大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      
by Medalog
最新のコメント
こんにちは! おお、小..
by 神奈川絵美 at 23:12
> 神奈川絵美さん 返..
by Medalog at 10:43
> amethystさん..
by Medalog at 10:36
こんにちは! あはは洒落..
by 神奈川絵美 at 21:58
ふふふ、この画像のTシャ..
by amethyst at 19:02
> fuko346さん ..
by Medalog at 11:06
最新のトラックバック
以前の記事
フォロー中のブログ
excite以外のブログ
my きものあそび
小判屋の独り言
Emmy, be gentle !
sweet*eyes
白い雲と青い空

コメント・TB大歓迎です!
(ただし記事の内容と無関係だと判断したコメント・TBは削除させていただく場合がありますので、ご了承ください。)
カテゴリ
タグ
検索
ブログジャンル
2016年 09月 21日

美術館の日の着物

兵馬俑展のときの着物。

d0048332_08203742.jpg

単のぜんまい紬に
二部式の自作バティック帯。
襦袢は英さんの単用の楊柳。

肌着はシルクで少し暑かった。
肌襦袢か長襦袢を麻にした方がよかったかな。

きものは、この時期に最適な綿麻の単があるのだが、柄がカジュアルな格子柄なので美術館はともかくホテルの中華ランチには合わない気がして、多少暑いかと思いつつ紬の単にした。

d0048332_08294344.jpg

去年、綿麻を着たときの写真。
袖が捲れ上がってますねー。
この日は鰻屋さんで落語を楽しんだので、格子柄がちょうど良かった。

この格子柄の綿麻をホテルの中華レストランに着ていくとしたら、ディナーには合わないがランチならなんとか、という感じかな?
でもやっぱり少々カジュアルな気がするし、行ったことのないレストランで様子がわからなかったので、せっかく季節がぴったりな綿麻のきものを今回は着なかった。

夏物と単の狭間に着る綿麻。
着る機会が少ないから何枚も仕立てるわけにはいかない。
その分、オールマイティーな色柄を選ぶんだったな、と少々後悔もしている。
ただこの格子柄は好きで買ったものなので(安かったし!)、このきものが似合うシチュエーションでたくさん着ないともったいないですね。



一番上の写真の帯は、好きな布を買ってきて二部式帯を作ったもの。
当時はきもの初心者で、二部式の方が着付けしやすいし布も少なくてすむから二部式で作ったのだが、今になって二部式のありがたみを感じている。

最近、五十肩になってしまったみたいなんですよね〜〜〜。
左の腕が痛くて、前方には上がるが横には上げづらく、背中にはほとんど手が回せない状態。
帯を結ぶのがとても難しく、この二部式帯がなければこの日は洋服で出かけたかもしれない。
(無理のない姿勢でいるときには腕は痛まないので、きものを着てしまえば辛くはないのだが)
だから作っておいて本当に良かったと、昔の自分に感謝してしまった。

五十肩は治療したらすぐに治るというものでもないらしい。
だから今後も二部式帯は役に立つだろう。
もし気に入った布があればあと何本か作ってみてもいいし、手持ちの帯を切らずに折りたたんで作り帯にする方法もよさそう。
前結びもいいかな。
無理のない程度にあれこれ試して見たいと思う。



[PR]
by Medalog | 2016-09-21 09:06 | きもの | Comments(0)
2016年 07月 22日

縫い目が切れた小紋をどうしましょう

外出先で縫い目が切れてしまった、紗小紋。
帰宅して調べてみたら、外出先で気がついたお尻と左脇だけでなく、なんと右脇とふくらはぎあたりの縫い目も切れ始めている。
もともと糸が弱っていたところに、お茶会や呉服店の催事で畳に座ったり立ったりを繰り返したため、糸が一気に切れてしまったのだろうか。

ここまでくると、外出中に着物の下半身が分解しなくてよかったと逆にありがたくなるレベルだ。



さて、この着物をどうするべきか。
左脇だけでも10cm以上はほつれているし…と思いながらめくってみる。

d0048332_8565448.jpg
あれ?

d0048332_8565974.jpg
あれれ?
布の端にロックミシンが掛かってる!
これ、正絹じゃないのか…!!!
そして布地の織りかたも紗ではない!?
目を凝らして見てみると縦糸に捻りは入っておらず、単なる平織りに思える。

私、今まで何を勘違いしていたのだろうか???



この着物をいただいた時に「正絹の紗小紋」と聞いた気がしたのだが、思えば自宅で洗っても縮んだり風合いが変わったりしないのは化繊だからなのだろう。

ただ私が勘違いしていたのには理由もあって、この着物は軽いし、生地に張りがあるため風通しも良く、夏着物として着心地がいい。
「化繊=暑い、正絹=涼しい」という思い込みがあった私は、軽くて涼しいこの小紋は正絹だと思い込んでいたわけだ。



予想外のことにびっくりしてしまったが、考えてみればこの着物が正絹である必要はないなと思う。
着心地がいいうえに自宅で洗濯できるなら夏着物に最適なことに間違いはないし、化繊なら思い切って自分で背縫いと両脇をダーっとミシン縫いしてもいいかも。
夏の着物は麻と絹上布という硬めの織りのものしか持っていないので、化繊とはいえやわらかもの風であるこの小紋が重宝する時が来るかもしれない。

でも軽くて涼しくて水に強いなら、単〜薄物の時期のコートにも向いているかも。

この時期のコート類は、黒い紋紗の膝丈の道行とシースルーコートと名付けられた化繊の雨コートを持っている。
しかしどちらも道行衿なので紬や麻に気軽に合わせる感じではないし、雨コートは透け感が少なく厚地で着心地が暑いので、どちらも出番が少ないのが実情だ。
だからこの小紋を道中着タイプのコートに仕立て直せば重宝するかも。黒地の裏は青っぽい色なのでそちらを表にすることもできるし。
ただこの場合は仕立て直しを外注するため費用がかかるのが難点。

この、答えのない悩み。
あとで後悔のないように、しっかり考えることにいたしましょう。
[PR]
by Medalog | 2016-07-22 10:53 | きもの | Comments(2)
2016年 07月 21日

お茶会の着物(が、大変なことに…)

前回の記事 で、初めてのお茶会の経験談を書いた。

京都御苑内の、拾翠亭という江戸時代後期に建てられた貴重な建物の茶室で、眼前の池を眺めながら夏の茶会を楽しむ…。
誠に優雅な状況だが、そこで私は「初のお茶会に参加している」という緊張とは全く別の緊張とも戦っていた。

それは、
着物のお尻部分の背縫いが破けている!という
とんでもない状況。



朝、京都駅へ向かう電車内。
席が確保できてホッとして腰を降ろした瞬間、お尻の辺りで「プチプチプチ」というわずかな音が。
恥ずかしながら過去にも経験があるので、お尻の背縫いの糸が切れてほつれたことがすぐに分かった。

d0048332_10273758.jpg
この日の着物。拾翠亭にて。
黒地に青い松葉が小さく散りばめられた紗小紋に、絽綴れの帯。
茶会に誘ってくれたお友達からは「麻でいいのでは」と言われていたのだが、麻はシワになりやすいため茶室で慣れない正座を繰り返したら下半身がぐちゃぐちゃになりそうなのが怖い。
その点この紗小紋は全くと言っていいほどシワにならないのと、こういう機会でもなければ夏に正絹の着物を着る機会がないので、実に久しぶりに引っ張り出したのだった。

この紗小紋は頂き物で、いただいた時点でかなり古いものだった。
古くても生地がピンとしていて全く傷んだ様子がないのでまさか縫い糸が弱っているという可能性は考えてもいなかったのだが、いざ着付けて外出したら、出先でお尻が破れるという最悪の事態になってしまったのだ。
しかも、黒い着物の下は真っ白な長襦袢。自分からは見えないが、おそらく非常に目立つ状態になっている筈…

一瞬、頭が真っ白になるが、とりあえず目的地へ向かうしかない。
不幸中の幸いだったのは大きめのストールを持っていたこと。
京都駅に着いてからはストールを羽織り、お尻が隠れるように不自然に垂らしながらなんとかランチのお店へたどり着く。
お友達には申し訳ないがランチを少し早めに切り上げて、以前買い物をしたことがあるが顧客とは言えない呉服店に駆け込んで、図々しくも着物を着たままお尻部分を黒い糸で縫い止めていただいてしまった。
(後日お礼のハガキを出したけれど、いずれまた立ち寄って小物でも買わせてもらおう)

その後に京都御苑の拾翠亭へ行き、人生初のお茶会に参加したのだった。
縫い止めていただいた部分は安心だろうがその上下の部分はいつ縫い目がはじけるかわからない状態の中で、何度も正座をしたり移動しなければならない緊張感と、初めてのお茶会へ参加する緊張感。もうなにがなにやら。
ありがたいことにお茶会の最中はそれ以上縫い目が破れることはなく、縫っていただいたお店の方に心から感謝した。

お茶会のあとは、とある帯問屋さんの催事に行かせていただく。
この時にはお茶会の緊張からもお尻の縫い目が破ける心配からも解放されていて、普段見る機会がないような素晴らしい帯をたくさん見て心から楽しめた。
一通り拝見した帰り際に、畳にあった着付け用の腰紐をまたぐのは失礼かと思って立ったまま拾おうとした、その時。

今度は左の脇縫いが音を立てて破けたぁ!
う、嘘でしょぉぉぉ…

左脇縫いの太ももの部分が20cmほど破れたのを見て唖然としてしまうが、お尻の糸が弱っていれば当然他の場所の糸も弱っているわけで、お尻がしっかり補強されたために今度は他の弱い部分が切れてしまうのは仕方がないのかもしれない。
ただ幸いなことに手を横に下ろすと隠れる位置だったこともあり、手に持ったバッグとショールでなんとか隠しながらも祇園祭の鉾を楽しく見物して、左脇を隠しながら電車とバスを乗り継いで帰宅した。



古い着物は何枚も持っているし、着るのも好きだけれど、状態を常に把握していないととんでもないことになるということを身を以て実感した。
かといって糸が弱っているかどうかをどのように確認すればいいのか…
確認のために無理に引っ張って、問題なかった糸を引きちぎってしまうのも嫌だし。
最低限の策としては、古い着物を着る時には常に大きめのショールか腰まで隠れる羽織ものを持ち歩くことにしよう。

本当なら古い着物は全部洗い張りして仕立て直してもらって、安心して気持ちよく着たいところだけれど、やっぱり費用が問題になる。
自分で補強するのも、シルエットに響かないか心配だし…
また悩みが一つ増えてしまった2016年の夏です。
[PR]
by Medalog | 2016-07-21 10:47 | きもの | Comments(2)
2016年 07月 20日

初めての大寄せ茶会

祇園祭の時期、京都ではきもの関係の催事も多く、毎年ではないが夏にきものを着る機会があるのは暑いけれど楽しい。
今年は、なんと大寄せのお茶会に参加する機会をいただいた。
私は茶道の経験は一切ないが、一度は参加してみたかったので喜んでお誘いを受けた。

茶道にはすこーし興味があり、テレビで茶道について取り上げている番組を見るのは好きだし一時は茶道教室の検索もしていたのだが、結局習うには至っていない。
だから全くの素人なので、大寄せとはいえ何をどうすればいいのかほとんど知識がない。
懐紙などは貸していただけるということだったが、着物で行く予定なので扇子だけは買ってしまった。

あとの内容はネットで確認して最低限の内容を頭に入れるが、当日それを思い出せるのか、また思った通りに体が動くのかは全く自信がない。
とにかく御亭主や他の皆様を不愉快にさせないように気をつけようと心に決め、緊張しながら当日を迎えた。



当日はお友達とランチのあと、会場である京都御苑の拾翠亭へ。

d0048332_10564531.jpg
拾翠亭は以前にお茶会でなく観光として入ったことがあり「こんな雅な場所でお茶会をするなんて私には縁がないけど憧れちゃうなー」なんて思っていたものだが、まさか数年後のお茶会デビューが京都御苑の中にあるこの茶室になるとは!
私は幸せ者だ。

お友達の後ろにくっついて寄付に入る。
どうやら私以外の方々は茶道の心得がおありのようで泰然と構えていらっしゃるが、私はここでどのように振る舞えばいいのかもよくわからずアワアワしているうちにすぐ席入りになった。
にじり口でなく普通の襖のところから入れるのには安心したが(にじり口から上がる作法は予習したが実践できる自信は全くなかったので)、それでも緊張する。
扇子を置いて一応お辞儀をし、敷居や畳の縁を踏まないようにとギクシャクしながら中に入ると、他の方々が掛け軸やお花を拝見なさっているので見よう見まねで自分も拝見。
本当であれば入室〜お道具拝見〜着席の間にも通るべき動線があるのだろうが、もうそれは訳がわからず、お友達に誘導されながら着席した。

まもなく和菓子が回ってくる。
大きめに切られたういろうのようなお菓子で、重たいのと緊張でなかなか箸に取ることができない。
どうかお菓子を畳に転がしませんように…と念じながらなんとか懐紙に取り、箸の先を拭くことは忘れなかったが箸の持ち方にまでは気が配れず、次の方にお菓子鉢を回すまでにどれだけのマナー違反をしたのか自分でもわからない。

お菓子をいただいたあとはいよいよ薄茶をいただく。
こちらも緊張のあまり、お茶碗をずらすためにちゃんと回したか、いただいたあと縁を指で拭ったか、最後に正面に向けてお椀を置けたのかなどをよく覚えていない有様…。
その後お道具の拝見を見よう見まねで行って終了。
しばらくしたら次の席にご案内いただき、もう一服頂戴した。

緊張したけれど、ご正客をはじめとしたお客様たちがざっくばらんな雰囲気を作ってくださっていたので思っていたよりは居心地がよく楽しませていただいた。
お点前をなさる方々が浴衣で、ご参加の皆様も浴衣や上布などを着ていらしたので、比較的緩やかな会だったのだろうか。それも私には有り難かった。
御亭主はお若い方で、茶道のたしなみがない私から見ても斬新なアイディアで迎えていただいて、お道具拝見も楽しかった。

ただ、ご一緒した皆様が私の素人ぶりを不愉快に思わないでいてくれたら有り難いのだけれど。
緊張のあまり、寄付で脱ごうとしていた足袋カバーのことをすっかり忘れていて、履いたままお茶をいただいてしまったのもどなたかお気づきになったかしら…。
またいつか機会があったら、もう少し作法を身につけて、リラックスして臨めるようにしたい。
[PR]
by Medalog | 2016-07-20 11:40 | きもの | Comments(6)
2016年 07月 11日

義母の小紋の仕立て替え

先日仕立て替えに出した義母の小紋 が、無事に仕立て上がってきた。

d0048332_11562198.jpg
d0048332_1156248.jpg
上がお直し前、下がお直し後。

仕立て替えの内容としては、まずは古いものなので洗い張りしてもらうこと。
裄が短いのでできるだけ伸ばしてもらうこと。
そしてピンク色の八掛を落ち着いた色に変えること、の3点をお願いした。



まずは洗い張り。
黒地ということもあって目立つ汚れはなかったのだが、古いものなので洗い張りをしてサッパリするとともに、変色した胴裏を新品と取り替えた。

ただ上前の膝のあたりの目立つ部分に少し白くなっている部分があり、これは汚れではなく生地の擦れだったとのことで、他の場所と入れ替えてもらうことにした。

d0048332_1642286.jpgd0048332_16531154.jpg

右の写真は左の写真に赤い線を入れたもの。
赤い線の部分にはハサミが入っている。
上前の擦れを他の場所へ移動するために、着付けたときに見えなくなる部分を何カ所か切断してやりくりしているのだ。

これをしてしまうと今後仕立て直しをするときに制限ができてしまうし、正直なところプラスアルファの手間賃が掛かってしまうのは厳しい。
ただ上前のスレ以外にも問題があり、この小紋は身幅は足りているが身丈が足りない状態で、普通に仕立て直すとおはしょりが出るか出ないかのギリギリの丈にするしかないが、後ろ身頃のウエスト部分にハサミを入れることで十分な寸法を確保できるとのこと。
悩んだ結果、この着物を今後羽織やコートに仕立て直すことはないし、自分には少し派手だと感じるこの小紋を自信を持って着られるように、思い切ってハサミを入れてのやりくりをお願いしてしまった。

おかげで擦れや小さなシミなどをすべて隠してもらってとても綺麗な仕上がりになり、身丈も十分な寸法になった。
費用は掛かったが私が持っている着物の中では一番細かい仕事をされている一枚になって、義母も喜んでくれていると思う。



次に裄の寸法。
お直し前の寸法は1尺6寸5分で、私の寸法である1尺7寸5分〜1尺8寸にするには最低でも3cm以上伸ばす必要がある。
だが注文時に悉皆屋さんに見てもらったら、縫い代がほとんどないので希望の寸法までは伸ばせそうにない、1尺7寸が限界かもしれないとのこと。
上の写真のようなやりくりをすれば伸ばすのは可能だが、裄に関しては切り貼りの縫い目を見えない部分には隠せない、切り貼りをデザインの一部として表に出すしかないとのこと。
見える部分に切り貼りの跡を見せたくはなかったので、裄に関しては普通の仕立てで、なるべく長くなるようにして欲しいとお願いした。

すると、仕上がり寸法はなんと希望通りの1尺7寸5分に!
頑張ってギリギリまで伸ばしてくれたのだ。
ここまで寸法が伸びてくれれば襦袢にも困らないし、羽織ものを着たり腕を縮めたりしなくても普通に着られるようになったのはとても嬉しい。



最後に八掛の色。
お直し前は可愛らしい桜色で、どう考えても着こなす自信も勇気もなかった。
私にとってはカラフルに思えるこの小紋をできるだけ着易くするために、いっそのこと地色と同色の黒八掛はどうかと思ったのだが、見本を合わせてみると雰囲気がどすんと重たくなる気がする。
そこで模様の中の一色に合わせて、青鈍色に近いブルーグレーの八掛を合わせることにした。

実際に仕立て上がったものを見ると、うーん、思い通りのようなそうでもないような…? プロの方々が勧めてくれた色でもあるので間違ったチョイスではないと思うのだけど。
なんせ小紋とかやわらかものに縁がないので、しっくりくるまでには時間がかかるかもしれないな。



八掛には未だに迷いがあるものの、総合的には大満足の仕上がりになったのでよかった。
この小紋は、母が遺した着物の中で「直せば着られるかもしれない着物」の最後の一枚で、手つかずのまま何年も箪笥に入れてあるのが気になって仕方がなかった。
だから「お金を掛けた結果もしも思い通りの仕上がりにならなくても、このまま箪笥に入れっぱなしよりはましだ」という気持ちで直しに出したのだが、満足のいく結果になってくれたのでお金をかけた甲斐があったというのも正直なところだ。

さっそく帯や小物のコーデをあれこれ考えたいところだが、この暑さでは身も心も袷の着物で遊ぶ気になれない。
この小紋には秋になるまで一休みしてもらうことにしよう。
今はどの帯がこの小紋に合うのかが想像つかないので、あれこれ合わせてみるのが今から楽しみだ。
[PR]
by Medalog | 2016-07-11 12:41 | きもの | Comments(6)
2016年 05月 24日

八掛の天地替え

d0048332_20342686.jpg
八掛の裾が擦り切れてしまったグレー紬。
八掛の上下を入れ替える「天地替え」を頼んでいたものが、仕立て上がった。



d0048332_8374830.jpg
ビリビリに破れた、この裾が…
d0048332_837582.jpg
こんなにきれいに!
腰の部分が上下逆になって裾になったので、新品同様の綺麗な状態になった。



d0048332_20364073.jpg
では擦り切れた裾は?というと、不要部分をカットされて胴裏の中に収まっている…のだと思う。

擦り切れた部分をカットしたら八掛は当然短くなる。
・カットしても八掛に十分な長さが残っていれば、胴裏はそのままでOK。
・八掛が足りなくても胴裏に余分な縫込みがあれば、胴裏を伸ばす。
・どちらにも余裕がなければ、胴裏を継ぎ足すので別途料金が掛かる。
そのように説明されていたのだが、胴裏を見ても伸ばした跡がないので、どうやら八掛に十分な長さがあったようだ。料金も追加はなかった。ありがたい。

直していただいた八掛の部分だけでなく、胴裏や表地までピンとして戻って来たような。
全体的にシワを伸ばしていただいたのかも。
とても綺麗な仕上がりで、満足している。



さて、気になる料金は、1万円以下だった。
もし胴裏を継ぎ足すことになったら1万円を少し超えたはず。

この料金が高いか安いかというと、私は安いのではないかと思った。



最近夫のスーツのスラックスも裾が擦り切れてしまい、普段着なら自分で直すがスーツは自信がなかったのでお直しの店に頼んだ。
(裾上げテープはビジネススーツの薄手ウールのスラックスでも自分で綺麗に直せるのかな?)
頼んだのはショッピングセンターに入っている洋服のリフォーム店で、1時間で1,000円程度で仕上げてくれるという。

1時間後に引き取りに行ってみると、ミシンを使った綺麗な仕上がりで裾の後ろ側には補強の当て布も付いている。
ただし擦り切れた部分を内側に折り込むので丈は7〜8ミリ短くなるし(事前に承諾した)、裾上げ以外の部分にアイロンをかけたりはしてくれなかった。
それでも早くて綺麗な仕上がりで、1,000円程度の料金は妥当な金額だろう。

それに比べて、八掛の天地替え。
ミシンではなく手縫いで、縫う手間と長さはスラックスの何倍もある。
工程の複雑さも段違いだ。衽も解くのだろうし。
傷んだ部分を切って丈が短くなるのではなく、お直し前と変わらぬ長さで仕上がる。
おまけに八掛以外の部分も(多分)きれいに伸してくれて、新しい畳紙に包んで、さらに今回は自宅まで配達してくれてこの価格。

毎年何枚もの着物を直すのなら大変な出費になるが、私の場合は数年に一度のことなので、十分に納得できる金額だと思えた。

この着物はグレーの無地でコーデがしやすいし、水にも強く汚れが目立たないので、袷では一番出番が多い。
だからまた数年後に八掛が擦り切れるかもしれないが、また擦り切れて今度は新品の八掛に取り替えることになったら楽しいな。
[PR]
by Medalog | 2016-05-24 12:00 | きもの | Comments(6)