カテゴリ:メダカ( 249 )

今日のメダカ

今回の引越しにも、当然メダカを連れてきた。

引越しが少しでも楽なように去年は採卵・ふ化をさせなかったので、冬まで生き残ったメダカ6匹だけの引越しになった。
メダカを連れての引越しは2度目だし、すぐ近くへの引越しだったので楽な作業だった。
前回の引越しは4月末で移動中に水温が上がってしまうのが心配だったが、今回は冬なのでその心配もなかったし。

強いて言えば、寒い時期にベランダで作業をするのが辛かった。
本当なら引越しのついでに睡蓮鉢や砂利を綺麗にしたかったのだが、寒いわ水が冷たいわでとても長時間の作業をする気にならず、バケツに入れたビニール袋にメダカと水草を掬い取り、水をペットボトルに移すだけで終わり。
せっかくの引越しなのに、メダカたちは「綺麗な新居」には住めずちょっと可哀想かも。



d0048332_1821573.jpg

ベランダが西向きから南向きに替わり、メダカにとってはいい環境になったのではないか(少なくとも夏以外は)。

西向きの旧居では睡蓮鉢に当たる日射しは午後の数時間だけ。
午前中は水温が上がらないのでメダカもほとんど動かない。
エサにもほとんど反応しないのでエサやりは週に1〜2回に押さえていた。。
今回は南向きに替わり午前から睡蓮鉢に陽が当たるので、昼ごろには水温が上がるらしくメダカが動いている。
水面に近づいた時にエサを与えるとちゃんと食べるし、その動きを見た他のメダカたちも浮上してくるので、以前より少し多めに(と言っても1日1回以下)与えるようにしようかな。



水草は今回初めて冬を越させるドワーフフロッグピット。
現時点でまだ青々としているのでちゃんと冬を越せそうだと期待している。
数株を取り分けて、家の中と外の両方で育てれば1株ぐらいは冬を越すだろうか。
今まで睡蓮鉢の水草が冬を越したことが無く、春になると毎年新しい水草を買う羽目になっていた。
たかが数百円のものだけれど、買わずに済めばすごく嬉しい。
がんばれ、ドワーフフロッグピット!
[PR]
by Medalog | 2013-01-07 18:17 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

約一週間前の写真と、
d0048332_19532728.jpg

今日の写真。
d0048332_19525291.jpg

たった一週間で、ドワーフフロッグビットが倍ぐらいに増えたような?
もう9月も後半なのに、こんなに元気に伸びるなんてビックリ。

今年はオオサンショウモとこのドワーフフロッグビットを一緒に浮かべていて、オオサンショウモがすぐに水面を覆うほど育ったのに比べてドワーフフロッグビットはさほど増えず、育ちが遅い水草なのかと思っていた。

でもどうやら、先にオオサンショウモに陣地を取られてしまったので育つことができなかっただけのようだ。
オオサンショウモを撤去したとたんにこの伸びっぷり。
夏の間、窮屈な思いをしてたんだろう。

こんなに綺麗に増えてくれるなら、オオサンショウモよりこの水草のほうがいいな。
オオサンショウモは増えるのは早いが茶色く枯れるのも早く、水面や水の底が汚くなりがちなのが気になっていたが、ドワーフフロッグビットは葉の質感や大きさが違うのでそんな感じにはならなさそうだ。

来年は最初からドワーフフロッグビットだけにしよう!
[PR]
by Medalog | 2012-09-19 20:05 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

この夏は、ベランダの睡蓮鉢にオオサンショウモとドワーフフロッグビットを浮かべていた。

d0048332_132076.jpg
オオサンショウモが水面一面に育ってくれてキツい夏の日射しを遮ってくれたのはよかったが、ここまで増えるとエサを落とす場所がなくて毎日のエサやりが面倒くさい。

昨年の冬はオオサンショウモが越冬できず全て枯れてしまったので、どうせ今年も越冬できないと見切りを付けてオオサンショウモを早々と処分してしまった。





d0048332_1321425.jpg
ドワーフフロッグビットだけを残した状態。

この水草は根がやたらひょろ長く伸びて睡蓮鉢の中がごちゃごちゃするし、オオサンショウモやサルビニアククラータに比べるとやや成長が遅いこともあってあまり好きではなかったのだが、こうやって単体で睡蓮鉢に浮かぶ姿はなかなかいいかも。

調べてみたら多年草だそうで、ネットでは屋外で越冬できた例と枯れてしまった例の両方を見かけた。
室内では越冬させやすいようだが、我が家の場合は室内だと温度は足りても光量が不足しがちで、昨冬はオオサンショウモを室内で枯れさせてしまったのでドワーフフロッグビットもどうなることやら。

ま、あまり深く考えず、屋外と室内の両方で冬を越させてみようと思う。





d0048332_1322820.jpg
室内水槽。
メダカを飼いはじめて7〜8年経つが、初めて室内水槽からメダカの姿が消え、空っぽになった。

今年は稚魚を育てなかったためメダカの総数が減り、室内水槽はとうとう最後の1匹になってしまったのでベランダの睡蓮鉢に移し替えてしまったのだ。

合流させてみると室内水槽のメダカだけ体が一回り小さい。
屋外の睡蓮鉢は水温の変化が激しくて過酷だろうが、日光がよく当たるし水面が広くたくさん泳げるのでメダカが逞しく育つのだろうと思う。



室内水槽は手入れが行き届けば格好のインテリアになるのだが、私はすぐに水槽に苔を生やしてしまったり水草を綺麗にレイアウトできなかったりで逆にみっともない水槽になってしまう。

それに、やっぱり怖いのが地震。
水槽は水が入ると結構重く、揺れると水がちゃぷちゃぷ動いて危ないので、室内に水槽を置くなら専用のしっかりした台を用意しないと危険だと思う(専用の台はかなりしっかりしている)。

でも今の我が家には水槽の専用台を置く場所がないので、それが用意できるまでは水槽を使わないつもりなのだ。
マンションなので、室内で水漏れを起こしたら面倒なことになるし…



次に使うときのために、水槽は念入りに掃除をしてピカピカにした(いつもこれだけ綺麗ならいいんだけど)。
砂利はベランダで乾燥中。
捨ててしまって次回は新しいものを買ってもいいのだが、コンクリートに固められた町中に住んでいるとたったバケツ半分ほどの砂利でも捨てる場所がない。
ゴミに出していいかどうかもわからないので、とりあえずこのまま保管するつもり。

またいつか出番を作ってやらなくてはね。
[PR]
by Medalog | 2012-09-14 13:51 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

なんとな〜く夏が終わってしまった。
まだまだ暑さは残るが、朝晩の気温が少し下がってきただけでかなり過ごしやすく感じる。

d0048332_14165598.jpg
この夏はメダカの採卵をしなかったので、メダカの数はやや減少。
これから冬に向かってまだ減るかもしれないが、来年はまた卵を採卵・孵化させるつもりなので、それまでに1ペアでもいいから相性のいいカップルが生き残ってもらいたい。

数日前、睡蓮鉢の中に貝が育っているのを見つけた。
水草を買って来たのはだいぶ前なのに、今ごろになって育ってきたのはなぜだろう。
貝も暑過ぎるのはダメなのかな。

睡蓮鉢の掃除をしなきゃいけないけど、まだ暑いからもう少し後でやろう…
なんて言ってると、あっという間にベランダは寒くて長時間いられない場所になってしまう。
今月中に掃除する予定。一応。
[PR]
by Medalog | 2012-09-03 14:25 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

d0048332_9203584.jpg
久しぶりの、ベランダ睡蓮鉢の写真。
冬の間放置していた睡蓮鉢があまりにも汚くて、なかなか写真を載せられなかったのだ。

この睡蓮鉢はプラ製で軽いし汚れもこびりつきにくいので、メダカと水を他の容器に移してから砂利ごとガガッと洗ってしまえば一時間も掛からずに綺麗になるのだが、どうも重い腰が上がらない。
うちのベランダ(マンション)には排水口がなく、お隣のベランダまで水を流さなければならないので、普段からベランダの掃除や花の水やりにも気を使っている。
ましてやメダカの濁った水など隣まで流すわけにはいかないので「ベランダで豪快に丸洗い!」とはいかないのだ。

スポイトで少しずつ汚れた水や砂利に積もった汚れを吸い取る。
睡蓮鉢についているコケをこすって、砂利に落ちる前にスポイトで吸い取る。
こんな地味な作業を続けて、ようやく写真に撮れる程度の綺麗さになった。
…と言っても、まだまだ汚いのはわかっているけど。

昨年買ったオオサンショウモが冬を越せなかったので、新しく浮き草を買ってきた。
オオサンショウモとドワーフフロッグビット。
買ってから数週間過ぎたが、早くも株を増やしているのが頼もしい。



今年は去年までとは違い、メダカの卵を孵化させる予定がない。
というのも1年以内に引っ越しを考えているので、運搬のことを考えるとメダカが少ない方が都合がいいからだ。
それに新居でメダカを置けるスペースがどれほど取れるのか不明だし。
同じ理由で、数鉢あったビオラやガーデンシクラメンなどの花も徐々に処分しているので、いま我が家のベランダは非常に殺風景になっている。

メダカたちはかなり前から卵を産んでいるようだが、そのまま放置している。
もし睡蓮鉢の中で親の攻撃に負けずに成長できた稚魚がいたら嬉しいが、今までは睡蓮鉢の中で生まれて泳ぐ稚魚はいても育った稚魚は1匹もいなかったので、今年も難しいだろうな。
卵を育てない替わりに、この夏は今いるメダカたちを少しでもいい環境で過ごさせることを考えるつもりだ。
[PR]
by Medalog | 2012-06-29 10:00 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

昨年の冬からベランダ睡蓮鉢にオオサンショウモを浮かべたままにしていて、たった一つでも芽が出てくれることを期待していたのだが、5月末になっても一向に芽が出る様子がない。

冬を越した時点では単に枯れている状態だったオオサンショウモも、水温が上がるにつれて溶けて腐ってきたような…。おまけに浮いた水草にコケがびっしりと付いてしまい、さすがに諦めざるを得なくなってしまった。

サンショウモでもサルビニアククラータでも、近所で浮き草が目についたら買おうと思っているのになかなか出会えない。新しい水草を買うのが待ちきれず、とりあえず睡蓮鉢に浮かぶオオサンショウモ(の残骸)を全て捨ててしまった。
久しぶりに見た睡蓮鉢の水は意外と綺麗だが、底にはコケや枯れたオオサンショウモがたくさん沈んでいるので全体的な見た目は相変わらず汚い。

中を掃除して、新しい水草を浮かべて、写真が撮れる程度に綺麗になるのは一体いつになるかしら。日射しが強くなる前には済ませなくては。
[PR]
by Medalog | 2012-05-31 09:42 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

気温も上がり日差しも強くなってきた5月初旬。
ベランダ睡蓮鉢に冬中浮かべておいたオオサンショウモはまだ茶色く枯れたまま。
「そろそろ新芽が出てこないかなあ〜」とエサをやるたびに覗き込んでみるのだが、未だにその気配がない。

もしかしたら、このまま新芽が出ないのかしら。
安いものだし新しく買うのは簡単だけど、一つでも芽が出たら爆発的に増えてくれることは間違いないのでもう少し待ってみようかなあ。

なんて思って観察していたら、なんとオオサンショウモの下で泳ぐメダカたちが早くも抱卵してる!
もうそんな季節かあ。
水草がないと卵を産みつける場所がなくて可哀想だけど、オオサンショウモが芽を出すまでもうちょっと待っててね。



d0048332_1446562.gifちょうど1年前、東日本大震災の募金をした時にもらってきたナデシコとかすみ草。

両方ともピンクでとても可愛かったのだが、かすみ草のほうは我が家の西向きの灼熱ベランダで生き残ることができずにすっかり枯れてしまった。

しかしナデシコのほうは無事に夏を越し冬も越して、今年も同じ季節に花が咲いた。
d0048332_150348.jpg基本的にほったらかしで、水と少しの肥料をあげていただけなのに、去年より勢いが良く花の色も濃いような…

ナデシコってこんなに可憐なのに、本当にたくましい花なのね。
簡単に育つと言われるペチュニアですら枯れ果てた我が家の灼熱ベランダで夏を越してくれるなんて…。
今年も夏を越してくれますように。

そして睡蓮鉢のオオサンショウモたち、このナデシコを見習って元気な新芽を早く出してね!
[PR]
by Medalog | 2012-05-08 15:11 | メダカ | Comments(4)

今日のメダカ

我が家のメダカたちはベランダ睡蓮鉢で10匹、室内水槽で7匹が無事に冬を越したようだ。
春を迎えて日に日に動きが活発になり、エサの食いつきも良くなってきた。

d0048332_141572.gif

汚いのでアップでは撮影できない睡蓮鉢。

今まで冬の間は、浮き草は枯れてしまうので全て捨ててしまっていたのだが、この冬はオオサンショウモをそのまま残してみた。
繁殖力が高いので、この中でたった一つでも新芽を出してくれたら今年は浮き草を買わなくて済むはずなのだが、現時点ではまだ新芽は確認できない。

いくつかの胞子のう(らしきもの)がぷくっと膨らんでいるので、そろそろ発芽するかな。
[PR]
by Medalog | 2012-04-04 14:18 | メダカ | Comments(0)

今日のメダカ

久しぶり&今年最後のメダカちゃんの記事かな。

d0048332_1551247.gifメダカはこの時期すっかり動きが鈍くなり、特に外の睡蓮鉢のメダカはエサを与えても反応が鈍く、いま何匹が元気なのかもわからない。

しかし意外と元気なのが浮き草のオオサンショウモで、いくら間引きしてもいつの間にか睡蓮鉢を覆い尽くすほど増えてしまう。

一昨日ベランダ掃除のついでに睡蓮鉢も少し掃除したが、オオサンショウモがまだまだぷくっとした新芽を増やしている状態なので、また間引きして半分ほどの量に減らした。
でも2月頃には、いつものように全て枯れてしまうんだろうな。

今まで、一度もオオサンショウモを越冬させたことがない。
冬の間に茶色く枯れたものが汚く見えてしまい、春先に全て取り除いてしまうのだ。
でも枯れているように見えても春になると芽を出すとどこかで読んだので、今年は汚くなっても我慢してそのまま浮かべておくことにする。
繁殖力が強いオオサンショウモは、たった一つでも新芽が出ればどんどん増えてくれると思うので、来年の春を楽しみに待とう!



d0048332_1517535.gifナデシコのプランター。
夏の西日に負けて枯れかけてしまい、ほとんど諦めていたナデシコが、秋の訪れと共にどんどん元気を取り戻してきた。

そして、この時期になってとうとう花を咲かせはじめたのでびっくり!
ネットで調べるとナデシコの開花時期は10月ぐらいまでらしいのだが、今は年末…。狂い咲きなのかしら?
それとも、夏が暑すぎてあまり花をつけられなかったので、ようやく今になって体勢が整ったと言うことなんだろうか。

なんだか不憫だが、咲いてくれるのは嬉しい。
つぼみがいくつか出来ているので、正月にはもっと華やかになっているかも?

窓ふきという荒療治で返って痛くなってしまった右肩は、今日になってかなり軽くなってきた。
これは荒療治が効いたのか、それとも窓ふきなんかしなければもっと早く治っていたのかな?

これからは、肩が痛くなりそうなとき(重い荷物を持つとか)には、事前に肩に湿布を貼っておかないとダメだわ。
あと、やっぱり医者にも行かないとダメですね…。
[PR]
by Medalog | 2011-12-22 15:34 | メダカ | Comments(2)

今日のメダカ

大阪もめっきり涼しくなって、いつの間にか重ね着をするような季節になった。
メダカも急な冷え込みに驚いていそうだ。

d0048332_9351785.gifd0048332_935515.gif
夏の間はメダカがよく動くので、とてもじゃないが私の腕前では写真に納めることが出来ない。
それがこうやって撮れたということはメダカの動きがかなり鈍くなってきたんだな。
(それでもピントは合ってないけど)


d0048332_9405155.gif去年は睡蓮鉢を室内に入れて冬を越させたが、今年はこのまま外で冬を越させようと思っている。

浮き草のホテイアオイやオオサンショウモも、今までは冬になると枯れてしまうので取り除いていたけれど、今年の冬はこのまま浮かべておくつもり。

見た目はちょっと汚くなるかもしれないけれど、来年の春になってどれか一つでも新しい芽を出せば来年の水草代が0円になるので(笑)メダカ同様に無事越冬することを願っている。
[PR]
by Medalog | 2011-09-26 09:45 | メダカ | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る