裄の悩み・問題洗い出し編

いつも同じことをぐだぐだ悩んでいる私ですが、今回は備忘録として
いつもより更にぐだぐだと長いので、どうぞ読み飛ばしてください…





手持ちの着物の寸法を一通り測ってあるものの、そのデータを今ひとつ活用できない私…。以前から寸法、特に裄がバラバラなことについてはずっと悩んでいるのだが、何をどうすればいいのかわからず漠然と考えている状態のままだった。


今年になって着物を1枚仕立てたが、そこの店では私の裄は1尺8寸5分がいいのではないか、と薦めてきた。
「採寸の参考にするので、普段着ている着物をお持ちください」と言われ、裄が1尺8寸4分の大島を持っていったので、その寸法と実際に測った私の寸法を合わせると1尺8寸5分が良いのではないかとのこと。

手持ちの着物の寸法を見ると、1尺8寸5分なのは2枚(色無地と大島紬)で、他の着物と長羽織・紗の道行は1尺7寸5分〜1尺8寸ぐらい。

私の身長(156cm)から裄を割り出すと1尺7寸5分ぐらいになるのかもしれないが、私は身長の割に腕が長く、この裄だと手首のくるぶしが丸出しになるので、ちょっと短いとは感じていた。
逆に1尺8寸5分の着物は、手のくるぶしが隠れてエレガントな感じで好き。でも裄が長い分だけ袖が重く、ひらひらと邪魔に感じることもある。
で、次の着物の裄はどうしようかな?と考えたのだが、せっかくだからエレガントなほうで…という軽い気持ちで、1尺8寸5分のほうで頼むことにした。



それとは別に、和裁士のサリィさんに着物の仕立て直しをお願いしていて、そちらは1尺7寸5分で指定していたのだが、こちらも1尺8寸5分に揃えてみようと思いつき、サリィさんに相談してみた。
すると、今後1尺8寸5分に揃えるのであれば着物でも反物の幅が足りない場合があるし、コートを作る時には裄がもっと必要になるので反物選びに困るかもしれない。また、こちらで用意してサリィさんにお渡しした胴裏も1尺8寸5分には足りない、と教えていただいた。
胴裏にも幅の違いがあることなど全く知らず、勉強になった。

  そもそも連絡が遅すぎて間に合わず最初の寸法で仕立て上がったのだが、
  結果的には間に合わなくてよかったと思っている。
  サリィさん、いつも訳のわからないことをご相談してごめんなさい…


なるほど…。そう言えばそうだわ…。
でも呉服屋さんは採寸の時にそんな説明(コートを作る時に困るかも、など)はしていなかったので、どういうことかと着付け教室のついでに確認してみた。
すると店員さん曰く「そうですね。1尺8寸5分だと、コートを作る時には巾が足りなくて選べない反物もありますね。やわらかものならだいたい大丈夫だと思いますが、紬だと巾が足りないものがあるかも」とあっさり言われてショック。
そうなのね…

その店では私が裄1尺8寸4分の着物を持っていったから1尺8寸5分を薦めてくれたまでの話で、私の手持ちの着物の裄がバラバラであることや私がこれほどまでに知識がないとは知らなかったわけだから、これは仕方ないけど。



この際だからと、恥を忍んで更にいろいろ教えてもらった。
対策としては、まずは手持ちの着物を1尺7寸5分と1尺8寸5分の2パターンに分けて、コート類も2パターン用意して両方の裄を楽しむのはどうか?
または今後寸法直しなどで裄を揃えていくなら、1尺8寸ぐらいまでならコート類も問題なく作れるのではないかとのこと。
あとは「大は小を兼ねる」で、今後作るコート類の裄は全て1尺8寸5分に合わせて、裄の短い着物にもそれを合わせるか。

その店員さんはお母さんからのお下がりなど裄が短めの着物が多くあるので、通常の寸法とお下がり用の寸法の2パターンのコートや羽織を作っているそうだ。
「たくさんの着物の裄を直すよりコートを数枚作ったほうが安いし手間もかからない。それに古い着物だと裄を出したくても出せないものもあるので」と言っていた。

また裄については、肩幅は常に揃えて、襦袢・着物・コート類の裄の差は袖幅で変えるものなのだそうだ。恥ずかしながらこれも知らなかった。肩幅と袖幅の関係など深く考えたこともなく、合計して「裄」になる、という程度の認識しかなかったのだ。
だから、せっかく裄を揃えたコートと着物でも、肩幅や袖幅が違うとコートの袖から着物が飛び出す可能性もあるわけだ。

また本で読んで知ったのは、肩幅より袖幅が少し長いほうがバランスが綺麗らしい。
そう言えば、手持ちの着物は全て袖幅のほうが少し長い。
こんなセオリーがあったとは…。
多分私が知らないだけで、着物を着る人にとっては全て常識なんでしょうね…。



なにはともあれ、早く今後の自分の裄寸法を決めないと、着物やコートを作りたくても作れないよー。(その方が、無駄遣いしないので良いのかもしれないけど)

しかし、今まで漠然と悩んでいるだけだったものが、何を解決すればいいのかという具体的なものが見えてきたのはよかった。

同じ「裄の違う着物」といっても、お下がりや頂き物、リサイクルものの寸法が合わないのは当たり前で、なんとか工夫して着ればいいと思うのだが、せっかく採寸して仕立てた着物の裄がものによって1寸(3.8センチ)も違うということがどうしても納得できなくて、心のもやもやが消えなかったのだと思う。
「色無地の裄が長いのは礼装だから?でも大島も長いし…」などという答えのない悩みを延々と抱き続けていたわけ。

つまりは、測る人や店によってそれぐらいの差は出るんだよ、というだけの話なのね。だから、自分の好みや都合で、その寸法を選ぶか決めればいいのだ。



1/やや短く、くるぶしが丸出しになるが手持ちの着物の半分以上を占め、
  既製品Mサイズともリンクする1尺7寸5分。
2/手のくるぶしに掛かる程度の長さで、コートを作る際にも問題のなさそうな
  1尺8寸。
3/優雅で好きだけれど、今後の仕立てで不便なことがあるかもしれない1尺8寸5分。

手持ちの着物はだいたいこの3パターンのどれかに当てはまるので、
この中の1つか2つに絞って一部の着物の寸法直しをするのか?
それとも裄の大きな新しいコートを作って全ての着物をカバーするのか?
(できるのかな?)を整理して、こんな悩みはとっとと解決しよう。


それにしても、このブログの内容も全然成長してないなーと思う。
着物のことも、メダカのことも。
今年は着物の寸法や着付けの悩みをできるだけ解決して、
メダカも産卵&孵化させてうまく育てて、
いろいろと一皮むけた年にしたいものだ。
[PR]
Commented by サリィ at 2009-04-05 00:19 x
こんばんわ~!!
いつもお着物に関して、よくお勉強されてるなぁ・・・
と、関心して見させていただいてます。(^^)v

お着物の寸法は、御自分のベストサイズを持つのは大切だと思います。
正直、お着物は、直線的な仕立なので、融通は付け安いのですが・・・

裄(肩幅と袖幅)と繰越・袖付けなどはできるだけ決めておいた方がいいでしょうねぇ・・・
と、いろいろとアドバイスできる事もあると思いますので、また、メールなどで詳しくお話いたしましょう・・・(*^^)v
裄の件などもアドバイスできる事もあるかと・・・
Commented by 小判屋 圭祐 at 2009-04-05 00:48 x
お久しぶりです。着物の着方が綺麗になってきましたよ。その調子で頑張ってください。私の場合も母から、譲り受けたものが多いので洗張りしてサリイさんに、縫いなおしてもらいました。細身の体なのに、裄が欲しいので、今は肩幅八寸袖幅九寸に仕立て直してきています。これが、一番見た目も着心地も安定しています。この寸法はサリイさん、が何枚も縫ってもらい、最終的にでた寸法です。紬より柔らか物のほうが、着にくいですよ。梨地・綸子・絞り・は得に着崩れを起こしやすいです。光沢があるので、華やかさを求めるだけの着物です。メダカさんならカジュアル系の方が、いいのでは・・・と思います。近頃では幅広の反物(紬)がありますから・・・数を少なくしても、帯で楽しめば良いとおもうし・・ね。
それと草履の鼻緒の件ですが・・阪神の伊と忠さんが一番上手です。
ラッキーでしたね。その後あの問題多い草履の履き心地は・・・・・たぶん
解決した事とおもいます。私は今ちょっとした、弾みで肋骨の6・7番を
痛め不自由さを味わっています。相変わらす細いので・・・折れやすいらしいです。
Commented by Medalog at 2009-04-05 13:35
サリィさんへ
いつもご迷惑をおかけしております…
着物の寸法が、細かい部分まで意味があるのだということが、だんだんわかってきました。

単に裄の長さを決めるだけでなく、肩幅と袖幅のバランスもあるし、袖幅はどこまでの長さなら通常の反物で問題なく取れそうなのか(反物の長さも結構バラバラみたいですが)、とか…
繰越・袖付けも、あと褄下も自分に合った長さがまだわからないし。

今もあれこれ調べているので、考えがまとまったら改めてご相談させていただいていいでしょうか?
またメールいたしますのでよろしくお願いします。
Commented by Medalog at 2009-04-05 14:08
小判屋さん、お久しぶりです!
肋骨を傷めていらっしゃるのですね。痛そう…
肋骨はコルセットで固定して直るのを待つしかないと聞いたことがあります。お大事になさってください。

踊りをなさる方は裄を少し長めにすると聞いたことがありますが、小判屋さんもやや長めがお好みなのですね。
私は肩幅が広い上に腕も長いので、裄を長くしようとすると今回書いたような悩みが…。小判屋さんのように自分に合う寸法を見つけたいですが、もっと着物を着込んでいかないと本当の自分好みの寸法はわからないでしょうね。

>紬より柔らか物のほうが、着にくい
柔らかものは一度「決まった」と思っても、どんどん崩れてくるんですよね。たまに着るとエレガントな感じがいいなあ〜と思いますが、普段に着るものはやっぱり紬が着やすくていいですよね。

あの問題多い草履(笑)、おかげさまで快適に履いています。阪神の伊と忠さんは偶然通りかかったのですが、対応も親切でとてもよかったです。伊と忠さんの草履を持っていないので肩身が狭かったですが、伊と忠さんの草履でなくても有料で見てくれるので、今後もお世話になるかもしれません。
by Medalog | 2009-04-04 10:34 | きもの | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る