今日のメダカ

10匹ほどの稚魚を、室内プラケースとベランダバケツに分けてから5日ほど経った。おかげさまで、今のところはどちらも元気に育っている様子。

稚魚たちはどれも同じころ産まれたはずなのに、すでに体格に差が出てきた感じがする。と言っても、まだまだまつげ1本分ほどの大きさだけどね。



夏本番を迎え、水槽内にはメダカ以外の生物もいるようである。
親メダカの水槽では、ガラスに付着しているコケに、うねうねとした跡が…

きっと、貝がいるのね。

アナカリスを買った時に付いてきたんだろう。
うねうねの跡が細いのでまだ小さい貝のようだが、実物を確認できていない。

私はこの手の貝がどうも苦手で、コケを食べてくれるから良いのだと聞いてもなかなか導入する気になれない。過去にも水草を買った時に貝が付いてきたことが数回あるが、いつも見つけたとたんに処分してしまっていた。今回はどうしようかなあ〜。

そして室内稚魚プラケースには、とても細くて短い「何か」が、これまたうねうね。イトミミズ?

これも数年前に初めて見た時には、気持ち悪くて片っ端からスポイトで吸い上げて処分していたのだが、目を凝らさないと見えないほど小さいものだし、そのうねうねに稚魚がガンガン喰い付いているのを見ると「稚魚の餌には、良いのかもしれない」と思うようになり、今では放置。



しかし、全般的に虫嫌いの私としては、これ以上おかしな生物が発生しないように祈るばかりだ。今までメダカのベランダ飼いを躊躇していた理由の一つもこれで、ベランダだと室内よりも確実に、招かれざる生物に住み着かれる可能性が上がるから。

ちょっとした虫なら食べてしまえるほどに、早いところメダカ稚魚には成長してもらいたいものである。
[PR]
by Medalog | 2009-07-13 08:41 | メダカ | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る