メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

大阪城の梅

ここのところ大阪はずっと雨模様。
年間着用50回に向けて着物を着ようと思っても、
雨となるとなかなか着る気にならない。
そんな中、一日だけ晴れの日があったので
「これは絶対に着物を着なくちゃ!」と張り切って着ることにした。

先日自作した、羽織をリメイクした絞りの二部式帯のデビュー。
組み合わせるのは、そろそろ今シーズンの出番が終わりそうな結城。

d0048332_2237180.gifd0048332_22371698.gif

二部式帯は、やっぱり軽い!
今まで5本ほどの二部式帯を作った(小判屋さんに作ってもらった?)中で
この帯が一番軽い。
布地が正絹の絞りで、長い間羽織で使われていたから
ちょっとくたびれていたおかげかも。

でも色合わせがちょっと地味だったかな。仲居さん状態?
帯締めの色を着物と帯に合わせてしまったんだけど、
もっと明るい色にすれば良かった。白とか象牙色とか。

しかし今回も、背中の右側にしっかり斜めのシワが…
これは絶対に理由があるはずなのに。思い当たるところを直してみても直らない。
これでも、写真を撮る寸前に背中のおはしょりと長襦袢を下に引っ張っているのに、
なぜこんなにシワになっちゃうのかなあ。

で、写真を見ていて気付いたのが、私は左肩が上がっているんだということ。
鏡て見ているとわからないのに、写真で見ると
前も後ろも左肩のほうが高いのがよくわかる。
バッグを左肩ばかりに掛けてしまうからいけないのだろう。
たまには右肩に掛けたほうがいいとわかっているのだが、
右肩が下がっているのでバッグもずり落ちてきてしまうので、また左に掛けてしまうのだ。

着物にシワが入るのもこれが原因かな?
でも私以外にも片側の肩が上がっている人はいるだろうし、
そういう人でもシワを作らずに着物を着ることはできるはずだけど…。
来月からの着付け教室で、背中が綺麗な着付けを教わりたいな。



着物を着て出掛けた先は、大阪城公園の梅林だ。
今が見ごろと言っていいんじゃないかな?
広い敷地に、数えきれないほどの梅の木が花を咲かせていた。

デジカメは持っていかなかったので、携帯カメラの写真ですが…


d0048332_2302070.gifこの梅は、色といい花びらの形といい、まるで桜みたいだった。

でもぐんと伸びたおしべを見ると、やっぱり梅だなと思う。
d0048332_2313399.gifこのつぼみが、とっても可愛かった〜〜〜!

八重桜ならぬ、八重梅とでもいうのでしょうか…

それぞれの木には梅の種類が掲示してあったけれど、見るのを忘れてしまった。

本当はもっともっとたくさんの種類の梅があったのだけれど、
なにしろ敷地が広いのと、見物客の数が多くて、
なんだか疲れてしまいじっくりとは見られなかった。

大阪に越してきてから大阪城へ行くのは初めてだったので
着物で行っても大丈夫かどうかわからなかったのだが、
大阪ビジネスパーク駅から大阪城までは坂はあるが階段はあまりなかったので、
歩くことにはさほど問題はなかった。
前日は雨が降ったけれど、土の上を歩くことは少ないので
草履がひどく汚れることもなかった。

でもやっぱり、坂を延々と着物で上るのは疲れるわ〜!
自分の親ぐらいの年代の方々に追いつかれることはなくても、
追い抜くことができない…。
梅林を見たあとは天守閣まで行ってみようと思っていたのに、すっかり疲れて諦め、
そのまま公園を抜けて森ノ宮駅に出てしまった。

しかし大阪城公園は思った以上に広くて綺麗だった。
こんな都会の真ん中にこの公園と大阪城があるのは
大阪にとって本当に貴重なことだと思う。
今度は洋服で来て、ウォーキングしながら楽しもう。


Memo
きもの着用今年11回目。所要時間45分。
背中のシワをなんとかなくそうと時間を掛けて頑張ったのに、結局効果はなく残念。
寒いといけないので衿を前も後ろも詰め気味に着てみたが、
写真で見ると詰め過ぎで暑苦しく見えるなあ。
[PR]
by Medalog | 2009-02-26 23:22 | きもの | Comments(0)