかも!?」 と、自画自賛。
余談だが、うちではこのネットは排水口用にはやや網目が粗すぎると感じたので、買ったが使わずに余っているものが一袋分あった。だからこれの材料費はゼロ。
これを、網目の大きさを適当に広げ、破れにくいよう二つ折りにして、ポンプ吸い上げ口の先端に輪ゴムで巻き付けてみた。

d0048332_105596.jpg

これがその写真。
なんだかずいぶん簡単な作りだけど、いいのだろうか。
とりあえず使ってみようと、水替えを開始!!

砂利に差し込んでみると、先端が斜めなのでスムーズにしっかり差し込める。
早速1回吸い出してみると、砂利の間に沈んでいたゴミや汚れた水が一気に上がってきた!
この威力は、今までのスポイトとは比べ物にならないわ〜。
同じ場所で2〜3回吸い出すと、汚れた水がなくなってくるので、少し場所をずらして砂利に差し込み直すと、また汚れた水やごみが!!
・・・という感じで砂利のあちこちに差し込みながら順調に吸い出していると、汚れた水を受ける金魚鉢があっという間にいっぱいになり、あふれそうになって慌てて水を捨てにいった。
次からは水を受けるバケツを用意しないとあぶないな、というくらい、早くて効率的に吸い出すことができた。

d0048332_1049488.jpg

最初灯油ポンプを見たときは、「うちの30センチ水槽には大きすぎるかも?」と思ったが、ノズル自体はさほど太くないので、狭い水槽の狭い水草の間の砂利にも無理なく差し込めるし、電動のポンプと違って吸い出す量をこまめに調節できるし、100円で買えるし、いいことづくめだった。
ネットの編み目の大きさなど、まだ研究の必要はありそうだが、これから毎週活躍するアイテムになったことは確実だ。
ヒントをくださったoptchicさん、ありがとうございました。

しかし、水槽の横に赤い灯油ポンプのケースがくくり付けてあるのが、この暑い季節になんともミスマッチで笑えるかも。
いちばん研究が必要なのは、このポンプの収納場所だったりして。
[PR]
by Medalog | 2005-08-20 11:00 | メダカ | Comments(2)

●●今日のメダカ●●

d0048332_9105227.jpg
稚メダカのプラケースが大分汚れていたので、メダカを出してきれいに掃除した。
お盆の留守中に餌代わりになればと、長い間苔を放置していたのだが、
見た目も汚いし、しばらくは留守にする予定もないし、ひさびさにスッキリさせることに。

まず年長組メダカを別のタッパーに移し、水は細かい網でこしながら半分ぐらい移動。
水草は苔のひどい部分をトリミングして、残りも苔を落としておく。
さてプラケースを洗う訳だが、洗剤は使わない方がいいらしいので、プラを傷つけないように軟らかいスポンジで水洗い。
苔って、ふわふわに見えて結構頑固にこびりついてるものだ。
結構強めにこすったが、後からみると隅っこにうっすら洗い残しが・・・。
これが、またすぐに繁殖してしまうんだろうか。

さてきれいになったプラケースに、まだ洗っていないプラケースの年少組メダカを移す。
上記と同じように水はこして半分量を移動、水草はトリミングして入れ直す。
そして、汚れた年少組のプラケースを洗い、そこに最初にタッパーに移しておいた年長組メダカ、水、水草を入れる。
最後に、カルキ抜きしておいた水をやや少なめに補充して、終了。
(水は2〜3日かけて増やしていったほうが、環境の変化が少なくていいと思ったので)

この方法だと、年少組は1回の移動で済むのだが、年長組は2回の移動が必要になる。
メダカのストレスを減らすには、どちらも1回の移動で済ませたほうがいいよなぁ。
同じ型のプラケース、まだ売っていたらもうひとつ買ってこようかな。
同じものが3つあれば、移動が1回ずつで済むもんね。
[PR]
by Medalog | 2005-08-18 09:12 | メダカ | Comments(4)

●●今日のメダカ●●

帰省のため丸4日家を留守にした。
暑い時期に4日も留守にするのは初めてだったので、水温が上がるのが心配だったが、
レースのカーテン越しに陽が当たるようにして、淡水魚用の留守用の餌を与えて
(水中で少しずつ溶ける)出掛けることにした。

4日後帰宅して、急いで水槽を覗くと、よかった!
親メダカも、稚メダカも、全部無事のようだ。
稚メダカは、4日の間に随分大きくなっているようだ。元気に泳ぎ回っている。
この夏最大の山場(?)を乗り越えて、ほっとしたわ〜。
[PR]
by Medalog | 2005-08-16 13:57 | メダカ | Comments(4)

●●今日のメダカ●●

d0048332_12262333.jpg
10日前に切りそろえたアナカリス。
左の手前は水槽の半分ぐらいの高さに短く切り揃えた束を、
左奥には水面よりやや短めに切り揃えた束を植えた。
この時期だからすぐに伸びてしまうだろうと、敢えて短めに切ったつもりだったが、
こちらの想像以上に伸びるのが早かった。
たった10日間で、下の写真の状態になっちゃった。
(写真だとわかりづらいんだけど・・・)




d0048332_12281066.jpg
短く切った手前の束でさえ、水面から飛び出てしまっている。
奥の束は、さらに伸びて水槽内で窮屈そうにあっちこっちへ曲がりはじめている。
青々と育ってくれるのは嬉しいけど、またお手入れしなくちゃな〜。
[PR]
by Medalog | 2005-08-06 12:35 | メダカ | Comments(8)

●●今日のメダカ●●

d0048332_11463127.jpg
生後約4週間のクロメダカの稚魚。
だんだん魚らしい形になってきた。

昨日、別のクロメダカの稚魚が死んでしまった。
同じ環境なのに、やっぱりヒメダカよりクロメダカのほうが弱いのかな。
残るクロメダカの稚魚は、写真のやつとひとまわり小さいやつの2匹。
稚魚全体としては、今回は順調に育っていると思うので、クロメダカ2匹も頑張って大きくなって欲しい。
[PR]
by Medalog | 2005-08-04 11:46 | メダカ | Comments(2)

●●今日のメダカ●●

d0048332_7441019.jpg
昨日水替えをした時、水槽の上側(水を減らした分)をきれいに拭いて新しい水を入れたので、上側の三分の一だけがきれいになっている。
「きれいに掃除したい」という気持ちと「仕事の日などは一日一回しか餌をあげられないから、おやつ替わりにコケを残してやりたい」という気持ちが相反した結果、こんな半端なことになってしまった。
多分、何日かたったら「きれいに掃除したい」気持ちが盛り上がってしまって、ガラスを全部掃除しちゃうんだろうな。
それも、仕事のある忙しい日に限って。
[PR]
by Medalog | 2005-08-02 09:56 | メダカ | Comments(3)

●●今日のメダカ●●

d0048332_10333781.jpg
水槽の水替え。
うちの水槽は12Lの小さい水槽なので、水替えはスポイトで砂利の中に溜まっている汚れた水を全体の3Lほど吸い出して、汲み置きしておいた水を足すだけ。
スポイトでひたすら水を吸い上げるこの作業は、時間もかかるし飽きるので、洗濯機を回している間などにテレビを見たりしながらのんびりやることにしている。
(今日は世界水泳を見ながら・・・)
長いスポイトを使えば、手を濡らすこともなく簡単に底の汚れた水を吸い上げることができる。

d0048332_10343310.jpg
スポイトをガラスにくっつけて吸い上げてみると、砂利の間に溜まっている汚れがスポイトに入っていく様子がよく見える。
子供の頃学習雑誌のおまけに付いていた、アリの巣を観察するキットを思い出す感じ。
砂利の汚れていそうな場所を探しては、スポイトを差し込んで、吸い上げた水が汚れているほどちょっと嬉しかったりして・・・。
でもたまに、砂利にはまって死んでしまっている可愛そうな稚魚もいる。
外から見ていても気付かないけど、水槽内でふ化している稚魚って結構いるみたい。
でも、残念ながらそのまま大きく育つのは難しいみたいだな。

d0048332_10342094.jpg
普段は見えない砂利の中も、一度吸い上げるだけでこんなに汚れを取ることができる。
でも、さすがに3L全てをスポイトだけで吸い上げるのはかなり時間がかかるので、その日の気分によって途中からお玉で上のほうの水を汲み上げてしまう。
しかしこうやって汚れた水を間近にすると、結構嫌なにおいがするものだ。
小さい水槽しかないとはいえ、自分の家も気付かないうちににおいがこもっていたりしないか気になってしまい、水替えした日はいつもより換気や掃除が丁寧になるかも。
[PR]
by Medalog | 2005-08-01 10:40 | メダカ | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る