kimono gallery晏 展示会

ずっと行きたいと思いつつ、予定が合わずに行けなかった
kimono gallery晏さんの展示会。
今回は京都で開催されるとのことで、ようやく伺うことができた。

以前三重県に住んでいたときに、
地元の産である伊勢木綿を買おうと思いつつ買わずに終えてしまったので、
今回の展示会では伊勢木綿をいただきたいと思っていた。
そして今年のMyテーマである「明るく可愛く」を体現できるものを。
絹ものでは手が出しづらい可愛い着物に、木綿で挑戦してみたかったのだ。

いざ会場に入ってみると、普段ホームページで拝見している木綿やバティック帯を
中心に素敵な商品がたくさん…
さっそく伊勢木綿を見てみるが、片貝木綿にも可愛いものがあるし、
昔から気になっている川越唐桟の上品な色合いとしなやかさもやっぱりいいなあ。
それに晏さんと言えば保多織で、色や柄の種類も豊富だし手触りが気持ち良い。

目移りしまくり、反物を広げまくり状態に。

晏さん一押しの綿ちりめんも、綺麗な色と軽くやわらかな風合いが
とても素敵だったが、今回は自宅で洗える着物が欲しかったので候補外に。

さんざん悩んだ挙げ句、目標だった伊勢木綿ではなく片貝木綿に決めてしまった。
今までにない可愛らしい色目のものを選んでしまったが、
きっと今までにない明るい気分で着られるんじゃないかと期待。
仕立て上がりが楽しみだ。

一緒に行ったお友達は帯を見ていて、素敵なものをどんどん見つけ出している。
お店の方も、お友達の目にかなうような品物をたくさん出してきてくれて
中央のテーブルが帯の山になった。
晏さんご自慢の紅型や染めの帯は、一つ一つが洗練されていてなおかつ個性的。
紅型の帯は憧れだけど、色が強すぎて使いこなせないかも…とか
似たような柄が多いかな…という今までの迷いを一掃してくれるような、
心の目を覚ましてくれるような紅型を拝見できて、ちょっと興奮。

今回は頭の中が木綿の低価格モードだったので、帯には手が届かなかったが
次回展示会に伺うときは帯に照準を定めようかな、なんて
早くも次回を楽しみにしてしまったり。
楽しい展示会でした。



この日は小雨の予報だったので、羽織を着るか二部式雨コートの上着を着るか迷う。
雨コートの上着はあまり長くないので、羽織を着ると裾からはみ出してしまうので
両方同時に着ることができないからだ。

結局、軽いほうがいいので羽織は着ず、大島の上に二部式コートの上着だけを着ていく。
ゆったり目のシルエットなので見た目はあまりシュッとしてないし、ペラペラなので
ちょっと寒かったが、厚手の羽織よりは気候にマッチしたかも。

手持ちの上着は、3枚だけ。
ちょっと重い小紋地の羽織、大島の着物とお対の道中着、紋紗の道行。
真冬は羽織と道中着、春の帯付き〜単衣の季節は紋紗の道行があるからいいけれど
3月や10・11月あたりの半端な季節には、単衣の羽織ものが一枚欲しいところだ。

明るい色合いで軽い素材の羽織があれば、暗い色の着物も明るく着られそうだし
フルレングスの雨コートがあれば、塵よけにも重ね着にも使えて絶対便利のはず。
次は、着物や帯じゃなくて上着かな…なんて、物欲が果てしなく広がる春の日でした。



d0048332_18465375.gifMemo

きもの着用今年13回目。所要時間50分。
大島紬は滑るせいか、裾が広がってしまったり衿がずれたりして5回は着直したかな。
今回も、前回と同じく衿をゆったり合わせてみたが、着ているうちに着物の衿がどんどん開いてきて一日中衿を気にする羽目になってしまった。
これからの季節にたくさん着たい大島紬。もっと練習しなくちゃ。
背中のシワは今回もできてしまった。はぁ〜。
[PR]
Commented by 風子 at 2009-03-10 20:59 x
ご一緒いただき ありがとうございました。
楽しかったです!

あの紅型、良かったですね。
バチィックも、あれもこれも素敵でした。

お求めになった片貝、お似合いになると思います。
出来上がったら、またご一緒に遊びましょ。

大島は滑るので、着にくいですよね。
いつのまにかずるずるっと落ちてくるので、着ているときは
気をつけていますし、いつもより、腰紐をきつくしてしまいます。

布のよって、いろいろな特徴があるので、実際に試して、そのたびに
考えて、少しでもきれいに着たいなあと思っています。
Commented by amethyst at 2009-03-11 08:47 x
わあ、春一番の展示会でしょうか?
kimono gallery晏さんはセンスよくまたお手軽な着物も
扱っているのが心強いですね。
毎年案内はいただくのに、他の用事で後回しにしがち。
今年は勉強を兼ねてひさしぶりにいってみようかな。
目標の伊勢木綿でなく、片貝木綿ということでしすが
結局似合う物にであえたということでよかったですね。

私も羽織か道行コートの単衣を作りたいと思ってます。
結局一番季節が長くつかえそうだし。

着ていかれた大島とても素敵な柄ですね。
白地に茶のグラデーションの帯も映えて
コーディネイトがますますうまくなってますね。
私も春、着る練習からしないと。。。(^^ゞ

Commented by Medalog at 2009-03-11 14:00
風子さんへ
楽しかったですねー。
置いてある品物がどれも素敵で、しかも「これは手が届かないわ」と最初から諦めるような高い価格ではないので、「いつかはあの帯も…」なんてテンションが上がりました。
片貝が仕立て上がってきたら、是非また見てくださいね。

大島はやっぱり着にくいですよね?
今まで他の着物では何気なく決められた裾の高さが、大島だとぜんぜん決まらないし、なぜか裾広がりの行灯になっていくし…
せっかく薄手の着物なので、いつもよりスマートに着られたらいいのに、その逆です。
やっぱり練習ですね。私も腰紐をぎゅっと締めてみよう!
Commented by Medalog at 2009-03-11 14:14
amethystさんへ
晏さんの魅力が満載の展示会でした。
amethystさんも今年はぜひ!お似合いになりそうなものがたくさんあるから、きっと楽しいでしょうね。

単衣の羽織・コートは、きっとすごく役に立つと想像しています。
何枚も作るものではないので、「これ!」と決めた反物でお役立ちの一枚を作りたいです。どんな生地がいいかな〜。

この大島は反物をいただいたもので、最初は色や柄があまり気に入っていなかったのですが、年々「いいかも」と思えるようになりました。
帯も何を合わせていいのかわからなくて、この白地の帯がようやくしっくり合った感じでホッとしています。
持っている着物のすべて(大したことないですが)をまんべんなく着尽すためにコーデに頭を使うのは楽しいです。
amethystさんも春になって落ち着いたら、またお着物着てくださいね。
Commented by 神奈川絵美 at 2009-03-15 22:36 x
こんにちは! 風子さんのところからとんできました。ご無沙汰しております(昨年末、PCが壊れて私用のデータをすっかりなくしてしまい、リンクもわからなくなってしまって・・・)片貝木綿をお買い求めになったのですね。味わいがあって、カジュアルでも品が良くていいですよね。ぜひブログで見せてください~。「綿ちりめん」というのは初めて知りましたが、こちらは洗濯すると縮んでしまうのでしょうか? なんだか肌ざわりは良いような感じがして、興味がわきました。
Commented by Medalog at 2009-03-16 14:49
神奈川恵美さんへ
こんにちは!お久しぶりです。
PCが壊れたとは大変でしたね。私も昨年の春に壊れてしまって買い替えましたが、失ったデータ多数…本当に困りますよね。

綿ちりめんは軽くて薄くて柔らかくて、お召しに近い感じでした。肌触りも良かったし、着心地もすごく良さそう。
自宅で洗えないということなので、きっと縮むのだと思いますが、ドライクリーニングOKらしいので正絹のお召しよりはお手入れが簡単なのかな?
機会があったら、ぜひ触ってみてくださいね。
by Medalog | 2009-03-10 17:14 | きもの | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る