明後日からは夏着物

きもの着用今年25回目。
先週行けなかった呉服店へ、今日こそは行かねば。

1年の折り返しである6月末の時点で、今年のきもの着用回数の目標50回のちょうど半分・25回を着ることができた。
回数が増えると同時に着物を着る間隔が近くなるので、着付けのコツや前回の問題点などを覚えている状態で着付けができる。だんだん準備も着付けも早くなってきたし、軽い気持ちで着物を着られるようになったと思う。


d0048332_16122165.gif6月末なので、単衣は今日が最後!

ぜんまい紬、薄い黄色の夏帯、麻の絽長襦袢。
ライトグレーの夏用帯揚げと帯締め。

この帯も先週の帯と同様に折り目がぴしっと決まらず、お太鼓がぼよんと膨らんでしまうのが悩み。一度締めたあとで、お太鼓の中やたれをぐいぐいと引っ張って、なんとか形にする。

帯締めが中心より下がっているが、自分で鏡を見ている時には気付かなかった…。次回は気をつけよう。

d0048332_1633485.gif先週末に着て出掛ける予定だった、塩沢と二部式帯。

この着物と帯の組み合わせは好きなのだけれど、帯締めに何色を合わせればいいのか、今ひとつわからない。今回初めて赤紫の三分紐を合わせてみたが、これはまあまあ合うのかも?

今日は雨の予報だったので塩沢は諦めた。
帰宅寸前から雨が降り始めたので、着なくて正解だった。


d0048332_163954100.gifこの日、ぜんまい紬と黄色の夏帯に合わせた帯揚げと帯締め。

どちらも安いもので、色柄は気に入っているのだが、手触りや使い心地はやはりそれなりかな…。

特に帯揚げはカサカサした質感で扱いにくく綺麗に折り畳むのが難しい。

やっぱりきねやさんで扱っているような高級な小物は触れているだけでも幸せだよね〜と思いつつ、今はあまり「高くても質が良い帯揚げや帯締めが欲しい!」という欲求が湧いてこない。というのは、自分の中で「一押し」の着物と帯の組み合わせがないからだと思う。

手持ちの着物も帯もそれぞれ気に入っているものばかりなのだが、「この着物にぴったりの帯、さんざん探してやっと見つけた!」と言えるようなこだわりの選び方をしたものは、正直なところ、まだほとんどないのだ。

価格の高低に関わらず、もしそんなこだわりの着物と帯のセットが手に入ったら、すぐにきねやの社長にお見立てをお願いしたくなりそう。(いつになるかなあ?)それまでは、安い小物であれこれ組み合わせを考えて楽しめれば十分だ。
[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2009-06-30 16:09 x
こんにちは! 二部式帯のアイシィなピンクが夏っぽくていいですね!とかく暖色系は敬遠されがちですが、こういうクールな色合い、見習いたいと思います。
ホント着物って上を見ちゃうとキリないですよね・・・。でもまあ、夏は特に涼しげに楽に着られさえすれば値段云々は関係ないよねって思ってしまいます。
Commented by Medalog at 2009-06-30 19:09
神奈川絵美さんへ
ピンクの帯は、一目惚れした布を衝動買いしてしまい、帯を作ってから「夏なのに(向日葵柄)ピンクで、うまく使えるかな?」と焦ってしまったのですが、白の塩沢に合わせればなんとかスッキリ使えるので良かったーと思っています。

>夏は特に涼しげに楽に着られさえすれば
本当に、夏はこれに限りますよね!
夏は着物や帯、そして襦袢や下着の素材も、一番真剣に考えないといけないと感じています。
by Medalog | 2009-06-29 17:12 | きもの | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る